• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 その他
ホーム > 労働問題弁護士一覧 > 東京都の労働問題弁護士 > 港区の労働問題弁護士 > 【愛知/名古屋対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
来所不要 初回面談相談料 0円 電話相談可 LINE相談可 休日相談可 オンライン面談可

【愛知/名古屋対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所

弁護士 勝浦 敦嗣
住 所 東京都港区南青山2-6-12アヌシー青山5階
最寄駅 全国のご相談に対応しております
営業時間
09:00〜19:00
09:00〜17:00
得意分野
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判
解雇予告
雇い止め
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
規模規模
在籍弁護士数
14
初回相談料初回相談料
面談相談料
0円(60分)
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
050-5228-1836
受付時間: 09:00〜19:00
事務所のメールまたはLINEで問い合わせをする
Pc mail btn
LINEお友達追加
【コロナ対策●オンライン面談●残業代請求/初期費用0円の完全成功報酬制】年間の残業代回収実績は6.6億円です。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円
【愛知/名古屋対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所からメッセージ

【外出を避けたい方】オンライン面談・電話相談に対応!

新型コロナウイルスの感染が広がっているため、お悩みを抱えつつも、「外出は出る限り避けたい」とお考えの方が多いのではないでしょうか。

弁護士法人勝浦総合法律事務所では、来所・面談相談に伴うお客様の感染リスクを考慮し、現在、ご相談をすべて電話相談・WEB面談にて行っております

スマホ・パソコンを通じて、通常の法律相談と変わらないアドバイスをさせていただきます。

ご依頼いただく場合も、郵送で書面のやりとりをすることが可能です
 

【残業代請求・不当解雇に特化】
勝浦総合法律事務所にお任せください

初期費用0円・完全成果報酬制

「解決したはいいけど、弁護士費用の方が高くなってしまった!」ということがないように、残業代請求は初期費用無料かつ完全成功報酬制にしております。
成果が出なかった場合、弁護士報酬は0円です。
 

年間6.6億円の回収実績

特に残業代請求につきまして豊富な実績を有し、その回収額は年間6.6億円以上に上ります(平成31.1~令和1.12)。

あなたが納得する解決に向け、経験を活かして徹底的にサポートいたします。
 

【コロナ対策】夜間相談・オンライン面談可能

より多くの方がご相談しやすいように、平日は20時まで営業しており、土曜日も営業しております。事前のご予約で夜間相談にも対応可能です。

オンラインで面談いたしますので、新型コロナウイルス感染症が心配な方もご安心ください。
 

感謝の声も多数いただいております

「対応、結果、スピードのすべてに満足です。」
「納得のいく金額を支払ってもらえました。」
「泣き寝入りしなくて本当に良かったです。」


このような感謝のお声を実際に頂いております。お一人で悩まず、まずはご相談いただければと思います。

※当事務所は現在、労働問題について残業代請求・不当解雇・労災の事案のみに注力しております。パワハラ、セクハラ等のご相談はお受けできかねますので、ご了承ください。
 

【残業代請求の期限が切れる前に、いち早く弁護士に相談しましょう】

このような状況で悩まれていませんか?

・年俸制なので残業代が出ない
・会社の圧力があって、サービス残業が当たり前になっている
・営業手当に含まれているから残業代が出ない
・裁量労働制のため残業代が出ない
・管理職だから残業代が出ない
 

このような理由で残業代が支払われない方は、1度弁護士へご相談することをお勧めいたします。

「上記の悩みに該当するが、自分は残業代を請求できる立場かどうか分からない……」と思われるかもしれませんが、会社のルールが違法であることが大半であるため、残業代請求が可能となります。

ただし、残業代には2年間の時効(令和2年4月以降の給料は3年が存在いたしますのでお気をつけください。

しかも、退職後2年間ではなく、給料日から2年間です。
 

当事務所の解決実績

解決事例①ドライバーのケース

ご依頼者さまは、長距離ドライバー(2名)で、月間100~140時間ほどの時間外労働をしていました。

会社に対し、デジタコなどの資料を開示するように求めましたが、会社はこれを拒絶したため、やむなく訴訟を提起しました。
裁判を行った結果、利息や付加金を含め、お一人あたり約4000万円(合計約8000万円)もの残業代の支払いを受けるに至りました。

ドライバーは長時間労働をなさるケースが多く、700~1000万円ほどの多額の残業代が獲得できるケースはよくありますが、お一人あたり4000万円ほども獲得できたこのケースは、当事務所の最高額となります(相手方の給与体系がいびつであったこと、相手方が最高裁まで争ったため多額の利息と付加金が獲得できたことが要因です)。

なお、本件の地裁判決は労働経済判例速報2380号23頁にエスアンドエー事件として掲載されております。
 

解決事例②会社員(事務職管理職)のケース

多い時で月5040~100時間ほど以上の残業がありましたが、経理部門の責任者マネージャーという肩書きを理由に残業代が支払われていませんでした。

相手方の会社は、残業代支払いを拒み続けていましたが、訴訟を起こした結果、こちらの主張を前提に520万円とし、訴訟内で説得したことで、法に則った適正な残業代を支払わせることに成功いたしました。
 

解決事例③飲食店店長のケース

ご依頼者さまは、多い月で約150時間を超える時間外労働をしていました。

店長職にあったため、労基法上の管理監督者であるかが問題となりましたが、結果的に使用者から約400万円を支払わせることが出来ました。
 

解決事例④システムエンジニアのケース

毎月約40時間の残業をされていたシステムエンジニアの方からご依頼を頂きました。

交渉での解決が困難であったため、訴訟に至った結果、170万円の支払を受けるという条件で和解いたしました。
 

解決事例⑤タクシー運転手のケース

歩合制のタクシー運転手さんにご依頼いただきました。当初、相手方代理人から20万円の支払を提示されましたが、交渉の末、120万円の回収に成功いたしました。
 

【不当解雇】にも注力しております

会社を突然解雇され、その後の生活が危ぶまれる方も多いかと思います。

解雇に正当性がない場合、そのことを会社と交渉することで解雇の撤回をしてもらうことも出来ます。
また、会社を辞めた後でも、不当解雇で受けた不利益分の損害賠償を請求することも可能です。

