• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
弁護士の方はこちら
ホーム > 労働問題コラム > パワハラ > パワハラの訴訟実例と勝訴・慰謝料請求する3つのポイント

パワハラの訴訟実例と勝訴・慰謝料請求する3つのポイント

更新日:2022年11月28日
銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 弁護士
このコラムを監修
パワハラの訴訟実例と勝訴・慰謝料請求する3つのポイント

パワハラは社内での解決が難しい場合や精神障害など大きな損害を受けた場合、訴訟(裁判)に発展することがあります。パワハラ訴訟の多くは、パワハラをした上司や止めなかった会社に対して、慰謝料請求をする、解雇に至っている場合には逸出利益の請求をするなどがありえます。

 

慰謝料の相場は50万円〜100万円程度で決して高くありません。ただし、ハラスメントによっては働けなくなったり、未払いの残業代があったりする場合は訴訟によって請求できるかもしれません。

 

訴訟を起こす場合は、証拠が何よりも重要になります。そこで弁護士に相談することをおすすめします。訴訟で有利になる証拠集めの方法や、専門家のアドバイスを受けることができます。

 

この記事では、パワハラ訴訟を考えている方に向けて必要な証拠や費用、手順についてご紹介します。

 


パワハラで訴訟するには弁護士にご相談ください!
 

パワハラを証明するには、証拠が重要です。しかし、有効な証拠がわからないと調停などを起こしても証拠不十分で徒労に終わってしまうことも十分に考えられます。

弁護士に依頼することで、証拠収集のサポートや収集のアドバイスを受けることが可能です。

パワハラを証明し、慰謝料請求をしたいのであれば、まずは労働問題が得意な弁護士に無料相談しましょう。

地域からパワハラ問題を得意とする弁護士を探す

関東

 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木

関西

 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山

北海道・東北

 北海道青森岩手宮城秋田山形福島

北陸・甲信越

 山梨新潟長野富山石川福井

東海

 愛知岐阜静岡三重

中国・四国

 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知

九州・沖縄

 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

 

一刻も早く職場のパワハラから逃げ出したい場合は…

パワハラによる精神的苦痛は、うつ病にかかってしまうリスクを引き起こします。

いざという時会社は守ってくれません。自分の身は自分で守りましょう。

上司などのパワハラにどうしても耐えられない場合は新しい職場を見つけることも解決策の一つです。

新しい職場を見つけていれば、お金の心配や、退職を言い出しにくい状況からも自ずと解放されます。

 

転職活動をまだ始めていない方は、まずは以下の『転職エージェント診断ツール』を利用して、ピッタリな転職エージェントを利用しながら、パワハラのない快適な職場への転職活動を始めていきましょう。

Pc tool head 2
性別
年齢
直近年収
Pc tool btn off nd

 

あなたにも起こるかもしれないハラスメント被害|万が一のとき弁護士費用の補償が受けられる『ベンナビ弁護士保険』

令和元年、労働局への相談は約118万件のうち、労動問題の紛争に関するものが約28万件、そのうち、職場のいじめや嫌がらせの件数が約9万件にも登り、働く人の45人に1人が何かしらの労動問題を抱えています。

続きを開く

 

ベンナビ弁護士保険は「上司からの理不尽な暴言や暴力がひどい」「セクハラやパワハラでうつ病になった」など、一人では解決できず、弁護士に依頼した際に役立ちます。今まさに起こっている問題には対処できませんが、これから起こるリスクに備えることで、あなたの『生活と安全』を守ることができます。

 

詳しい資料の請求、よくある質問は下記よりご覧ください。
保険料は1日約96円!実は、一つの保険契約でご家族が被害に遭われた場合でも利用可能な日本で初めての単独型の保険です。

 

労働問題は弁護士に相談することで、それまで悩んでいたことがすぐに解決できる可能性も高いです。【労働問題弁護士ナビ】では、着手金無料・土日祝日・夜間対応可能な弁護士も多数おりますので、まずは無料相談をおすすめします。

 

KL2020・OD・099

 

この記事に記載の情報は2022年11月28日時点のものです
目次

パワハラでの訴訟の過去の実例

過去にパワハラで訴訟を起こしたケースは多くあります。もちろんどんなに酷いパワハラであっても、必ず勝訴になるとは限りません。今までの実例を見ていくことで、パワハラでの訴訟の傾向が分かります。まずは、パワハラでの訴訟の実例を見てみましょう。

