• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
ホーム > 労働問題コラム > B型肝炎訴訟 > B型肝炎訴訟を依頼する弁護士の選び方は?弁護士の探し方や相談時の着眼点も解説

B型肝炎訴訟を依頼する弁護士の選び方は?弁護士の探し方や相談時の着眼点も解説

更新日:2021年06月08日
ゆら総合法律事務所
阿部由羅
このコラムを執筆
B%e5%9e%8b%e8%82%9d%e7%82%8e%e8%a8%b4%e8%a8%9f%e3%82%92%e4%be%9d%e9%a0%bc%e3%81%99%e3%82%8b%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99%e6%96%b9

B型肝炎訴訟は弁護士に依頼するのがスムーズですが、どのような点に注目して弁護士を選べばよいかは悩みどころです。信頼できる弁護士に依頼をすれば、迅速に適正な額の給付金を受け取れる可能性が高まります。

 

法務省が公表しているB型肝炎訴訟の状況によれば、令和3年1月31日時点で、『原告数累計で85,218名』中、国は証拠資料を提出した原告の方について給付金等を支給するための要件を確認、そのうち67,541名の原告の方と和解が成立しているとしています(参考:法務省|B型肝炎訴訟)

提訴数と和解数は比例関係にありますが、提訴数と和解数との差は徐々に開いていることがわかります。

 

 

H24年

H25年

H26年

H27年

H28年

H29年9月

H31年1月

提訴者数

7,949

13,530

19,537

30,191

43,487

51,217

85,218

和解者数

2,044

6,490

12,239

19,191

26,206

30,919

67,541

参考:厚生労働省|B型肝炎訴訟の提訴者数及び和解者数の推移を元に算出

 

できる限り豊富に情報を収集しつつ、可能であれば複数の弁護士を比較しながら、依頼先の弁護士を選ぶとよいでしょう。この記事では、B型肝炎訴訟を依頼する弁護士を選ぶ際の、探し方や着眼点などを中心に解説します。

 

 

この記事に記載の情報は2021年06月08日時点のものです

B型肝炎訴訟を依頼する弁護士の選び方と相談時の着眼点

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼する際には、できるだけ信頼性の高い、安心して依頼できる弁護士を選びたいところです。実際のところ、弁護士としての能力や資質については、個々の弁護士によってかなり幅があります。

 

依頼者が信頼できる弁護士を見極めるためには、主に以下の各点に着目するとよいでしょう。

 

B型肝炎訴訟の制度説明がわかりやすいこと

B型肝炎訴訟は、法律によって定型化されているとはいえ、国家賠償請求訴訟による込み入った対応が求められます

 

これからどのような手続きが行われるのか、どのくらいの時間がかかるのかなどについて制度について弁護士がわかりやすく説明してくれれば、依頼者としても安心に繋がるでしょう。

 

依頼者のことを真剣に考える優秀な弁護士は、手続きの見通しについて、依頼者にわかりやすい言葉で丁寧に説明してくれます。そのため、B型肝炎訴訟の制度についてわかりやすく説明してくれる弁護士は、信頼できる可能性が高いでしょう。

 

B型肝炎訴訟への対応経験が豊富なこと

B型肝炎訴訟は、国を相手とする訴訟であり、かつ医学的な立証が求められる特殊性があります。

 

そのためある程度以上の経験を有する弁護士と、そうでない弁護士とでは、対応のスムーズさや適切さに差が生じがちです。B型肝炎訴訟に関する対応件数は、弁護士によってまちまちですので、できるだけ経験豊富な弁護士に依頼する方が安心でしょう。

 

 

具体的な事情を細かく聞いてくれること

B型肝炎訴訟では、感染経緯や症状の内容など、和解要件を一つずつ立証する必要があります。細かい事実でも、立証の成否に影響する可能性があるので、本来慎重な事情聴取が必要なはずです。

 

丁寧な仕事をする弁護士は、B型肝炎ウイルスへの感染経緯や病状などについて、具体的な事情を細かく質問します。このような弁護士であれば、事実関係に関する見落としが生じにくく、結果的に正当な給付金を獲得しやすいでしょう。

 

リスクをきちんと説明してくれること

依頼者に期待を持たせておいて、立証に失敗したら梯子を外すような態度は、弁護士として不適切です。弁護士の倫理規定に当たる「弁護士職務基本規程」でも、以下のように定められています。

 

第二十九条

2 弁護士は、事件について、依頼者に有利な結果となることを請け合い、又は保証してはならない。

弁護士職務基本規程29条2項

 

たとえば、

  • 「絶対に給付金を受け取れます!」
  • 「国が責任を認めることは確実です!」

 

