• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 その他
ホーム > 労働問題弁護士一覧 > 福岡県の労働問題弁護士 > 福岡市の労働問題弁護士 > 西野 裕貴弁護士(福岡城南法律事務所)
※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。
初回面談相談料 0円 企業側相談不可 電話相談可 休日相談可

西野 裕貴弁護士(福岡城南法律事務所)

弁護士 西野 裕貴
住 所 福岡県福岡市中央区大名1-8-12 第2西部ビル4階
最寄駅 福岡市地下鉄赤坂駅徒歩5分
得意分野
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
退職代行
経験年数経験年数
弁護士登録から
7
規模規模
在籍弁護士数
13
初回相談料初回相談料
面談相談料
0円(30分)
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
050-5228-1860
受付時間: 09:00〜20:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

大学院で労働法専攻、司法試験も労働法で受験、若手弁護士に労働法を教える講師、日本労働弁護団、日本過労死弁護団に所属するなど労働法における高い専門性をもって弁護活動を行います
西野 裕貴弁護士(福岡城南法律事務所)からメッセージ

労働者のために、誠実に、全力で

「正しくないこと」は「正しくない」と、まっすぐ言える社会にしたい、不正義は許したくないという気持ちから弁護士になりました。

高校生の頃、残業で疲弊し、ときには自ら命を落としてしまう労働者がいることを知り、そのようなことはあってはならないと思い労働弁護士になることを目指しました。

このページをご覧いただいている「あなた」は、今、働く中で何らかの問題を抱えていらっしゃるのだと思います。

そのような状況に身を置かれて、弁護士を探すだけでも大きな心の負担になっていらっしゃるのではないでしょうか。

私は、「あなた」が感じている負担を一つずつ取り除きたいと思っています。

そのためには、じっくりお話しをお聞きすること、専門性があること、しっかりした方針を立てること、相手方に対し粘り強く交渉すること、依頼者に丁寧に報告すること、費用が適切であることなど様々なことが弁護士に求められると思います。

ただ、「あなた」が勇気を持って相談してくれない限り、何も始まりません。
もしよろしければ勇気を出して話を聞かせてもらえませんか?
それだけで心が軽くなるはずです。そこから次のステップに一緒に進んでいきたいと思います。

詳しくはhttps://fukuoka-roudou.com/lawyer/をご覧ください。
 

私にしかできない高い専門性のある弁護活動を行います

労働事件を高い水準で解決するには、専門的な知識労働事件への情熱が必要だと考えています。

私は、大学院で労働法専攻、司法試験も労働法で受験、弁護士会でも労働法に関する委員会に所属、若手弁護士に労働法を教える講師を務め、労働者のために闘う日本労働弁護団、日本過労死弁護団に所属するなど労働法における高い専門性があります。

その専門性の違いによって、解決水準は明らかに違ってきます。また、労働事件への思い入れが強く、最後の最後まで手を抜かず丁寧に事件に対応しています。
その対応で、最高裁まで闘い抜き勝訴した事案もあります。

詳しくはhttps://fukuoka-roudou.com/lawyer/をご覧ください。
 

事件対応のスピードを意識しています

「悪かろう、遅かろう」でダメなことは明らかですが、「良かろう、遅かろう」でもいけないと思っています。
他の得意分野を持つ弁護士と協力しながら、スピード感のある事件対応をいたします。
 

多くの依頼者にご満足いただいています

これまで、残業代請求、不当解雇、過労死・過労自死、セクハラ・パワハラなどのハラスメントをはじめ、労働に関する数多くのご相談に対応してまいりました。

その中で「西野先生は私にとって人生を変えてくださった方です。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。」など、ありがたいことに多くの感謝の声をいただいております。

一件、一件、丁寧に対応してまいります。
依頼者からの感謝の声や活動実績についてはhttps://fukuoka-roudou.com/case/をご覧ください。
 

相談しやすい弁護士費用としています

相談していただきやすいようにするため、初回相談は30分無料としています。
また、気軽にご相談いただくため、電話相談(15分)もお受けしています。

電話での相談では、相談内容の概要をお話しいただき、来所相談をされた方がいいのかについてアドバイスをさせていただくことを目的としています。

請求額が多額になる場合や権利救済の必要性が高い場合などには、依頼者の経済状況を踏まえ、着手金の額を減額し回収時の報酬金を増やすことで調整することや、完全成功報酬制(着手金はいただかず、回収時に報酬をいただく方式)とすることもあります。

詳しくはhttps://fukuoka-roudou.com/fee/をご覧ください。}
 

アクセス

福岡市地下鉄赤坂駅徒歩5分

 

営業時間の備考

「土日祝はお休みをいただいている場合もございます。ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。」

事務所情報
事務所名 西野 裕貴弁護士(福岡城南法律事務所)
弁護士 西野 裕貴
所属弁護士会 福岡県弁護士会
所属弁護士数 13名
住所 福岡県福岡市中央区大名1-8-12 第2西部ビル4階
最寄駅 福岡市地下鉄赤坂駅徒歩5分
対応地域 福岡、長崎、大分、熊本、宮﨑、鹿児島、佐賀、山口
定休日
営業時間

平日 :09:00〜20:00

土曜 :09:00〜20:00

日曜 :09:00〜20:00

祝祭日:09:00〜20:00

営業時間備考 「土日祝はお休みをいただいている場合もございます。」
代表者経歴 ・司法試験合格(2012年)
・弁護士登録 福岡城南法律事務所入所(2013年)
・修習生向け特殊事件深化コース労働法講義労働者側講師(2016年〜現在)
・日本労働弁護団(2017年〜現在)
・九州労働弁護団(2017年〜現在)
・若手弁護士向け労働法ゼミ講師(2018年〜現在)
・福岡県弁護士会労働法制委員会事務局次長(2018年〜現在)
・九州労働弁護団幹事(2019年〜現在)
・福岡県弁護士会弁護士向け研修会「残業代に関する相談実務」講師(2019年)
・日本過労死弁護団(2019年~現在)
アクセスマップ
住所
福岡県福岡市中央区大名1-8-12 第2西部ビル4階
最寄駅
福岡市地下鉄赤坂駅徒歩5分
西野 裕貴弁護士(福岡城南法律事務所)に問い合わせする
現在、営業時間内です。
050-5228-1860

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです

対応体制
  • 初回相談料0円
  • 企業側の相談不可
  • 電話相談可
  • 休日の相談可能
お問合せはコチラから
営業時間ただいま営業時中
営業時間050-5228-1860
受付時間: 09:00〜20:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

近くにある弁護士・法律事務所
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
初回面談相談料0円
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
来所不要
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
初回面談相談料0円
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
退職代行
給与未払い
退職金未払い
福岡県の弁護士一覧
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。