• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
労働弁護士ナビ > 労働問題弁護士一覧 > 宮城県の労働問題弁護士 > 仙台市の労働問題弁護士 > 弁護士 吉田 大輔(吉田大輔法律事務所)
※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。
Office info 202108111728 46971 w500
Office info 202108111728 46971 w500
Office info 202108111453 46972 w500
Office info 202108111728 46973 w500
初回面談相談料 0円 企業側相談可 電話相談可 休日相談可

弁護士 吉田 大輔(吉田大輔法律事務所)

弁護士 吉田大輔
住 所 宮城県仙台市青葉区五橋1-1-58ダイアパレス仙台中央720
最寄駅 地下鉄南北線五橋駅より徒歩8分
得意分野
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-4592
受付時間: 09:30〜17:30

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

【初回相談無料】残業問題、労災に関する問題、過労問題に力を入れて取り組んでいる法律事務所です。ご依頼者と一緒に解決を目指します。
弁護士 吉田 大輔(吉田大輔法律事務所)からメッセージ

労働問題とは

労働問題は、会社と従業員の間や、上司と部下の間などに起こるトラブル全般のことです。

例えば、突然の解雇やパワハラ、セクハラ、残業問題、過労問題など、種類は多岐に渡ります。

当事務所では、特に、残業問題、労災に関する問題、過労問題に力を入れております。

当事者にとっては相手が企業または上司という力を持った存在であることから、トラブル対処が難しい側面があり、弁護士に相談するケースは後を絶ちません。

当事務所では労働問題も得意としているため、ご依頼を受けた際には、会社との交渉のみならず、裁判所を利用した労働審判や仮処分、訴訟といった解決方法を提案することが可能ですのでご安心ください。

これらの解決方法を取ることは、ご依頼者様個人でもできなくはないことですが、法的知識や実際の解決経験を豊富に携えた弁護士がサポートすることにより、労働者であるご依頼者様により有利な結果をもたらすことができるでしょう。

ご相談者様のおかれている状況をしっかりと伺ったうえ適切と思われる策を提案いたしますので、ぜひ早めにご相談いただくことをおすすめいたします。

 

労働問題に関する当事務所の実例

運送会社に勤めていたご依頼者様について、解雇の違法無効と時間外手当の請求を行ったことがありました。

ご依頼者様には残業手当が支払われておらず、解雇も法に則ったものではないことが疑われたため、当事務所にご相談いただいたものです。

トラック乗務の前後に時刻を記入した点検表を会社に請求しようとしましたが、会社側が提出を拒み点検表を破棄するおそれがありました。

そこで弁護士は証拠保全手続をとって裁判官とともに会社をたずね、労働時間を証明する点検表の回収に成功したのです。

それら資料をもとにして、最終的には未払いになっていた残業代と違法な解雇に対する慰謝料を求めて労働審判を申し立てました。

その結果、会社側には総額550万円の支払いが命じられることとなったのです。

当事務所では会社側の問題と労働者側の問題いずれのケースにも対応してきた経験があります。

 

事務所について

ご相談にお越しになる皆様はさまざまなお悩みや問題を抱えておられます。

このため私は、法律的な視点からお悩みや問題の整理をお手伝いし、解決への道を切り開けるようサポートに力を入れています。

深刻な問題を抱えている方々は誰しも不安であり心細い思いをしていることでしょう。

お悩みや問題は人それぞれであり話しにくい内容も含まれることが多々あります。

私はまずじっくりとお話をうかがうよう心がけているのでご安心ください。

十分なヒアリングを経てから専門的なアドバイスを行ったり法的手段の準備をしますので、初回の法律相談では最長1時間を確保します。

法律相談だけでお悩みが解決する場合も少なくありません。

お悩みや問題をひとりで抱えることなく一緒に解決していきましょう。

残業問題、労災に関する問題、過労問題に力を入れております。

ぜひお気軽にご相談ください。

事務所情報
事務所名 吉田大輔法律事務所
弁護士 吉田大輔
所属弁護士会 仙台弁護士会
住所 宮城県仙台市青葉区五橋1-1-58ダイアパレス仙台中央720
最寄駅 地下鉄南北線五橋駅より徒歩8分
対応地域 宮城県を中心に東北地方全域
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:30〜17:30

アクセスマップ
住所
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-58ダイアパレス仙台中央720
最寄駅
地下鉄南北線五橋駅より徒歩8分
Office info 202108111728 46971 w96
弁護士 吉田 大輔(吉田大輔法律事務所)に問い合わせする
現在は営業時間外となります。

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです

対応体制
  • 初回相談料0円
  • 企業側の相談可
  • 電話相談可
  • 休日の相談可能
お問合せはコチラから
営業時間外です
営業時間050-5228-4592
受付時間: 09:30〜17:30

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

この事務所をLINEでブックマーク
同じ市区町村にある弁護士・法律事務所
【仙台】ベリーベスト法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町1-1-31山口ビル4階
【不当解雇・残業代請求は相談料0円】自宅から弁護士と電話・オンラインで相談ができます(予約制)|新型コロナによる業績悪化を理由とした解雇や残業代の未払いもご相談ください。
勾当台総合法律事務所
宮城県仙台市青葉区上杉1-6-10EARTH BLUE 仙台勾当台 4F
【初回相談料無料】労働問題にお悩みの方、当事務所は企業の顧問としても対応しており、企業側の動きを熟知したうえでの先回りな対応が可能です。
【来所不要/全国対応】仙台支店 弁護士法人アディーレ法律事務所
宮城県仙台市青葉区中央1丁目2番地ー3仙台マークワン 17階
【着手金無料で安心】サービス残業はもうたくさん!残業代を取り戻そう!アディーレ法律事務所なら、残業代請求の弁護士費用は実際に得た経済的利益から。
弁護士法人平松剛法律事務所 仙台事務所
宮城県仙台市青葉区中央1-6-35東京建物仙台ビル11階
年間100件以上の相談実績あります!特に労働審判に注力しております。残業代請求や不当解雇などの問題はお任せください!
仙台あさひ法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町2丁目10番17号仙台一番町ビル7階
近くにある弁護士・法律事務所
【仙台】ベリーベスト法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町1-1-31山口ビル4階
【不当解雇・残業代請求は相談料0円】自宅から弁護士と電話・オンラインで相談ができます(予約制)|新型コロナによる業績悪化を理由とした解雇や残業代の未払いもご相談ください。
初回面談相談無料の弁護士・法律事務所
【仙台】ベリーベスト法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町1-1-31山口ビル4階
【不当解雇・残業代請求は相談料0円】自宅から弁護士と電話・オンラインで相談ができます(予約制)|新型コロナによる業績悪化を理由とした解雇や残業代の未払いもご相談ください。
オンライン面談可能な弁護士・法律事務所
【仙台】ベリーベスト法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町1-1-31山口ビル4階
【不当解雇・残業代請求は相談料0円】自宅から弁護士と電話・オンラインで相談ができます(予約制)|新型コロナによる業績悪化を理由とした解雇や残業代の未払いもご相談ください。
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。