ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ) > 労働問題コラム > パワハラ > パワハラされやすい人の特徴9選|職場での平穏な日常を取り戻す方法は?

パワハラされやすい人の特徴9選|職場での平穏な日常を取り戻す方法は?

更新日
銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 弁護士
このコラムを監修
パワハラされやすい人の特徴9選|職場での平穏な日常を取り戻す方法は?
本コンテンツには、紹介している商品(商材)の広告(リンク)を含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

パワーハラスメント(以下、パワハラ)は不法行為責任を伴います。

 

パワハラは人の尊厳を傷つけ、行為様態によっては暴行罪や傷害罪などにも該当する許されない行為ですが、社会からパワハラはなくなっていないのが現状です。

 

自分がパワハラの被害者とならないためにできることはあるのでしょうか。それを知るためには、パワハラされやすい人の特徴を押さえておくことが役に立ちます。

 

今回は職場におけるパワハラをテーマに、パワハラされやすいタイプやパワハラを防ぐ方法、パワハラがなくならないときの対処法をお伝えします。

「パワハラ上司や会社を許せない!」そんな方は弁護士に無料相談!

許しがたいパワハラ問題で上司や会社を訴えたいと考えているなら弁護士への無料相談がおすすめです。

弁護士に相談することで、パワハラの証拠集めや訴える際にアドバイスをしてもらえるため、交渉を有利に進められます。

  • パワハラ問題で適切なアドバイスがもらえる
  • 会社と代理で交渉してもらえる
  • 場合によっては損害賠償請求ができる

当サイトでは、初回無料相談ができる弁護士事務所を多数掲載していますので、まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ労働問題で
ハラスメントに強い弁護士を探す
一刻も早く職場のパワハラから逃げ出したい場合は…

パワハラによる精神的苦痛は、うつ病にかかってしまうリスクを引き起こします。

いざという時会社は守ってくれません。自分の身は自分で守りましょう。

上司などのパワハラにどうしても耐えられない場合は新しい職場を見つけることも解決策の一つです。

新しい職場を見つけていれば、お金の心配や、退職を言い出しにくい状況からも自ずと解放されます。

 

転職活動をまだ始めていない方は、まずは以下の『転職エージェント診断ツール』を利用して、ピッタリな転職エージェントを利用しながら、パワハラのない快適な職場への転職活動を始めていきましょう。

Pc tool head 2
性別
年齢
直近年収
Pc tool btn off nd

パワハラの定義と具体例

パワハラとは一般に地位や権力を利用したいじめ・嫌がらせを指します。中でも職場におけるパワハラは厚生労働省が次の3要件を満たすものと定義しています。

 

職場のパワハラ3要件

 

  • 優越的な関係を背景とした
  • 業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動により
  • 就業環境を害すること(身体的もしくは精神的な苦痛を与えること)

 

パワハラが成立するのは「上司から部下」などのわかりやすいケースに限られません。

 

  • 「専門的知識に優れた部下から専門的知識のない上司」
  • 「正社員から契約社員」など

 

何かしらの優位性をもつ者からの言動であればパワハラに該当し得ることになります。

 

一方で、業務の範囲内でおこなわれる指導・教育であれば、受け取り側が不満をもったとしてもパワハラにはあたりません。

 

具体的パワハラ行為の例

  • 身体的な攻撃……殴る蹴る、道具を使って頭を叩く
  • 精神的な攻撃……相手の性自認についてからかう、ほかの社員がみている前で執拗に責める
  • 人間関係からの切り離し……1人だけ職場の飲み会に呼ばない、集団で無視をする
  • 過大な要求……達成不可能なノルマを与える、私的な雑用を強制する
  • 過小な要求……管理職への嫌がらせのため雑用をさせる、営業職なのに草むしりや倉庫の掃除だけをやらせる
  • 個の侵害……結婚や交際についてしつこく聞く、デスクや鞄の中を勝手に物色する

 

 

パワハラ被害者が陥りやすい状況

パワハラ被害者は、精神的・身体的にダメージを負う→仕事がうまくいかなくなる→さらなるパワハラを受けるという負のループに陥りやすくなります。

 

精神的影響としては、就業意欲の低下、自己肯定感の喪失などが挙げられます。身体的影響としては頭痛やめまい、動悸、足がすくんで会社に入れないなどの症状がでる場合があります。

 

こうした状況では仕事への影響が甚大です。能力を発揮できなくなり、業務に集中できないためミスも増えます。ひどいパワハラを受けたことで神経が高ぶり夜もよく眠れないので、寝坊や不注意が多くなり加害者を刺激します。そしてさらなるパワハラを受けやすくなってしまいます。

 

次第に自分の感情がわからなくなり、うつ病や対人恐怖症などを発症するケースは少なくありません。つらい状況が続き、休職や退職、最悪の場合は自殺に追い込まれてしまうケースもあります。

