> 
 > 
 > 
弁護士に無料法律相談したい方へ|おすすめの相談窓口一覧
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2019.3.12

弁護士に無料法律相談したい方へ|おすすめの相談窓口一覧

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Sen

身の回りでトラブルが起きたとき、まずは無料法律相談を検討される方も多いでしょう。

 

そうはいっても、日ごろ法律と触れ合う人も少ないでしょうから、「弁護士とどう接していいのか?」「どこの弁護士に法律相談すればいいのか?」と、思われている方も多いでしょう。
 
そこで今回は、弁護士に無料法律相談をする方法と、無料法律相談をする前に知っておいてほしいことをお伝えします。
 

 

あなたにぴったりの弁護士が必ず見つかる【弁護士検索ナビ


地域、離婚・相続・労働問題・交通事故・刑事事件・債権回収・債務整理など、様々なお悩み条件から弁護士を探して相談できます。

【公式HP】https://bengo-pro.com/

 

 

【相談料無料】労働問題について弁護士に相談したい方へ

未払い残業代請求不当解雇、労働災害、賃金不払い、パワハラ・セクハラなど、今勤めている会社がブラック企業なのではないか?とお悩みの方は、労働問題弁護士ナビで、『労働問題の解決に実績のある弁護士に無料相談ができます。

【2019年版】残業代の自動計算ツール


相談はしたいけど弁護士に会うのは不安...という方は、『弁護士に相談した際の流れ』を確認しておきましょう。

労働問題に実績のある弁護士

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta_detail_chevron
Office_info_201903181004_24291
東京
千代田区
弁護士法人 鈴木総合法律事務所

  • 電話相談不可
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【恵比寿駅すぐ】《顧客満足度97.6%》未払いの残業代請求、不当解雇、退職勧奨でお悩みの方、ご満足いただける解決に導く自信があります。解決実績が豊富な弁護士にお任せください。
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
通話料
無料
Cta_detail_call_icon
0066-97356-5793
Cta_detail_mail_icon メールで問い合わせ
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

 

弁護士に無料法律相談ができるおすすめの窓口

無料法律相談ができる相談先としてはどのようなものがあるのでしょうか?

 

法律の専門家といえば弁護士ですが、ひとことで弁護士と言ってもそれぞれ得意分野があります。

 

「餅は餅屋」ですから、やはり、それぞれ得意としている弁護士に相談すればより的確なアドバイスをもらうことが期待できるでしょう。

 

また、弁護士以外にも相談できる先はありますので、いくつかご紹介させて頂きます。

 

市区町村の無料法律相談室|軽い相談でもOK

最も身近な法律相談窓口として、各都道府県の市役所には法律相談所を設置しているケースがあります。

 

主に日常生活の中で起きる問題についての相談がメインになりますが、相談員がいる場合と、弁護士が駐在している場合もあると思いますので、一度尋ねてもみるのもありです。

 

無料法律相談・交通事故相談

日常生活の中で起きる様々な問題について、弁護士が相談相手になり、法律的な助言を行います。

相談日時

水曜日・木曜日(祝日等除く) 午後1時から午後3時30分まで [1]午後1時~ [2]午後1時30分~ [3]午後2時~ [4]午後2時30分~ [5]午後3時~ *お一人30分以内の相談になります。

引用元:新宿区|無料法律相談・交通事故相談

 

一概には言えませんが、相談室にいる弁護士は「日本弁護士連合会」から派遣されているケースが多です。

 

日本弁護士連合会|各都道府県に法律相談センターを設置

弁護士の総本山。日弁連とも略され、日本全国の弁護士・弁護士法人は必ず日弁連に登録しています。実際に相談する際は日弁連の「データベース」を参照して個別の弁護士を探すか、「全国の弁護士会」からお近くの法律相談センターを探して「相談予約」をし、直接相談に行くことができます。

 

所在地 東京都千代田区霞が関1丁目1番3号 弁護士会館15階
電話予約 0570-783-110
ネット予約 https://www.soudan-yoyaku.jp/

 

弁護士検索ポータルサイト|事件別に注力する弁護士を選べる

離婚弁護士ナビ|離婚・男女問題の相談

「旦那が別れてくれない」「浮気されたので慰謝料を請求したい」など、離婚に関するお悩みを抱えている方は、離婚問題を得意とする弁護士へ相談してみましょう。

法的に離婚を成立させたり、慰謝料や養育費、財産分与などのお金にまつわるトラブルも法律によってきちんと取り決めることも可能です。

 

離婚問題でお悩みの方は離婚を得意とする弁護士へ相談しましょう。
 

 

