• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
ホーム > 労働問題コラム > B型肝炎訴訟 > B型肝炎訴訟を弁護士依頼するメリットと弁護士のサポート内容を解説

B型肝炎訴訟を弁護士依頼するメリットと弁護士のサポート内容を解説

更新日:2021年07月02日
ゆら総合法律事務所
阿部由羅
このコラムを執筆
%e5%8a%b4%e5%83%8d%e5%95%8f%e9%a1%8c%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e3%83%8a%e3%83%92%e3%82%99

B型肝炎訴訟は自分で提起することもできますが、やはり弁護士に依頼する方が安心です。弁護士に依頼することで、手間なく周到に訴訟準備を進められるメリットがあります。

 

また、B型肝炎訴訟の和解制度では、和解金額の4%が原告(被害者)に支給され、弁護士費用の一部を補助してもらえるのが、弁護士への依頼をおすすめする最大の理由でもあります。

弁護士へ依頼をする際に最も大きな懸念である「弁護士費用の負担」が少なく済むという点からも、積極的に弁護士への依頼をご検討ください。

 

この記事では、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼するメリット・費用・選定のポイント・依頼前の準備や心構えなどについて解説します。

 

 

 

この記事に記載の情報は2021年07月02日時点のものです

B型肝炎訴訟は弁護士への依頼をおすすめするたったひとつの理由

B型肝炎訴訟は、B型肝炎ウイルスへの感染に関する国の責任を追及し、給付金の支払いを求める訴訟手続きです。B型肝炎訴訟を提起する方法は、厚生労働省が公表している「B型肝炎訴訟の手引き」などにまとめられています。

参考:B型肝炎訴訟の手引き 第5版|厚生労働省

 

「B型肝炎訴訟の手引き」などを参照すれば、B型肝炎訴訟は被害者自身でも提起できるように思われるかもしれません。実際、相応の労力をかければ、被害者自身でもB型肝炎訴訟を提起することはできます。

 

しかし、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼すれば、和解金の請求に必要なあらゆる手続きについて、弁護士によるサポートを随時受けられます

 

被害者自身でB型肝炎訴訟を提起する場合よりも、負担を少なくスムーズに和解金を得られるので、ぜひ弁護士へのご依頼をご検討ください。

 

 

B型肝炎訴訟について弁護士ができるサポート

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼した場合、具体的にどのようなサポートを受けられるのかについてご紹介します。

 

訴状・準備書面の作成

B型肝炎訴訟を提起するには、裁判所に「訴状」を提出しなければなりません。訴状とは、原告(=被害者)が求める請求の内容と、それを根拠づける事実を記載する法的書面です。

 

訴状の中では、国が「国家賠償責任」を負うための法律で定められる要件を踏まえて、それに対応する事実を整理して記載しなければなりません。記載方法にも一定の作法があり、初めて訴訟に触れる方にとっては、作成に少なからず労力を要するかと思います。

また、B型肝炎訴訟では「口頭弁論」が開催され、原告(=被害者)が法廷の場で主張・立証を行います。その際、訴状よりも詳しい内容の「準備書面」を裁判所に提出するのが通例です。

 

準備書面を作成する際にも、訴状と同様に、法的要件を踏まえて整理された記載が求められます。

 

このように、訴状や準備書面の作成は、訴訟に不慣れな方にとってはややハードルが高い作業です。弁護士にB型肝炎訴訟を依頼すれば、訴状・準備書面の作成を全面的に任せられるので安心でしょう。

 

証拠収集に関するアドバイス

B型肝炎訴訟では、原告(=被害者)が主張する各事実を、証拠によって立証する必要があります。B型肝炎訴訟で立証すべき事実と、立証に必要な証拠については、おおむね「B型肝炎訴訟」の手引きにまとめられています。

 

そのため、被害者自身で証拠をすべて収集できる可能性もありますが、中にはイレギュラーな証拠を要求されるケースもあるので注意が必要です。

 

たとえば「B型肝炎訴訟の手引き」に記載されている証拠が入手不可能となっていたり、感染経路が複数疑われたりする場合には、裁判所から追加での証拠提出が求められる可能性があります。