実例については、厚生労働省が運営する「あかるい職場応援団」で取り上げられた例を参考にしています。

誠昇会北本共済病院事件

准看護師として勤務していたAが、上司にあたるBから個人的な命令をされたり、飲み会に朝まで無理やり付き合わせられたり、「死ねよ」「殺すぞ」などの暴言・メールを受けた結果Aが自殺し、Aの遺族がBと病院に対し訴訟を起こした事件です。
 
Aの自殺はBのパワハラが原因だと認められBに対し1,000万円、病院とBが連帯して500万円の損害賠償責任を負うように命じられました。

日本ファンド事件

消費者金融の従業員3人が会社と上司に対して、パワハラ訴訟を起こした例です。原告A、B、CのうちAは抑うつ状態になり休業しました。

この裁判例では、Aに対し60万円の慰謝料と治療費、休業補償、Bに対し慰謝料40万円を、Cに対し慰謝料10万円の支払い命令を、上司と会社に命じました。
 
上司のパワハラの内容としては、本来扇風機が不必要な時期にAとBに対してあて続けたこと、「給料をもらいながら仕事をしていませんでした」などと理不尽な始末書を書かせたこと、Cに対して背中を殴打したり、叱責しながら足で蹴るなどの行為をしていました。

ザ・ウィンザーホテルズインターナショナル事件

上司から受けたパワハラが原因で精神疾患を発症し、長期間の休業を余儀なくされた末に自然退職扱いにされたとして、自然退職扱い後も会社の従業員としての権利があるとして、賃金を請求する訴訟を起こした事例です。
 
判決としては、精神的苦痛による慰謝料150万円は認められたものの、精神疾患とパワハラの関連性は認められず、自然退職後の賃金請求は退けられました。
 

長崎・海上自衛隊員自殺事件

海上自衛隊員が上官からの執拗な誹謗を受け、うつ病の末に自殺したとして、自殺した自衛隊員の遺族が国に対して慰謝料の請求を求めた事件です。判決は、国に安全配慮義務違反があるとして、遺族に350万円の支払いを命じました。「馬鹿か」「覚えが悪い」といった発言は、指導の域を超えており、パワハラと認定されました。
 

大阪府障害者福祉事業団事件

職員のAが職場で利用者に対し虐待が行なわれているという、内部告発をした件で上司が逆恨みし、Aが非違行為をしていると虚偽の報告をされたことで、Aが慰謝料150万円の訴訟を起こした事件です。
 
さらには、別の上司から暴言を受けたほか、雇い止めの通知、不当な配置転換、職場での無視などを受けました。職場で虐待が行なわれており、それを告発したことによる、今回のパワハラは、一見ひどい内容に思えますが、裁判所の判断はAの請求の棄却でした。
 
理由としては、Aの主張には証拠が少なく、また、日誌にも同僚に対して屈辱的な事を書いていたとして、客観的に判断した結果、職場での人間関係が悪化したAが不愉快に感じていただけという判断がされました。

パワハラでの訴訟で知っておくべきポイント

パワハラ訴訟で知っておくべきポイント

上記の例を参考に、パワハラでの訴訟の傾向を解説します。
 

慰謝料請求はパワハラを行っていた本人と会社に行なう

パワハラは基本的に個人間の問題です。しかし、上司から酷いパワハラを受けていて「もう許せない」と訴訟を起こせば、会社にも影響が出ることを頭においておきましょう。言い換えるならば、パワハラ被害を受けたのであれば、先に他の上司に相談するほか、人事部、組合に報告してみましょう
 
そのような方法を取ってみても「全く動いてくれない」「むしろさらに酷い扱いを受けた」というような状況になったのであれば、パワハラ相手だけではなく会社も含め、パワハラでの訴訟を考えて下さい。

失敗しない退職代行サービス | 信頼と実績で選んだおすすめ3選
サイト名 総合評価 料金 公式リンク
Banner jobs
退職代行Jobs
Crown 1
Score 4.8
4.8
26,000円
公式
Banner jobs
退職代行辞めるんです
Crown 2
Score 4.7
4.7
27,000円
公式
Banner jobs
退職代行ガーディアン
Crown 3
Score 4.4
4.4
29,800円
公式