 

パワハラされやすい人にみられる9つの特徴

パワハラされやすい人は次のような傾向がみられます。

 

真面目で従順

真面目で従順な人は上司や先輩の話をよく聞くため、一般には可愛がられることも多いタイプだといえます。一方で、いつもイライラしているような典型的なパワハラ加害者にとっては、反撃されるおそれがないためターゲットにしやすくなります。

 

被害を受けても社内の雰囲気を悪くしないようにと誰にも相談せず、素直に相手の要求を受け入れるからです。

 

複数の仕事を押し付けられても真面目がゆえに何とか自分の力で解決しようとします。結局納期に間に合わない、ミスをしてしまうなどで加害者に攻撃の機会を与えてしまうことになります。

 

正直

思ったことを何でも口にだしてしまう人や上司にお世辞のひとつもいわない人は、相手の感情を刺激しやすいためパワハラされやすくなります。もちろん正直なのは本来悪いことではないのですが、相手は見下されているように感じ、敵対心をもってしまうのです。

 

もっとも、ゴマをすってばかりの人もパワハラのターゲットになる場合があるので、極端な言動には注意が必要です。

 

おどおどしている

自分に自信がなく、いつもおどおどしている人もパワハラを受けやすいタイプです。パワハラをする人というのも自分に自信がないタイプなのですが、他者を攻撃して自分が優位に立つことで安心しています。

 

このようなタイプからすると、いつもおどおどしている人は自分よりも下の立場だと認識しやすく、攻撃の標的にしやすいのです。

 

おどおどしている人が攻撃を受け、どう対処してよいのかわからずに困っている姿を見ると、加害者が安心してさらに攻撃におよぶという悪循環が生まれます。

 

周囲の人とコミュニケーションをとらない

周囲の人とコミュニケーションをとらない一匹狼タイプの人も、パワハラのターゲットになる場合があります

 

対して、日ごろからたくさんの人に囲まれている人はターゲットとされにくい傾向にあります。そのような人を攻撃すれば自分が職場で孤立するからです。

 

上司とのコミュニケーションが不足している人もパワハラされやすい人です。典型的には報・連・相をしない人が該当します。

 

納期間際になって問題を相談してきたり進捗状況が悪かったりすると「なぜ黙っていたんだ」と上司の怒りを買い、行き過ぎた指導を受けることになります。

 

仕事のミスが多い

仕事のミスが多いと教育や指導を名目にしたパワハラを受けやすくなります。パワハラが発覚したときでもパワハラ加害者が「仕事のミスが多いからつい熱くなってしまった」という言い訳をさせることにもなるでしょう。

 

ミスをしたときに言い訳から始める人も相手の怒りを買いやすいため、パワハラを受けやすいタイプです。

 

仕事を覚えるスピードが遅い

仕事を覚えるスピードが遅い人は、パワハラ加害者から「自分よりも仕事ができない下の人間だ」と思われるため、ターゲットになりやすいといえます。

 

仕事を覚えるスピードには個人差がありますし、とくに新人のころは緊張もあり、なかなか覚えられないことがあるでしょう。

 

しかし攻撃をする人は自分が新人のときのことなどは棚に上げ、現時点で仕事を覚えていない人を非難します。

 

マイペース

書類の提出期限を守らない、先輩が社内の電話にでるのに後輩の自分はでないなど、マイペースな人はパワハラを受けやすくなります

 

マイペースが私生活上の問題でとどまる限りは問題ありませんが、職場の規律を乱すことで反感を買うからです。このタイプの人は職場で孤立することが多いため、余計にパワハラの対象になりやすいといえます。

 

優秀さを前面にだす

優秀であることはひとつの強さなので、通常はパワハラの対象にはなりにくいタイプです。しかし優秀さを前面にだすタイプとなると話が変わります。

 

いつも正論をいう、相手のミスを人前で指摘するといったタイプです。生意気だと思われやすいタイプなので、加害者なりの正義感を大義名分にした攻撃を受ける可能性があるでしょう。

 

嫉妬の対象となる要素が多い

容姿が整っている人、高学歴の人など嫉妬の対象となる要素が多い人もパワハラを受ける場合があります。このような人は周囲の羨望を受けやすいため、パワハラをする人にとっては自分の地位が脅かされると感じるからです。

 

一方的な嫉妬なので本人にはまったく落ち度がないことが多いのですが、ほかの人と同じ発言をしても揚げ足をとられるなど追い込まれてしまいます

 

プライベートな自慢が多い人も嫉妬の対象になりやすく、とくに女性からのパワハラを受ける可能性が高まります。恋人が豪華なプレゼントをくれた話や、積極的に配偶者の職業(とくに社会的地位の高い職業)についての話などをするケースです。