離婚問題に関する法律相談

 

 

交通事故弁護士ナビ|示談交渉、損害賠償の相談

交通事故は突然起きてしまいます。

 

「保険会社からの示談金に不満がある」「加害者にどう応じればいいのか?」などと、交通事故にまつわるお悩み事は交通事故を得意とする弁護士へとご相談ください。

交通事故の損害賠償も弁護士が介入することにより、大幅に増額することが見込めます

 

また、交通事故に遭ってしまったのであれば、時間単位での親族な対応がカギとなります。一人で悩まず弁護士へ相談するようにしましょう。
 

 

交通事故に関する法律相談

 

 

相続弁護士ナビ|遺産分割、遺留分などの相談

同じ家族であっても、お金が絡んでくるとトラブルに発展することもあります。

 

「もっと遺産をもらいたい」「姉夫婦と遺産で揉めている」など、相続に関するお悩みは相続を得意とする弁護士へとご相談ください。
 
弁護士が間に入ることによって、感情的になっていた話し合いも論理的に行なえ、法律に基づいた遺産分割を目指していくことができます。
 

 

遺産相続に関する法律相談

 

 

刑事事件弁護士ナビ|逮捕された加害者向けの相談

「身内が逮捕されてしまった」「逮捕された後は今後どうなるのか?」などと、刑事事件によって身内やご自身が逮捕されてしまった場合、刑事事件を得意とする弁護士へと相談しましょう。
 
刑事弁護を行なうことによって、早期釈放や不起訴を獲得することも望めます。突然の出来事でお困りの方は、刑事事件を得意とする弁護士へと相談しましょう。
 

 

刑事事件に関する法律相談

 

 

労働問題弁護士ナビ|残業代請求、不当解雇などの相談

残業代が支払われない」「突然解雇されてしまった」など、労働にまつわる問題に関しては、労働問題を得意とする弁護士へと相談しましょう。
 
弁護士に依頼することで、残業代請求や不当解雇の撤回、慰謝料請求などの方法を取ることも可能です。

 

労働環境でお悩みを抱えている方は、労働問題を得意とする弁護士へと相談しましょう。
 

 

労働問題に関する法律相談

 

 

 

残業代請求を弁護士に相談する前にお読みください

未払い残業代は弁護士に相談することで、それまで悩んでいたことがすぐに解決できる可能性も高いです。では弁護士がどのような方法で解決まで導いてくれるのか、【労働問題の第一線で活躍する弁護士ベリーベスト法律事務所の労働問題リーダー、引地先生に『インタビュー』しました。

 

債務整理ナビ|過払い金、任意整理などの相談

「借金が多すぎてどうしようもできない」「過去の過払い金を請求したい」そのようにお考えの方は、債務整理を得意とする弁護士へと相談しましょう。
 
自己破産や個人再生など、法的手続きを取ることにより借金を減額することも望めます。また、過払い金を請求する際にも専門家の力は必要でしょう。
 

 

借金問題に関する法律相談

 

 

法テラス|そのほかのお悩み事全般

「子供が隣の家の車に傷をつけてしまった」「詐欺被害に遭ってしまった」などの、近隣トラブル、犯罪被害、企業法務など、それ以外のお悩みを抱えている方は、法テラスへ相談してみましょう。

 

注意点!弁護士以外の法律相談は違法

そもそも弁護士以外の人が法律相談を受け付けていると弁護士法72条の

「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。」
参考:弁護士法第72条

に反する可能性もあります。

 
弁護士法72条に違反すると、非弁行為として「2年以下の懲役または300万円以下の罰金」という罰則も用意されています。

※相談をした人物への罰則はありません。

 

弁護士への無料法律相談がもたらすメリット

弁護士に相談するメリットは多くありますが、「なぜ弁護士に法律相談をすべきか」についてきちんとご説明します。

 

法的に的確なアドバイスをもらえる

ちょっとした質問やトラブルだった場合、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトが便利です。しかし、具体的な相談や明確な解決方法を求めている法律相談の場合、そのようなQ&Aサイトでの素性の知れない人の回答を鵜呑みにするのは危険です。
 
ただ単にネットから拾ってきた情報や、すぐに役に立たないような抽象的な回答、そもそも出まかせのこともあります。弁護士への法律相談は具体的かつ明確なアドバイスをもらうことが期待できるでしょう。
 

弁護士が必要となればそのまま依頼できる

相談内容によっては、弁護士へ依頼しないと問題解決が難しいケースもあります。例えば、慰謝料問題に発展しそうだったり、当事者同士感情的になって話が進まなかったり、そのような場合は弁護士への依頼も検討することとなります。
 
