• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
ホーム > 解決事例 > 残業代請求 > 【企業側】退社した社員から残業代を請求されたケース

【企業側】退社した社員から残業代を請求されたケース

残業代請求
役職なし
建設系
企業側
残業代
【年齢】50代 【性別】男性
残業代の回収金額
---
退職代行の結果
---
会社との和解金
---
獲得損害賠償金
---

相談前|企業側の相談・退職後の従業員からの残業代請求

中小企業の社長がご相談にお越しになりました。先日退社した社員から、未払い残業代を請求されました。

この社員は生活がひっ迫していたため目をかけてきたのに、急に態度を変えられ戸惑っていました。

紛争に発展してしまったのですが、会社の経営状況を鑑みると、支払い可能な額に限界があるご状況でした。

弁護士の対応と結果|無事和解

裁判において、証人尋問も行った上で、和解するための条件を検討いたしました。
そして、まず返済する期日を区切り、運転資金の借り入れを行いました。
その借り入れから一括で決まった額を支払い、従業員側との和解に至りました。

弁護士のコメント

紛争を解決するためには、様々な要素を考慮する必要があります。

大切な要素の1つとして、判決の際に認められる「支払うべき金額」以外に、「事実上、債務者が支払うことのできる額」があります。

紛争が長期化することになれば、費用や労力の負担が大きくなるため、素早い解決をお互いに望んでいます。

本件では、このような事情を考慮して、お互いにとって妥当な金額にて和解をまとめることが出来ました。

東京都
弁護士齋藤魁・弁護士鈴木利碩(四谷あけぼの法律事務所)
【不当解雇に特に注力】突然理由もなく明日から来なくていいと言われた/些細なミスで解雇をされた方はお任せを◆実績豊富な労働チームがあなたの味方となり迅速にサポート《解決事例掲載中:詳細は写真をクリック》
企業側相談可 電話相談可 LINE相談可 休日相談可
住所 東京都新宿区四谷三丁目3-1四谷安田ビル6階
最寄駅 四谷三丁目駅
代表弁護士 弁護士齋藤魁・弁護士鈴木利碩(四谷あけぼの法律事務所)
対応エリア 埼玉・神奈川・千葉
初回相談料 5,500 円
営業時間
09:30〜17:30
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-4574
この依頼を解決した事務所
弁護士齋藤魁・弁護士鈴木利碩(四谷あけぼの法律事務所) の解決事例
不当解雇
店長
医療
不当解雇
地位確認
労働審判
高額な解決金を得て退職 事業所の廃止により事実上解雇されたケース
【年齢】50代【性別】女性
正社員
派遣/契約社員
アルバイト
取締/役員
残業代の回収金額
---
退職代行の結果
---
会社との和解金
---
獲得損害賠償金
---
不当解雇
課長
専門コンサル
不当解雇
労働審判
解決金を得て退職 中途採用→試用期間から本採用に移行しないとして解雇されたケース
【年齢】50代【性別】女性
正社員
派遣/契約社員
アルバイト
取締/役員
残業代の回収金額
---
退職代行の結果
---
会社との和解金
160万円
獲得損害賠償金
---
不当解雇
役職なし
製造業
不当解雇
労働審判
【解決金を得て退職!】持病を根拠に休職命令→そのまま解雇されたケース
【年齢】20代【性別】女性
正社員
派遣/契約社員
アルバイト
取締/役員
残業代の回収金額
---
退職代行の結果
---
会社との和解金
200万円
獲得損害賠償金
---