ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ) > 労働問題コラム > 労働問題の無料相談先 > 土日に電話で無料相談できる弁護士の探し方|休日でも安心の相談窓口ガイド

土日に電話で無料相談できる弁護士の探し方|休日でも安心の相談窓口ガイド

更新日
社内弁護士監修
このコラムを監修
土日に電話で無料相談できる弁護士の探し方|休日でも安心の相談窓口ガイド
  • 「平日は仕事が忙しいから、土日に相談できる弁護士を探している」
  • 「いきなり法律事務所を訪問するのは不安なので、最初は電話で相談したい」
  • 「弁護士の性格や相性を確認するために、最初は無料相談の機会が欲しい」

法律トラブルに巻き込まれた場合の相談先として、弁護士はとても頼りになる存在です。

しかし、家事や仕事の関係で法律事務所を訪問できるタイミングが限られていたり、初回から相談料を支払うのは気が引けたりするなど、さまざまな理由から弁護士への相談についてハードルの高さを感じている人は少なくありません。

そこで本記事では、気軽に相談できる弁護士を探したいとお考えの方のために、以下の事項についてわかりやすく解説します。

  • 土日に電話で無料相談できる弁護士の見つけ方
  • 自分に合った弁護士を探すときのコツ
  • 弁護士に電話相談するときのポイントや注意点

土日に電話で無料相談ができる法律事務所は少ない

法律事務所によって営業時間や相談を受け付ける手段は異なります。

たとえば、24時間対応のメール窓口を用意している弁護士、土日祝日返上で対面での相談を受け付けている事務所など、さまざまです。

ただし、土日に電話で無料相談ができる法律事務所の数は少ない点に注意しなければいけません。

電話での無料相談を受け付けていたとしても、平日午前9時・10時~午後6時・7時の営業時間内に限りとしている法律事務所がほとんどです。

1件ずつネット検索して営業時間などを調べても、なかなか希望に合致するような営法律事務所はみつけられないでしょう。

土日に電話で無料相談ができる弁護士を探すなら「ベンナビ」

土日の法律相談に対応している弁護士や、電話での無料相談が可能な法律事務所を効率的に探すならベンナビを活用ください。

ベンナビは、毎月数百万人の利用者数を誇る国内最大級のリーガルメディアサイトです。

民事刑事問わずさまざまな法律分野ごとに、その分野を得意とする弁護士を検索できるうえに、専門知識のない一般の方向けに法律相談Q&Aや法律コラムも提供しています。

ここでは、弁護士探しの際にベンナビを活用するメリットについて解説します。

「休日の相談可能」「初回相談無料」の弁護士を絞り込める

ベンナビでは、以下のような条件で弁護士を絞り込むことができます。

  • 初回相談無料
  • 電話相談無料
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能
  • 来所不要

各法律事務所の紹介ページを参照して、営業時間や費用などについて確認することも可能です。

わざわざインターネット検索で法律事務所を個別に探さなくても、ベンナビ内で土日相談や電話相談の可否などの諸条件がわかります

自宅や会社の近くに事務所がある弁護士を探しやすい

ベンナビではお住いの都道府県や主要都市別に、法律事務所を検索できます。

自宅や会社からアクセスしやすい事務所を探せる点も、ベンナビで弁護士を探すメリットです。

直面している法律トラブルの分野が得意な弁護士を簡単に探せる

弁護士によって得意とする分野や注力分野は異なります。離婚や相続などの一般民事に力を入れている事務所もあれば、刑事事件に強い事務所など、さまざまです。

ご自身の心配事を適切な形で解決したいなら、抱えている法律トラブルの解決実績が豊富な弁護士に相談する必要があります。

ベンナビは以下の法律分野ごとにサイトが独立しており、各分野の対応を得意とする弁護士を効率的に探せます

【ベンナビの種類】

サイト名

相談内容

ベンナビ離婚

離婚前相談・離婚協議・離婚調停・財産分与・親権・養育費・DV・モラハラ・国際離婚・不倫・離婚慰謝料・離婚裁判・面会交流・離婚手続・別居・男女問題・熟年離婚・婚姻費用・不動産処分

ベンナビ相続

相続トラブル・遺産の使い込み・遺産分割・遺留分・相続放棄・遺言書・代襲相続・成年後見・不動産の相続・相続人調査・相続財産調査・相続登記・家族信託・事業承継・不動産処分