事前に弁護士に法律相談をしていると、弁護士もある程度の状況を把握できますし、相談者も弁護士がどのような人かをある程度知ることができ、お互い信頼関係ができる事で、なかなか敷居の高い弁護士への依頼もスムーズに進みます。

 

無料法律相談の方法とそれぞれの特徴

それでは、弁護士への無料法律相談の方法にはどのようなものがあるのでしょうか。弁護士によっては別の方法もあるかもしれませんが、代表的な弁護士への無料相談法4つをお伝えします。
 

直接会って無料面談

相談者が弁護士事務所へ直接赴き、そこで法律相談を受ける方法です。メリットとデメリットは以下のようなものがあります。
 

メリット1:弁護士の人柄を一番知れる

何といっても弁護士に直接会えるので、このメリットは大きいでしょう。特に、弁護士への依頼まで視野に入れている方は、本当にこの弁護士に依頼すべきかを判断するためにも面談での相談はおすすめです。

 

メリット2:新たな質問ができる

直接会話することになりますので、アドバイスを受けるうちに新たな疑問が出てきたらそのまま質問をすることも可能です。ただ、この貴重なやり取りは聞いているだけでは残せないので、メモを残すように心がけましょう。
 

デメリット1:スケジュール調整の必要有

弁護士への面談となると、お互いのスケジュールを調整しなくてはなりません。空いた時間で気軽に相談はあまりできません。

 

デメリット2:移動の手間がかかる

弁護士事務所へ向かうまでの手間がかかります。

 

デメリット3:時間制限がある

いくら無料とはいえ、いつまでも相談できるわけではありません。

 

通常、30分から1時間と時間が限られており、無料相談も初回のみのところが多いでしょう。時間を超えてしまうと、料金が発生するか打ち切られるかです。あらかじめ相談内容を簡潔にまとめておきましょう。
 

電話での無料相談

現在は弁護士でも電話で無料相談を受けてくれるところが増えてきました。面談に比べると比較的に手軽なので、一番おすすめの相談方法とも言えます。
 

メリット

・手軽
直接弁護士事務所に向かう面談に比べると、非常に手軽な相談方法です。弁護士の表情、雰囲気は判断しにくいところもありますが、それでも面談と同等の相談ができます。
 
・新たな質問ができる
面談と同じく、相談の途中で新たな疑問が出てきたらそのまま新たに質問することができます。
 
・弁護士の人柄も分かる
面談ほどではありませんが、電話相談でも弁護士の人柄を知ることができるでしょう。弁護士に依頼するとなると、弁護士との相性も重要になるため、人柄を知ることは大事です。
 

デメリット

・時間制限がある
面談と同じく、無料相談でも制限時間があります。決められた時間で聞きたいことを聞き、状況を伝えられるように、あらかじめ相談内容をまとめておきましょう。
 
・記録に残す必要がある
弁護士からの貴重なアドバイスは形として残せません。せっかく弁護士からいいアドバイスをもらったのに、電話を切った瞬間に話の内容を忘れてしまえば、水の泡です。こちらもメモを取りながら相談を受けましょう。
 

メールでの無料相談

電話相談よりも手軽な方法としてメールでの無料相談があります。日中なかなか時間が作れなかったり、緊急性の低い相談ではメール相談でも良いでしょう。
 

メリット

・手軽
スマホやパソコン一つで簡単に相談できることは大きなメリットです。
 
・時間を気にしなくていい
電話相談や面談のように時間を気にしなくていいことも大きなメリットです。相談者が日中忙しくて相談しづらい方もメールでは24時間送ることが可能です。
 
・形に残せる
面談や電話相談では、やり取りが形に残りませんが、メールでなら残すことができます。法律相談には聞きなれない難しい言葉も多いのですが、弁護士からのメールを元に自分である程度調べることもできます。
 

デメリット

・その場で解決しないこともある
1度のメールのやり取りだけでは、相談者の状況を判断することも難しく、結局弁護士から「電話相談や面談してください。」と、お願いされることもあります。
 
・何度もやり取りできない
いくら手軽だとは言っても、友達とLINEをするように何度もやり取りすることはできません。1度の質問で相談者の状況と相談内容を簡潔にまとめ、アドバイスを受けるようにしましょう。
 
・時間がかかる
メール相談は即効性がやや欠けます。相談しても翌日、翌々日に返信が来ることもあります。ですので、交通事故や刑事事件などの時間単位で状況が変わるような、緊急性を要する相談ではお勧めできません。
 