 

証拠が重要

パワハラでは何よりも証拠が重要になります。上記の例で出した「大阪府障害者福祉事業団事件」の簡単な概要は「利用者が虐待を受けていたので、それを報告したらパワハラを受けるようになった」という、なんとも許しがたい事例です。
 
しかし、裁判所は客観的な証拠に基づき事実を判断し、法のもと適切な判決を下すまでです。真実は証拠がないことには理解してもらえません。

 

上記の例は、証拠がなかったので、原告が過大に訴えていたのか、事業所が隠し通したのかの真実は分かりませんでした。

 

他の不当性も考えられる

パワハラといえば、受けた被害の慰謝料請求が真っ先に考えられるでしょう。しかし、パワハラが蔓延している会社には、おおよそ他の問題があるものです。

 

例えば、パワハラを本社に訴えたら、上司に逆恨みされて解雇の通知が来たり、「仕事が終わるまで帰るな」と長時間労働を強いられたりすることです。
 
この場合、不当解雇残業代請求や他の未払賃金も請求をすることができます。さらにそれぞれに応じた証拠も必要になってくるので、リンク先の記事を参考にして下さい。

 

一刻も早く職場のパワハラから逃げ出したい場合は…

パワハラを証明するには、証拠が重要です。しかし、有効な証拠がわからないと調停などを起こしても証拠不十分で徒労に終わってしまうことも十分に考えられます。

弁護士に依頼することで、証拠収集のサポートや収集のアドバイスを受けることが可能です。

他にも給料や残業代の未払いがあれば、同時に弁護士へ相談することが可能です。

パワハラを証明し、慰謝料請求をしたいのであれば、まずは労働問題が得意な弁護士に無料相談しましょう。

先に転職先を見つけたいのであれば、『転職エージェント診断ツール』で自分に合う転職エージェントを探しましょう。

Pc tool head 2
性別
年齢
直近年収
Pc tool btn off nd

失敗しない退職代行サービス | 信頼と実績で選んだおすすめ3選
サイト名 総合評価 料金 公式リンク
Banner jobs
退職代行Jobs
Crown 1
Score 4.8
4.8
26,000円
公式
Banner jobs
退職代行辞めるんです
Crown 2
Score 4.7
4.7
27,000円
公式
Banner jobs
退職代行ガーディアン
Crown 3
Score 4.4
4.4
29,800円
公式

パワハラで訴訟する際に必要な証拠

パワハラで訴訟をするにあたって、非常に重要になるものが証拠です。特にパワハラは、暴言や態度などの証拠に残りづらいものが多く、いくら酷いパワハラを受けていたとしても、明確な証拠がなく、相手に「そんなことはありません」としらを切られてしまえば、言った言わないの水掛け論になってしまいます。
 

パワハラを受けた事実を証明する証拠

何よりも重要になることはパワハラを受けたという事実を証明する証拠です。パワハラは特に暴言による形として残らない方法で行われることがほとんどです。一番有効な手段としては、ボイスレコーダーによる録音です。

 

最近では、スマートフォンのアプリでも録音できるので、身を守るためにできる限り録音しておくことをお勧めします。

 
他にも、パワハラで受けた内容を日記のような形で残しておくことや、同僚の証言を集めることもできます。とにかくパワハラを裁判所に訴えようと考えた際には、パワハラを受けるたびに証拠を形に残しておくことを心がけて下さい。

 

断続的パワハラを受けていたという証拠

パワハラを受けていた期間が長くなればなるほど認められやすくなります。「いつ」パワハラを受けたかもしっかりと記録しておきましょう。また、パワハラを会社に訴えたのに、動いてくれないどころか、逆に不当な扱いを受けたのであれば、その時の状況も形として残しておきましょう。
 

パワハラでの被害を証明する証拠

パワハラによって実害が出たのであれば、そのことを証明する証拠も揃えましょう。例えば、精神疾患になってしまったのであれば、病院の診断書、部署異動や解雇を強要するような発言があれば、その事実を証明できる証言・通達なども用意します。
 