などと、依頼者にとってのメリットばかりを強調して、リスクを説明しない弁護士は信頼できません。

 

B型肝炎訴訟は、結果を保証するような言動をすることなく、客観的に立証の成否を分析したうえで方針を立てられる弁護士に依頼すべきでしょう。

 

連絡がまめであること

弁護士は複数の案件を抱えて多忙なケースが多いですが、それでも依頼者を長い時間待たせる弁護士には、B型肝炎訴訟を安心して依頼することはできないでしょう。

 

事件を迅速に解決へ導くことと同時に、依頼者の不安を解消するためにも、弁護士にとってレスポンスの早さは非常に重要です。

 

正式依頼の前に、メールなどで何度かやりとりを行い、迅速に返信を返してくれるかどうかをチェックするとよいでしょう。

 

明朗会計であること

弁護士が案件を受任する際には、弁護士費用について適切な説明をすることが義務付けられています(弁護士職務基本規程29条1項)。

 

弁護士費用について明確な報酬基準が設けられており、追加費用が原則発生しない明朗会計であれば、依頼者としても安心でしょう。

B型肝炎訴訟に関する弁護士費用についての考え方は、次の項目で詳しく解説します。

 

複数の事務所で無料法律相談を受けることも有効

B型肝炎訴訟を依頼する弁護士を選ぶ際には、複数の事務所を比較することも有効です。

 

無料法律相談を受け付けている弁護士も多いので、まずは気軽に複数の法律事務所で相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

弁護士の対応方法を比較できる

能力・経験・相談に応じる態度・レスポンスの早さなど、弁護士としての資質や、対応の誠実さはそれぞれ異なります。複数の弁護士に相談すれば、これらのポイントをそれぞれ比較できます。

 

その結果、依頼者にとってより快適に依頼できる弁護士を選べる可能性が高まるでしょう。

 

弁護士費用の比較も可能

1か所の法律事務所から見積もりを取るだけでは、その費用が高いのか安いのかを判断することは困難です。これに対して、複数の法律事務所から弁護士費用の相見積もりをとれば、弁護士費用の金額の合理性を確認できるメリットがあります。

 

再三になりますが、B型肝炎訴訟を依頼する弁護士を選ぶ際に、弁護士費用は一つの要素に過ぎません。

 

しかしながら、弁護士費用が重要な要素であることには違いなく、依頼者としても納得できる費用で依頼したいところでしょう。

 

そのため複数の法律事務所を比較して、より合理的な費用を提示する弁護士に依頼するのは、B型肝炎訴訟を依頼する弁護士を選ぶための有力な考え方といえます。

 

B型肝炎訴訟を依頼する弁護士を探す方法

B型肝炎訴訟を依頼する弁護士には、そもそもどのようにしてアクセスすればよいのでしょうか。ご自身のツテを辿るだけでなく、インターネットを活用したり、各所の無料法律相談を利用したりする方法も考えられます。

 

以下に弁護士を探す方法の概要を列挙しますので、それぞれの方法を活用して、ぜひ信頼できる弁護士を探してください。

 

知り合いの弁護士がいればまずはその弁護士に相談してみる

知り合いに弁護士がいれば、相談へのハードルは大きく下がります

 

顔見知りの関係なので、もともと構築されている信頼関係をベースとして、きちんとした仕事をしてくれる可能性が高いでしょう。もし知り合いに弁護士がいる場合には、B型肝炎訴訟を受けてくれるどうか、一度声をかけてみましょう。

 

家族や友人から紹介してもらう

ご自身に直接弁護士の知り合いがいなければ、家族や友人に知り合いの弁護士を紹介してもらうことも考えられます。

 

特にその弁護士の人となりをよく知っている、または実際に案件依頼したことがある人からの紹介であれば、弁護士の能力や資質もある程度担保されます。

 

ご自身の知り合いに依頼するケースと並んで、家族や友人からの紹介は、安心度の高い弁護士の探し方といえるでしょう。

 

インターネットで弁護士を検索する

法律事務所の公式ホームページでは、B型肝炎訴訟に力を入れていることを謳っている事務所があります。このような法律事務所は、B型肝炎訴訟に関する経験やノウハウを豊富に有している可能性が高いので、依頼を検討するとよいでしょう。

 

また最近では、インターネット上で弁護士を検索できるサービスも増えています。地域や得意分野ごとに弁護士を検索できるため、住まいの近くでB型肝炎訴訟を取り扱う弁護士を見つけられる可能性が高いです。

 

このように、インターネット上の検索エンジンやポータルサイトを活用して、B型肝炎に関する積極的な情報発信を行っている弁護士を探すとよいでしょう。

 

