• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
ホーム > 解決事例 > 不当解雇 > 【解決金を得て退職!】持病を根拠に休職命令→そのまま解雇されたケース

【解決金を得て退職!】持病を根拠に休職命令→そのまま解雇されたケース

この事例を解決した事務所:
四谷あけぼの法律事務所
不当解雇
役職なし
製造業
不当解雇
労働審判
【年齢】20代 【性別】女性
残業代の回収金額
---
退職代行の結果
---
会社との和解金
200万円
獲得損害賠償金
---

相談前|休職からそのまま解雇

精神的な持病のあるご相談者さまは、会社へ復職を希望いたしました。しかし、かかりつけ医と産業医の見解が異なっており、復職はできないと判断され、会社からまた休職命令を受けました。

そして、休職した日数が一定数に達したため、そのまま解雇されました。このような解雇が有効であるかどうかを争うため、労働審判の申し立てることとなりました。

弁護士の対応と結果|解決金200万円を得て合意退職

労働審判では、産業医とご依頼者さまの面談状況や、復職の可否を判定するための、試し出社(復職できるか判断する制度)期間中の勤務状況について、審理が行われました。

試し出社中のご依頼者さまの勤務状況は、問題ないとは言い切れませんでしたが、復職することが完全に不可能で休職命令を出す必要まではなかったため、不当な解雇であったと認められました。

また、ご依頼者さまは、会社に留まる意向も小さかったため、解決金を得て合意退職することで無事解決できました。

弁護士のコメント

今回のケースのように、退職を選択しても、会社の対応について争うことは出来ます。

診断には復職相当とされた部分もあったことが、今回の解雇は違法性があると認められた要因となりました。

解雇のプロセスに納得がいかない方は、当事務所へご相談ください。

解決金の獲得
得られたメリット
東京都
四谷あけぼの法律事務所
【不当解雇に特に注力】突然理由もなく明日から来なくていいと言われた/些細なミスで解雇をされた方はお任せを◆実績豊富な労働チームがあなたの味方となり迅速にサポート《解決事例掲載中:詳細は写真をクリック》
企業側相談可 電話相談可 LINE相談可 休日相談可
住所 東京都新宿区四谷三丁目3-1四谷安田ビル6階
最寄駅 四谷三丁目駅
代表弁護士 齋藤 魁・鈴木 利碩
対応エリア 埼玉・神奈川・千葉
初回相談料 5,500 円
営業時間
09:30〜17:30
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
050-5228-4574
この依頼を解決した事務所
四谷あけぼの法律事務所 の解決事例
不当解雇
店長
医療
不当解雇
地位確認
労働審判
高額な解決金を得て退職 事業所の廃止により事実上解雇されたケース
【年齢】50代【性別】女性
正社員
派遣/契約社員
アルバイト
取締/役員
残業代の回収金額
---
退職代行の結果
---
会社との和解金
---
獲得損害賠償金
---
不当解雇
課長
専門コンサル
不当解雇
労働審判
解決金を得て退職 中途採用→試用期間から本採用に移行しないとして解雇されたケース
【年齢】50代【性別】女性
正社員
派遣/契約社員
アルバイト
取締/役員
残業代の回収金額
---
退職代行の結果
---
会社との和解金
160万円
獲得損害賠償金
---
残業代請求
役職なし
建設系
企業側
残業代
【企業側】退社した社員から残業代を請求されたケース
【年齢】50代【性別】男性
正社員
派遣/契約社員
アルバイト
取締/役員
残業代の回収金額
---
退職代行の結果
---
会社との和解金
---
獲得損害賠償金
---