• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
ホーム > 労働問題弁護士一覧 > 福岡県の労働問題弁護士 > 福岡市の労働問題弁護士 > 弁護士法人琥珀法律事務所 福岡事務所
Office info 202104151653 37001 w500
Office info 202104151653 37001 w500
Office info 202104151654 37002 w500
Office info 202104151654 37003 w500
初回面談相談料 0円 企業側相談可 電話相談可 休日相談可 オンライン面談可

弁護士法人琥珀法律事務所 福岡事務所

弁護士 川浪 芳聖 阿部 泰志
住 所 福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目1-23 サニックス博多ビル5階
最寄駅 【博多】駅より徒歩5分
営業時間
09:00〜19:00
09:00〜18:00
得意分野
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
労働災害
労働審判
給与未払い
退職金未払い
雇い止め
ハラスメント
退職代行
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
050-5228-1851
受付時間: 09:00〜19:00
 
【福岡・恵比寿・新宿・大阪・仙台5拠点あり】残業代請求・不当解雇に注力●不当解雇は【解雇通知を受けた方/解雇に納得できない方/解雇から半年以内の方】はお任せを●ご意向を踏まえ迅速に対応いたします
弁護士法人琥珀法律事務所 福岡事務所からメッセージ

【豊富な解決実績あり!】電話相談可・初回面談1時間0円


※福岡事務所以外に、恵比寿・新宿・大阪・仙台の各支店でのご相談も可能です。

当事務所では、電話相談初回面談を0円で承っております。
労働問題でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
1時間まで無料、以降30分毎に5500円(税込)となります。)
 

●ご面談希望の方へ●

相談を希望される方は、ご面談時に下記の資料をお持ちいただけますとスムーズです。
 

・残業代請求の方:労働時間がわかる記録(タイムカード、日報、シフト表など)、給与の金額がわかる資料(給与明細書、雇用契約書など)
・不当解雇の方:解雇通知書・解雇予告通知書・解雇理由証明書・離職票・解雇に関連するメールやLINEの記録(データ)など


お手元に証拠がない場合には、証拠集めからサポートいたします。
まずは、電話・メールでお気軽にお問合せください。

 

労働問題でお悩みの方、まずはお電話ください

【不当解雇】解雇予告に納得いかない方解雇された方

 • 既に解雇されているが、解雇に納得していない
 • 些細なミスや業績不振を理由に会社から解雇を言い渡された
 • 身に覚えのない理由で、突然解雇を告げられた
 • 解雇通知書や解雇理由証明書の交付を請求しても発行してもらえない
 • 会社から事前の通知もなく、急に来なくていいと言われた


など、解雇に関するお悩みは当事務所へご相談ください。

当事務所の経験上、「解雇は無効」と判断される場合が多くあります。
このように解雇が無効である場合に、解雇の撤回及び復職を求めること・復職の代わりに一定の解決金の支払いを求めることが可能です。
 

【解雇の解決事例】提示額0円→240万円の支払いを命じる労働審判!

【ご相談】
Aさんは、B社に正社員として入社しました。

ところが、能力不足と勤務態度不良を理由に試用期間を延長され、あげくの果てに解雇を通告されました。

なお、試用期間中、AさんはB社から具体的な指導教育を受けておらず、事実上放置されていました。

Aさんは、このような解雇に納得できず、当事務所の弁護士へ相談・依頼いたしました。

当事務所の弁護士が詳細な事実関係の確認をしたところ、
AさんはB社から具体的な指導教育を受けていないだけでなく、パワーハラスメントに該当しうる言動(退職勧奨)が執拗になされていたと判明しました。
 

【解決】
当事務所の弁護士は、直ちに「解雇無効の主張・一定の慰謝料(解決金)支払いを求める旨」を記載した内容証明郵便を、B社へ送りました。

これに対し、B社から「解雇は有効であるため、撤回に応じるつもりはない、一定の解決金の支払いにも応じない旨」を記載した回答書が、当事務所へ送られてきました。

このため、当事務所は、裁判外の交渉による解決は困難であると判断し、労働審判を申し立てました。

労働審判手続にて、当方の主張がほぼ認められた結果、
240万円(給料12か月分相当額)の解決金支払いを命じる労働審判が下されました。

 

【その他の労働問題】悩まれているなら、まずはお電話ください

 • 残業代が支払われない
 • 管理職のため残業代は支払わないと告げられた
 • 退職勧奨に関するご相談
 • 給与の支払いが滞っている
 • 残業代の名目で給与明細に記載がない
 • 退職するのなら給与は支払わないと言われた
 • 解雇したから、という理由で退職金がもらえない
 • 一方的に内定を取り消された

など、労働問題に関するお悩みは当事務所へご相談ください。

「生活があるため早期に解決したい」「転職を考えており、退職後に残業代を請求したい」など、ご相談者さまの状況を伺ったうえで、迅速に最も適したサポートをいたします。

労働審判手続は非公開で期日の実施回数も3回までと限定されているため、裁判とは異なり、第三者に知られずに迅速に解決を図ることもできます。

 

【残業代請求150万円】証拠資料が不足していたものの、短期間で解決!

