• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 その他
ホーム > 労働問題弁護士一覧 > 千葉県の労働問題弁護士 > 千葉市の労働問題弁護士 > 福留法律事務所
※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。
電話相談不可

福留法律事務所

弁護士 福留 謙悟
住 所 千葉県千葉市中央区富士見1-2-3千葉アジア会館5階
最寄駅 千葉駅(JR・千葉都市モノレール) 京成千葉駅
得意分野
残業代請求
不当解雇
労働災害
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
初回相談料初回相談料
面談相談料
0円(30分)
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
043-223-5455
受付時間: 09:00〜17:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

残業をしているのに,何かと理由をつけて支払いを拒まれていませんか?まずは,本来支払われるべき残業代を計算しましょう。
福留法律事務所からメッセージ
  • 「残業代を請求したい。」
  • 「労災が起きたが補償が十分にされていない。」
  • 「各種手当として残業代は支払っているから,追加で支払うものはない」と言われた。
  • 実際に働いているのに,会社から「労働時間ではなく休憩だ」と言われた。

 

受付時間平日9:00~17:00

夜間・土日の対応不可

 

資料を精査し,最新の実務の状況に照らして納得のいく解決を目指します

労働問題は,法律の改正や実務の変化が大きい分野ですので,制度を正しく理解していることが不可欠です。

 

また,思わぬところから有効な資料が見つかることもあります。

 

まずは,お仕事の内容や,時間の管理のされ方など詳しくお聞かせください。

 

各種手当の検討,労働時間の精査を行い,追加の残業代が認められた事例

会社が,労働者に適切な説明を行わないまま,労働者にとって不利益となる形で給与体系を変更し,残業代の支払いを抑えようとした事例で,裁判を起こした結果,1000万円を超える残業代が支払われた事例

 

料金について

着手金 22万円(労働審判,裁判を利用する場合,追加で11万円)

成功報酬 獲得金額の22%

※いずれも税込"    

事務所情報
事務所名 福留法律事務所
弁護士 福留 謙悟
所属弁護士会 千葉県弁護士会
住所 千葉県千葉市中央区富士見1-2-3千葉アジア会館5階
最寄駅 千葉駅(JR・千葉都市モノレール) 京成千葉駅
対応地域 千葉・東京
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:00〜17:00

アクセスマップ
住所
千葉県千葉市中央区富士見1-2-3千葉アジア会館5階
最寄駅
千葉駅(JR・千葉都市モノレール) 京成千葉駅
福留法律事務所に問い合わせする
現在、営業時間内です。
043-223-5455

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです

対応体制
  • 電話相談不可
お問合せはコチラから
営業時間ただいま営業時中
営業時間043-223-5455
受付時間: 09:00〜17:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

近くにある弁護士・法律事務所
初回面談相談料0円
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
退職金未払い
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職金未払い
初回面談相談料0円
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
初回面談相談料0円
企業側の相談可
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
千葉県の弁護士一覧
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。