 

パワハラされやすい人ができる防御策

パワハラされやすいかたに向けてパワハラを防ぐ方法を紹介します。

 

背筋を伸ばして堂々とふるまう

職場では背筋を伸ばしてきりりとした態度をとるのがひとつの方法です。

 

パワハラをする人は自分が優位に立ちたいという心理であることが多く、堂々として自分に自信がありそうな人をターゲットにしにくいからです。背筋を伸ばすことで前向きな気持ちになる効果もあります。

 

断るスキルを身につける

無理なものはしっかり断るのもビジネススキルのひとつです。完全に断るのが難しい場合でも部分的に断ることから始めてみましょう。

 

たとえば「この仕事を今すぐやれ」といわれた場合、「今は○○という急ぎの仕事があるので午後でもよろしいでしょうか?」と、あくまでも自分のスケジュールの範囲で対応できる旨を伝えます。

 

飲み会を強制されそうになったら「家族が体調不良なので」と何回かに1回は断るようにします。少しずつでよいので、断るときもあると知らせることが大切です。

 

仕事の能力を上げる

今以上に仕事の能力を上げるよう努力するのも方法です。仕事の能力が上がれば周囲の評価を得てパワハラのターゲットにされにくくなりますし、自分の視点が未来へ向かうため精神面へよい影響を与えます。

 

能力が上がれば転職にも有利になるため、パワハラが横行するような会社を脱出するという選択肢もとれるでしょう。

 

職場の人間関係を構築する

周囲の人を味方につける、上司とうまくやる術を身につけることでパワハラのターゲットにされにくくなります。上司の上司など権力のある人と仲良くなるのも効果的なので、機会があれば積極的に話しかけるのもよいでしょう。

 

人間関係の構築は難しい面もありますが、いつも笑顔であいさつする、ちょっとしたことでも人を褒めるなどできることから始めてみましょう。

 

もしどんな対策をしてもパワハラされる場合

どんなに方策を尽くしてもパワハラされる場合は次の対処法があります。

 

パワハラの証拠を残す

誰かに相談するときや会社に対応してもらいたいときなどは、パワハラの証拠があると被害状況が伝わりやすくなります。次のような証拠を集めましょう。

 

  • 医師から診断書をもらう(ケガや精神疾患など)
  • ICレコーダーやスマートフォンの録音機能でパワハラの音声を残す
  • 侮辱する内容のメールやLINEを残す
  • パワハラの詳細を日記やメモにする

 

とくに裁判も視野に入れている場合は証拠が極めて重要です。

 

労働組合や人事部へ相談する

労働組合や人事部など社内で相談できる窓口を利用する方法です。労働組合であれば会社に対して団体交渉できる強みがあります。会社は正当な理由なく団体交渉を拒むことができません(労働組合法第7条)。

 

(不当労働行為)
第七条 使用者は、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
一 労働者が労働組合の組合員であること、労働組合に加入し、若しくはこれを結成しようとしたこと若しくは労働組合の正当な行為をしたことの故をもつて、その労働者を解雇し、その他これに対して不利益な取扱いをすること又は労働者が労働組合に加入せず、若しくは労働組合から脱退することを雇用条件とすること。ただし、労働組合が特定の工場事業場に雇用される労働者の過半数を代表する場合において、その労働者がその労働組合の組合員であることを雇用条件とする労働協約を締結することを妨げるものではない。

引用元:労働組合法第7条

 

人事部であれば加害者の部署異動など物理的な対応に期待できます。近年はハラスメントに対する社会の目が厳しくなっているため、まともな会社であれば調査に動いてくれるでしょう。

 

パワハラ防止法を知っておこう

パワハラ対策が法制化(労働施策総合推進法の改正)され、事業主がパワハラ防止のために雇用管理上必要な措置をとることが義務づけられました。パワハラ防止法と呼ばれ、大企業は2020年6月から、中小企業は2022年4月から施行となります。

 

パワハラ防止法により、今後はパワハラ被害者が相談しやすい環境になります。会社にパワハラ被害を相談しても取り合ってくれない場合にはパワハラ防止法を根拠に対応を求めることができますので、ぜひ知っておきましょう。

 

【参照】

厚生労働省|職場におけるハラスメントの防止のために

厚生労働省|事業主が職場における優越的な関係を背景とした言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置等についての指針

 

外部の機関へ相談する     

社内に相談窓口がない場合や相談によって不利益な取り扱いを受けるおそれが高い場合は外部の機関へ相談しましょう。たとえば厚生労働省管轄の「総合労働相談コーナー」は地域の労働局や労働基準監督署内にあるため身近な相談先といえます。

 