【ご相談】
Cさんは、惣菜販売店で、ほぼ週6日間(1日あたり12時間)働いていました。

それにも関わらず、全く残業代が支払われていませんでした。
Cさんは退職の日取りが決まった後、当事務所に相談に来られました。

労働時間の管理がされておらず、労働時間を裏付ける証拠をお持ちでない状態でした。

しかし、惣菜販売店では12時間程の労働を前提としたシフト制が組まれており、従業員の大半がその時間枠のとおり勤務していました。

当事務所は、これらの事情が残業時間の裏付けになると考え、Cさんの依頼を受け惣菜販売店との交渉をする運びとなりました。

【解決】
まず、Cさんの勤務状況をもとに残業代を概算いたしました。

さらに惣菜販売店に対して、残業代約150万円の支払を請求する内容証明郵便を送るとともに、労働時間の根拠となるシフトの存在を指摘し、シフト表・就業規則などの資料開示を要求しました。

これに対して惣菜販売店は、代表取締役自身が交渉窓口となり、労働時間の管理不足・残業代の未払いを認めたため、こちらが請求した約150万円にて和解に至りました。

交渉開始から和解金支払まで僅か3週間程度という短期間で解決いたしました。

 

タイトルをクリックでご覧ください

交渉により短期間で残業代を回収した事例

【相談者】 50代男性 ご職業:派遣労働者の管理

【案件内容】

派遣労働者の勤怠管理や派遣先会社と派遣労働者との窓口を担っていたご相談者様。

連日のように14時間近くの労働を強制されていました。
連日の長時間労働の証拠として出勤簿を数か月分保管していたものの、労働実態とは異なる勤怠報告をするよう会社から求められていたため、出勤簿は必ずしも労働実態を示したものではありませんでした。

ご相談者様は労働実態に即した残業代の回収よりも、一定額の目標金額を定め、短期間で回収することを希望していました。

【解決結果】

相手方会社に通知書を送り、相手方の担当者と電話で交渉しました。

交渉においては、ご相談者様の労働実態を丁寧に説明し、相手方会社においてもご相談者様の労働実態の一部を認めてもらいました。

そのうえで金額についても交渉し、ご相談者様の希望を超える金額を受任してから3か月以内に回収することができました。

少ない証拠で残業代を回収した事例

【相談者】 30代男性 ご職業:電話営業

【案件内容】

ご相談者様は設立して間もない同業会社に誘われ、口約束で労働契約を締結しました。

そして一定期間働くと、相手方会社から成績が悪いとして一方的に減給されてしまいました。

また恒常的に長時間労働を強制されていました。
相手方会社から開示された勤怠資料は改ざんが疑われるほど勤務実態とかけ離れたものでした。

相手方は交渉に応じなかったため、労働審判を申立てました。

【解決結果】

労働審判においては、ご相談者様が相手方会社で働くようになった経緯や、その時々の労働実態を丁寧に主張しました。

また、相手方会社から開示された勤怠資料についてはご相談者様が保管していたLINEの記録を証拠として提出し、実態とかけ離れたものであることを主張しました。

ご相談者様の労働実態を示す有利な証拠がない案件でしたが、残業していた事実が一定程度認められ、未払となっていた残業代を回収することができました。

 

当事務所が選ばれる理由

メリット・リスクをきちんとお伝えします

労働問題について多くの解決実績がある当事務所だからこそ、
・依頼によって得られるメリットは何か
・今後想定しうるリスク(デメリット)はどのようなことか
・どのような解決を図ることができるのか

などの見解を、ご相談時にしっかりお伝えすることができます。

 

福岡含め、全国5拠点で対応

福岡、恵比寿、新宿、大阪、仙台の各支店でご相談可能です。
また、ご来所が難しい方は、出張相談・電話相談なども対応いたします。

 

解決へ向けて、スピーディーに対応いたします

ご相談時には、どのような解決をご要望か親身に伺い、迅速に解決すべくスピーディーに対応いたしますので、安心してご相談いただければと思います。

 

