残業代、不当解雇など労働問題を今すぐ相談できる弁護士が見つかる
会社の待遇に疑問を感じたら、弁護士へ相談を!

地域から弁護士を探す

相談内容から弁護士を探す

  • 特別条項付き36協定とは、残業時間の上限を延長できる臨時的措置のことです。繁忙期や納期の切迫など、臨時的と認められる事情に限り、残業時間の延長を発動することができます。この記事では、特別条項付36協定の仕組みや利用できる条件などについてご紹介します。

  • 逆セクハラとは、女性から男性に行われるセクハラのことです。セクハラは本来、性別にかかわらず成立するため、『逆セクハラ』という言葉自体おかしいのですが、男性側の立場の弱さから逆セクハラと呼ばれています。この記事では、逆セクハラの事例や対処法についてご紹介します。

  • セクハラは裁判にも発展する不法行為です。一方で、どこまでがセクハラになるのでしょうか?セクハラは同僚間、同性間でも成立します。この記事では、SNSや裁判などで実際にあったセクハラ事例や会社で気をつけたい発言・行動についてご紹介します

  • セクハラ被害は相談するのにも勇気がいりますよね。「こんなことでセクハラといっても取り合ってもらえないのではないか?」「話したのに取り合ってもらえなかった」と悩んでいる方もいるでしょう。この記事では、セクハラの相談際や解決までの流れについてご紹介します。

  • 仕事とプライベートの時間のバランスを保つためにも、労働時間と共に重要になることが、年間休日の数です。

  • 上司のパワハラは労働問題の中でも比較的多いトラブルのひとつです。長時間労働や嫌がらせは違法になる可能性が高い為、正しい知識を身につけた上で中止交渉をすれば解決する事も多いです。そこで、パワハラの定義とパワハラをする上司の特徴、そして対処法を解説していきます。

  • 「有給が取れない」と嘆いた経験は、ビジネスマンなら一度はあると思いますが、そもそも有給が取りたいのに取れない、拒否されるのは違法なのか、また、有給がないといわれたらどうすればよいのでしょうか。この記事では有給取得に関するルールと取れない場合の対策を解説します

  • 裁量労働制とは、使用者と労働者が結ぶ労働形態の1つで、労働時間と成果・業績が必ず比例しない業種に適応される制度のことです。最近厚生労働省のデータ改善で話題になっていますが、どういった制度なのか解説します。

日本国内における労働問題の概要

労働問題は労働者が立ち上がらないと解決できません。バブルの崩壊以降、日本国内の企業の業績は低迷し、そのしわ寄せが労働者に集まることは往往にして存在します。

売上が上手く上がらなくなった企業はコスト削減のために安い賃金で長時間の勤務を労働者に強いることがあります。何も声をあげなければ、待遇が変わることはありません。

しかし、一方で労働者一人が企業に立ち向かうのも難しい話です。一人では太刀打ち出来ない、そんな時は弁護士の力を借りましょう。

残業代の請求、不当解雇、解雇予告、内定取消、雇い止め、労働災害、労働審判、など労働に係る問題は多岐に渡ります。労働法に関する深い知識持っていなければなりません。

また、交渉を労働者が行うのではなく、弁護士が代理人として交渉することで驚くほどにすんなりと、話が収まることもあります。

いずれにせよ、自分ではどうにも出来ない場合は弁護士への相談がオススメです。当サイトでは労働問題に関する深い知識を持ち、企業との交渉に長けた弁護士を掲載しております。

きっとあなたのお悩みを解決してくれる弁護士が見つかることでしょう。