さらには、パワハラとその実害の関連性を証明する必要があります。例えば、うつ病と診断されたのであれば、「上司からもう来るなと言われた」→「次の日から会社に行くことが苦痛になった」→「3日後に心療内科に行ったらうつ病と診断された」というような時系列で証明できると良いでしょう。

 

 

パワハラの訴訟にかかる費用

パワハラの訴訟にかかる費用は大きく分けると2種類になります。一つは訴訟を起こす際に必要となる「手数料」。もう一つが、訴訟を個人で起こすことは難しいので、弁護士に依頼する際の「弁護士費用」です。
 

訴訟の際の手数料

訴訟を起こす場合、必ず慰謝料等の損害賠償を請求しますが、損害賠償の請求額に応じて弁護士に支払う手数料が変わってきます。
 

訴訟額

手数料額

100万円以内

訴訟額10万円ごとに+1,000円

100~500万円

10,000円と訴訟額20万円ごとに+1,000円

500~1,000万円

30,000円と訴訟額50万円ごとに+2,000円

1,000万~10億円

50,000円と訴訟額100万円ごとに+3,000円

 
例えば、800万円の損害賠償を請求したとしましょう。その場合、30,000+2,000×6(50万円が6回)=42,000円の手数料となります。わかりにくい方は裁判所のHPにも早見表が掲載されています。
 

弁護士費用の相場

パワハラでの弁護士費用はおおよそ50~100万円になります。弁護士費用を特に大きく分けると、着手金と報酬金に別れます。
 

着手金

着手金とは、弁護士に依頼する際にかかってくる費用です。つまり、訴訟に勝っても負けても支払わなくてはなりません。相場としては、訴訟額の8%程度ですが、あらかじめ金額を設定していたり、着手金ゼロ円を謳っていたりする弁護士事務所もあり様々です。
 

報酬金

報酬金とは、訴訟で勝訴になり、受け取ることになった金額に応じて弁護士に支払う費用です。基本的に獲得金の割合で設定している弁護士事務所が多く、相場としては16%ぐらいです。こちらも着手金はゼロ円だけど、報酬金の割合が高いなど弁護士事務所によって違います。
 

その他費用

弁護士費用は上記の2つだけではありません。例えば、面談を行ったら1時間1万円や、書類の作成費用、弁護士が裁判所まで移動した交通費などが加算されることもあります。弁護士相談は、費用の事も詳しく聞き、こちらがいくらまでなら用意できるかなども費用面の相談もしましょう。
 

 

手数料は負ければ自費、弁護士費用は自費負担

手数料は訴訟に負ければ自費、弁護士費用は基本的に自費という一般的な傾向があります。裁判費用は裁判の結果で左右されることは、分かりやすいですね。
 
一方、訴訟でかかった弁護士費用は、原則的に自費ですが、相手に請求することも可能です。相手のパワハラの内容や被害が大きく違法性が強い時に、弁護士費用も請求することも可能です。
 
一方、何の根拠もなく相手を訴訟してしまった場合、相手が用意した弁護士の費用を請求されかねませんので気を付けましょう。
 

 

パワハラの慰謝料相場はおおよそ50~100万円|慰謝料を左右する6つの要因

パワハラの慰謝料相場は一概にいえませんが、50~100万円ほどになります。これは、パワハラの内容が悪質で、パワハラを受けた人が自殺してしまったような場合は高額になり、状況に応じて大きく変わるからです。

 

パワハラの慰謝料金額を決める要因は様々な観点から考えられ、一概には言い切れませんが、ここで簡単にパワハラの慰謝料を左右すると考えられる要因をご紹介します。
 

①パワハラの内容

パワハラの内容が悪質であればあるほど慰謝料も上がります。パワハラに明確な定義がないため、何をもって悪質と判断するかは難しいところですが、過去の判例を元に客観的に判断されます。
 

②パワハラ相手の立場

パワハラはほとんどが上司から受けるものですが、自身と相手の立場、力関係の差が大きくなればなるほど慰謝料の額も大きくなることが考えられます。
 

③パワハラを受けていた期間・頻度

パワハラを受けていた期間がながければ長ければ長いほど慰謝料の相場も上がります。また、パワハラの頻度が多くても同じことがいえるでしょう。
 

④パワハラ相手の数・被害者の数

上司にあたる人間が3人いたとして、全員からそれぞれパワハラを受けているようでしたら、1人からパワハラを受けるよりも慰謝料は上がる傾向にあるでしょう。一方、パワハラを受けた被害者が同期全員といったように多ければ、個々の慰謝料も下がる傾向です。
 