パワハラは人権問題なので法務省管轄の「みんなの人権110番」もよいでしょう。パワハラで気持ちが落ち込んでいる場合は厚生労働省管轄の「こころの耳」で話を聞いてもらい、まずはメンタルの回復に努めるのも方法です。

 

【参照】

厚生労働省|総合労働相談コーナー

法務省|みんなの人権110番

厚生労働省|こころの耳

 

転職する

パワハラで心身が疲弊してしまうと、前に向かって動きたいのに動けないという状況に陥ってしまいます。

 

そうなる前の早い段階で誰かに相談することが大切ですが、どうしても難しい場合は転職も視野に入れましょう。同じような仕事内容であっても一緒に働く人が変わるだけで働きやすさは大きく変わります。

Pc tool head 2
性別
年齢
直近年収
Pc tool btn off nd

 

弁護士に相談する

自分ではどうしようもできないと感じている場合は弁護士へ相談しましょう。今の状況を整理し、今後どのような手段が採り得るのかを法律の知識をもとに助言してくれます。

 

弁護士が介入することでパワハラ加害者やパワハラを放置する会社との交渉も進みやすくなるでしょう。常軌を逸したパワハラに対しては刑事告訴する、民事裁判で慰謝料を請求するといったことも可能です。

まとめ

同じ職場で働いてもパワハラされやすいタイプとされにくいタイプの人がいます。ご自身が十分に能力を発揮するには、パワハラされにくい人になり業務に集中できる環境を整えることが大切です。

 

自分の力では現状を変えることができなくても、相談先は多数あります。ひとりで抱え込まずに周囲の人に相談するところから始めてみましょう。

「パワハラ上司や会社を許せない!」そんな方は弁護士に無料相談!

許しがたいパワハラ問題で上司や会社を訴えたいと考えているなら弁護士への無料相談がおすすめです。

弁護士に相談することで、パワハラの証拠集めや訴える際にアドバイスをしてもらえるため、交渉を有利に進められます。

  • パワハラ問題で適切なアドバイスがもらえる
  • 会社と代理で交渉してもらえる
  • 場合によっては損害賠償請求ができる

当サイトでは、初回無料相談ができる弁護士事務所を多数掲載していますので、まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ労働問題で
ハラスメントに強い弁護士を探す
一刻も早く職場のパワハラから逃げ出したい場合は…

パワハラによる精神的苦痛は、うつ病にかかってしまうリスクを引き起こします。

いざという時会社は守ってくれません。自分の身は自分で守りましょう。

上司などのパワハラにどうしても耐えられない場合は新しい職場を見つけることも解決策の一つです。

新しい職場を見つけていれば、お金の心配や、退職を言い出しにくい状況からも自ずと解放されます。

 

転職活動をまだ始めていない方は、まずは以下の『転職エージェント診断ツール』を利用して、ピッタリな転職エージェントを利用しながら、パワハラのない快適な職場への転職活動を始めていきましょう。

Pc tool head 2
性別
年齢
直近年収
Pc tool btn off nd

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
兵庫
埼玉
京都
福岡
千葉
神奈川
Office info 202304141539 42041 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所

【残業代請求/初期費用0円の完全成功報酬制】残業代請求の実績多数。年間の残業代回収実績7.5億円。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円【LINE相談可】

事務所詳細を見る
Office info 202202211950 26281 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202112091354 13561 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202310101957 13061 w220 【不当解雇/残業代請求に注力◎】難波みなみ法律事務所

初回面談0/夜間や休日相談可】「理由もなく不当に解雇されてしまった」「未払いの残業代を請求したい」という方は、当事務所へお問い合わせください!年間相談件数100件以上の実績あり◎【企業側のご相談歓迎

事務所詳細を見る
兵庫県の弁護士一覧はこちら
この記事の監修者
銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 弁護士 (東京弁護士会)
女性のセクハラ被害解決を得意とする弁護士。慰謝料請求や退職を余儀なくされた際の逸失利益の獲得に注力。泣き寝入りしがちなセクハラ問題、職場の女性問題に親身に対応し、丁寧かつ迅速な解決を心がけている。
編集部

本記事はベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

パワハラに関する新着コラム

パワハラに関する人気コラム

パワハラの関連コラム

キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 関東
  • 北海道・東北
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 202004101658 12941 w220 【残業代の回収実績多数あり!】グラディアトル法律事務所
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
Office info 202303311851 78541 w220 【新潟/北陸エリア】グラディアトル法律事務所【残業代の回収実績多数あり!】
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
Office info 201812201913 22971 w220 NN赤坂溜池法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
退職代行
給与未払い
退職金未払い
Office info 202304141540 64691 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は3年です。|3年以上前:原則として、3年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|3年以内:現在より過去3年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!

あなたの場合、
ご退職後3年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 3 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。