残業代、不当解雇など労働問題を今すぐ相談できる弁護士が見つかる
会社の待遇に疑問を感じたら、弁護士へ相談を!

地域から弁護士を探す

相談内容から弁護士を探す

  • 退職代行会社に依頼すると、自分で退職の話をしなくても会社を辞められるため人気を博していますが、退職代行会社は「非弁ではないか?」という疑いを持たれて問題になっています。そこで今回は、退職代行会社が「非弁で違法」なのか、判断基準とともに解説します。

  • 労働基準監督署は域内の事業所が労働基準法を守って運用しているか監督しています。勤務先の会社が労働基準法を守っていない場合、労基署に相談すると指導勧告をしてくれて会社の対応が変わり、環境が良くなるケースも多々あります。困ったときには一度相談してみましょう。

  • 不当解雇されたとき、労働基準監督署に相談をして動いてくれるケースはあまり多くありません。不当解雇にあたるかどうかの判断もしてくれないことが多々あります。そんなとき、労働者の権利を適切に実現するには弁護士の力を頼ることも考えてみましょう。

  • 給料が未払いになっているとき労働基準監督署へ報告すると、会社に「指導勧告」をしてくれて給料を支払ってもらえるケースがあります。ただし労働基準監督署は必ずしも動いてくれるとは限りません。自分一人では解決できない場合には弁護士を探して相談をしてみましょう。

  • 労働基準法第37条は、労働者が法定労働時間を超えて働いたときや休日労働、深夜労働をしたときに「割増賃金」を払わねばならないとする条文です。具体的にどういったケースでどのくらいの割増賃金が支払われるのか、くわしく解説します。

  • 「営業職には残業代が支払われない」というのは大きな誤解です。この記事では営業に残業代が発生しないと誤解される理由と、未払い残業代を請求するために知っておくべき知識について詳しく解説します。

  • 働基準法第24条とは、労働者にとって重要な「賃金(給料)」の支払い方法についてルールを設けた条文のことです。本記事では、賃金についてのルールを定める労働基準法24条について、解説していきます。

  • 労災(労働災害)に遭った際は労災保険で給付金の受給ができますが、その申請は「労働基準監督署」になります。労基署は普段あまり労働者になじみのない機関ですが、実は労働者の権利実現のために非常に重要な役割を果たしているので、是非とも知っておきましょう。

  • あなたの勤務先の会社が労働基準法違反の行為をしているとき、労働基準監督署に通報することで指導勧告などを行い、会社の態度が改善されるケースも多々あります。残業代未払いや休憩時間、有給に関するトラブルが相談できる労基署について解説します。

  • 会社勤めの方は「労働基準法第39条」を正しく理解しておくべきです。有給休暇は正社員だけではなくパートタイマーやアルバイト職員にも認められるので、遠慮せずにしっかり取得しましょう。本記事では年次有給休暇を記した労働基準法第39条について解説します。

  • 企業が労働基準法に違反した行為をすると罰則が与えられます。以下で労働基準法違反となるのはどういったケースなのか、その場合の罰則はどのくらいになるのかご説明していきます。

  • 仕事とプライベートの時間のバランスを保つためにも、労働時間と共に重要になることが、年間休日の数です。

  • 変形労働時間制とは、労働時間を月単位や年単位で調整することで清算する労働制度です。教職員の働き方改革としても導入が検討されている変形労働時間制には、導入の条件や時間外労働の扱いなどでいくつか注意が必要です。

  • 【弁護士監修】役職手当は残業代の代わりではありません。本記事では、繰り返し語られる『役職手当』と『残業代』に関してまとめましたので、参考にしていただければと思います。

  • 不当解雇をされてしまった労働者が訴訟を検討している場合、裁判はどのように進み、費用はいくらかかるのか、不当解雇裁判に関わる手続きやかかる期間などについて解説しています。もしあなたの想いが強く、それでも会社を訴えたいという場合は参考にしてください。

  • 上司のパワハラは労働問題の中でも比較的多いトラブルのひとつです。長時間労働や嫌がらせは違法になる可能性が高い為、正しい知識を身につけた上で中止交渉をすれば解決する事も多いです。そこで、パワハラの定義とパワハラをする上司の特徴、そして対処法を解説していきます。

