休日出勤は違法なのか?休日出勤の法的決まりと対処法

~いざという時の備えに~労働問題コラム

 > 
 > 
 > 
休日出勤は違法なのか?休日出勤の法的決まりと対処法
キーワードからコラムを探す
労働問題コラム
2018.4.16
残業代請求 不当解雇 弁護士監修記事

休日出勤は違法なのか?休日出勤の法的決まりと対処法

Sigoto

休日出勤(きゅうじつしゅっきん)とは、会社で休日と定められた日に、出社して業務を行うことです。休日出勤は労働基準法で定められた休日や労働時間、賃金の支払いの規定が守られていない場合は違法になります。

 

今回は、休日出勤についての法的な見解を交えながら、労働者が取れる対処法などを解説していきたいと思います。

 

 

 

労働問題でお困りの方は弁護士へご相談ください!
 

労働問題は、労働者側が会社に泣き寝入りしてしまうことが多いです。

 

しかし、法的に見てみると会社側に非があり、残業代請求や解雇取消などの方法が取れることも多くあります。当サイト【労働問題弁護士ナビ】では無料相談可能な弁護士も多く掲載しています。会社から納得いかない扱いを受けたのであれば、一度弁護士に相談してみましょう。

 

地域から労働問題を得意とする弁護士を探す

関東

 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木

関西

 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山

北海道・東北

 北海道青森岩手宮城秋田山形福島

北陸・甲信越

 山梨新潟長野富山石川福井

東海

 愛知岐阜静岡三重

中国・四国

 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知

九州・沖縄

 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

 

 

 

休日出勤の労働基準法による仕組み

それでは冒頭でお伝えしたように、まずは休日出勤に関して法的な解説をいたします。
 

労働基準法による休日の仕組みを知る

まず、休日出勤は休日に働くことから、「会社で言う休日とはどこからが休日か」ということを簡単に知っておかなくてはなりません。というのも、土日きちんと休む企業もあれば、週に1度しか休日のない企業もあります。
 
単純に考えてみると、週1休みの企業で働く人からしてみれば、「土日休みの企業と比べて、自分達は1日分の休日出勤をしているのではないか!」と、とらえることもできます。
 

休日数は企業によってまちまち

結論から言うと休日の数は企業によってまちまちです。学校のように企業も土日が決まって休みになればいいのでしょうが、そうなると、土日にディズニーランドに行っても乗り物は動いていませんし、レストランに行っても料理は出てきません。
 
そこで、土日も働く企業もあれば、週2の休み、隔週で週2の企業、お盆休みがある企業、正月も稼働している企業など様々です。それらは会社ごとで決められており、必ず以下のように就業規則に明記されているはずです。
 

(休日)
第18条 休日は、次のとおりとする。
土曜日及び日曜日
国民の祝日(日曜日と重なったときは翌日)
年末年始(12月 日~1月 日)
夏季休日( 日~ 日)
その他会社が指定する日
業務の都合により会社が必要と認める場合は、あらかじめ前項の休日を他の日と振
り替えることがある。
 参考:モデル就業規則 厚生労働省

 

就業規則を決める基準となるのが「法定労働時間」

しかし、会社ごとに休日も設定できるとはいえ、独断と偏見で決めることはできません。そのようなことを許したら極端な話、月に2回の休日しかなくても「ウチでは規則にこう書いてあるので、問題ありませんよ」という言い分がまかり通ってしまいます。
 
間違った就業規則 例

なんとなくダメなことだとは言えるのですが、具体的に何を持ってしてダメかというと、「法定労働時間・休日を超えていること」です。
 
法定労働時間とは、1日8時間、週に40時間まで働かせることができる。という、国で決められた労働時間の基準です。そして、上記の就業規則は、この法定労働時間以内で各社の就業規則を決めます。休日に関する法定労働時間・休日は以下の決まりがあります。
 

週40時間以上働かせてはならない

最低1週間に1度の休日、4週で4日の休日を設ける

 
特に週40時間以上の労働時間に関しては、超えてしまう企業も少なくないでしょう。その場合、「36協定」という労使協定を結び、時間外手当(残業代)を支払うことで特別に延長することが可能です。詳しくは「36協定の仕組み」をご覧ください。
 