⑤パワハラに対する会社の対応

「パワハラをなんとかして欲しい」と、会社に訴えたにも関わらず、何の助けもなかったような場合、会社の安全配慮義務違反が問われ慰謝料も上がります。また、加害者本人に伝えた場合も同じく、パワハラと認識していてさらにパワハラを繰り返したことから、慰謝料も上がる要因になるでしょう。
 

⑥パワハラでの実害

パワハラによってうつ病になってしまった、自殺してしまった、退職に追いやられた。などの実害があり、パワハラとの関連性が認められると、慰謝料も被害に応じて上がっていきます。

失敗しない退職代行サービス | 信頼と実績で選んだおすすめ3選
サイト名 総合評価 料金 公式リンク
Banner jobs
退職代行Jobs
Crown 1
Score 4.8
4.8
26,000円
公式
Banner jobs
退職代行辞めるんです
Crown 2
Score 4.7
4.7
27,000円
公式
Banner jobs
退職代行ガーディアン
Crown 3
Score 4.4
4.4
29,800円
公式

 

 

一刻も早く職場のパワハラから逃げ出したい場合は…

パワハラによる精神的苦痛は、うつ病にかかってしまうリスクを引き起こします。

いざという時会社は守ってくれません。自分の身は自分で守りましょう。

上司などのパワハラにどうしても耐えられない場合は新しい職場を見つけることも解決策の一つです。

新しい職場を見つけていれば、お金の心配や、退職を言い出しにくい状況からも自ずと解放されます。

 

転職活動をまだ始めていない方は、まずは以下の『転職エージェント診断ツール』を利用して、ピッタリな転職エージェントを利用しながら、パワハラのない快適な職場への転職活動を始めていきましょう。

Pc tool head 2
性別
年齢
直近年収
Pc tool btn off nd

パワハラを訴える2つの方法

パワハラを訴える方法として、まっさきに挙げられるのが裁判(訴訟)です。しかし、裁判は時間もお金も労力もかかってしまい、負担の大きなもの。そのため、なるべく裁判は避けたいと思っている方も多いのではないでしょうか。実は、裁判以外にもパワハラを訴える方法は大きく2つあります。それがこちら。

  • 公的機関に訴える
  • 法的措置で訴える

それでは、1つずつ解説していきます。

公的機関に訴える

各都道府県の労働局には、雇用・環境均等部と呼ばれるパワハラやセクハラなどのハラスメント行為を相談できる部署が設置されています。

相談方法は、労働局に直接足を運ぶか、もしくは電話でも相談することが可能です。

パワハラについて相談すると、労働局が実態調査を行い、会社側に助言や示談などのあっせんを行うことができます。労働局などの公的機関は利用料が無料なので、まずは相談だけしたいという方にはおすすめといえます。

法的措置で訴える

労働局などの公的機関で解決しない場合、法的措置として労働審判手続を利用することが可能です。労働審判手続とは、労働審判官(裁判官)1名と労働審判員2名が、個々の労働者と事業主との間の労働関係トラブル解決を図る手続のことをいいます。労働審判手続は、申立書の提出から始まり、原則として3回の期日で審判が下されます。

パワハラを訴えるメリット

パワハラを訴えることの大きなメリットについて詳しく解説していきます。

慰謝料を受け取れる可能性がある

パワハラを訴えることの最大のメリットは、慰謝料を受け取れる可能性があるということです。

しかし、先述したようにパワハラ問題にかかる弁護士費用は高額になります。プラスになる分は少なくなるかもしれませんが、問題が解決して少しでも手元に残るのは大きなメリットといえます。

パワハラを訴えるデメリット

職場などでパワハラ被害を受けると「訴えてやる」という心情になる方も多いでしょう。

近年では、実際にパワハラを訴えて勝訴した事例も数多く取り上げられてきました。しかし、パワハラを訴えることはメリットばかりではなく、逆にデメリットに働いてしまうケースもあります。

