• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 その他
ホーム > 解決事例 > 労働災害 > 労働災害で重度の後遺症を残した被害者について2000万円超の和解金を得たケース

労働災害で重度の後遺症を残した被害者について2000万円超の和解金を得たケース

依頼者:50代男性
雇用形態:正社員
業界:製造業
回収金額:2000万円

【相談前】

相談者様は作業現場にて足場からバランスを崩して転倒し、脳に重い後遺障害を残しました。相談者様に対しては労災保険から治療費や障害に応じた年金などの支給がされていましたが、勤務先からはそれ以上の被害弁償には応じられないと言われたため、当事務所に相談に来られました。

 

【相談後】

このケースでは、会社から労働者に対する作業方法の指導や教育に杜撰な点があったことから、会社に対し安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求訴訟を提起しました。
訴訟手続内においては、労働安全衛生法などの諸法令の規定を挙げつつ、会社の安全管理体制に不備があることを指摘した結果、裁判所から安全配慮義務違反を認める意見が示されました。
その結果、最終的に会社の支払能力も加味した上で和解金を2000万円とする和解が成立しました。

 

【弁護士からのコメント】

仕事中に起きた事故については労災保険から治療費の全額と給与の一部が補償され、後遺症が残った場合にはその程度に応じた一時金や年金などの支給を受けることができます。
しかし、労災保険では被害者に生じた全ての損害が補償されるわけではなく、特に慰謝料については一切補填がされません。

そのため、それらの損害を回復するためには別途会社に対する損害賠償請求を行う必要があります。

この請求においては、労働者側で安全配慮義務違反の根拠となる事実を丁寧に主張立証することが必要となりますが、その際には労働安全衛生法をはじめとする関係法令についても幅広い知識が求められます。
当事務所はこれまでに労災問題の事例を多く取り扱い、成果を挙げておりますので、弁護士をお探しの際には是非ご相談を検討いただければと思います。

鹿児島県
国分隼人法律事務所
【初回相談無料】残業代の請求、労災のトラブル、不当解雇などの問題に対応しております。地元出身かつ労働問題への経験豊富な弁護士が親身にお話を伺いますので、お気軽にご相談ください《過去の解決実績掲載中!》
初回面談相談料 0円 電話相談可 休日相談可
住所 鹿児島県霧島市国分野口西21-11
最寄駅 JR隼人駅下車より徒歩約20分、隼人東インターチェンジより約5分
代表弁護士 溝延 祐樹
対応エリア 鹿児島県
営業時間
09:00〜18:00
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
退職代行
給与未払い
退職金未払い
ハラスメント
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-1751
この依頼を解決した事務所
国分隼人法律事務所 の解決事例
元勤務先からの退職強要に対し解雇無効を認めさせ200万円の支払を受けられたケース
依頼者
30代男性
雇用形態
正社員
業界
小売業
回収金額
200万円
年俸制を採用する会社から残業代400万円を回収したケース
依頼者
40代男性
雇用形態
正社員
業界
医療
回収金額
400万円
キーワードからコラムを探す