• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
労働弁護士ナビ > 労働問題弁護士一覧 > 広島県の労働問題弁護士 > 福山市の労働問題弁護士 > 弁護士 増田 嵩栄(あかり綜合法律事務所)
※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。
Office info 202111021445 44381 w500
Office info 202111021445 44381 w500
Office info 202111021445 44382 w500
Office info 202111021445 44383 w500
企業側相談可 オンライン面談可

弁護士 増田 嵩栄(あかり綜合法律事務所)

弁護士 増田 嵩栄
住 所 広島県福山市大黒町1-35桑田ビル3階
最寄駅 JR福山駅より徒歩5分
得意分野
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
【企業側のご相談に注力】中小企業などをはじめ、企業側のハラスメント対応・人事・労務に関する相談を全般的にお受けしています。お気軽にお問い合わせを。
弁護士 増田 嵩栄(あかり綜合法律事務所)からメッセージ

企業側の労務環境の対応に力を入れています

法改正により、中小企業でもハラスメントに関する相談窓口の設置の必要性が出てきたため、企業側のハラスメント対応に関するご相談・ご依頼に力を入れております。

企業側のハラスメントについて、どういった対応が必要なのかをお伝えするための研修やセミナーも行っていますので、個別のご相談でもより具体的にお答えすることができます。

また、それに付随して、企業内でのリスクマネジメントやコンプライアンス体制の構築に関するサポートも行っています。

具体的なアドバイス内容

まず、事業規模や人材などのご状況から、ハラスメントの問題が生じないようにする対応についてお話をしていきます。

関連する法律のご説明やハラスメントを未然に防ぐための準備、窓口になる人の人選、実際にハラスメントがあった際の対処法などをアドバイスさせていただいております。

もちろん、ハラスメントだけではなく、人事・労務に関する相談は全般的にお受けしています。

トラブルがある人材への対応のアドバイスも行います

従業員トラブルとして他に多い内容が、問題を起こしている社員への対応のアドバイスです。問題があったからと、安易に解雇してしまうと、後々訴訟・労働審判などのリスクを生じさせてしまいます。

できることなら、解雇を実施する前に一度弁護士までご相談いただきたく考えております。

具体的には、まずは人材の勤務態度や能力改善が見込めるかどうかの観点からアドバイスを行い、解雇以外の選択肢について共有いたします。それと同時、必要に応じて適切な退職勧奨ができるような準備も進めていきます。

勤務態度に問題がある、他の従業員に悪影響を及ぼしている、というようなお悩みを抱えている場合には、安易に解雇する前に弁護士までご相談ください。

何よりもご依頼者様に心から納得いただくことが優先です

ご依頼をお受けするにあたって一番大事にしている方針が、ご依頼者様にしっかり納得いただける解決方法を取っていくことです。

ご相談を受ける中で、弁護士が想定する方針と、ご依頼者様が当初に思い描く方針が必ず一致するとは限りません。

まずは利益や権利が最大限守られるような手段・方法についてしっかりご理解いただき、そのうえでご依頼者様ご本人が大事にしたいものを守れるように、ご依頼者様の納得がいく解決に向けて尽力して参ります。

ご意向の確認にも気を付けています

依頼者自身の納得がいく解決を重視しているので、弁護士が独走せずに一緒に伴走できるように、しっかりご意向の確認を行い、わかりやすい説明を心がけています。

いくつかある選択肢について、それぞれのメリット・デメリットを説明するようにしており、きちんと理解をいただいた上で次に進んで行くようにしています。

少しでも早い相談をお待ちしております

いろいろな相談を受けている中で、「もう少し早く相談してもらえれば…」と思うケースは多々あります。物事が行き詰まってからだと、取れる選択肢が限られてしまいます。

弁護士への相談に躊躇してしまい、どうしようできもない状態で相談に来られた場合、極論すれば訴訟するしかないということにもなりかねず、望んだ結果に近づけないことにもなってしまいます。

相談に早すぎるということはございません。相談の結果、弁護士が不要だとなれば無理に介入して関係悪化させることはありませんし、今後問題が悪化して弁護士が必要となった際に相談しやすい関係を作ることもなります。

弁護士への相談だからと躊躇や遠慮せず、少しでも問題やお悩みをお抱えでしたら、気軽にご相談ください。

事務所情報
事務所名 弁護士 増田 嵩栄(あかり綜合法律事務所)
弁護士 増田 嵩栄
所属弁護士会 広島弁護士会
住所 広島県福山市大黒町1-35桑田ビル3階
最寄駅 JR福山駅より徒歩5分
対応地域 鳥取県  島根県  岡山県  広島県  山口県  香川県  愛媛県 
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:30〜17:30

アクセスマップ
住所
広島県福山市大黒町1-35桑田ビル3階
最寄駅
JR福山駅より徒歩5分
Office info 202111021445 44381 w96
弁護士 増田 嵩栄(あかり綜合法律事務所)に問合せする
現在、営業時間内です。
電話番号を表示

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです

対応体制
  • 企業側の相談可
  • オンライン面談可
電話でお問合せ
電話番号を表示
受付時間: 09:30〜17:30
この事務所をLINEでブックマーク
同じ市区町村にある弁護士・法律事務所
弁護士 伊藤 敦史(山下江法律事務所 福山支部)
広島県福山市西町2-10-1福山商工会議所ビル5階
【初回相談料無料】セクハラ・パワハラにお悩みの方、自分を守るために弁護にご相談ください。弁護士がご相談者様に代わって会社と交渉いたします。
山下江法律事務所 福山支部
広島県福山市西町2-10-1福山商工会議所ビル5階
【初回相談無料】当事務所は卑劣なパワハラを一切容認せず、ご依頼者と一緒に戦います。パワハラ被害に遭われている方は、ご相談ください。
弁護士 渡辺 晃子(山下江法律事務所 福山支部)
広島県福山市西町2-10-1福山商工会議所ビル5階
【初回相談料無料】未払いの残業代の回収は、弁護士が介入し交渉することで、成功する可能性がございます。未払いの残業代を請求できる期限は2年間です、お早めにご相談ください。
弁護士 地引 雅志(山下江法律事務所 福山支部)
広島県福山市西町2-10-1福山商工会議所ビル5階
【初回相談料無料】労災問題の解決は、専門知識を持つ弁護士までご相談ください。ご相談者様を精神的にサポートし、強い信頼関係を構築することを大切にしています。
初回面談相談無料の弁護士・法律事務所
【広島】ベリーベスト法律事務所
広島県広島市中区八丁堀15-6広島ちゅうぎんビル5階
その解雇、不当解雇かもしれません!【不当解雇・残業代請求は相談料0円】自宅から相談できる電話・オンライン相談対応(予約制)|新型コロナによる業績悪化を理由とした解雇や残業代の未払いもご相談ください
オンライン面談可能な弁護士・法律事務所
【広島】ベリーベスト法律事務所
広島県広島市中区八丁堀15-6広島ちゅうぎんビル5階
その解雇、不当解雇かもしれません!【不当解雇・残業代請求は相談料0円】自宅から相談できる電話・オンライン相談対応(予約制)|新型コロナによる業績悪化を理由とした解雇や残業代の未払いもご相談ください
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。