• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 その他
ホーム > 労働問題弁護士一覧 > 愛知県の労働問題弁護士 > 名古屋市の労働問題弁護士 > 村上・加藤・野口法律事務所
※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。
初回面談相談料 0円 企業側相談可

村上・加藤・野口法律事務所

弁護士 野口 新
住 所 愛知県名古屋市中区丸の内2-2-7丸の内弁護士ビル802
最寄駅 丸の内駅 から徒歩4分
得意分野
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
雇い止め
退職代行
経験年数経験年数
弁護士登録から
12
規模規模
在籍弁護士数
4
初回相談料初回相談料
面談相談料
0
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-1861
受付時間: 09:00〜18:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

給料未払、残業代、解雇、退職金その他労働問題全般について対応しています
村上・加藤・野口法律事務所からメッセージ

幅広く労働問題に対応しています

大小を問わず、主に労働者側の活動実績が多くあります。不当解雇事案のほか、残業代請求ではタイムカードがない状態で残業代を回収した実績などもあります。

 

主に労働者側の問題解決であれば、さまざまなご相談に対応できます。

豊富な経験と柔軟な対応力を活かし、依頼者様の抱える悩みを解決できるようサポートします。

 

まずはお気軽にご相談ください。

 

法律相談について    

  • 労働者側の経済的事情に応じて初回相談料は無料としております(法テラスの民事法律扶助の利用をご案内する場合があります)。
  • 事前予約にて休日、夜間の対応も可能です。

 

依頼者の利用しやすい敷居の高くない事務所です    

名古屋の裁判所から最寄の地区に事務所を構えております。弁護士事務所が集まるビルにあります。

 

個人、法人を問わず、小さな事件から多くの人の耳目に触れる事件まで多種多様な事件を取り扱う事務所です。

 

依頼者にとって敷居の高くない事務所です。

事務所情報
事務所名 村上・加藤・野口法律事務所
弁護士 野口 新
所属弁護士会 愛知県弁護士会
所属弁護士数 4名
住所 愛知県名古屋市中区丸の内2-2-7丸の内弁護士ビル802
最寄駅 丸の内駅 から徒歩4分
対応地域 愛知県・岐阜・三重
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:00〜18:00

営業時間備考 ※事前にご予約いただければ、休日のご面談も可能です。
アクセスマップ
住所
愛知県名古屋市中区丸の内2-2-7丸の内弁護士ビル802
最寄駅
丸の内駅 から徒歩4分
村上・加藤・野口法律事務所に問い合わせする
現在は営業時間外となります。

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです

対応体制
  • 初回相談料0円
  • 企業側の相談可
お問合せはコチラから
営業時間外です
営業時間050-5228-1861
受付時間: 09:00〜18:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

近くにある弁護士・法律事務所
企業側の相談不可
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
初回面談相談料0円
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
退職代行
給与未払い
退職金未払い
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
愛知県の弁護士一覧
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。