では、具体的にどのようなデメリットがあるのか、パワハラを訴えることで起こるデメリットについて解説していきます。

職場に居づらくなる

1つ目のデメリットは、職場に居づらくなるということでしょう。
パワハラを訴えるということは、職場である会社を訴えるということです。そのため、場合によっては目の上のこぶ状態になることも十分に考えられます。
また、周りの同僚からも冷ややかな目で見られ、どんどん肩身が狭くなってしまうことも。職場の人の態度が変わるのはもちろんですが、場合によっては評価などにも影響する可能性があるということを頭に入れておきましょう。

「自分は被害者なのに!」と納得いかない方も多いと思いますが、パワハラを訴えるとはそういうことなのです。

転職活動に影響を与える可能性がある

2つ目のデメリットは、転職活動に影響を与える可能性があるということです。
パワハラを訴えるということは裁判を起こすこと。裁判は公になるので、いつだれがどのような内容で裁判を起こしたかという情報を隠すことはできません。

そのため、会社から「訴えたやつ」というイメージを抱かれてしまう可能性があります。

どこの会社も訴えられるのは避けたいものです。そのため、転職活動においてはマイナスに働いてしまう可能性があるので注意が必要です。

敗訴する可能性がある

3つ目のデメリットは、敗訴する可能性もあるということです。
この世に必ず勝てる裁判はなく、むしろパワハラによる裁判は敗訴する確率が高い事案ともいえます。

その理由として、パワハラの定義が難しいことと証拠を集めるのが難しいことが挙げられます。パワハラを受けたことで精神疾患などの実害があれば分かりやすいのですが、基本的にパワハラは形に残らないものです。

周りの人の証言やボイスレコーダーなどを上手く使って有効な証拠を集めるようにしましょう。過去の裁判例を見ても、パワハラの定義は非常に曖昧です。裁判に敗訴すると、時間もお金も無駄になってしまうので、有効な証拠集めに尽力するようにしましょう。

弁護士費用が発生する

4つ目のデメリットは、裁判を起こすと弁護士費用が発生することです。
状況によって金額は異なりますが、パワハラでの弁護士費用の相場は50万円~100万円と言われています。

相手側に請求できる慰謝料も被害状況によって異なるものですが、裁判で勝っても少しのプラスにしかならないということも十分に考えられます。費用倒れにならないように注意しましょう。

判決まで時間がかかる

5つ目のデメリットは、裁判はどうしても判決まで時間がかかってしまうことです。
3ヵ月~半年程度が一般的ですが、状況によっては数年に渡って実施されるケースもあります。

判決までの時間が長くなるほど、体力的にも精神的にも辛くなってくるものです。そのため、裁判を起こす場合はある程度の覚悟をもって挑むようにしましょう。

パワハラで訴訟するまでの手順

パワハラでの訴訟手順

パワハラで訴訟を考えている方に訴訟を起こすまでの手順を解説します。
 

まずは証拠を集める

上記でも述べていますが、パワハラでの訴訟は証拠が何よりです。確かに辛いかもしれませんが、「もう無理」と訴訟を起こしても、証拠が不十分で敗訴になってしまえば、余計な労力と心労でさらにダメージを受けてしまいます。
 
パワハラを受けながらも、「訴訟で勝ってやる」と心に秘め、証拠を集めてください。
 

パワハラ相手に直訴する

かなり勇気のいることですが、パワハラをしている張本人に「止めて下さい」という訴えを初期段階で行ないましょう。実はパワハラをしている張本人はそのつもりがないこともあるのです。当事者同士で解決することが一番良いことでしょう。
 
なぜ、証拠集めを最初にするかというと、「これはパワハラです。証拠があるのでこれ以上は止めて下さい。もし、改善されないようでしたら会社にも報告します。」と説得力を持って訴えることができるからです。
 
また、パワハラだと相手に言ったことで、逆に「ふざけるな」と余計パワハラがひどくなれば、その内容も相手がパワハラと知っていて行い続けたという重要な証拠になりますので、やり取りを証拠として残すようにして下さい。
 
一人でパワハラ上司に立ち向かうことは、勇気がいるでしょうから、事前に心の許せる同期などと結束し、味方を増やしておくと良いでしょう。
 

会社に相談する

次にまだ会社に相談されていない方は、会社へ相談をしましょう。ここでいう会社というのは、他の上司であったり、パワハラ上司の上司であったり、人事部、労働組合などで信頼が置ける人達のことです。こちらでも証拠があるとより積極的な相談ができます。
 