Q&Aでの無料相談

インターネット上では、弁護士から直接回答が付く弁護士ポータルサイトもあります。簡易的な相談はQ&Aでも相談できます。
 

メリット

・手軽
メールと同じく、スマホやパソコンだけで簡単に相談できるQ&Aは便利です。弁護士が直接回答してくれるポータルサイトもありますので、上手く使ってみましょう。
 
・ちょっとした質問に適している
「こんなこと弁護士に質問いいのかな?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような場合にはQ&Aは向いていて気軽でもあります。「たいしたことないと思っていた質問も実は慰謝料が請求できる状況だった」ということもあります。
 

デメリット

・具体的な解決には向かない
他の利用者も観覧できるQ&Aでは、こちらの状況を細かく説明することも難しく、具体的な解決には向いていないこともあります。結局、弁護士から「個別の詳しい状況をお伝えください。」と、言われることもあります。
 
・時間がかかる
Q&Aの回答も時間がかかります。また、必ず回答が付くとも限らず、緊急を要する相談事にはあまり向いていません。
 

 

無料法律相談の前に準備しておきたいもの

いかがでしょうか。ここまで読まれているということは、あなたは結構慎重派の方かも知れません。そんなあなたに、相談前に準備しておくとより効果的な法律相談ができるものお伝えします。これらを駆使して、無料相談であなたのお悩みを解決させてください。
 

現状をまとめておく

上記でお伝えしていますが、無料法律相談はいつまでも長々とできるものではありませんし、何回もできるものではありません。弁護士に状況を伝えることに時間がかかったり、肝心なことを伝え忘れていたら、次からは費用が発生することもあります。
 
相談前に、現在の状況を紙などに書き出して相談に挑むようにしましょう。書き出す内容としては、
 

  • だれが抱える問題で相手は誰か
  • どのような問題か
  • 今、どのような状況か
  • どこが問題だと思ったのか
  • どうしてほしいのか
  • 証拠になりそうなものはあるか

 
などを事前に書き出しておきましょう。わざわざこと細かく説明しなくても、弁護士から尋ねられた際に、答えられるようにしておくと話もスムーズに進みます。
 

どうしてほしいのかをある程度決めておく

こちらは大事なので別項目でご説明しておきます。無料法律相談をすることによって、あなたがどうしたい・どうなりたいのかをしっかり持っているとなお良いでしょう。
 
正直なところ、相談によるアドバイスのみで問題を解決することも難しいケースもあります。アドバイスだけで十分なのか?それとも、場合によっては弁護士へ依頼してもいいのか?
 
また、問題を解決する方法も一つではありません。例えば、残業代請求と言っても、会社と話し合ったり、労働基準監督署へ報告したり、法的に訴訟を起こすなどの方法があります。なるべく早く解決したいのか?確実に解決したいのか?相手がどうしても許せないのか?などと、どうしたいのかを伝えられると、それに近いアドバイスをもらえるでしょう。
 

証拠を集めておくと有利

更に証拠があると、より具体的なアドバイスをもらえる可能性が高まります。再び残業代請求を例にとってみると、請求したい期間の未払い残業代の証拠(タイムカードなど)が残っていると、具体的な金額も教授してもらいやすいですし、実際に請求するときに有利になります。
 
弁護士にも「こういう証拠があるんですけど」と、伝えることで、「高確率で成功しますよ」「その証拠をこう使えばいいですよ」と、具体的なアドバイスをもらえることでしょう。
 

事前知識を身に付けておく

法律相談は難しい専門用語が飛び交うこともあります。緊急の問題ではない方は、事前にいろいろ調べた上で相談されてもいいかもしれません。弁護士が言うこともすんなり入ってくるでしょうし、上記で伝えた「どうしたいのか」という方法も自分ながらに考えることができます。
 

法律問題を詳しく解説!必ず役立つ法律コラム

離婚問題に関するコラム

交通事故に関するコラム

遺産相続に関するコラム

刑事事件に関するコラム

労働問題に関するコラム

借金問題に関するコラム

その他法律相談

 

 

まとめ

いかがでしょうか。無料法律相談を有効に行うコツは
 
・弁護士への相談が一番
・相談内容で相談先を選ぶ
・状況に適した相談方法を取る
・事前に準備できているとなお良い
 
です。今回のことを参考にしていただき、あなたのお悩みが少しでも解消されると幸いです。

 

 

 

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます


労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

その他に関する新着コラム

その他に関する人気のコラム


その他コラム一覧へ戻る