> 
 > 
 > 
残業代請求を弁護士に無料相談するメリットと未払い分を取り戻す全手順
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2018.10.26

残業代請求を弁護士に無料相談するメリットと未払い分を取り戻す全手順

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
%e6%ae%8b%e6%a5%ad%e4%bb%a3%e8%ab%8b%e6%b1%82_%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab_%e7%84%a1%e6%96%99%e7%9b%b8%e8%ab%87
「残業代請求」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「残業代請求」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Consult_btn

弁護士に依頼して残業代請求をすることで、それまでの未払い残業代を取り返せる可能性は高いです。

 

もし、ご自身で請求しようと思った場合・・・

 

  • 残業代の請求をする為の証拠がない、または足りない
  • 残業代が発生しているのはわかっているがどの程度発生しているのか判断できない
  • 退職後に会社に請求したが相手にされていない
  • 恨み辛みの感情だけで行動を起こしてしまい、なかなか上手くいかなかい
  • 就業規則や給与明細が無いような会社なのでどこから手をつけていいか判断つかない など

 

会社を相手に残業代を請求するのは簡単ではありません。また残業代請求の時効は2年間という時効もあります。

 

残業代請求は「会社を辞める時に・・・」「就職先が決まってから・・・」とお考えの方もいるでしょう。しかし、残業代請求には2年間という時効があります。あなたが残業代請求をためらっている間にも過去の残業代の時効が迫り、獲得できる額が減っていくことになります。

 

 

そこで本記事では、残業代請求を弁護士に依頼するメリットを5つご紹介します。

 

既にこれら残業代請求については調べ上げ、「残業代請求を弁護士を依頼したい」という方は、残業代請求を得意とする弁護士一覧から弁護士へとご相談ください。

 

残業代請求について弁護士に無料相談するとどうなるの?

残業代請求を検討している場合、弁護士に無料相談するとどう解決につながるのか、最前線で活躍している弁護士先生にお聞きしました。

 

未払い残業代を請求したい方は弁護士へご相談ください

残業代の請求期限は2年です。残業代が支払われていない、明らかに少ないなど、納得いかないことがあれば弁護士にご相談ください。不当な賃金計算が行なわれている可能性も考えられます。相談料無料、着手金無料の事務所も多いので、まずはご相談から始めてください。

【北海道・東北】北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
【関東地方】  東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
【北陸・甲信越】山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
【東海地方】  愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
【関西地方】  大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
【中国・四国】 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
【九州・沖縄】 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【弁護士に聞いてみた】残業代請求について弁護士に無料相談するとどうなる?

 

 

残業代請求を弁護士に無料相談する5つのメリット

では、残業代請求を弁護士に依頼するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。こちらでは、残業代請求を弁護士に依頼するメリットをお伝えします。
 

法的に対処することもできる

万がいち弁護士に依頼して残業代請求を行なっても、会社が応じない場合があります。

 

そうなると、労働審判を行なったり、法的に訴訟することとなります。そうなると、ますます労力を要しますし、裁判所も絡んだ複雑なものになります。そのような事態になっても、弁護士は法の専門家なので安心できるでしょう。

 

今ある証拠だけでも対応が可能になる

もしいま手元に残業代請求の確実性を高めるだけの証拠がなかった場合でも、就業規則と給与明細などの最低限のものがあれば、弁護士はその証拠を元に会社へ請求することも可能です。

 

もちろん絶対にできるわけではありませんが、弁護士から内容証明郵便で証拠の提出を行うことで、追加の証拠を会社側が出すケースも少なくなりません。

 

会社側の対応が変わる

残業代を支払わない会社は、「注意を受けないから払っていない」というところもあります。労働者個人で残業代請求をしても、正直“なめた対応を取られる”ことも考えられます。
 
しかし、弁護士に依頼すると会社に対しても本気度を伝えることができます。内容証明郵便を弁護士名義で送っただけで、すぐに会社が応じてきた。」ということも往々にしてあります。
 

手間の軽減と時間の削減

残業代請求を個人で行うとすると、証拠集めや会社との交渉、書類の準備など非常に手間がかかります。転職したばかりの新しい職場や、再就職活動の合間にこれらを同時並行で行うと非常に負担になります。
 
余りにも時間がかかりすぎて、あきらめてしまう方も出てきてしまうかもしれません。それならば、最初から残業代請求は弁護士に任せて、自身は就職活動や転職先の業務に専念したほうが、後の生活をスムーズに送れるのではないでしょうか。
 

早い解決が見込める

個人で残業代請求を行うと、会社との交渉も上手くまとまらず、請求のための準備も時間がかかることが言えますね。時間がかかってしまうのです。
 
時間がかかってしまうと、上記で述べたように、途中で挫折してしまったり、就職活動や転職後の業務にまで影響が及びます。

 