ベンナビ労働問題

残業代請求・不当解雇・解雇予告・内定取消・雇い止め・労働災害・労働審判・ハラスメント・退職代行・給与未払い・退職金未払い・不動産処分

ベンナビ交通事故

慰謝料・損害賠償・示談交渉・過失割合・死亡事故・後遺障害・むちうち・休業障害・自動車事故・自転車事故・バイク事故・人身事故

ベンナビ刑事事件

性犯罪・痴漢・わいせつ・買春・援助交際・盗撮・のぞき・レイプ・強姦・不同意わいせつ・児童ポルノ・児童買春・暴行罪・傷害罪・正当防衛・殺人罪・恐喝罪・脅迫罪・器物損壊罪・窃盗罪・万引き・横領罪・背任罪・住居侵入罪・詐欺罪・賭博・裏カジノ・闇スロット・薬物・大麻・覚せい剤・ひき逃げ・当て逃げ・少年事件・不動産処分

ベンナビ債務整理

任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求・時効援用・闇金問題・破産・住宅ローン・カードローン・クレジット会社・借金返済相談・交渉・消費者金融・サラ金・相談料無料・分割・後払い可能

ベンナビ債権回収

売掛金・業務請負・委託代金・家賃・地代・給料・賃金・残業代・借金・貸金・出資・養育費・慰謝料・立替金・投資詐欺・差押・仮差押・遅延損害金

ベンナビIT

掲示板削除・SNS削除・口コミレビュー削除・発信者情報開示請求・ネット誹謗中傷・名誉毀損・私的情報流出・画像流出・リベンジポルノ・著作権侵害・商標権侵害・IT法務・犯罪歴記事削除

土日に弁護士へ相談できるその他の窓口

ベンナビで探す以外の方法でも、土日に無料相談できる弁護士にアクセスする手段は存在します。

ここでは、自治体の相談窓口と法律相談センターを活用する方法について解説します。

1.自治体|地域によっては無料で対面相談をしているところも

県や市区町村などの自治体単位で、弁護士との無料の法律相談を実施していることがあります。

たとえば、大阪市の場合には、仕事や家事などで平日の法律相談を利用しにくい方のために、相談料無料で日曜日法律相談が開催されています。

実施日時や時間帯、予約の要否・方法、相談時間、回数、定員、対象者などは自治体ごとに異なります。事前にお住まいの自治体のホームページをご確認ください。

2.法律相談センター|地域によっては有料の対面相談を実施

弁護士会が主催する法律相談センターを利用すれば、土日や夜間に弁護士へ相談できる場合があります。

さまざまな事情から法律事務所にアクセスできない方のために、常設の法律相談センターやショッピングモールなどの出張相談会で法律相談の機会を提供していることもあります。

弁護士会主催の法律相談は原則として30分5,500円(税込)の相談料が発生しますが、相談分野によっては無料としているケースもあります。

また経済的に困窮している方は、資力条件などを満たせば法テラスの民事法律扶助制度によって無料での相談をうけられます。

弁護士会によって法律相談の開催日時や条件、無料相談の可否、予約手続きの流れは異なるので、必ずお住まいの地域を所轄する弁護士会までお問い合わせください。

相談をする弁護士を選ぶ際にチェックしたい4つのポイント

土日の電話相談に限らず、弁護士を選ぶ時には事前にチェックするべきポイントが少なくありません。

ここでは、弁護士選びの際に確認するべき4つの事項について解説します。

1.自分の悩んでいる分野の解決実績が豊富か

ご自身の抱えている悩みに対して的確なアドバイスを期待するなら、弁護士の注力分野や解決実績を確認してください。各法律事務所のホームページを確認すれば得意分野が分かります。

たとえば、遺言書の作成や遺産分割について相談したいなら相続問題を得意とする弁護士へ、自動車事故の過失割合を不満に感じているなら交通事故案件の経験豊富な弁護士へ相談するのがおすすめです。

2.評判や懲戒歴

相談する弁護士を選ぶときには、評判、口コミ、懲戒歴の有無を確認しましょう。

たとえば、法律事務所の口コミサイトやGoogleのレビューをチェックすれば、当該法律事務所を利用した方たちの生の声に触れることができます。

また、弁護士選びをするときには懲戒歴がないか確認しましょう。弁護士は弁護士法や日弁連・弁護士会の会規などの違反がみとめられると、懲戒処分を受けることがあるのです。

開示対象となる処分歴に限られますが、日弁連や所属の弁護士会へ問い合わせることで、懲戒歴の有無を教えてもらえます。(開示請求料がかかります。)