その場合、そもそもどのような証拠が必要か、さらに証拠の入手方法などについて個別に検討しなければなりません。B型肝炎訴訟を弁護士に依頼していれば、イレギュラーな立証が必要となるケースでも、個別の状況に応じて適切な対応方針をアドバイスしてくれるでしょう。

 

主治医との連携

B型肝炎訴訟では、現実に発症している病態に応じて、給付金額が以下のとおり大きく変わります。

 

 

除斥期間が経過していない場合

除斥期間が経過した場合

死亡・肝がん・肝硬変(重度)

3600万円

900万円

肝硬変(軽度)

2500万円

600万円(治療継続中の場合)

300万円(それ以外の場合)

慢性B型肝炎

1250万円

300万円(治療継続中の場合)

150万円(それ以外の場合)

無症候性キャリア

600万円

50万円

参考:厚生労働省|B型肝炎訴訟について(救済対象の方に給付金をお支払いします)

 

そのためB型肝炎訴訟では、医師が発行する診断書の記載内容がきわめて重要になります

 

弁護士は、必要に応じて被害者の主治医とコミュニケーションをとり、B型肝炎訴訟で証拠として利用することを踏まえて記載内容の調整を行います。

 

その結果、B型肝炎訴訟で適切な金額の和解金を獲得できる可能性が高まるでしょう。

 

訴訟手続きの代行

訴訟に不慣れな方にとっては、訴訟手続きを進めること自体が大きな負担になります。

 

毎回訴訟期日に出席したうえで、裁判所からの指示にタイムリーに対応することは、時間的・肉体的・精神的にかなり大変な作業となるでしょう。B型肝炎訴訟を弁護士に依頼すれば、訴訟期日の大半には弁護士が代理で出席しますので、裁判所へ足を運ぶ労力が大きく減少します。

また、訴訟手続きの流れの中で必要な対応についても、弁護士が代わりに行ってくれる点も大きなメリットです。

 

 

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼するメリット

弁護士に前述の各業務を依頼することで、被害者の方はB型肝炎訴訟を的確かつスムーズに進めることができるようになります。

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼する主なメリットは、以下のとおりです。

 

漏れのない訴訟準備を行うことができる

B型肝炎訴訟では、受給資格ごとに和解制度によって定められる要件を、証拠によって立証しなければなりません

 

そのためには、必要十分な主張内容の検討と、証拠資料の準備を行うことが大切になります。

 

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼すれば、具体的な状況に応じて必要となる臨機応変な対応を含めて、適正な給付金を受け取るための準備を漏れなく進めることが可能です。

 

訴訟準備の労力が省ける

訴状・準備書面の作成や、証拠資料の収集・提出には、想像以上の労力がかかるケースが多いです。

 

考えるべきこと・手を動かさなければならない作業・足を運ばなければならない場所など、いずれも非常に多く、訴訟に不慣れな方は圧倒されてしまうかもしれません。

 

弁護士にB型肝炎訴訟を依頼すれば、これらの訴訟準備をすべて任せることができるので、被害者の労力は大きく軽減されます。

 

日常生活の時間を割くことに抵抗がある方・お忙しい方・細かい作業が苦手な方などは、弁護士に依頼するメリットが大きいでしょう。

 

専門的な訴訟手続きに戸惑わずに済む

B型肝炎訴訟は裁判所で行われ、裁判所の指示に従って手続きが進行します。訴訟のルールは法律や裁判所規則などで定められており、一般の方にとっては馴染みにくい面があることも事実です。

 

そのため、準備段階や訴訟期日における対応時に、さまざまな面で戸惑いを覚える方も多いでしょう。

 

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼すると、事案の特性や訴訟の進行状況などに応じて、訴訟への対応方針について随時アドバイスを受けられます。

 

弁護士のアドバイスに従って対応すれば、専門的な訴訟手続きであっても戸惑わずに済むため、精神的なストレスは大きく軽減されるでしょう。

 

和解金を受けとるまでの期間を短縮できる

仮にB型肝炎訴訟を被害者が自分で提起する場合、以下の理由から、和解金を受け取るまでにかなりの時間がかかってしまう可能性があります。

 