弁護士は残業代請求にも精通していますので、スピード解決が見込めるでしょう。
 

 

残業代請求を弁護士に依頼した際にかかる費用と相場

弁護士への無料相談だけでは、残業代請求を成功させることは難しいので、実際に依頼することになります。

 

そこで発生するのが弁護士費用です。残業代請求での弁護士費用は請求する額に比例してくるので一概に言えませんが、おおよそ請求額の24%から30%前後が相場となります。
 
弁護士費用は以下の項目で費用が発生します。

 

相談料|無料の場合が多い

弁護士へ相談する際に発生する費用です。通常1時間当たり5,000~10,000円程度ですが、上記でお伝えの通り、無料で相談を受けてくれる事務所もあります。
 

着手金|請求額の8%程度

着手金は弁護士へ依頼する際に発生する費用です。これは、弁護士に対する依頼料のようなもので、仮に残業代請求が失敗に終わっても支払うことになります。
 
弁護士の旧報酬体系では、請求額の8%が着手金とされていて、それをそのまま採用している事務所も多くあります。一方で、着手金無料にしている事務所も、残業代請求では多く見られます。
 

成功報酬|獲得金額の20%〜30%程度

成功報酬は、残業代請求が成功し、獲得することとなった金額の中から支払う費用です。旧料金体系では獲得金の16%が成功報酬となります。一方で、着手金無料の事務所では成功報酬20~30%が相場となります。
 
また、残業代請求の方法が、会社との交渉から労働審判、訴訟に進むにつれ、成功報酬のパーセンテージが上がる傾向にあります。
 

実費|内容証明や訴訟費用

実費は、残業代請求を行なうにあたって発生した費用になります。

 

交渉に使った内容証明郵便や、労働審判の費用、訴訟の費用など、依頼者が別途負担することが多くなっています。一方では、実費が着手金や成功報酬のパーセンテージに含まれている事務所もあります。
 
裁判所へ向かった際の交通費や、弁護士のタイムチャージなどを後々請求され、トラブルになったということも度々見受けられますので、依頼前に実費として他に費用が発生しないかをキチンと確認しましょう。

 

弁護士費用は実質無料に?完全成功報酬で依頼できるケースも多い

弁護士費用に関して高いと感じた、案外そうでもないと感じた。それぞれあるかと思いますが、相談料と着手金が無料だった場合、実質的にあなたの手元から出て行くお金はありません。

 

仮に着手金が発生した場合でも、そもそも弁護士に依頼しなければ取り返すことも難しかった未払い残業代ですので、多少の費用は致し方ないのではないでしょうか。
 
弁護士事務所によっては、成功報酬のみが費用の事務所もありますので、お金がないからと言って、弁護士依頼前の費用に関してはそこまで心配する必要はありません。

 

 

残業代請求が得意な弁護士の選び方

いざ残業代請求を弁護士に依頼しようとしても、「どの弁護士に依頼すればいいのか?」と、お悩みの方も多いでしょう。こちらでは、残業代請求を弁護士に依頼する際の選び方をお伝えします。
 

残業代請求に実績のある弁護士

まず、弁護士によって得意不得意があることを知っておきましょう。離婚問題や、近隣問題などの民事トラブルや、逮捕後の弁護など刑事事件を得意とする弁護士など様々です。
 
これは、スポーツでいうポジションのようなもので、例えばサッカー世界最高峰のディフェンダーに対し監督が「今日はフォワードとして得点を狙ってくれ」と、お願いしてもなかなか望んだ結果にならないのと同じです。
 
弁護士として知名度が高くても、知り合いに弁護士がいても、その方が残業代請求を手掛けた経験が少ないのであれば、思っていた結果にならないこともあります。まずは、残業代請求を得意とする弁護士へと依頼することを肝に銘じておきましょう。
 

労働問題が得意な弁護士はどう選ぶ?

どんな弁護士がいいのか?」「そもそもどうやって弁護士を見つけるのか?」といった、弁護士へ依頼する前の様々な疑問・不満を抱えている方へ『労働問題が得意な弁護士の選び方』に関する内容をご紹介します。

 

弁護士との相性が重要

労働問題を得意とする弁護士も複数いますので、さらにそこからどのようにして選んでいくかと言いますと、依頼者と弁護士との相性が最重要だと考えます。ここで言う相性とは、様々な要素が考えられます。

 

弁護士を選ぶにあたって、あなたは
 

  • 「優しい弁護士が良い」
  • 「しっかりした弁護士が良い」
  • 「とにかく費用を抑えたい」
  • 「親近感がある弁護士が良い」

 
などの願望が潜在的にあるはずです。

 

