残業代、不当解雇など労働問題を今すぐ相談できる弁護士が見つかる
会社の待遇に疑問を感じたら、弁護士へ相談を!

地域から弁護士を探す

相談内容から弁護士を探す

  • 最低賃金法(さいていちんぎんほう)とは、使用者が労働者に対して支払う給与の最低額を定めた法律のことであり、労働者の安定した生活や、労働力の向上がその目的です。

  • 未払い残業代が発生していないか正しく計算する方法と、計算ツールを使わずに正確な残業代を把握するための手順。そして、残業代の請求方法について解説していきます。

  • 試用期間での解雇トラブルは、労働問題の中でも多くなっています。本来、企業が従業員を解雇するには、それ相応の理由がないといけません。

  • 解雇理由が不適法な不当解雇だった場合、労働者の方々はどのような対処法を取ることができるのかもご説明していきます。突然解雇されてしまった時の今後取るべき方法を明確にすることにお役立て下さい。

  • 皆さんは上司からパワハラの被害にあったことはありますか?罵声を浴びせられ、無茶なノルマを課せられ、時には胸ぐらを掴まれ、労働問題では上司のパワハラに悩まされている人も多くいます。

  • 仕事とプライベートの時間のバランスを保つためにも、労働時間と共に重要になることが、年間休日の数です。

  • 「有給が取れない・・・」毎日忙しく働くビジネスマンは、ふと思うことがあるでしょう。有給を取れないと思う方には2つのパターンがあると考えます。

  • 過労死ラインとは、働き過ぎにより健康障害が生じ、労災認定で労働と過労死・健康障害の因果関係の判断のために設けてある時間外労働の基準です。

日本国内における労働問題の概要

労働問題は労働者が立ち上がらないと解決できません。バブルの崩壊以降、日本国内の企業の業績は低迷し、そのしわ寄せが労働者に集まることは往往にして存在します。

売上が上手く上がらなくなった企業はコスト削減のために安い賃金で長時間の勤務を労働者に強いることがあります。何も声をあげなければ、待遇が変わることはありません。

しかし、一方で労働者一人が企業に立ち向かうのも難しい話です。一人では太刀打ち出来ない、そんな時は弁護士の力を借りましょう。

残業代の請求、不当解雇、解雇予告、内定取消、雇い止め、労働災害、労働審判、など労働に係る問題は多岐に渡ります。労働法に関する深い知識持っていなければなりません。

また、交渉を労働者が行うのではなく、弁護士が代理人として交渉することで驚くほどにすんなりと、話が収まることもあります。

いずれにせよ、自分ではどうにも出来ない場合は弁護士への相談がオススメです。当サイトでは労働問題に関する深い知識を持ち、企業との交渉に強い弁護士を厳選して掲載しております。

きっとあなたのお悩みを解決してくれる弁護士が見つかることでしょう。