> 
 > 
パワハラ
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

パワハラコラム 一覧

46 件のパワハラコラム 3140件を表示

Pixta_21543832_l
公開日2019.1.22 カテゴリ パワハラ

マタハラの被害事例を解説|女性が出来る上司や職場のマタハ...

マタハラの定義や違法性、具体例(裁判例)を徹底解説!女性が妊娠や出産、子育ての際に職場から受けるマタハラは違法性も高く、会社はマタハラ防止措置が義務付けられていますが大きな問題となっていますので、この...
%e5%83%8d%e3%81%8d%e3%81%99%e3%81%8e
公開日2019.1.18 カテゴリ パワハラ

働きすぎの原因5つと今からできる長時間労働の改善方法

「日本人は働きすぎ」とはよく言われますが、自分でも働きすぎと感じている方も多いのではないでしょうか。働くこと自体は悪いことではありませんが、長時間の残業は体に悪影響も及ぼします。本記事では働きすぎる原...
Gatag-00009024
公開日2019.1.4 カテゴリ パワハラ

パワハラの訴訟実例と勝訴・慰謝料請求する3つのポイント

今回は、パワハラに悩まれている方の最終手段とも言えるパワハラでの訴訟の事態と、パワハラで訴訟を起こす際の手順、慰謝料請求をするための相場、請求方法を解説していきます。
%e9%81%8e%e5%8a%b4%e6%ad%bb%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3
公開日2018.12.3 カテゴリ パワハラ

過労死ラインは80時間|労働時間の減らし方と労災認定の基...

過労死ラインとは、働き過ぎにより健康障害が生じ、労災認定で労働と過労死・健康障害の因果関係の判断のために設けてある時間外労働の基準です。
New_yotantei0i9a0604_tp_v
公開日2018.7.3 カテゴリ パワハラ

自爆営業とは|違法事例から学ぶ断り方と対処法

自爆営業は、労働法に違反している恐れがあり、民事上も損害賠償の対象になる可能性があります。この記事では、自爆営業の違法性や断り方、対処法などについてご紹介します。
Pixta_24406707_l
公開日2018.6.18 カテゴリ パワハラ

法定労働時間と所定労働時間で変わる残業代の割増率

法定労働時間は労働基準法定められている『1日8時間、週40時間』以下の労働時間のことです。法定労働時間は労働賃金や残業代などの計算において基本となるものです。この記事では、法定労働時間と所定労働時間の...
Pixta_18679230_l
公開日2018.6.13 カテゴリ パワハラ

みなし残業が違法になる4つのポイントと対処法

みなし残業などの固定残業代制度は、違法な長時間労働や未払い賃金などに注意が必要です。この記事では「固定残業を支払っているのだから、労働者を残業させてもとよい」と過大解釈されやすい、みなし残業の確認ポイ...
Pixta_26296002_l
公開日2018.5.22 カテゴリ パワハラ

【弁護士監修】特別条項付き36協定とは

特別条項付き36協定とは、残業時間の上限を延長できる臨時的措置のことです。繁忙期や納期の切迫など、臨時的と認められる事情に限り、残業時間の延長を発動することができます。この記事では、特別条項付36協定...
New_s_pak85_minnashitamukiesk20150107071348_tp_v
公開日2018.5.16 カテゴリ パワハラ

ブラック企業の定義とは?求人で注目する条件と対処法

ブラック企業の定義は曖昧で「会社のコンプライアンス意識が低く、長時間労働・ハラスメント問題が常態化している企業」と言われています。ただ、違法な残業代やハラスメント等がああれば不当を主張できますので、ど...
Pawahara
公開日2018.5.16 カテゴリ パワハラ

パワハラの定義とは|6つの種類と具体例・裁判例の判断基準...

パワーハラスメントの定義とは何かを解説!パワハラには6つの種類があるとされますが、法律上定義や意味を解説する項目はありません。ただ、労働者への嫌がらせ行為は違法性が高く、裁判に発展する事例も多いです。...
46 件のパワハラコラム 3140件を表示