社外に相談する

会社に相談しても相手にされず、パワハラ相手の耳に入り余計パワハラが酷くなってしまった場合は、いよいよ会社も敵に回すことを考え、社外へと相談します。
 
「とにかく辛い」「早く止めさせたい」「もうどうすればいいか分からない」という、様々な思いがあるでしょう。状況にあった相談先を探して下さい。「パワハラの相談窓口と解決のために今からできること

失敗しない退職代行サービス | 信頼と実績で選んだおすすめ3選
サイト名 総合評価 料金 公式リンク
Banner jobs
退職代行Jobs
Crown 1
Score 4.8
4.8
26,000円
公式
Banner jobs
退職代行辞めるんです
Crown 2
Score 4.7
4.7
27,000円
公式
Banner jobs
退職代行ガーディアン
Crown 3
Score 4.4
4.4
29,800円
公式

弁護士に相談する

これらの方法を試してみても、問題は解決しないこともあるでしょう。その場合、いよいよパワハラでの訴訟を考えます。パワハラでの訴訟は必ず事前に弁護士に費用面も含めて相談しておきましょう。

 

労働問題弁護士ナビ」では、労働問題を得意とする弁護士に限って掲載しております。パワハラで訴訟を起こす際の弁護士選びの参考にされて下さい。

 

 

まとめ

パワハラでの訴訟は最終手段です。
あらゆる手を打ってもパワハラが改善されないようであれば、弁護士に相談の上、訴訟を考えていきましょう。

 

失敗しない退職代行サービス | 信頼と実績で選んだおすすめ3選
サイト名 総合評価 料金 公式リンク
Banner jobs
退職代行Jobs
Crown 1
Score 4.8
4.8
26,000円
公式
Banner jobs
退職代行辞めるんです
Crown 2
Score 4.7
4.7
27,000円
公式
Banner jobs
退職代行ガーディアン
Crown 3
Score 4.4
4.4
29,800円
公式

 

 

出典元一覧

 

パワハラで訴訟を起こす前に弁護士への相談を!

パワハラの定義は曖昧で、いざ訴訟を起こしてもお望みの結果になるとは言い切れません。

更には、訴訟までの手続きを理解している方も少ないでしょう。

パワハラで訴訟を起こす前に証拠を揃え弁護士への相談をしましょう。

訴訟以外の方法が見つかるかもしれませんし、訴訟となれば非常に強力な味方です。

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
兵庫
埼玉
京都
福岡
千葉
神奈川
Office info 202202211950 26281 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202106021053 42041 w220 【神戸・兵庫/相談窓口】弁護士法人勝浦総合法律事務所

【残業代請求/初期費用0円の完全成功報酬制】残業代請求の実績多数。年間の残業代回収実績6.6億円。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円【LINE相談可】

事務所詳細を見る
Office info 202112091354 13561 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202004101658 12941 w220 弁護士法人グラディアトル法律事務所

未払い残業代の回収不当解雇退職代行に対応】◆正当な残業代を弁護士に依頼で簡単に請求会社の人と話す必要なし【勤続年数半年以上/月の残業時間が40時間超の方必見!】<料金表は詳細ページに>

事務所詳細を見る
兵庫県の弁護士一覧はこちら
この記事の監修者
銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 弁護士 (東京弁護士会)
女性のセクハラ被害解決を得意とする弁護士。慰謝料請求や退職を余儀なくされた際の逸失利益の獲得に注力。泣き寝入りしがちなセクハラ問題、職場の女性問題に親身に対応し、丁寧かつ迅速な解決を心がけている。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

パワハラに関する新着コラム

パワハラに関する人気コラム

パワハラの関連コラム

キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 関東
  • 北海道・東北
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 202004101658 12941 w220 弁護士法人グラディアトル法律事務所
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
Office info 202106021039 31981 w220 【和歌山県対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判
Office info 202209281822 68131 w220 大分共同法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
労働災害
Office info 202106021039 31981 w220 【茨城県対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は3年です。|3年以上前:原則として、3年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|3年以内:現在より過去3年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!

あなたの場合、
ご退職後3年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 3 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。