弁護士会の法律相談を受ける

弁護士会では、各種の相談を受け付ける「法律相談センター」を設置しています。

参考:全国の弁護士会の法律相談センター|日本弁護士連合会

 

弁護士会の法律相談センターでは、弁護士が相談員として常駐しているため、その弁護士にB型肝炎訴訟を依頼できます。もし相談対応を行った弁護士が、B型肝炎訴訟を取り扱っていない場合には、別の弁護士の紹介を受けることも可能です。

 

弁護士会の相談窓口例

B型肝炎訴訟無料法律相談会

集団予防接種等を原因とするB型肝炎ウイルス感染者を対象に、無料相談会を実施します。集団予防接種等によりB型肝炎ウイルスに感染した方に対しては、国の給付金が一定額支給されますが、給付の対象者の認定は、基本合意に基づき、裁判所において、救済要件に合致するかどうかを確認していくこととなります。
この機会にぜひ弁護士にご相談ください。
引用元;神奈川県弁護士会

 

自治体の法律相談を利用する

市区町村の役所などでは、市民の法律に関する悩みを解決するため、定期的に弁護士による無料法律相談が行われています。

 

自治体の無料法律相談を利用すれば、その場で弁護士にB型肝炎訴訟に関する相談ができますし、対応に問題がなければ正式依頼も可能です。自治体の法律相談を行う弁護士は、弁護士会から信頼されている弁護士が派遣されているケースが多いです。

 

 

中野区の法律相談を利用される方へ
中野区では、区民の皆様が日常生活を送るうえで生じる様々な問題について、弁護士が面談により、法律のアドバイスを行います。相談は無料で予約制です。秘密を厳守しますので、お気軽にご利用ください。なお、法律相談は、平日のご利用が難しい区民の方を対象にして、毎月、第3日曜日にも実施しています。

相談の日時について

毎週月曜日と水曜日(第3日曜日の翌日の月曜日を除く)
毎月第3日曜日
相談時間は、午後1時から4時までの間で、お一人様25分以内です。
相談日が祝日・休日にあたる日及び年末年始(令和3年12月20日から令和4年1月10日)は、相談はお休みです。

2021年度 法律相談のご案内(PDF形式 337キロバイト)

相談場所

専門相談室(中野区役所1階 窓口番号1階20番)

相談の申し込み(電話予約)方法

電話での予約が必要です。直接、区役所窓口での受け付けは行っていません。

電話番号 03-3228-8802(区民相談係)

申し込み(電話予約)は、相談日の一週間前(同じ曜日)の午前9時から先着順に受け付けを開始します。

参考:中野区

 

そのため、依頼者目線での信頼性・安心感についても、ある程度担保されているといえるでしょう。

 

 

法テラスの法律相談を利用する

法テラスは、市民と司法サービスの距離を近づけるために設置された公的機関です。

参考:日本司法支援センター法テラスHP

 

法テラスでは、常時弁護士による無料法律相談が実施されています。また、収入や資産などの条件を満たせば、弁護士費用を立て替えてもらうことも可能です。

 

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼するに当たって、経済的な面で不安がある場合には、法テラスの利用を検討するとよいでしょう。

 

あなたの弁護士

弁護士の総合検索サイト『あなたの弁護士』では、医療問題に詳しい弁護士が掲載されています。

 

B型肝炎訴訟においては、国を相手取る『国家賠償請求訴訟』という特殊な裁判を行うことになりますが、B型肝炎であることを証明するための症状申告などを、専門医と提携して進めるのが一般的です。

 

つまり、医療知識を有し、国家賠償請求訴訟の経験がある弁護士でないと対応が難しいのが実情です。医師には無症候性キャリアと言われていたのに、弁護士が調べてみると、実はB型肝炎だったというケースもあります。

 

あなたの弁護士に掲載している医療問題に詳しい弁護士であれば、B型肝炎訴訟にも対応できる、医学的知識を持つ方もおりますので、弁護士探しのお役に立つかと思います。

 

医療問題に詳しい弁護士を探す:あなたの弁護士へ移動する

 

 

B型肝炎訴訟に関する弁護士費用の考え方

弁護士費用は、一般に「着手金・成功報酬制」または「タイムチャージ制」によって計算されますが、B型肝炎訴訟の場合は「着手金・成功報酬制」がほとんどです。

 

特にB型肝炎訴訟の場合は、着手金を無料に設定している弁護士も多くなっています。弁護士ごとに報酬体系が異なる中で、B型肝炎訴訟の弁護士費用が合理的かどうかは、どのような着眼点によって判断すればよいのでしょうか。

 