会社の就業規則で決めた休日が基準となる

そして、法定労働時間・休日を元に作られた各会社の就業規則で決めてある休日に沿って従業員を休ませなくてはなりません。すなわち土日休みの就業規則を結んでいて、急に「明日(土曜)に急な注文が入った!頼むから明日も出てくれ」となれば、休日出勤になります。
 
後述しますが、休日出勤をさせること自体は問題ありません。しかし、その分の見返りである、休日手当や代休などの処置が取られていないと違法に働かせていることとなります。
 

休日出勤に関して覚えておきたい予備知識

補足にはなりますが、休日出勤に関して覚えておいて損がないことがあります。簡単にですが解説しますので、何かあればこのことを思い出してください。
 

休暇には休日出勤させることができない

「休日」と「休暇」という言葉がありますが、厳密に言うと2つには違いがあります。休日は、上記のように会社が定めた休みの日のことです。休暇は本来、会社での労働義務がある日に労働者が申請を行い、休みをもらうこと(育児休暇・有給休暇など)です。
 
ですので、「夏季休暇」や「正月休暇」などを会社が設けてあれば、休日に部類されます。そして、休暇は労働者が「休ませてください」と申請して発生するものです。つまり、原則的に休暇には休日出勤させることはできません。
 

振替休日と代休の違い

休日出勤の代わりに別の日に休みを設けることを振替休日もしくは代休と言いますが、厳密に言うとこの2つも違います。結論から言うと、代わりの休日を提案するタイミングの違いで、振替休日は事前に、代休は事後に提案されます。
 
例を言うと、振替休日は「今度の日曜と火曜の休みを変わってくれないか」といった感じで、代休は「この間出勤してくれたから今度の火曜日休んでいいよ」と提案されるタイミングの違いです。
 
そして、この振替休日には後述する割増賃金は発生しませんが、代休には35%の割増賃金が発生してきます。
 

法的に見た就業における休日の定義まとめ

補足も挟みましたが、上記の内容を簡潔にまとめると
 

法定労働時間・休日を元に各企業で就業規則を作成

就業規則で決めた休日に法った休日を履行

それらの休日に労働者が働けば休日出勤

 
となります。
 

休日出勤の金銭的な仕組み

上記で少し触れましたが、企業が休日出勤をさせたからと言って、すぐさまに違法な働かせ方がされているとは言えません。休日出勤の代わりとなるものが手配されれば問題ありません。大きく分けると、休日手当と代休(振替休日)のどちらかになりますが、こちらでは休日手当の金銭的な仕組みに関しての解説を行います。
 

休日出勤の割増賃金は3割5分増

平成6年の内閣の政令によると
 

労働基準法第37条第1の政令で定める率は、 同法第33又は 第36条第1の規定により延長した労働時間の労働については2割5分とし、これらの規定により労働させた休日の労働については3割5分とする。
引用元:労働基準法

 
とあります。このことから、休日に労働させた休日出勤に関しては3割5分の割増賃金とするとあります。つまり、休日出勤の場合、通常の1日の給料に35%を追加して算出します。
 
休日出勤の割増賃金の計算について詳しくは「休日出勤の給料算出方法」をご覧ください。また、上記でもふれたように、振替休日には割増賃金は発生しませんが、代休には割増分の35%は支払ってもらうことが可能です。
 

代休の交渉も可能

休日出勤には、代わりに休みをもらう代休を貰う交渉を行うことも可能です。言い換えれば、労働者としてみれば、休日出勤したという”借り”があるため、会社に代休を提案してみましょう。休日出勤への対処法は「休日出勤が多い人の対処法」でより詳しく解説いたします。
 

なんの対価もない休日出勤は違法

このように、休日出勤に対しては割増賃金や代休などの代わりの対価を提供しなくてはなりません。労働基準法37条にも、
 
「休日に労働させた場合においては、割増賃金を支払わなければならない。」
 
とあり、そのことを守らない場合、「懲役6カ月以下または30万円以下の罰金」という刑事罰まで用意されています。(刑事罰は再三忠告しても改善されないような悪質な場合に考えられます。)
 
