• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 その他
ホーム > 労働問題マガジン > その他 > いつか使える!?仕事を円満に辞める4つの手順
労働問題マガジン
2018.4.30

いつか使える!?仕事を円満に辞める4つの手順

Pixta_39829959_s

会社辞めたい。日曜の『サザエさん』や連休最後の夜になんとなくそう思ってしまう方も多いもの。

 

今は辞めようと思っていなくても、いつかやめようと考えている人に、円満に仕事を辞める方法をご紹介します。

 

 

まずは直属の上司に「仕事を辞めたい」と伝える

退職の意思を伝えるのは、一般的には直属の上司です。立場を飛び越えて、さらに上の役職の方に伝えるのは避けましょう。

 

直属の上司は部下の状態を把握できなかったとして咎められることがあります。必ず、最初は直属の上司に相談しましょう。

 

なお、退職意思は、可能であれば退職希望日の1ヶ月〜1ヶ月半前までには伝えた方がよいでしょう。

 

法律上は退職意思は2週間前で足りるとされていますが、一般常識的にはそれより前から退職の意思を表明する方が適切です。

 

退職意思を表明したことは書面などで残しておく

会社が退職を認めないという対応をする場合は、退職意思を表明したことは必ず証拠化しておきましょう。

 

後々、退職の意思表示を受けた受けないでトラブルになることを避けるためです。

 

証拠化する方法は、退職届・退職願等の書面を提出した上で、Eメールで提出した旨を連絡するなどの方法があります。

 

なお、退職の意思表示は会社を退職する意向が明確となっていればよく、退職届、退職願、辞職願など形式は特に問いません。

 

面談では退職の意思を明確にする。

上司に仕事を辞めたいと言うと会社から引き止めるための面談が行われ、退職理由や今の職場での不満をヒアリングされることがあります。

 

通常のコミュニケーションとして面談で受け答えすることは特に問題ありませんが、退職の意思だけは明確にしましょう。

 

曖昧な態度を取ると退職の意思が撤回されたか否かでトラブルとなる可能性があります。

 

退職日までに引き継ぎや有休消化などを行う

退職届を提出したら、残りの日数は業務の引き継ぎや有休消化にあてましょう。

 

有給を消化する場合は、なるべく早い段階で上司に相談し、引き継ぎの妨げにならないようにしましょう。

 

もっとも、有休消化は労働者の権利であり引継ぎが完了しているか否かに問わず行使できます。

 

会社から「引継ぎが終わらないと有休は使わせない」と言われてもこれに従う必要はありません。

 

ただ、常識的には退職による混乱を避けるため、適切なタイミングで引継ぎを行っておく方がベターでしょう。

 

どうしても言えない人の最終手段

会社に直接退職意思を表明することが躊躇されるという場合は、退職届けを会社に郵送すると同時に有休権を行使するという方法があります。

 

ただし、本来は業務請負の引き継ぎや退職のあいさつを行うことが社会人としてのマナーですので、やむを得ない場合に限るべきでしょう。

 

退職日の2週間前までに退職届を郵送

労働者から機関の定めのない雇用契約を終了させる場合、2週間前までに終了の通知を行えば足りるとされています。

 

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
引用元:民法

 

このため、正社員労働者から会社に退職届を郵送すれば2週間の経過により雇用契約は終了します。

 

なお、アルバイトや契約社員といった期間の定めのない雇用契約はこの限りではありません。

 

退職日までの期間を有給消化に当てる

退職まで上司に会いたくない、会社に行きたくない場合はそのまま有休消化にあてましょう。

 

なお、退職日まで有休を利用する場合は退職届にその旨も記載しましょう。

 

まとめ

この項目では仕事を円満に辞めるための流れについて詳しくご紹介しました。

 

  1. 「仕事を辞めたい」と伝えるのは直属の上司
  2. 退職意思を表明したことは証拠化しておく
  3. 面談では退職の意思を明確にする
  4. 退職日までに引き継ぎや有休消化などを行う

 

今の環境に不満がないのであればそれが一番ですが、いざという時は、思い出してみてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

その他に関する新着マガジン

その他に関する人気のマガジン


その他マガジン一覧へ戻る
キーワードからマガジンを探す
Sidebar_writer_recruit