ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ) > 茨城県 > 水戸市 > 弁護士 田中 佑樹(弁護士法人長瀬総合法律事務所 水戸支所)
※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。
Office info 202310231634 33161 w500
Office info 202310231634 33161 w500
Office info 202311232156 33162 w500
Office info 202310231634 33163 w500
初回相談無料 来所不要 企業側相談可 オンライン面談可

弁護士 田中 佑樹(弁護士法人長瀬総合法律事務所 水戸支所)

弁護士 田中 佑樹
住 所 茨城県水戸市城南1丁目4番7号第5プリンスビル7階
最寄駅 JR常磐線「水戸駅」
得意分野
残業代請求
不当解雇
解雇予告
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
内定取消
雇い止め
規模規模
在籍弁護士数
10
初回相談料初回相談料
面談相談料
0円(60分)
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。

企業法務専門弁護士が企業のみなさまのお悩みを解決いたします。

労働問題・法律改正・問題社員対応・契約書チェック・口コミ削除・当事務所へお任せください。 
【全国対応】【オンライン相談(Zoom)】【秘密厳守】

弁護士 田中 佑樹(弁護士法人長瀬総合法律事務所 水戸支所)からメッセージ

企業法務専門の弁護士が、契約書チェックから問題社員対応・労働問題対応まで、あらゆる法律相談に対応いたします。

豊富な実績と高度な専門性を兼ね備えた弁護士が、お客様の企業の法律的問題をトータルサポートいたします。

当事務所では、個別労働紛争、集団労働紛争、労働組合対策など、あらゆる労働問題に対応しています。問題社員対応や解雇の際の手続きなど、雇用関連のトラブルにも迅速かつ的確に対応いたします。

また、全国対応のオンライン相談も受け付けております。場所を選ばず、お客様のご要望に合わせた柔軟な対応が可能です。

====================================================
当事務所メディアサイトも是非ご覧ください。
https://houmu.nagasesogo.com/
契約書チェック・問題社員・誹謗中傷等でお困りの際はぜひご相談ください。
====================================================

全国対応・顧問弁護士の活用をご検討ください

当事務所は、茨城県内をはじめ、労働問題等の法的トラブルに悩む企業からご相談をいただき、多数の法的トラブルを解決してきました。

当事務所の取組が評価され、茨城県内のみならず、東京都や神奈川県、千葉県、福島県等、広範なエリアで多数の企業の顧問に就任しています。

労働問題を始めとした法的トラブルは、人同士のトラブルに端を発します。労働問題や法的トラブルに発展するきっかけはささいなことかもしれません。

ですが、ひとたび労働問題や法的トラブルが発生すれば、職場環境を悪化させるだけではなく、ともすれば企業の存続自体を左右しかねない問題にまで発展するおそれがあります。

私たちは、労働問題や法的トラブルに対して迅速に対応することの重要性を認識し、適切な初動対応ができるよう組織的体制を構築しています。

長年にわたり多くの企業様にご利用いただいております。お客様の信頼に応えるため、弁護士一人ひとりが高度な専門知識と豊富な経験を持ち、的確かつスピーディーなサービスを提供いたします。ご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問い合わせください。当事務所の企業法務専門の弁護士が、お客様のビジネスをサポートいたします。お気軽にご相談ください。

企業は、特定の事業を遂行して利益を上げるための人的集合体といえます。そのため、多数の人の集まりであることから、必然的に組織内でも様々な問題が生じることになります(労務管理リスク)。

また、企業は、事業規模の拡大とともに、多数の関係取引先と契約関係を締結しますが、契約関係の解釈や遂行をめぐってトラブルとなることもあります。
このように、企業は事業活動を遂行する上で、様々な法的リスクが不可避的に生じることとなります。

弁護士法人長瀬総合法律事務所は、大手渉外法律事務所(企業法務)と個人法務系法律事務所(個人法務)双方の知見を活かし、企業に関わる様々な課題に対応してきた実績があります。

 

  • 契約書の作成・レビュー
  • 会社法対応(株主総会・取締役会運営、非上場企業の経営権を巡る争い等)
  • 事業承継対応
  • 労働問題対応(個別労働紛争、集団労働紛争(労働組合対策)
  • 各種契約書・就業規則作成
  • 債務整理(事業再生・法人破産)
  • 債権回収(数万円から数億円まで対応)
  • 知的財産関連
  • ベンチャー支援(新規事業設立、スタートアップ支援)

