• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 その他
ホーム > 労働問題弁護士一覧 > 茨城県の労働問題弁護士 > 日立市の労働問題弁護士 > 弁護士 佐久間 友則(弁護士法人長瀬総合法律事務所 日立支所)
※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。
初回面談相談料 0円 企業側相談可 電話相談不可

弁護士 佐久間 友則(弁護士法人長瀬総合法律事務所 日立支所)

弁護士 佐久間 友則
住 所 茨城県日立市幸町1-4-1 4階
最寄駅 JR常磐線「日立駅」
得意分野
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
規模規模
在籍弁護士数
9
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
029-433-7494
受付時間: 09:00〜18:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

【初回面談無料/完全予約制(ご来所面談のみ)】あなたの権利を一緒に主張します!「自分が悪いのかも」と思い詰める前に一度ご相談ください。
弁護士 佐久間 友則(弁護士法人長瀬総合法律事務所 日立支所)からメッセージ

企業側からの理不尽な対応に悩んでいませんか    

次のような理不尽な対応に悩んでいませんか?

・残業を行っているのに残業代が支払われない
・残業代の請求をしても取り扱ってもらえない
・思い当たる理由がないのに突然解雇を言い渡された
・家族が長時間労働の末亡くなってしまった
・突然内定取消の連絡が来てどうしたらいいかわからない
・妊娠をしたらアルバイトへの配置転換を強要された
・業績悪化を理由に給与を払ってもらえない


当事務所では、残業代請求からハラスメントまで、労働問題に幅広い対応をしています。
労働問題であればどのようなトラブルでも構いません。ぜひご相談ください。
 

初回面談無料/完全予約制【ご来所面談のみ】    

【初回面談無料】

電話相談・WEB相談は行っておりませんので、面談予約をお取りいただけますと幸いです。ご遠慮なくお問い合わせください。
 

お気軽にご相談にいらしてください。
皆様を希望の光で照らせるように誠心誠意、精一杯対応いたします。    

弁護士の佐久間友則(さくま・とものり)と申します。

私は、茨城県ひたちなか市で生まれ育ちました。かねてより地元である茨城県に貢献したいと考えておりました。
そんななか、所長である長瀬佑志先生と出会い、その人柄と事務所の理念に惹かれて入所しました。

相談においては、皆様と真摯に向き合い、一人一人に寄り添っていきたいと思っております。
解決に向け、皆様が確かな歩みを感じられるよう心がけております。そのために努力を惜しまず、今後も自己研鑽に励んでまいります。

弁護士に相談するなんて大事だと感じるかもしれませんが、お一人で悩まず、気軽にご相談にいらしてください。
皆様を希望の光で照らせるように誠心誠意、精一杯対応いたします。 どうぞよろしくお願いします。
 

従業員の不当解雇の主張に対し、合意退職が成立した事例    

【相談概要】

当社は、従業員10名前後の運送事業者です。
数年前に雇用したトラック運転手Bは、問題行動ばかりを繰り返して対応に困っていました。

今回、Bが怪我をしたことを理由に長期間出勤を拒否し、これからどうするつもりか何度聞いてもまともに出社もしなければ回答もしないため、Bに対して会社を辞めてもらう旨を通知しました。

当社がBに対して会社を辞めてもらうよう通知したところ、Bから「不当解雇だ」「労働基準監督署にも相談する」というLINEが送られてきました。

当社としては、どのように対応すればよいのか分からず、相談しました。 
 

【相談事例における対応】

ご相談のケースでは、会社の対応が解雇に該当すると解される可能性があるところ、解雇が有効と認められるためには「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合」であるといえる必要があります(労働契約法16条)。

もっとも、解雇が有効と認められる要件は厳格に解される傾向にあるため、ご相談のケースでも慎重に検討する必要があります。
そこで、会社としてBとの雇用契約を終了させることを優先するのであれば、解雇ではなく合意退職を選択することを提案しました。

当事務所が会社の代理人としてBと交渉し、B自身も会社に復職する希望があるかどうかを確認したところ、Bとしても会社とトラブルになってしまった以上、復職する意向は乏しい様子だったことがうかがわれました。

そこで、会社とBとの間で、雇用契約を終了させる条件について協議し、一定の解決金を支払うことで、合意退職に応じてもらうことになりました。
 

【担当弁護士からのコメント】

労務紛争の中でも、雇用契約の終了の場面は、特に深刻なトラブルに発展することが少なくありません

雇用契約の終了方法は、今回ご紹介した解雇、合意退職のほかにも、雇止めや退職勧奨等、様々なものがあります。
事案に応じ、労働者の真意がどこにあるのかを見極めた上で、会社として適切な対応を講じる必要があります。

ご相談のケースでも、労働トラブルが発生した初期段階でBの意向を確認し、会社に復職する真意はないことがわかったことから、スムーズに合意退職に向けて話し合いを進めることができましたが、初動対応を見誤った場合には、解雇の有効性を巡って裁判にまで発生する可能性も否定できませんでした。

労務紛争は、初動対応の適否によってその後の問題解決が大きく異なる可能性がありますので、ご留意ください。
 

自分が悪いのかもと思い詰める必要はありません    

労働トラブルを抱えている方の中には「自分が悪いのかも」と思い詰めている方も少なくありませんが、そのような必要はありません。

企業からの理不尽な対応に対して、あなた自身の権利を主張することに何の問題もありません。

当事務所では、労働問題でトラブルになっている人を徹底的にサポートします。
「悪いのは自分」とは思わず、あなたの権利を一緒に主張します。ぜひお気軽にご相談ください。

事務所情報
事務所名 弁護士 佐久間 友則(弁護士法人長瀬総合法律事務所 日立支所)
弁護士 佐久間 友則
所属弁護士会 茨城県弁護士会
所属弁護士数 9名
住所 茨城県日立市幸町1-4-1 4階
最寄駅 JR常磐線「日立駅」
対応地域 茨城県
定休日 日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:00〜18:00

土曜 :09:00〜18:00

初回相談料金体系 相談料1時間33000円(税込)
アクセスマップ
住所
茨城県日立市幸町1-4-1 4階
最寄駅
JR常磐線「日立駅」
弁護士 佐久間 友則(弁護士法人長瀬総合法律事務所 日立支所)に問い合わせする
現在、営業時間内です。
029-433-7494

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです

対応体制
  • 初回相談料0円
  • 企業側の相談可
  • 電話相談不可
お問合せはコチラから
営業時間ただいま営業時中
営業時間029-433-7494
受付時間: 09:00〜18:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

近くにある弁護士・法律事務所
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
初回面談相談料0円
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
茨城県の弁護士一覧
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。