以下に主な着眼点を解説しますので、実際に弁護士を選ぶ際の参考としてください。

 

「着手金無料」のメリット・デメリット

B型肝炎訴訟では、「着手金」を無料としている弁護士が多いです。

 

これは、被害者保護を図ることに加えて、和解制度によって獲得できる経済的利益の金額が予測しやすいことによります。着手金が無料の場合、初期費用がかからない・依頼を通じて損をする(マイナスになる)ことがない点がメリットです。

 

しかしその反面、報酬金が高めに設定されていることが多くなっているので、総額を意識する必要があります。

 

総額で給付金額の8.8~22%程度が多い

B型肝炎訴訟の弁護士費用の総額は、税込みで給付金額の8.8~22%の範囲に収まることが多いです。

 

一つの目安に過ぎませんが、弁護士費用が給付金の11%前後までであれば、かなりリーズナブルな部類と考えられます。ただし、弁護士費用が安いというだけで依頼するのではなく、前述のさまざまな観点を考慮して弁護士を選ぶのがよいでしょう。

 

実費を含めて事前に詳しく確認を

弁護士に対して支払う「報酬」だけでなく、訴訟費用などの実費や、訴訟期日への出席日当が発生することもあります。

 

B型肝炎訴訟にかかる費用の全体感を把握するためには、具体的にどのような費用が発生し得るのかを、弁護士への依頼時に十分確認しておくべきです。

 

弁護士は、弁護士費用(報酬)以外の費用についても説明義務を負っているので、不明な点は弁護士に確認しましょう。

 

 

 

まとめ

B型肝炎訴訟を依頼する弁護士を選ぶ際には、経験・人格・対応の丁寧さ・費用など、さまざまな観点に着目する必要があります。

 

納得して信頼できる弁護士に依頼をするためには、できる限り弁護士に関する情報を収集することが大切です。

 

可能であれば、複数の法律事務所へ無料法律相談を申し込み、相見積もりを取って比較するとよいでしょう。

 

信頼できる弁護士にB型肝炎訴訟を依頼することができれば、迅速かつ円滑にB型肝炎訴訟の手続きを進め、早期に適正なB型肝炎給付金を受け取ることに繋がります。

 

家族や友人の繋がり・インターネット・各所の無料法律相談などを活用して、ぜひ信頼できる弁護士を見つけてください。

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

※未払い残業代問題が30日で解決できる『無料メールマガジン』配信中!

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2020・OD・037

兵庫
埼玉
京都
福岡
千葉
神奈川
Office info 202112091434 26281 w220 【姫路】ベリーベスト法律事務所

【不当解雇・残業代請求は相談料0円】自宅から弁護士と電話・オンラインで相談ができます(予約制)|新型コロナによる業績悪化を理由とした解雇や残業代の未払いもご相談ください。

事務所詳細を見る
Office info 202106021053 42041 w220 【神戸・兵庫/相談窓口】弁護士法人勝浦総合法律事務所

【残業代請求/初期費用0円の完全成功報酬制】残業代請求の実績多数。年間の残業代回収実績6.6億円。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円【LINE相談可】

事務所詳細を見る
Office info 202112091354 13561 w220 【神戸】ベリーベスト法律事務所

【不当解雇・残業代請求は相談料0円】自宅から弁護士と電話・オンラインで相談ができます(予約制)|新型コロナによる業績悪化を理由とした解雇や残業代の未払いもご相談ください。

事務所詳細を見る
Office info 202108311116 46801 w220 弁護士法人春田法律事務所 大阪オフィス

【残業代のみ無料相談】 #相談料無料#着手金無料 #完全成功報酬#回収できなければ報酬ゼロ 残業代に詳しい弁護士がスピーディーに対応します!

事務所詳細を見る
兵庫県の弁護士一覧はこちら
この記事の執筆者
ゆら総合法律事務所
阿部由羅 (第二東京弁護士会)
西村あさひ法律事務所・外資系金融機関法務部を経て、ゆら総合法律事務所代表弁護士。不動産・金融・中小企業向けをはじめとした契約法務を得意としている。その他、一般民事から企業法務まで幅広く取り扱う。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

B型肝炎訴訟に関する新着コラム

B型肝炎訴訟に関する人気コラム

B型肝炎訴訟の関連コラム

キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 全国
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 202108311116 46801 w220 弁護士法人春田法律事務所 大阪オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
Office info 202108311139 46821 w220 弁護士法人春田法律事務所 福岡オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
Office info 202108311133 46811 w220 弁護士法人春田法律事務所 名古屋オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
Office info 202004101658 12941 w220 弁護士法人グラディアトル法律事務所
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 2 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。