• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
弁護士の方はこちら
労働問題弁護士ナビ > 労働問題弁護士一覧 > [北海道][労働問題]弁護士 > [札幌市][労働問題]弁護士 > [札幌市][労働審判]弁護士

《北海道》《札幌市》労働審判が得意な弁護士一覧

検索条件
北海道
札幌市
労働審判
7 件中 1 - 7 件の弁護士事務所を表示
利用規約個人情報保護方針 に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
初回面談相談料 0円 企業側相談可 面談予約のみ 休日相談可
住所 北海道札幌市中央区大通西5丁目桂和大通ビル38 6階
最寄駅 札幌市営地下鉄 南北線「大通駅」3番出口から徒歩1分
弁護士 佐藤 大蔵
対応エリア 北海道
営業時間

平日 :09:00〜21:00

土曜 :10:00〜18:00

日曜 :10:00〜18:00

祝祭日:10:00〜18:00

規模 在籍弁護士数 4 名
初回相談料 0 円

解決実績掲載中事前予約で休日対応可残業代を請求したい/不当に解雇された等のお悩みは初回面談無料◆労働問題に精通した弁護士が、ご希望に沿った解決案を提案いたします≪お問い合わせの際はお写真をクリック≫

残業代請求
不当解雇
解雇予告
労働審判
内定取消
雇い止め
労働災害
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
Icon tel pc 電話番号を表示
相談の流れを見る
弁護士への相談の流れ
初回面談相談料 0円 企業側相談可 面談予約のみ
住所 北海道札幌市中央区北1条西2丁目1番地札幌時計台ビル10階
最寄駅 JR札幌駅徒歩5分、地下鉄大通駅徒歩3分
弁護士 菊地 顕太
対応エリア 北海道(札幌市近郊)
営業時間

平日 :09:00〜17:30

規模 在籍弁護士数 8 名
初回相談料 0 円

初回面談無料残業代請求/不当解雇/労災トラブルでお困りであれば弁護士へご相談を!退職前・退職後、どちらのタイミングでもOK!なるべく早い段階でのご相談をお勧めします《残業代計算ツール掲載中》

残業代請求
不当解雇
労働災害
労働審判
給与未払い
解雇予告
内定取消
雇い止め
ハラスメント
退職代行
退職金未払い
お問合せはコチラから
営業時間外です
Icon tel pc 電話番号を表示
相談の流れを見る
弁護士への相談の流れ
 
初回面談相談料 0円 企業側相談可 休日相談可 オンライン面談可
住所 北海道札幌市中央区大通西28丁目1-2 円山公園ビル3階
最寄駅 円山公園駅
弁護士 須田 勇太郎、髙橋 拓也
対応エリア 北海道
営業時間

平日 :10:00〜18:00

初回相談料 0 円(60分)

個人企業の両方に対応】【未払い残業代請求に注力】トラック運転手・サービス業・看護師など労働問題の解決実績多数◎かけがえのないあなたの時間…諦める前にまずはご相談ください【詳細は写真をクリック】

残業代請求
不当解雇
解雇予告
雇い止め
労働災害
労働審判
退職代行
給与未払い
退職金未払い
内定取消
ハラスメント
お問合せはコチラから
営業時間外です
Icon tel pc 電話番号を表示
相談の流れを見る
弁護士への相談の流れ

弁護士を選ぶコツはありますか? Q

あります。地域・分野で絞り込み検索した上で、気になる事務所のページを確認し、経験・実績や注力分野が自分に合っている弁護士を選びましょう。また、良さそうな弁護士が見つかったら、実際に相談してみるのも重要です。
そうすることで「依頼先として信頼できそうか」「あなたと相性は良さそうか」「やり取りがスムーズか」「説明が分かりやすく納得できるか」など、掲載情報だけでは得られない「依頼の決め手になる判断材料」を手に入れることが出来ます。 A

企業側相談可 面談予約のみ 休日相談可
住所 北海道札幌市中央区北5条西11丁目17番地2号
最寄駅 地下鉄東西線「西11丁目」駅から徒歩約15分
弁護士 小林 令
対応エリア 北海道
営業時間

平日 :09:00〜17:30

【無料駐車場あり】残業代請求や不当解雇、パワハラ・セクハラなど、労働問題のお悩みは当事務所へご相談ください。まずはご面談にてご状況をお聞きします。

残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
お問合せはコチラから
営業時間外です
Icon tel pc 電話番号を表示
相談の流れを見る
弁護士への相談の流れ
初回面談相談料 0円 休日相談可
住所 北海道札幌市中央区大通西11丁目第2大通藤井ビル3階
最寄駅 地下鉄東西線西11丁目駅から徒歩1分
弁護士 福田 亘洋
対応エリア 北海道
営業時間

平日 :09:30〜17:00

【給料未払い】【残業代請求】【社会人経験あり】相談者様の目線に立ってサポートします。正当な権利を守るため共に戦いましょう。【初回相談無料】ですので、手遅れになる前にまずはお電話ください。
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
お問合せはコチラから
営業時間外です
Icon tel pc 電話番号を表示
相談の流れを見る
弁護士への相談の流れ
初回面談相談料 0円 電話相談可
住所 北海道札幌市中央区大通西20丁目2番20号エクセルS1ビル(旧道新円山ビル)8階
最寄駅 地下鉄東西線西18丁目駅の1番出口から徒歩3分
弁護士 吉原美智世
対応エリア 北海道
営業時間

平日 :09:00〜17:30

土曜 :09:00〜15:00

【残業代・労災・不当解雇など】【日祝も対応可】弁護士歴26年の中で多くの労働問題を解決へ導いてきました。「証拠がない…」と悩んでいる方も一人で抱え込まずにご相談ください!経験を活かしサポート致します!