当事務所の解決事例としては、解雇無効の判決を勝ち取り1000万円以上の未払賃金に加えて慰謝料も獲得したケース等ございます。

当事務所は、不当解雇事案についても、原則初期費用0円の成功報酬制でお受けします。

将来の生活に不安がある中で弁護士費用を先に払うのではなく、解決時に成果の一部をいただくのが合理的であると考えております。
成果がなければ報酬は0円です

※不当解雇のご相談、ご依頼をお受けできるのは正社員の方に限られます。
 

不当解雇 解決事例① 40代女性 2000万円獲得

ご依頼者さまが代表者へ進言したことで反感を買い、不当解雇されました。交渉での解決は不可能と見込み、訴訟を起こしました。

地裁で、不当解雇が認められ、解雇についての慰謝料まで認める判決を獲得しました。その後、高裁にて2000万円の解決金を受領する形で和解に至りました。

2年以上に亘り、ご依頼者さまの名誉と生活のため二人三脚で戦った事案でした。
 

不当解雇 解決事例② 50代男性 1400万円獲得

外資系企業に勤めていたご依頼者さまは、能力不足・業務上のミスを理由に解雇されました。

複雑な事案でしたが、業務上のミスが存在しないこと・業務の詳細について丁寧に裁判所に主張しました。
不当解雇であるという裁判所の考えが提示され、定年までの収入に近い1400万円を受領する形で和解に至りました。
 

不当解雇 解決事例③ 40代男性 400万円獲得

ご依頼者さまは、会社から正社員から契約社員への転換を強要された上に、その数か月後の契約更新の際に能力不足を理由に更新を拒絶されました。

一見、解雇ではなく、雇い止めに見えるケースでしたが、契約社員への転換から争うべき事案であることが判明しました。
早期の解決を優先し労働審判を提起した結果、400万円の解決金を受領する形で和解が成立しました。
 

電話診断について

残業代請求・不当解雇については、お電話にて、当事務所がお手伝い可能な事案かどうかの診断をいたします。

内容によって、ご依頼をお受けするのが難しいと判断される事案については、その旨のご回答となってしまいますので、あらかじめご了承ください。

事務所情報
事務所名 【愛知/名古屋対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
弁護士 勝浦 敦嗣
所属弁護士会 第二東京弁護士会
所属弁護士数 14名
住所 東京都港区南青山2-6-12アヌシー青山5階
最寄駅 全国のご相談に対応しております
電話番号 050-5228-1836  
対応地域 全国
定休日 日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:00〜19:00

土曜 :09:00〜17:00

代表者経歴 【代表:勝浦敦嗣】
平成8年 私立東海高校卒業、東京大学入学
平成11年 司法試験合格
平成12年 東京大学法学部卒業
平成13年 大手渉外事務所
平成17年 鳥取ひまわり基金法律事務所
平成19年 リーガルアライアンス 鳥取あおぞら法律事務所所長
平成22年 勝浦総合法律事務所開設

令和2年現在、青山オフィス(本部)/池袋オフィス/横浜オフィス/大阪オフィスにて弁護士14名にてリーガルサービスを提供
初回相談料金体系 相談料0円
事務所からのお知らせ 【残業代請求/不当解雇に特化】
労働法務に精通した弁護士14名(青山オフィス(本部)/池袋オフィス/横浜オフィス/大阪オフィス)があなたを強力に支えます
残業代請求は、初期費用0円の完全成功報酬、回収できなければ報酬は0円です
交渉で解決した場合…回収額の19.8%
労働審判で解決した場合…回収額の26.4%
訴訟で解決した場合…回収額の33%
年間の残業代回収実績6.6億円。
実績・相談例一覧 残業代【会社員4名】訴訟&差押により合計約5600万円回収
残業代【運送業2名】訴訟により合計約8000万円回収
残業代【運送業男性】受任から4か月程で、約500万円回収
残業代【和食店副料理長男性】2カ月のスピード解決約285万円
残業代【スーパー店舗マネージャー】名ばかり管理職問題、裁判で約720万円を回収
残業代【コンサルタント女性】管理監督者であるとの反論を排斥し700万円獲得
アクセスマップ
住所
東京都港区南青山2-6-12アヌシー青山5階
最寄駅
全国のご相談に対応しております
【愛知/名古屋対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所に問い合わせする
現在、営業時間内です。
050-5228-1836
事務所のメールまたはLINEで問い合わせをする
Pc mail btn
LINEお友達追加
対応体制
  • 来所不要
  • 初回相談料0円
  • 電話相談可
  • LINE相談可
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可
お問合せはコチラから
営業時間ただいま営業時中
営業時間050-5228-1836
受付時間: 09:00〜19:00
事務所のメールまたはLINEで問い合わせをする
Pc mail btn
LINEお友達追加
近くにある弁護士・法律事務所
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
初回面談相談料0円
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
初回面談相談料0円
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
企業側の相談不可
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
愛知県の弁護士一覧
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
 
--------
ただいま営業中です
--------
050-5228-1836
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。
まずはあなたの状況をお聞かせ下さい
--------
ただいま営業中です
--------
050-5228-1836

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。
まずはあなたの状況をお聞かせ下さい
--------
ただいま営業中です
--------
050-5228-1836