残業代、不当解雇など労働問題を今すぐ相談できる弁護士が見つかる
会社の待遇に疑問を感じたら、弁護士へ相談を!

地域から弁護士を探す

相談内容から弁護士を探す

  • 有給休暇の取得理由は、法律上必要ありません。有給の休暇取得は、労働者に与えられた権利ですし、休暇中の過ごし方は労働者の自由です。しかし、実際は会社で上司から取得理由を求められることもあると思います。この記事では有給休暇の制度やよくある理由などをご紹介します。

  • 法定労働時間は労働基準法定められている『1日8時間、週40時間』以下の労働時間のことです。法定労働時間は労働賃金や残業代などの計算において基本となるものです。この記事では、法定労働時間と所定労働時間の違いや労働時間の種類に関してご紹介します。

  • みなし残業などの固定残業代制度は、違法な長時間労働や未払い賃金などに注意が必要です。この記事では「固定残業を支払っているのだから、労働者を残業させてもとよい」と過大解釈されやすい、みなし残業の確認ポイントをご紹介します。

  • 雇い止めは労働法の法改正により、話題になっています。雇い止め自体は、労働契約として合法的なものなのですが、雇い止めを行った経緯が不当なものである場合無効を主張できるケースもあります。この記事では、雇い止め裁判の事例や費用についてご紹介します。

  • 仕事とプライベートの時間のバランスを保つためにも、労働時間と共に重要になることが、年間休日の数です。

  • 上司のパワハラは労働問題の中でも比較的多いトラブルのひとつです。長時間労働や嫌がらせは違法になる可能性が高い為、正しい知識を身につけた上で中止交渉をすれば解決する事も多いです。そこで、パワハラの定義とパワハラをする上司の特徴、そして対処法を解説していきます。

  • 裁量労働制とは、使用者と労働者が結ぶ労働形態の1つで、労働時間と成果・業績が必ず比例しない業種に適応される制度のことです。最近厚生労働省のデータ改善で話題になっていますが、どういった制度なのか解説します。

  • 「有給が取れない」と嘆いた経験は、ビジネスマンなら一度はあると思いますが、そもそも有給が取りたいのに取れない、拒否されるのは違法なのか、また、有給がないといわれたらどうすればよいのでしょうか。この記事では有給取得に関するルールと取れない場合の対策を解説します

日本国内における労働問題の概要

労働問題は労働者が立ち上がらないと解決できません。バブルの崩壊以降、日本国内の企業の業績は低迷し、そのしわ寄せが労働者に集まることは往往にして存在します。

売上が上手く上がらなくなった企業はコスト削減のために安い賃金で長時間の勤務を労働者に強いることがあります。何も声をあげなければ、待遇が変わることはありません。

しかし、一方で労働者一人が企業に立ち向かうのも難しい話です。一人では太刀打ち出来ない、そんな時は弁護士の力を借りましょう。

残業代の請求、不当解雇、解雇予告、内定取消、雇い止め、労働災害、労働審判、など労働に係る問題は多岐に渡ります。労働法に関する深い知識を持っていなければなりません。

また、交渉を労働者が行うのではなく、弁護士が代理人として交渉することで驚くほどにすんなりと、話が収まることもあります。

いずれにせよ、自分ではどうにも出来ない場合は弁護士への相談がオススメです。当サイトでは労働問題の解決を得意とする弁護士を掲載しております。

きっとあなたのお悩みを解決してくれる弁護士が見つかることでしょう。