多種多様な解決実績があります

• 降格処分や減給処分の無効確認
• 不当な労働条件への一方的な変更や人事異動
• 労災認定に関する問題
 

会社による一方的な対応に納得がいかない場合でも、反論をせず諦めてしまう方が多くいらっしゃいます。

しかし、弁護士に相談することによって、
「法的な問題はないか」
「どのような解決を図ることができるのか(慰謝料や残業代の支払いを求めることができるか)」
「会社の対応は適切だったのか」
などの点を明確にすることができます。

その結果、お気持ちが軽くなることも多いかと思いますので、まずはお気軽に電話にてお問い合わせください。
 

アクセス

福岡事務所

所在地

福岡市博多区博多駅東2-1-23 サニックス博多ビル5F

アクセス

JR「博多」駅より 徒歩約3分

 

大阪事務所

所在地

大阪府大阪市北区天神橋3-1-35 南森町岡藤ビル8階

アクセス

JR西日本 東西線 「大阪天満宮」駅より 徒歩5分
OsakaMetro 堺筋線・谷町線「南森町」駅より 徒歩4分

 

恵比寿事務所(東京本店)

所在地

東京都渋谷区恵比寿1-22-20 恵比寿幸和ビル8階

アクセス

JR/東京メトロ「恵比寿」駅より 徒歩5分

 

新宿事務所

所在地

東京都新宿区新宿2-13-12 住友不動産新宿御苑ビル7階

アクセス

東京メトロ 丸の内線・都営新宿線・都営副都心線「新宿三丁目」駅より 徒歩3分
東京メトロ 丸の内線「新宿御苑前」駅より 徒歩約3分

 

仙台事務所

所在地

宮城県仙台市青葉区本町2-3-10 仙台本町ビル5F

アクセス

地下鉄南北線「広瀬通」駅より 徒歩約2分
JR「仙台」駅より 徒歩約12分

事務所情報
事務所名 弁護士法人琥珀法律事務所 福岡事務所
弁護士 川浪 芳聖 阿部 泰志
所属弁護士会 第一東京弁護士会
住所 福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目1-23 サニックス博多ビル5階
最寄駅 【博多】駅より徒歩5分
電話番号 050-5228-1851  
対応地域 全国
定休日 不定休 
営業時間

平日 :09:00〜19:00

土曜 :09:00〜18:00

日曜 :09:00〜18:00

祝祭日:09:00〜18:00

営業時間備考 ※事前にご予約があれば、土・日・祝日対応可能
※19時以降面談可能
代表者経歴 【代表弁護士 川浪 芳聖】
2004年 一橋大学法学部 卒業
2007年 立命館大学法科大学院 卒業
2010年 労働事件を専門的に取り扱う都内法律事務所に入所
2012年 琥珀法律事務所を開設し、
     労働事件・刑事事件を主に取り扱う
2013年 東村山市役所法律相談を担当
2014年 青梅市役所法律相談を担当
2015年 弁護士法人化に伴い、代表弁護士に就任

【福岡支店社員弁護士 阿部 泰志】
2011年 京都大学法学部 卒業
2014年 大阪市立大学法科大学院 卒業
2015年 司法試験合格
2017年 弁護士法人琥珀法律事務所 入所
2019年 福岡支店 社員弁護士に就任
初回相談料金体系 1時間まで無料、以降30分毎に5,500円(税込)
アクセスマップ
住所
福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目1-23 サニックス博多ビル5階
最寄駅
【博多】駅より徒歩5分
Office info 202104151653 37001 w96
弁護士法人琥珀法律事務所 福岡事務所に問い合わせする
現在、営業時間内です。
050-5228-1851
 
対応体制
  • 初回相談料0円
  • 企業側の相談可
  • 電話相談可
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可
お問合せはコチラから
営業時間ただいま営業時中
営業時間050-5228-1851
受付時間: 09:00〜19:00
 
近くにある弁護士・法律事務所
Office info 202105180812 37441 w220
来所不要
初回面談相談料0円
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
Office info 202101051601 32071 w220
初回面談相談料0円
企業側の相談不可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
Office info 202104201029 32661 w220
初回面談相談料0円
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
Office info 202105211153 11701 w220
初回面談相談料0円
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
福岡県の弁護士一覧
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
 
--------
ただいま営業中です
--------
050-5228-1851
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。
まずはあなたの状況をお聞かせ下さい
--------
ただいま営業中です
--------
050-5228-1851

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。
まずはあなたの状況をお聞かせ下さい
--------
ただいま営業中です
--------
050-5228-1851