  1. そもそも訴訟を提起するまでの準備に時間がかかる
  2. 書類の不備などによって、裁判所から訴状などの補正を命じられたり、追加資料の提出を求められたりする
  3. 訴訟の途中で裁判所からイレギュラーな指示が行われた場合、対応に時間がかかる

 

B型肝炎訴訟の取り扱い経験が豊富な弁護士は、訴訟手続きの中で躓きやすいポイントや、時間がかかりやすいポイントを熟知しています。

 

弁護士はこれらの知見を踏まえて、手続きが遅延しないように先回りして対応し、被害者ができるだけ早く給付金を受け取れるようにサポートしてくれるでしょう。

 

 

B型肝炎訴訟の弁護士費用は?国から支給される訴訟手当金について

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼する際、依頼者が気になるのはやはり「弁護士費用」かと思います。

 

実際に、弁護士費用はある程度まとまった金額になることが多いです。しかしB型肝炎訴訟の場合、国から「訴訟手当金」として弁護士費用の一部が補填されることになっているため、実質的な依頼者の負担は軽減されています。

 

弁護士費用の計算方法・支払いのタイミング

典型的には、B型肝炎訴訟の弁護士費用は「着手金」と「成功報酬」の二段階制が採用されています。

着手金とは、弁護士への依頼時に支払う費用です。

 

着手金は固定額の場合が多く、おおむね33万円~55万円程度(税込)が相場です。ただしB型肝炎訴訟の場合、案件の特性上、着手金を無料にしている弁護士も数多く存在します。これに対して成功報酬は、依頼者が和解金を獲得できた場合に、請求を成功させたことへの見返りとして支払う弁護士費用です。

成功報酬は、獲得した和解金額に応じて計算されることが多く、おおむね和解金額の8.8%~17.6%程度(税込)が相場となっています。

 

成功報酬を支払うタイミングは、案件終了後であるケースが多いです。なお弁護士によっては、稼働時間数に応じて請求を行う「タイムチャージ制」を採用している場合もあります。

 

B型肝炎訴訟でタイムチャージ制が採用されることは稀ですが、もしタイムチャージ制が採用されている場合には、事前に明確な見積もりをとっておくとよいでしょう。

 

給付金の4%が訴訟手当金として支給される

B型肝炎訴訟の和解制度では、弁護士費用に対する補填として、和解金額の4%が原告(被害者)に支給されることになっています。

 

(例)

着手金:無料

成功報酬:和解金額の13.2%

和解金額:1250万円(慢性B型肝炎・除斥期間未経過)

弁護士費用=1250万円×13.2%=165万円

訴訟手当金=1250万円×4%=50万円

被害者の実質負担=165万円-50万円=115万円

 

上記の例では、被害者の実質負担は、弁護士費用の額面に比べて約30%軽減されています。このようにB型肝炎訴訟の場合、訴訟手当金の効果によって、弁護士へ依頼する経済的なハードルが下がっているのが特徴です。

 

B型肝炎訴訟の弁護士費用や、訴訟手当金の詳細については、以下の記事も併せてご参照ください。

【関連記事】:B型肝炎訴訟の弁護士費用相場は?和解に伴う弁護士費用の訴訟手当金も紹介

 

 

B型肝炎訴訟を依頼する弁護士を選ぶ際のポイント

被害者の正当な権利を実現するため、B型肝炎訴訟は、信頼に値する弁護士に依頼したいところです。B型肝炎訴訟を依頼する弁護士を選ぶ際の着眼点として、主なものを紹介します。

 

なおB型肝炎訴訟を依頼する弁護士の選び方については、以下の記事でも詳しく解説しているので、併せてご参照ください。

参考:B型肝炎訴訟を依頼する弁護士の選び方は?弁護士の探し方や相談時の着眼点も解説|労働問題弁護士ナビ

 

相談対応は丁寧か

B型肝炎訴訟では、依頼者の実際の状況を踏まえて、緻密に訴訟資料を準備する必要があります。そのため、詳細なヒアリングやこまめな連絡など、相談対応の姿勢が丁寧かどうかは重要な判断ポイントです。

 

また相談対応が丁寧な弁護士は、依頼者にとってよき相談相手となり、精神的な安定にも繋がります。依頼者・弁護士間の信頼関係の観点からも、まずは弁護士の相談に臨む態度をよく観察しましょう。