なお、評判や口コミの内容は利用者の性格や相性にも左右されるものなので、過度に信用するべきでもありません。

レビューを目安にしながら、無料相談の機会で弁護士の熱意やコミュニケーション能力を把握するのがおすすめです。

3.費用体系は明確か

弁護士費用は各法律事務所が自由に設定できます。

弁護士に相談・依頼する前に費用体系を分かっておかなければ、あとから高額の弁護士費用や内訳不明瞭な事務手数料などを請求されかねません。

ですから、弁護士に相談・依頼をする前に、相談料が発生するのか否かや、着手金・成功報酬の費用体系についてその弁護士のホームページで調べたり、法律事務所に問い合わせたりして確認するようにしましょう。

4.自宅や職場から通いやすいか

弁護士選びをする時には、アクセスのしやすさも考慮してください。

弁護士に法律相談をした結果、法律トラブル解決に向けて委任契約を締結した場合、その後紛争が終結するまで何度も法律事務所に訪問して担当弁護士と打ち合わせをしなければならなくなることも少なくありません。

たとえば、自宅や職場などから通いにくいところに所在する法律事務所と契約をしてしまうと、法律事務所に通うだけでも時間・金銭・労力の負担を強いられます。

自宅や職場から近いのか、自動車や公共交通機関などの交通手段はあるのかなど、相談者の事情を踏まえて通いやすい法律事務所を選ぶようにしてください。

弁護士に電話で無料相談する際の6つのコツ

弁護士との法律相談の時間は30分~1時間程度に限られていることが多いので、限られた時間内で効率的にアドバイスを受けるためには、依頼者側でも事前に意識しておくべきポイントがあります。

特に、対面ではなく電話相談をするときには、音声だけでやり取りをしなければいけないので注意が必要です。

ここでは、弁護士に電話で無料相談するときの6つのコツを解説します。

1.自分の望む結末を決めておく

弁護士に相談する前に、依頼者本人が希望する結論を明確化しておきましょう。

そもそも、弁護士は裁判官のように中立的な立場から法的サービスを提供する専門家ではなく、依頼人の利益を最大化することを職責とするプロフェッショナルです。

つまり、依頼人が紛争解決についてどのような結末を希望しているのかがはっきりしない状態だと、弁護士もどのようなアドバイスを提供するべきか判断しかねるということです。

もちろん、依頼人本人は法律の専門家ではないので、プロフェッショナルから見ると非現実的な希望を抱くことも少なくはありません。

とはいえ、依頼人側が何を欲しているのかが明確でありさえすれば、弁護士はその意向に対して法律家として現実的なアドバイスを提供してくれるでしょう。

2.トラブルが起こった経緯を時系列で整理しておく

弁護士に電話で無料相談をする時には、事前にトラブルの経緯を時系列で整理しておきましょう。

可能であれば、出来事を時系列順に整理したメモを作成するのがおすすめです。

弁護士は、事件の全体像を順序立てて理解することで、紛争解決のための段を導き出します。

依頼者側が冷静にトラブルの経緯を説明できなければ、事案の全体像を把握することもできません。

特に、弁護士との電話相談では、身振り手振りで物事を伝えることができず、音声だけで情報を提供する必要があります。

事前に出来事の要点を箇条書きでまとめておけば、電話相談の際はスムーズに経緯を伝えやすいでしょう。

3.証拠や資料を準備しておく

弁護士に電話相談するときには、証拠・資料は手元に集めておきましょう。

依頼者本人の自己判断だけで要否を判断するのではなく、少しでも法律トラブルに関係しそうな書類は全て準備しておきましょう。

弁護士のアドバイスによって、意外な資料が重要な証拠となることも少なくないからです。

4.弁護士にはどんなことも正直に話す

弁護士に電話相談するときには、有利な事実だけではなく不利な出来事も包み隠さず話すようにしてください。

なぜなら、不利な出来事を隠蔽したまま歪曲された事実関係を弁護士に伝えても、事案の解決に役立つアドバイスを期待できないからです。

相手との交渉中・裁判中に不利な事実がばれた場合、不利な状況に追い込まれる原因となることも少なくありません。

確かに、自分にとって不利な事実を他人に伝えるのは気が引けるでしょう。

しかし、弁護士には守秘義務が課されているので、第三者に口外されることはありません。

むしろ、先立って弁護士に不利な事実を伝えておくことで、係争関係にある相手方から不利な点を攻撃された時の防御方法を事前に検討できます。

5.本人が電話相談をする

なかには、友人や家族が本人のために弁護士に意見を求めることもあるでしょう。

しかし、弁護士に電話相談をする時には、必ず本人が対応するようにしてください。

というのも、本人から事情を聴取できない以上、弁護士は一般論しか回答することができず、個別事情を踏まえた解決策を提示することはできないからです。

そもそも、本人以外の電話相談・対面相談を受け付けていない法律事務所も少なくありません。

仮に相談にのってくれたとしても、本人以外が弁護対応を依頼することは原則としてできません。(刑事事件で本人が逮捕されている場合を除く)

