• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 その他
ホーム > 解決事例 > 不当解雇 > 元勤務先からの退職強要に対し解雇無効を認めさせ200万円の支払を受けられたケース

元勤務先からの退職強要に対し解雇無効を認めさせ200万円の支払を受けられたケース

依頼者:30代男性
雇用形態:正社員
業界:小売業
回収金額:200万円

【相談前】

相談者様は元勤務先に正社員として勤務していましたが、仕事上の些細なミスを理由に即日退職をするよう要求されました。
元勤務先の対応に疑問をもった相談者様は、その後の対応法を知りたいと考え、当事務所に相談に来られました。

 

【相談後】

私から相談者様には、会社からの退職の要求には応じる必要がないこと、どうしても会社が退職を求めるのであれば解雇であると明言させて解雇理由書を取得しておくよう助言を行いました。
その後、相談者様が会社に対してはっきりと自主退職を拒絶したところ、会社は相談者様に対して正式に解雇通告を行い、解雇理由書を交付しました。
そこで私は、元勤務先に対する解雇無効と解雇期間中の未払賃金を請求する民事訴訟を提起し、その際解雇理由書に書かれた解雇理由が不明確であることなどを指摘しました。
これに対し、裁判所からは解雇は無効であるとの意見が示されたため、最終的に和解金200万円で和解することができました。

 

【弁護士からのコメント】

勤務先から突然「会社を辞めてほしい」と言われて困るという相談は当事務所にも多く寄せられます。

この場合、労働者側としては断固として自主退職には応じないという姿勢を見せる必要があります。その場合、会社は労働者への退職勧奨を諦めるか、解雇するかのいずれかを選ぶことになります。仮に会社から解雇と言われても、今回のケースのように弁護士に依頼することで解雇が無効であると争い、復職や金銭支払での和解という権利の実現をできることが非常に多いです。
会社から退職を迫られた場合には、ひとりで決断するのではなく、弁護士に事前の相談をされることをお勧めします。

鹿児島県
国分隼人法律事務所
【初回相談無料】残業代の請求、労災のトラブル、不当解雇などの問題に対応しております。地元出身の労働問題専門弁護士が親身にお話を伺いますので、お気軽にご相談ください。《過去の解決実績は写真をクリック》
初回面談相談料 0円 電話相談可 休日相談可
住所 鹿児島県霧島市国分野口西21-11
最寄駅 JR隼人駅下車より徒歩約20分、隼人東インターチェンジより約5分
代表弁護士 溝延 祐樹
対応エリア 鹿児島県
営業時間
09:00〜18:00
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
退職代行
給与未払い
退職金未払い
ハラスメント
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-1751
この依頼を解決した事務所
国分隼人法律事務所 の解決事例
労働災害で重度の後遺症を残した被害者について2000万円超の和解金を得たケース
依頼者
50代男性
雇用形態
正社員
業界
製造業
回収金額
2000万円
年俸制を採用する会社から残業代400万円を回収したケース
依頼者
40代男性
雇用形態
正社員
業界
医療
回収金額
400万円
キーワードからコラムを探す