つまり、休日出勤で割増賃金や代休などの対価が提供されずに無償で働いている場合は違法に働かされている可能性が十分に考えられます。以下の「休日出勤が多い人の対処法」もご覧ください。
 

見落としがちな休日出勤

休日出勤といえば「今度の日曜に出てくれ!」と、直接的に上司などに頼まれることがイメージされがちですが、以下のような内容も休日出勤が考えられます。こちらでは見落としがちな休日出勤をご紹介します。
 

強制参加の研修など

研修や懇親会などは会社の休日に行われることも多いでしょう。そのような休日に行われる研修が強制参加になっていたり、欠席したことにより何らかの罰則を受けるようであれば、休日出勤になります。一方、任意であれば休日出勤は当てはまりません。
 

休日出勤を見て見ぬふり

直接上司などから休日出勤の命令・依頼がされていなくても、「どうしても仕事が終わらない」といった理由で従業員が休日に働いていて、それを見て見ぬふりしていれば休日出勤として、賃金が支払われる必要性が考えられます。
 
上司からしてみれば「勝手に来ているだけ」と、言えるかもしれませんが、明らかに業務時間内で終わらないような仕事量や、部下が休日に働いていることを上司が周知しているようであれば、このように休日出勤が考えられます。一方、労働者が自主的に休日に働いているようでしたら休日出勤は当てはまりません。
 

課題や仕事の持ち帰り

上記と同じく、仕事量の多さや課題等で自宅にまで仕事を持ち帰っている場合も、一部休日出勤(時間外労働)と考えられます。この場合、「その作業を行うことにどれほどの時間を要したか」「一般的にどれくらいかかるのか」などの証明が必要になります。
 

休日出勤が多い人の3つの対処法

それでは、実際に休日出勤が多くて悩んでおられる方へ、3つの対処法を解説いたします。順に難易度も高くなり、一方で効果も高くなってきますので、ご自身の会社の状況などに応じて検討されて下さい。
 

休日出勤を断る理由を作る

まずは、「休日出勤を上司からよく頼まれる」といった方に対しての対処法ですが、まずは断ることが一番です。さらに何かしらの断る理由があればいいでしょう。子供のこと、所属している活動(サークルなど)のこと、趣味のことなどの「断る理由」を用意しておくといいでしょう。
 
厳密に言えば本来は労働の義務がない休日なので、理由を述べる必要もありませんが、念のために用意してきましょう。また、休日出勤を断ったことを理由に評価ダウンやイジメ、いやがらせなどがあれば不当性が考えられます。(反対に休日出勤に協力的な労働者の評価が上がるということは考えられますが・・・)
 

代休の交渉

休日出勤をしたのであれば、代休が貰えないかの提案もしてみましょう。割増賃金が支払われている場合、お金か時間を天秤にかけて自身で必要としているほうを取ってみていいでしょう。なかなか自分からこのような提案をしてくる労働者も少ないのですが、話を持ち出すくらいの価値はあります。
 

正規の休日手当を請求する

こちらは、「不当に休日出勤の対価が支払われていない」ような方で、なおかつ休日出勤やそれに加え残業などの時間外労働の賃金が正当に支払われていないような方向けになります。
 
会社と賃金をめぐっての話し合いをすることはかなりハードルも高いのですが、不当な未払い賃金が多いと考えられる方は、未払い賃金を法的に請求することも可能です。詳しくは「未払い分を請求し獲得する方法」を一度ご覧ください。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

休日は労働者に与えられた権利ですが、休日出勤は、その権利を脅かすものです。1度や2度ならば、会社との良い関係性を保つためにも協力してもいいでしょうが、あまりにも休日出勤が多く、さらに見返りも与えられていないようであれば、法的にも抑制する方法があります。

 

出典元一覧

 

この記事を監修した法律事務所

Thumb_18c06fa9-8f31-4f28-987b-b17a8c2213ed
プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます


労働問題に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

残業代請求に関する新着コラム

残業代請求に関する人気のコラム


残業代請求コラム一覧へ戻る