「こういう弁護士が良いな~」という願望を箇条書きで書き出して、それに一番近い弁護士へ依頼すると、満足のいく結果になる可能性が高まるでしょう。
 

まずは無料相談から始める事

そうはいっても、普段弁護士との接点がある方も少ないでしょう。「優しいとか、どうやって判断するの?」と、思われた方も多いでしょうが、今は各弁護士事務所絶賛相談受付中です。(そうでない弁護士事務所もあります)
 
通常、弁護士への相談は1時間5,000~10,000円程度の相談料がかかりますが、現在は相談料無料や初回無料などを実施している事務所もあります。それらを上手く使い、どの弁護士が自分と相性がいいのかを判断していきましょう。
 
手前味噌ですが、当サイト【労働問題弁護士ナビ】では、労働問題を得意とする弁護士を掲載しております。無料相談可能の事務所も多く掲載しておりますので、まずは弁護士への相談から始めてみましょう。
 

 

弁護士に依頼する前にある程度の証拠は用意しておくべき

いざ弁護士へ相談する前に手元に何もなければ、請求が難しくなることも考えられます。そこで必要になってくるのが、残業が発生していたのに支払われなかったという、証拠です。
 
実労働時間が分かるタイムカードや自分の証言以外にも残業代未払いが証明できるものを極力集めて、取っておきましょう。

 

少なくとも『就業規則』『給与明細』はあった方がよいかと思います。

 

残業代の証拠はどう集める?

残業代請求を成功させるカギは『残業代が発生しているという証拠』です。もし証拠がないなら事前に揃えておくことが大事ですから、どういった証拠があり、どう集めれば良いか知っておきましょう。

 

弁護士に依頼し残業代請求した後の会社との関係性

残業代請求は通常、退職後に行ないます。

 

しかし、ご覧の方の中には在職中の方もいるでしょう。退職後の方は時効もありますので、ただちに残業代請求の手続きを始めることをおすすめしますが、在職中の方はどうすればいいものでしょうか?
 

在職中の残業代請求も可能だが関係性が悪くなることは十分にある

在職中の方でも、残業代請求は可能です。しかし、こちらがわざわざ弁護士を用意して会社に請求するとなると、会社との関係性が悪くなることは十分に考えられるでしょう。残業代請求をしたことにより解雇にすることはできませんが、会社に精神的にも居づらい雰囲気になります。
 

退職を覚悟するか、他の方法を検討する

そこで、在職中の方は「会社を辞めてもいいのか、続けるのか」の選択をしなくてはなりません。会社を辞めてもいいという覚悟ができたのであれば、先に退職の手続きに入るか、弁護士に依頼してもいいでしょう。
 
しかし、会社には居続けたいとお考えでしたら、他の方法を考えたほうが最適かもしれません。他の方法とは、社内の労働組合と話し合い会社全体から残業代請求と残業代の改善を訴えかけるか、労働基準監督署に報告し残業のあり方を改善してもらうかです。
 
ただ、これらの方法には解決まで時間がかかることが考えられます。

 

過去の未払い残業代をすぐに回収できることは難しくなると言えるでしょう。今後あなたがどうしたいかによって、最善の方法も変わっていきます。
 

転職を希望する方限定

もっとホワイト企業への転職をしたい。未経験でもやりたい仕事をしたい。という場合に、『あなたにぴったりの転職エージェント』をランキング形式でご紹介しています。

 

残業代請求に関してよくわかる労働コラム

 

残業代はいくら貰える?

労働時間・時間外労働

弁護士による解決

残業代の計算手順

残業時間の平均は?

弁護士費用はいくら?

時効・期限に注意!

残業代請求に必要な証拠

弁護士に相談するメリット

裁量労働制の残業時間

法定・所定労働時間の正しい理解

 

固定残業代とは?

 

 

残業代が出ない理由とは?

残業代が出ない理由は?

フレックス制度は残業代が出ない?

管理職は残業代が出ない?

 

 

 

未払い残業代を請求したい方は弁護士へご相談ください

残業代の請求期限は2年です。残業代が支払われていない、明らかに少ないなど、納得いかないことがあれば弁護士にご相談ください。不当な賃金計算が行なわれている可能性も考えられます。相談料無料、着手金無料の事務所も多いので、まずはご相談から始めてください。

【北海道・東北】北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
【関東地方】  東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
【北陸・甲信越】山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
【東海地方】  愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
【関西地方】  大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
【中国・四国】 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
【九州・沖縄】 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【弁護士に聞いてみた】残業代請求について弁護士に無料相談するとどうなる?

 

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます


労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

残業代請求に関する新着コラム

残業代請求に関する人気のコラム


残業代請求コラム一覧へ戻る