影山法律事務所の事務所情報

労働問題弁護士検索

 > 
 > 
 > 
影山法律事務所
Office_info_13801
Office_info_13801 Office_info_13802 Office_info_13803
弁護士事務所詳細
影山法律事務所
大阪府
弁護士 影山 博英

大阪府 大阪市北区西天満4丁目3番11号  梅新パークビル7階

Btn-map
最寄 南森町駅(徒歩8分) なにわ橋駅(徒歩8分) 大阪天満宮駅(徒歩9分) 淀屋橋駅(徒歩13分)

まずは、お気軽にお問い合わせください

0066-97356-4701 【通話料無料】

※02時24分現在は営業時間外となります。
メール問合せのご利用をオススメします。


Btn-inquiry
影山法律事務所
※02時24分現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で問合せする
0066-97356-4701
メールで問合せする
事務所所在地
大阪府大阪市北区西天満4丁目3番11号 梅新パークビル7階

解雇・雇止め・内定取消しを受けられた方へ

解雇・雇止め・内定取消しは使用者の自由ではありません

客観的に合理的理由のない解雇は違法・無効です。
雇止め・内定取消しも法律・判例による制約があり、使用者が恣意的に行いうるものではありません。
 

影山法律事務所は解雇・雇止め・内定取消しの解決に注力しています

当事務所では、労働問題、とりわけ解雇・雇止め・内定取消し事案に注力し、主に労働者側の立場から、交渉、労働審判申立、本訴提起等の手段により解決に取り組んでいます。
解雇・雇止め・内定取消しを受けられた方は、是非、影山法律事務所へご相談ください。
 

豊富な知識・経験に基づいて最良の解決を目指します

弁護士影山博英には民間企業勤務の経験があります。また、労働法を選択科目として司法試験に合格し、2000年に弁護士登録をして以来、過労死、過労自殺、組合関係、企業側の事件を含む多様な労働事件を経験しています。
2009年に現在の事務所を開設してからは、主に労働者側で取り組んでいます。
 

労働問題は、労働法に精通した弁護士にご相談ください

労働法は、労働者の保護のため、私法の一般原則が修正されていること、実定法でなく、判例によって規律されている部分が大きいことなどの特徴があります。やや特殊な法領域であり、必ずしも、全ての弁護士が労働法に精通しているとは言い難い分野です。
労働関係でのトラブルに遭われた場合、労働事件に注力し、労働法に精通した弁護士に相談・依頼することで、よりよい解決に至る可能性が高まります。
 

ご依頼の敷居を低くするよう工夫しています

  1. 無料相談あり
    当事務所では、解雇・雇止め・内定取消・残業代請求の労働者側のご相談については、初回無料(45分まで※)としております。
    ※初回ご相談が45分を超えることは通常ありません。
    ※その他のご相談は原則として30分ごと5000円(税別)を申し受けております。
     
  2. 完全成功報酬制あり
    当事務所では、着手金が負担できないために救済されるべき方が救済されないということのないように、ご相談内容によっては、実費のみのご負担で、着手金無料かつ労働審判申立・訴訟提起時にも追加弁護士費用なしの完全成功報酬制で受任することもいたしております。
    弁護士費用についても遠慮なくご相談ください。
     
  3. 電話での問い合わせ可
    お電話での問い合わせも歓迎します。お電話では、抱えておられる問題の概要を簡単にお話しください。当職の事務所までご足労のうえご相談いただくことが適切な内容かどうかについての判断をお答えします。
    当事務所では受任いたしかねることが想定される場合などには、大変恐縮ですが、その旨お伝えいたします。
    ※お電話は最大10分程度までの対応とさせていただきます。
    ※ご相談内容についての当職の見解は、面談で詳しくお話を伺ってからお話しいたします。お電話での回答は原則として控えさせていただきます。
     

最近の解決事例

事例①(解雇)

セクハラを理由として解雇された事案で、本人はセクハラの事実を一貫して否認し、飽くまで復職することを求めていました。
判決では、残念ながらセクハラの事実自体は否定されなかったものの、解雇に至る手続きの不当性から解雇を無効とする判断を得ることができ、判決は確定しました。
 

事例②(雇止め)

反復された有期労働契約が打ち切られた事案でしたが、使用者は、従前の契約において就労期間が時期的に連続せず、空白期間があることを理由に雇止めにあたること自体を否定していました。
裁判所に対し、労働契約法19条の適用があると解すべきことを丁寧に論じたところ、当初否定的な発言をしていた裁判所の姿勢に変化があり、年間給与額の8割以上に相当する解決金で和解するに至りました。
 

事例③(本採用拒否)

延長後の試用期間満了により本採用を拒絶された事案で、試用期間延長の有効性も争点でした。
仮に延長が認められた場合は、かなり低いレベルの解決を強いられかねない事案でしたが、いくつもの理由付けにより延長の有効性を徹底して争った結果、会社が任意に支払った月給1か月分半とは別に、月給約6か月分半に相当する解決金を得て和解するに至りました。
 

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-97356-4701
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名影山法律事務所
弁護士 影山 博英
所属団体大阪弁護士会
住所 大阪府 大阪市北区西天満4丁目3番11号  梅新パークビル7階
最寄駅南森町駅(徒歩8分) なにわ橋駅(徒歩8分) 大阪天満宮駅(徒歩9分) 淀屋橋駅(徒歩13分)
電話番号0066-97356-4701 【通話料無料】
対応地域 大阪府、兵庫県、京都府、奈良県
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:00〜17:30

営業時間備考◆電話受付◆
平日:午前7時50分~午後6時
日曜祝日:午前9時~午後5時
弁護士経歴 1990年 3月 京都大学文学部卒業
1991年 4月 蝶理株式会社入社
1994年 4月 蝶理株式会社退社
2000年 4月 弁護士登録
2009年 9月 現事務所開設
初回相談料金体系 解雇、雇止め、内定取消し、残業代請求に関する労働者側のご相談に限り、初回ご相談45分まで無料
その他は30分ごと5000円(消費税別)
著書および論文名 共著 『最新オンラインショップの法律Q&A』 清文社
共著『Q&Aパートタイム労働者の雇用と実務』ぎょうせい
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-97356-4701
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large