 

B型肝炎訴訟に関する経験は豊富か

B型肝炎訴訟に関する経験が豊富な弁護士の方が、案件の勘所をよく理解しているため、スムーズに漏れのない対応をしてくれます。B型肝炎訴訟の経験量は、公式ホームページなどから窺い知れる場合がありますので、きちんと情報収集を行いましょう。

 

費用の体系は明確か

弁護士費用の金額は、依頼者が弁護士への依頼時にもっとも懸念するポイントの一つです。そうであるにもかかわらず、弁護士費用に関する説明を曖昧にしか行わない弁護士は、それだけで信頼に値しないというべきでしょう。

 

着手金・成功報酬の二段階制を採用している弁護士であれば、それぞれの金額・パーセンテージはどのくらいなのか、他に実費が発生することはあるのかなどをよく確認しておきましょう。

 

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼する前の準備・心構え

B型肝炎訴訟について弁護士への依頼を検討する場合、相談の効果を高めるために、事前に以下の準備・心構えをしておくことをお勧めいたします。

 

弁護士から質問される可能性が高い事項への回答を準備する

B型肝炎訴訟に関する法律相談では、最低限以下の事項については、弁護士から必ず質問されます。

 

  1. 感染の経緯として考えられるもの
  2. 現在の肝疾患の状況
  3. (二次感染、三次感染の場合)両親などの感染状況

 

上記の事項については、可能であれば関連する資料を持参したうえで、弁護士に対して説明ができる状態にしておくとよいでしょう。

 

細かく具体的に事情を話す

B型肝炎訴訟に関する法律相談では、弁護士はできる限り、相談者の話を詳しく聞きたいと考えています。何気なく相談者が口にした情報・事実が、B型肝炎訴訟においてより有利な結果を得るためのポイントになるケースがあるからです。

 

そのため、弁護士にB型肝炎訴訟の相談をする際には、ご自身が知っていること・感じたことなどをできるだけ詳細に弁護士へ伝えましょう。

 

疑問に思っていることは何でも質問する

相談者がB型肝炎訴訟についてわからないことを放置していると、いつまでも不安が引っかかってストレスを感じたり、後から弁護士に対して不信感を抱いてしまったりする可能性があります。安心した状態でB型肝炎訴訟を進めるには、わからないことをその都度弁護士に質問し、速やかに疑問を解消しておくことが大切です。

 

弁護士は、基本的にどんな質問にも答えてくれますので、少しでも疑問があれば積極的に質問してください。

 

まとめ

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼すると、訴訟手続きをスムーズに進めることができるうえ、被害者の労力は大幅に軽減されます。B型肝炎訴訟の場合、国から「訴訟手当金」が支給されるので、被害者は実質的に少ない負担で弁護士に依頼することが可能です。

 

初回の相談や着手金を無料にしている弁護士も多いため、まずは一度弁護士の話を聞いてみるとよいでしょう。一度でも弁護士と話してみれば、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼するメリットを実感でき、さらに弁護士が信頼に足るかどうかの判断もある程度できるかと思います。

B型肝炎訴訟への第一歩を踏み出すため、お気軽に弁護士までご相談ください。

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

※未払い残業代問題が30日で解決できる『無料メールマガジン』配信中!

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2020・OD・037

この記事の執筆者
ゆら総合法律事務所
阿部由羅 (第二東京弁護士会)
西村あさひ法律事務所・外資系金融機関法務部を経て、ゆら総合法律事務所代表弁護士。不動産・金融・中小企業向けをはじめとした契約法務を得意としている。その他、一般民事から企業法務まで幅広く取り扱う。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

B型肝炎訴訟に関する新着コラム

B型肝炎訴訟に関する人気コラム

B型肝炎訴訟の関連コラム

キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 全国
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 202108311139 46821 w220 弁護士法人春田法律事務所 福岡オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE相談可能
休日の相談可能
残業代請求
Office info 202106021053 42041 w220 【神戸・兵庫/相談窓口】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE相談可能
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判
Office info 202110151553 13601 w220 【福岡】ベリーベスト法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
Office info 202110151552 13391 w220 【大阪】ベリーベスト法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 2 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。