• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 その他
ホーム > 解決事例 > 不当解雇 > 試用期間中の不当解雇につき解雇無効を主張し、迅速に6ヶ月分の解決金を企業から取得

試用期間中の不当解雇につき解雇無効を主張し、迅速に6ヶ月分の解決金を企業から取得

依頼者:男性
雇用形態:正社員
回収金額:賃金約6ヶ月分

【相談前】

相談者は3ヶ月の試用期間中に仕事ができないという理由で解雇されました。

しかし、解雇の理由につき納得できないとの相談。

 

【相談後】

試用期間中とはいえ、正当な理由がない解雇は無効となります。

仕事ができないことが理由となっていますが、最初に仕事ができないことは当たり前で、企業側が新人研修をしっかりと行う必要があります。

同事案においては、企業側がしっかりと新人研修を行ったことがうかがわれなかったため、交渉により解雇無効による復職を求めました。

結果、退職することを条件に6ヶ月分の給与を取得し、交渉により和解が成立しました。

 

【弁護士からのコメント】

例え試用期間といっても解雇には正当な理由が必要となります。

解雇されるべき正当な理由のハードルは非常に高いです。解雇された場合、早急に弁護士に相談されるのがよろしいと思います。

東京都
池袋副都心法律事務所
【初回面談相談無料】【事前予約で休日相談も可能】「理不尽な理由で解雇された/降格された」「これまでの残業代を払ってほしい」という方へ。証拠を探すところからサポートいたします。一度ご相談ください。
初回面談相談料 0円 電話相談可 休日相談可
 
住所 東京都豊島区西池袋3-29-12-6階A号 大地屋ビル
最寄駅 JR池袋駅 徒歩4分 、副都心線池袋駅 徒歩1分
代表弁護士 関根 翔
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉
初回相談料 0 円(30分)
営業時間
09:00〜22:00
10:00〜20:00
不当解雇
解雇予告
内定取消
退職代行
退職金未払い
残業代請求
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-1823
この依頼を解決した事務所
池袋副都心法律事務所 の解決事例
退職金の未払分を訴訟なしに迅速に強制執行
依頼者
男性
回収金額
退職金全額
成績不良を理由とした解雇を訴訟により無効とし約12ヵ月分の解決金を迅速に取得
依頼者
女性
雇用形態
正社員
回収金額
賃金約12ヶ月分
退職勧奨後を阻み、訴訟により賃金約35ヵ月分の解決金を取得
依頼者
男性
回収金額
賃金約35カ月分
キーワードからコラムを探す