6.できる限り早めに相談する

法律トラブルは解決に向けて動き出すタイミングが遅れるほど深刻化し、また、解決手段の選択肢が少なくなるという特徴があります。

たとえば、借金問題を抱えて苦しんでいる場合、弁護士に早めに相談しておけば自力完済や任意整理という選択肢が残されていたのに、相談する時期が遅れて借金が膨れ上がってしまったために個人再生・自己破産を余儀なくされるというケースは少なくありません。

「困っているけどわざわざ弁護士に相談する必要はないだろう」と決断を先送りにするのではなく、可能な限り早い段階で弁護士の無料相談を活用ください。

弁護士に無料電話相談をする際の注意点

さいごに、弁護士に土日などのタイミングで電話で無料相談をする時の注意点を2点紹介します。

対面ほど的確なアドバイスをもらえない可能性がある

電話相談は音声のみの情報のやり取りしかできず、弁護士に直接証拠となりそうな書類をみてもらうこともできません。

そのため、対面相談と比較をすると、電話相談はあくまでも一般的な解決策の提示に留まる可能性が高い点に注意ください。

踏み込んだ法律相談を希望するなら、土日などの来所可能なタイミングで直接法律事務所に相談に行くことを強くおすすめします。

相談時間が短すぎて十分に相談できない可能性もある

対面相談と比べると、電話相談は情報の伝達効率が悪く、どうしても相談時間が短くなってしまうリスクが高いです。

電話相談で的確な回答を希望するなら、弁護士に聞きたいことを絞って端的に相談する方法もあります。

法律トラブルの全体像をしっかりと把握してもらったうえで解決策を教えてもらいたいなら、電話相談ではなく対面相談を予約した方が良いでしょう。

さいごに|「ベンナビ」で土日に無料電話相談ができる弁護士を探そう

「平日は仕事の関係で法律事務所を訪問できない」「いきなり法律事務所を訪問するのは怖いので電話相談にしたい」とお考えなら、ベンナビから「土日対応可能、無料電話相談対応可能」の条件の法律事務所を検索すると効率が良いです。

エリアや相談内容からも法律事務所を絞り込めるので、信頼できる弁護士に出会いやすいでしょう。

ただし、電話相談だけで法律トラブル全てを解決しきるのは簡単ではありません。

電話相談の後に、「実際に弁護士と面談をして、解決に向けた動きをとってもらう」というステップが待っていると理解ください。

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
兵庫
埼玉
京都
福岡
千葉
神奈川
Office info 202202211950 26281 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202304141539 42041 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所

【残業代請求/初期費用0円の完全成功報酬制】残業代請求の実績多数。年間の残業代回収実績7.5億円。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円【LINE相談可】

事務所詳細を見る
Office info 202112091354 13561 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202004101658 12941 w220 【残業代/不当解雇/退職代行の実績多数あり!】グラディアトル法律事務所

未払い残業代の回収不当解雇退職代行に対応】◆正当な残業代を弁護士に依頼で簡単に請求会社の人と話す必要なし【勤続年数半年以上/月の残業時間が40時間超の方必見!】<料金表は詳細ページに>

事務所詳細を見る
兵庫県の弁護士一覧はこちら
この記事の監修者
社内弁護士監修
この記事は、株式会社アシロの『ベンナビ労働問題編集部』が執筆、社内弁護士が監修しました。
編集部

本記事はベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

労働問題の無料相談先に関する新着コラム

労働問題の無料相談先に関する人気コラム

労働問題の無料相談先の関連コラム

キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 関東
  • 北海道・東北
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 202004101658 12941 w220 【残業代/不当解雇/退職代行の実績多数あり!】グラディアトル法律事務所
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
Office info 202303311855 13231 w220 【残業代/不当解雇/退職代行の実績多数あり!】大阪グラディアトル法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
Office info 202304141532 64701 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判

あなたの場合、
ご退職後3年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 3 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。

弁護士・司法書士の方はこちら