多数の労務相談への対応、労務問題の解決に携わってきました。労務問題に特化このように様々な企業法務問題を扱っています。

事務所理念「再生司法」

当事務所は、皆様の再生のために最良のサービスを提供する「再生司法」を理念としています。「再生」にはリノベーション(改革、刷新)の意味も含まれます。

私たちは、司法を通じて、皆様が問題にあった以前の状態に戻すだけではなく、問題の解決を機会に一層の飛躍を遂げることができるようサポートすることを目標としています。私たちは「あなたの会社を強くする」ことをお約束します。

企業法務・個人法務双方の知見を活かしたサービスを提供します。
正確・迅速な対応をお約束します。「できない理由」ではなく「できる方法」を提案します。

私たちが担う企業法務とは、法的リスクの所在・規模・性質を適時かつ正確に特定・評価・モニタリングすることにより、「取ってはいけない法的リスク」と「取った上でコントロールする法的リスク」とに峻別し、当該リスクの種類に応じて適切に対応・管理すること、という法的リスクマネジメントにあります。

そして、法的リスクマネジメントは、大きく「臨床法務」「予防法務」「戦略法務」の3つの見地から分類することができます。これらはそれぞれ独立した場面で問題になるものの、相互に関連し、影響し合う関係にあります。

臨床法務ー「解決」の労務管理

「臨床法務」とは、法的リスクが現実化した際に、損失や悪影響を抑えるための法的対応をいいます。

労務管理の場面では、残業代請求や各種ハラスメント被害、労働契約終了の場面におけるトラブル(退職強要・退職勧奨、解雇、懲戒解雇、雇い止め等)の個別トラブルを解決することが、「臨床法務」として求められることといえます。

私たち弁護士法人 長瀬総合法律事務所は、多数の労務紛争を解決してきた実績があります。

予防法務ー「守り」の労務管理

「予防法務」とは、具体的なトラブルや損失が発生する前に法的リスクに対して必要な手当を講じることをいいます。

労務管理の場面では、「臨床法務」の場面で問題となる、様々な労務紛争の発生を未然に防ぐために

  • 就業規則や雇用契約書の見直し
  • 残業時間管理方法の見直し

等を行うことが、「予防法務」として求められることといえます。

私たち弁護士法人長瀬総合法律事務所は、顧問契約を締結することで、企業の経営に継続的に関与し、「予防法務」体制を確立するサポートをします。

戦略法務ー「攻め」の労務管理

「戦略法務」とは、法務知識を意図的に営業推進等に活用していく積極的な法務対応をいいます。

具体的には、法令を遵守しつつ、その範囲で最大限自社に有利な新商品・新スキームを開発したり、既存の商品にはない、顧客にとってもメリットのある提案活動を行うことをいいます。

労務管理の場面では、いかにして社員のモチベーションを上げることができる評価体制を構築するか、また服務規律規程を設定するか等が重要な要素となります。

私たち弁護士法人長瀬総合法律事務所では、労務紛争を適切に解決するという臨床法務、労務紛争が起きないよう労務管理体制を構築する予防法務だけではなく、さらに企業の人事を活性化させ、より積極的な人事政策を実現する、戦略法務もサポートします。

企業の抱える法的リスク

人手不足リスク

昨今はあらゆる業種において人手不足が深刻な問題として指摘されており、思うように人材が集まらない傾向にあります。このような人手不足の問題は、茨城県内であっても例外ではありません。

労務管理・労働時間管理リスク

人手不足が常態化することで、近時は労使の関係にも変化が見られています。

高度経済成長期であれば、労働者が多数存在したことから、労働者よりも使用者の方が発言力が強い傾向にありましたが、人手不足時代になったことにより、労働者側の方が、使用者に対する発言力を増す面も出てきています。

また、近時の労働者側の権利意識の高まりや、ITの普及による労働諸法に関する知識へのアクセスが容易になったりしたことを受けて、不合理・不当な労務管理に対するクレームも増加する傾向にあります。

特に、近時は未払い残業代や過労死問題に対しては厳しい意見が相次いでおり、このような問題が生じた場合には、「ブラック企業」などと揶揄され、企業に対して深刻なレピュテーションリスク(信用リスク)を及ぼしかねません。

