• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 その他
ホーム > 労働問題弁護士一覧 > 神奈川県の労働問題弁護士 > 横浜市の労働問題弁護士 > 橋本法律事務所
※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。
初回面談相談料 0円 企業側相談可 電話相談不可 休日相談可

橋本法律事務所

弁護士 橋本 吉行
住 所 神奈川県横浜市中区太田町1-4-2関内川島ビル7階
最寄駅 日本大通り駅より徒歩3分 関内駅より徒歩7分
得意分野
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
残業代請求
退職代行
経験年数経験年数
弁護士登録から
35
規模規模
在籍弁護士数
2
初回相談料初回相談料
面談相談料
0円(30分)
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
営業時間外です
045-664-4178
受付時間: 09:30〜18:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

【初回相談30分無料】【夜間、休日相談可能】【ベテラン弁護士】【事務所理念:誠実な事件処理を旨とし、信頼を基本とする。戦うべきときは戦う】30年を超える弁護士としての経験を活かし問題解決に導きます。
橋本法律事務所からメッセージ

30年以上労働問題と向き合ってきた実績がございます【面談(オンライン可)による無料相談受付中】

当事務所は解雇、給与、退職金、労働災害、職場でのハラスメントなど様々な問題に対応しており、法的手続の種類を問わず豊富な解決実績がございます。

 

知見を蓄えたベテラン弁護士と、フットワークの軽い若手弁護士が協力し合って対応させていただきますので、解決策のご提案や対応を含め、手厚く迅速に解決までサポートさせていただきます。

 

労働問題は生活に直結する事項を含んでいることが多く、デリケートで、誰にも相談できず悩まれている方が大勢いらっしゃいます。

専門の弁護士に相談していただくことで労働問題の道筋を明らかにして、弁護士の対応によって適切な法的解決を実現いたします。

 

初回面談は無料にて対応させていただきますので、労働問題で悩まれている方、お困りの方はお気軽にご相談下さい。

 

◆このようなご相談はお任せください◆

  • 突然解雇を言われて困っている
  • 給料、退職金が支払われない
  • 就業中の事故で十分な補償が得られない
  • 上司のハラスメントを制止したい
  • 就業規則に違反する従業員を辞めさせたい
  • 従業員の競業避止義務に違反する行為を制止したい
  • 話し合いでは埒が明かないので労働審判を申し立てたい

など

もちろん、上記以外での労働問題のご相談にも対応可能ですので、まずはお電話にてお問合せ下さい。

お一人で抱え込まず、弁護士に相談しましょう。

 

面談による相談にこだわる理由

電話やメールでお話しいただくだけでは、相談者様の状況やご希望を正確に把握することができません。

資料を前にして直接お話しすることが、早期・円満な解決の一番の近道だと考えております。
そのため、当事務所では面談による無料法律相談(オンライン面談含む)を実施しておりますので、相談者様の抱える問題のポイントを無料で診断いたします。
お電話でご予約の上、お気軽にご来所ください。
(※メール・電話でご連絡いただきましたら、面談相談の日時調整をさせていただきます。)

 

橋本法律事務所の特徴

1、丁寧な事件処理

一昔前に比べて、弁護士に何かを依頼すること自体は一般的になってきました。

それはとても良いことですが、一方で大量の事件を扱う事務所などは事件処理をマニュアル化してしまっているように感じます。

 

当事務所では、一つ一つの事件について丁寧に対応しております。決して手は抜きません。戦うときは徹底して戦います。

 

そして、ご依頼者の方へのヒアリングにきちんと時間をかけ、表面化している上辺の問題点だけでなく、根本的な問題まで洗い出し、事件の全体像を把握した上でのいわばオーダーメイドの事件処理を行っています。

 

2、確かな知見と迅速行動を叶えたチームプレー

当事務所の代表弁護士は経歴30年以上のベテランです。

テーマが多い問題であってもどのように事件処理すれば適切かつスピーディに解決できるかの基本設計や戦略を立てることを得意としております。

 

一方、当事務所には若手の弁護士も在籍しており、ベテラン弁護士が立てた戦略をベテラン弁護士と共にフットワーク軽く迅速に実行に移します。

そして、事務所内で様々な検討を重ねることでベストなチームプレーを実現しております。

 

3、話やすい環境作りを何より心掛けております

当事務所では、ヒアリングに重きを置いているのでご依頼者様が話しやすい雰囲気作りを最も心掛けて参りました。

 

法律問題を解決するだけでなく、ご依頼者様の精神面のサポートも意識しております。

 

労働問題は生活に直結するいろいろな事情が生じるため、適切に処理するためには経験が必要です。

解雇、給料、退職金、就業規則違反、職場環境の改善、労働災害における補償など様々な場面でご本人に相応しい妥当な解決を図ることが求められます。

 

解決に向けて気兼ねなく話していただく中で、弁護士とご依頼者様の信頼関係も築けるよう尽力しております。

 

アクセス

日本大通り駅より徒歩3分
関内駅より徒歩7分
 
当事務所でのアクセスやよくある質問など詳細につきましては、ホームページにも記載がございますので、ご確認頂ければ幸いです。

【https://hashimoto-law.com/】

事務所情報
事務所名 橋本法律事務所
弁護士 橋本 吉行
所属弁護士会 神奈川県弁護士会
所属弁護士数 2名
住所 神奈川県横浜市中区太田町1-4-2関内川島ビル7階
最寄駅 日本大通り駅より徒歩3分 関内駅より徒歩7分
対応地域 埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県  静岡県 
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:30〜18:00

代表者経歴 【略歴】
1980年(昭和55年) 早稲田大学法学部卒業
1983年(昭和58年) 司法研修所入所(37期)
1985年(昭和60年) 弁護士登録(横浜弁護士会・現神奈川県弁護士会)
1991年(平成3年) 橋本法律事務所設立

【会務】
神奈川県弁護士会 副会長(2004年度)
国際交流委員会、会社法研究会、倒産法研究会
著書および論文名 「コンプライアンスの理念と弁護士の役割」(横浜弁護士会専門実務研究)
「実務論点会社法」(共著、民事法研究会)
アクセスマップ
住所
神奈川県横浜市中区太田町1-4-2関内川島ビル7階
最寄駅
日本大通り駅より徒歩3分 関内駅より徒歩7分
橋本法律事務所に問い合わせする
現在は営業時間外となります。

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです

対応体制
  • 初回相談料0円
  • 企業側の相談可
  • 電話相談不可
  • 休日の相談可能
お問合せはコチラから
営業時間外です
営業時間045-664-4178
受付時間: 09:30〜18:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

近くにある弁護士・法律事務所
初回面談相談料0円
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
退職金未払い
初回面談相談料0円
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
初回面談相談料0円
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職金未払い
神奈川県の弁護士一覧
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。