残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
お問合せはコチラから
営業時間外です
Icon tel pc 電話番号を表示
相談の流れを見る
弁護士への相談の流れ

複数の弁護士に相談できる? Q

相談できます。相談=依頼ではございません。相談したからといって必ず依頼しなければならいないということはございませんので、ご安心ください。無料相談などを活用し比較検討することで、より納得のいく提案を受けやすくなることに加え、あなたにピッタリな弁護士が見つかる可能性が高まります。 A

最寄駅|
西11丁目駅
営業時間|
平日:08:30〜21:00 土曜:08:30〜19:00 日曜:08:30〜19:00 祝日:08:30〜19:00
定休日|
無休
対応エリア|
北海道
弁護士|
細川晋太朗
労働審判が得意な北海道札幌市の労働弁護士が回答した法律相談QA
会社からの損害賠償請求、不当解雇についてのご相談です
相談者(ID:01263)さんからの投稿
こんにちは。私の女性の友人の件でご相談です。友人はある食品販売業に正社員の販売員として勤務していました。百貨店や、直近ではショッピングモールで勤務していましたが、ショッピングモールの店舗は通勤が体力的に辛く、また繁忙時期の恒常的な人員不足での業務過多により、先月いっぱいで退職いたしました。私自身は、百貨店で食品の担当で勤務しています。友人が私の勤務する百貨店でご勤務されているころからの付き合いです。
ここ最近で食品フロアのリニューアルを私が主担当として進めており、諸般の理由(売上目標の未達、周辺環境の変化による顧客ニーズへの対応が困難と予想される)から友人が勤務していた業者に対して撤退の申し出をしております。百貨店と業者間で締結している取引契約書の内容に則り、2ヶ月前の申し出、上記記載の『諸般の理由』も契約書に記載されている内容で、申し出としては問題は無いと認識しております。
話を戻しますが、友人はこの情報を、事前に知っていたにも関わらず、この情報を会社に報告せず、会社に対して損害を与えた(私の勤務する百貨店の売上は、こちらの業者の売上で比較的大きいシェアを占めていました)、よって損害賠償を請求する、懲戒処分を課して退職金も支払わない、懲戒処分なので、次の勤務先にも影響するだろう、会社として顧問弁護士を入れて徹底的に調べるという旨の脅迫めいた連絡(スマホのショートメール)が昨日、業者の支社長から届いたとの事です。
友人はそのような情報を事前に知る由もなく、私も業務上かなりデリケートな案件でしたので、もちろん友人に伝えることもしていません。業者の支社長は、私と友人が元々懇意にしていたことから、私が事前に情報をリークしたと疑っているようです。
そもそも、今回の事案は、あくまで上記の諸般の理由での撤退案件であり、それが友人への損害賠償に当たるとは到底考えられません。友人はそのメールを見てメンタルに大きなダメージを負っています。
私と友人はお互い既婚者ですが、数年来男女の関係にあるのは事実です。この事について業者の支社長もある程度把握されているようで、友人に対して、私が情報を事前にリークしたと報告すれば、お咎め無しにする、そして私の社内での立場を悪くする、私を売る事であなたが得をすると言う文面をありました。
友人の務める会社に労働組合は無く、労働基準監督署やユニオンに一旦相談するよう勧めています。
不貞関係に対して責を負うことは致し方ないと思っていますが、友人が事実と全く異なる事で不当解雇、損害賠償の責を負うということは、法律的にどうなのでしょうか。
アドバイスを頂けましたら幸いでございます。
長文失礼いたしました。
吉原法律事務所です 百貨店による契約解除は、友人の責任ではないので、仮に情報を知って会社に伝えたとしても、百貨店による解除を変を変えることもできないので、友人に対する損害賠償請求は発生しないと考えます。但し、色々なことが書かれているので、問題点の整理がしにくい、会社が問題としている部分が、わかりにくいです。改めて事情をお聞きする必要があります。
吉原法律事務所からの回答  
- 回答日:2022年05月07日
ご回答有難うございます。分かりづらく申し訳ございません。
友人の会社の支店長が問題としてるのは、撤退の情報源と、なぜそれを知っていたのに報告しなかったのかという2点です。友人は、同僚や社員から聞いたと報告しているものの(同僚からのラインも残っています、社員からは巡回時に口頭で聞いたとのことです)、それを信用することなく、正直に言わないと懲戒解雇処分と損害賠償請求をするという内容のショートメールを送ってきています。
相談者(ID:01263)からの返信
- 返信日:2022年05月10日