したがって、企業における労務管理、労働時間管理の重要性は年々高まっているということができます。

クレームリスク

近時は、消費者の権利意識の高まりもあり、企業へのクレームトラブルも増加傾向にあります。

理由のないクレームに対してまで対応した場合、サービス業者側の負担も相当なものとなる上、従業員のストレスにも影響し、職場環境にも悪影響を及ぼしかねません。
企業側に落ち度がある場合には、クレームに対しても真摯に対応する必要がありますが、理由のないクレームや、過剰な要求をするクレームに対して、どこまで対応すべきかという問題もあります。

オンライン相談又はご来所でご相談が可能です

業務時間(月-土 9時〜18時)外でもご遠慮なくご連絡ください。電話のほか、メールでのご連絡もお待ちしております。

受付終了後、翌営業日以降に、専門のスタッフよりご連絡をさせていただきます。ヒアリングを行うことで、弁護士とのご相談時により的確なアドバイスが可能となりますので、ご理解いただけますようお願いいたします。
ご相談いただいた内容は、厳密に秘密を守りますので、安心してご相談いただけます。

相談者の皆様の顔を見ながら真摯に対応させていただきたいという思いから、電話相談・メール相談は承っておりませんので、予めご了承ください。

弁護士費用

詳しい弁護士費用は、当事務所HPをご覧ください。

https://roudou.nagasesogo.com/fee/

消費税法が改正され、令和元年10月1日より 消費税が8%から10%に引き上げられることとなりました。これにより、実施日以降の弊社サービスのご利用分については、新税率の10%で計算された金額となります。

基本顧問サービス

茨城県内に限らず、東京都内等、多数の企業の顧問に就任している知見を活かした顧問サービスとなります

サービス内容のご説明 法務相談プラン
A
セミオーダー法務プラン
B
フルオーダー法務・労務プラン
C
法務・労務・経営コンサルティングプラン
S
法務アドバイザー
【リーガルアドバイス】
社内体制整備
【予防法務】
社内体制強化+紛争解決
【予防法務+臨床法務】
競争力強化
【予防法務+臨床法務+戦略法務】
月額顧問料 44,000円 66,000円 110,000円 220,000円
推奨企業 日常の法律相談をお願いしたい 契約書の作成・リーガル チェックをお願いしたい 法務部員のアウトソーシングとしてお願いしたい 企業内の法務・労務・経営面のコンサルティングを定期的にお願いしたい
従業員数 〜10名 11〜100名 101〜300名 301名〜
プラン内容のご説明 各プランの費用は,会社の規模・従業員数等によって加算される場合があります。
詳細についてはお問い合わせ下さい。
かかりつけの医師やコーチに依頼する感覚で、お気軽に法律相談をご依頼することが可能です。リーガルコストを最小限に抑えつつ、お困りのときに、すぐに法律相談やアドバイスを求めたいという企業様にお勧めです。 書面作成・リーガルチェッ クなどをご依頼することが可能です。日常的に書面を作成する企業様にお勧めです。 法律相談を制限なくご依頼できるほか、法務代理・労務代理の多くの部分についてご依頼が可能となります。法務・労務の担当として、紛争の予防・解決に万全を来すのであれば最適のプランとなります。また、本プランでは、定期訪問も実施します。 法律相談・書面作成・リーガルチェックを制限なくご依頼できるだけでなく、法務代理・労務代理について全面的にご依頼が可能となります。
企業内弁護士(インハウスローヤー)の代替に相当するほか、貴社の新たな事業計画の策定にも関与します。
また、本プランでは、月1回の定例訪問を実施し、法務・労務・経営面を全面的にサポートします。
対応時間の目安 プラン毎の1ヶ月当たり弁護士1名の対応業務時間の目安です。各時間を上限として対応いたします。 1ヶ月につき3時間(超過時間分の1時間あたり22,000円) 1ヶ月につき6時間(超過時間分の1時間あたり16,500円) 1ヶ月につき10時間(超過時間分の1時間あたり11,000円) 1ヶ月につき20時間(超過時間分の1時間あたり11,000円)
電話・メール・テレビ会議相談 顧問契約をご締結いただいた企業限定のサービスです。通常は法律事務所での直接面談に限られますが、本サービスでは、電話・メール・テレビ会議によって法律相談をご依頼いただくことが可能です。 電話:1ヶ月3回
メール:1ヶ月5往復
テレビ会議:1ヶ月3回
ただし、簡易な内容に限ります(電話については1回最大30分)。
電話:1ヶ月5回
メール:1ヶ月10往復
テレビ会議:1ヶ月5回
ただし、簡易な内容に限ります(電話については1回最大30分)。
電話:無制限
メール:無制限
テレビ会議:1ヶ月10回
ただし、簡易な内容に限ります(電話については1回最大30分)。
弁護士直通連絡先のご案内有
電話:無制限
メール:無制限
電話会議:無制限
ただし、簡易な内容に限ります(電話については1回最大30分)。
弁護士直通連絡先のご案内有
顧問表示 当事務所が顧問弁護士となっていることを、顧問先企業様が対外的に表示していただくことが可能です。「顧問弁護士」が就任していることを表示していただくことで、対外的信用性の向上や、違法・不当な要求の牽制が期待できます。
EAPサービス EAPとは「Employee Assistance Program」のことであり、日本語では「従業員支援プログラム」と訳されます。
顧問先企業様の従業員・ご家族の方の個別の法律相談に応じるものです。
相談料は無料となります。