  • 仕事とプライベートの時間のバランスを保つためにも、労働時間と共に重要になることが、年間休日の数です。

  • 「有給が取れない」と嘆いた経験は、ビジネスマンなら一度はあると思いますが、そもそも有給が取りたいのに取れない、拒否されるのは違法なのか、また、有給がないといわれたらどうすればよいのでしょうか。この記事では有給取得に関するルールと取れない場合の対策を解説します

  • 裁量労働制とは何かをわかりやすく解説!使用者と労働者が結ぶ労働形態の1つで、労働時間と成果・業績が必ず比例しない業種に適応される制度のことです。最近厚生労働省のデータ改善で話題になっていますが、どういった制度なのか解説します。

  • 変形労働時間制とは、労働時間を月単位や年単位で調整することで清算する労働制度です。教職員の働き方改革としても導入が検討されている変形労働時間制には、導入の条件や時間外労働の扱いなどでいくつか注意が必要です。

  • 固定残業代とは、企業が一定時間の残業を想定し、残業代をあらかじめ月給に残業代を固定で記載し、残業時間を計算せずとも固定分の残業代を支払うという制度で、一般的には「みなし残業」とも言われています。

  • 過労死ラインとは、働き過ぎにより健康障害が生じ、労災認定で労働と過労死・健康障害の因果関係の判断のために設けてある時間外労働の基準です。

  • パワーハラスメントの定義とは何かを解説!パワハラには6つの種類があるとされますが、法律上定義や意味を解説する項目はありません。ただ、労働者への嫌がらせ行為は違法性が高く、裁判に発展する事例も多いです。そこで、パワハラの基準と裁判例、対処法までご紹介します。

  • 長時間労働による過労死は緊急を要する社会問題です。長時間労働を強いられているニュースをよく耳にしますが、他人事ではない働き方をしている方も多いでしょう。そこで、過労で倒れる前兆や初期症状、過労死が労災認定基準をわかりやすく解説します。

  • 最近よく耳にするようになった「ブラック企業」というワード。ブラック企業の残業時間はどのくらいなのでしょう。また、残業代を請求するための手順や、請求した際に受け取れる金額の計算方法までお伝えします。

  • 36協定(サブロク協定)という言葉はよく聞くが、残業時間は1ヶ月45時間、1年間360時間の限度時間と規定されていると言われても、理解されていない方も多いと思います。そこで、36協定の仕組みや残業時間の上限、36協定を結ぶべき理由などを解説していきます。

  • 懲戒解雇(ちょうかいかいこ)とは、社内の秩序を著しく乱した労働者に対するペナルティとして行う解雇のことで、会社からのペナルティの中で最も重い処分です。公務員の場合、懲戒免職と呼びます。

  • 通常は解雇には事前に予告が必要になり、予告を受けた労働者はその間に、身の振り方を考える期間があるのですが、近年はいきなりの解雇が行われているケースもあり、労働者の生活を脅かす事態が起きています。

  • ブラック企業大賞も発表され、パワハラや過労死、労災認定など、労働時間に関する違法性に関心が集まる中、ブラック企業の特徴を見抜き、ブラック人生を歩まない為の主な特徴と見抜き方、対処法を解説しています。

  • パワハラを受けた方にとっては理不尽で許し難いものであり、パワハラをした相手に何か報復したいと考える方もいるでしょう。そこで今回は、パワハラの訴え方と訴える前に考えておきたいことをご紹介します。

日本国内における労働問題の概要

労働問題は労働者が立ち上がらないと解決できません。バブルの崩壊以降、日本国内の企業の業績は低迷し、そのしわ寄せが労働者に集まることは往往にして存在します。

売上が上手く上がらなくなった企業はコスト削減のために安い賃金で長時間の勤務を労働者に強いることがあります。何も声をあげなければ、待遇が変わることはありません。

しかし、一方で労働者一人が企業に立ち向かうのも難しい話です。一人では太刀打ち出来ない、そんな時は弁護士の力を借りましょう。

残業代の請求、不当解雇、解雇予告、内定取消、雇い止め、労働災害、労働審判、など労働に係る問題は多岐に渡ります。労働法に関する深い知識を持っていなければなりません。

また、交渉を労働者が行うのではなく、弁護士が代理人として交渉することで驚くほどにすんなりと、話が収まることもあります。

いずれにせよ、自分ではどうにも出来ない場合は弁護士への相談がオススメです。当サイトでは労働問題の解決を得意とする弁護士を掲載しております。

きっとあなたのお悩みを解決してくれる弁護士が見つかることでしょう。

Sidebar_writer_recruit