ご依頼に応じて
(EAPサービス契約をご締結いただきます)

2ヶ月に1回の出張相談可

1ヶ月に1回の出張相談可
定期訪問 顧問先企業様に定期訪問を行い、現状の課題 ・改善点を洗い出しつつ、アドバイス・改善を継続的に行います。
ご依頼に応じて
(出張費用が発生します)

6ヶ月に1回
(ご依頼に応じて)

2ヶ月に1回定期訪問を行います
            ◎
毎月定期訪問を行い、課題解決・改善に向けてのアドバイス・コンサルティングを継続的に行います
契約書・社内文書等の作成・チェック 契約書や社内文書等のリーガルチェック・作成を行います。
通常は1通あたり10万円(消費税別)〜となります。

割引で対応

簡易文書(A4・3枚以内)
月1通まで無料

簡易文書(A4・3枚以内)
通数制限なし

複雑な文書作成も対応
通数制限なし
内容証明郵便による請求書作成等 内容証明郵便の作成を行います。
通常は弁護士名無であれば1通10万円(消費税別)〜、弁護士名有であれば1通30万円(消費税別)〜となります。

割引で対応
弁護士名無

月1通まで無料
弁護士名無

月3通まで無料
弁護士名無

月3通まで無料
弁護士名有
クレーム対応 取引先や顧客等からのクレームに対し、アドバイス又は代理対応を行います。
クレーム対応に関するリーガルアドバイス

クレーム対応に関するリーガルアドバイス
クレーム対応に対する書面作成(弁護士名無)

クレーム対応窓口(2ヶ月に1件)

クレーム対応窓口(1ヶ月に1件)
弁護士費用割引 交渉や裁判等、個別の案件のご依頼をする際、当事務所基準の弁護士報酬から割引をいたします。 5%割引 10%割引 20%割引 30%割引
事務所情報
事務所名 弁護士 田中 佑樹(弁護士法人長瀬総合法律事務所 水戸支所)
弁護士 田中 佑樹
弁護士登録番号 59508
所属弁護士会 茨城県弁護士会
所属弁護士数 10名
住所 茨城県水戸市城南1丁目4番7号第5プリンスビル7階
最寄駅 JR常磐線「水戸駅」
対応地域 全国
定休日 日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:00〜23:00

土曜 :09:00〜23:00

営業時間備考 *月〜土18時以降及び日曜日・祝日は、新規お問い合わせ一次受付のみ対応。時間外でもご遠慮なくご連絡ください。
*一次受付終了後、翌営業日以降に事務所スタッフよりご連絡をさせていただきます。【GW/夏季/年末年始休業あり】【完全予約制】【初回法律相談無料】【オンライン相談可能】
代表者経歴 2010年 3月 茨城県立緑岡高等学校 卒業
2015年 3月 法政大学法学部法律学科 卒業
2017年 3月 中央大学法科大学院 卒業
2019年11月 司法修習(水戸) 修了
     12月 弁護士法人長瀬総合法律事務所 入所
初回相談料金体系 初回法律相談無料
事務所からのお知らせ ▶︎業務時間(月-土 9時〜18時)外でもご遠慮なくご連絡ください。▶︎電話のほか、メールでのご連絡もお待ちしております。
▶︎受付終了後、翌営業日以降に、専門のスタッフよりご連絡をさせていただき、詳しい相談内容をヒアリングさせていただきます。
アクセスマップ
住所
茨城県水戸市城南1丁目4番7号第5プリンスビル7階
最寄駅
JR常磐線「水戸駅」
Office info 202310231634 33161 w96
弁護士 田中 佑樹(弁護士法人長瀬総合法律事務所 水戸支所)に問合せする
現在、営業時間内です。
電話番号を表示

ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)を見て電話をしたと伝えるとスムーズです

対応体制
  • 来所不要
  • 初回相談料0円
  • 企業側の相談可
  • オンライン面談可
電話でお問合せ
電話番号を表示
受付時間: 09:00〜23:00
メールでお問合せ
この事務所をLINEでブックマーク
同じ市区町村にある弁護士・法律事務所
【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
東京都港区南青山2-6-12アヌシー青山5階
【コロナ対策●オンライン面談●残業代請求/初期費用0円の完全成功報酬制】年間の残業代回収実績は7.5億円です。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円
【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所
茨城県水戸市大町1-2-40朝日生命水戸ビル4階
残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】
弁護士法人水戸翔合同法律事務所
茨城県水戸市大町3-1-24はばたきビル
初回相談無料残業代の未払い不当解雇退職代行など、労働問題でお困りの方はお気軽にご相談ください。弁護士がチームを組み、難易度の高い事件にも対応いたします。【私立学校の労働事件対応実績多数有】【日本労働弁護団所属
【来所不要/全国対応】水戸支店 弁護士法人アディーレ法律事務所
茨城県水戸市宮町1-2-4マイムビル4F
【着手金無料で安心】サービス残業はもうたくさん!残業代を取り戻そう!アディーレ法律事務所なら、残業代請求の弁護士費用は実際に得た経済的利益から。
弁護士 母壁 明日香(弁護士法人長瀬総合法律事務所 水戸支所)
茨城県水戸市城南1丁目4番7号第5プリンスビル 7階
【企業・事業主のみなさまへ】企業法務専門弁護士が、お客様のお悩みを解決いたします!契約書作成・レビュー・問題社員対応までトータルでサポートいたします。【秘密厳守】【全国対応】【オンライン相談受付中】
弁護士 長瀨 佑志 (弁護士法人長瀬総合法律事務所 水戸支所)
茨城県水戸市城南1丁目4番7号第5プリンスビル 7階
【企業法務専門】個別労働紛争、集団労働紛争、労働組合対策など、あらゆる労働問題に対応しています。問題社員対応や解雇の際の手続きなど、雇用関連のトラブルにも迅速かつ的確に対応いたします。
近くにある弁護士・法律事務所
弁護士法人水戸翔合同法律事務所
茨城県水戸市大町3-1-24はばたきビル
初回相談無料残業代の未払い不当解雇退職代行など、労働問題でお困りの方はお気軽にご相談ください。弁護士がチームを組み、難易度の高い事件にも対応いたします。【私立学校の労働事件対応実績多数有】【日本労働弁護団所属
【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所
茨城県水戸市大町1-2-40朝日生命水戸ビル4階
残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】
初回面談相談無料の弁護士・法律事務所
【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所
茨城県水戸市大町1-2-40朝日生命水戸ビル4階
残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】
弁護士法人水戸翔合同法律事務所
茨城県水戸市大町3-1-24はばたきビル
初回相談無料残業代の未払い不当解雇退職代行など、労働問題でお困りの方はお気軽にご相談ください。弁護士がチームを組み、難易度の高い事件にも対応いたします。【私立学校の労働事件対応実績多数有】【日本労働弁護団所属
オンライン面談可能な弁護士・法律事務所
弁護士法人水戸翔合同法律事務所
茨城県水戸市大町3-1-24はばたきビル
初回相談無料残業代の未払い不当解雇退職代行など、労働問題でお困りの方はお気軽にご相談ください。弁護士がチームを組み、難易度の高い事件にも対応いたします。【私立学校の労働事件対応実績多数有】【日本労働弁護団所属
【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所
茨城県水戸市大町1-2-40朝日生命水戸ビル4階
残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は3年です。|3年以上前:原則として、3年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|3年以内:現在より過去3年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。

あなたの場合、
ご退職後3年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。