残業代請求の弁護士費用相場と費用を抑えるコツと弁護士選びのポ

~いざという時の備えに~労働問題コラム

 > 
 > 
 > 
残業代請求の弁護士費用相場と費用を抑えるコツと弁護士選びのポイント
キーワードからコラムを探す
労働問題コラム
2017.7.18

残業代請求の弁護士費用相場と費用を抑えるコツと弁護士選びのポイント

%e3%81%8a%e9%87%91%e4%ba%ba

残業代請求をある程度具体的に考えている方は、弁護士費用が気になるところでしょう。結論から申しますと、現在、弁護士費用に関する規定がないので、費用については弁護士事務所によってバラバラです。
 
しかし、残業代請求に限らず弁護士費用には相場があります。そこで、今回は気になる残業代請求の弁護士費用相場や弁護士費用を抑えるコツ、また、残業代請求に強い弁護士を見つけるためのヒントをご説明していきます。
 
なお、残業代請求の手順については「残業代請求によって未払い残業代を獲得する全手順と注意点」をご覧いただければと思います。
 


 【目次】
残業代請求の弁護士費用相場
弁護士費用の合計相場 【20~40万円+請求額の20%前後】
相談料 【1時間当たり0~1万円】
着手金 【0~30万円程度】
手数料など 【数万円】
成功報酬 【請求額の20%程度】
実費
日当・タイムチャージ
残業代請求の弁護士費用の特徴と注意点
完全成果報酬プランも多い
成功報酬の定義に注意
残業代請求の弁護士費用を下げるコツ
無料相談を上手く利用する
細かい料金体系をきちんと確認する
残業代請求の証拠を集める
未払い残業代の額で料金体系を使い分ける
相談でおおよその未払い残業代が分かる
依頼者が唯一やっておくことは『残業代請求の証拠集め』
残業代請求で使える証拠一例
残業代請求の証拠が集めにくいケース
残業代請求が得意な弁護士を探すポイント
親身に相談に乗ってくれる弁護士
説明が分かりやすい弁護士
労働問題に強くて実績のある弁護士
残業代請求を弁護士に依頼することでできること
『弁護士』という名称に力がある
今後の対応が明確になる
面倒な手続きや計算もやってくれる
高額な残業代請求を請求できる
裁判になっても戦える
残業代請求を弁護士に依頼したあとの流れ
今後の方針を固める|弁護士からの提案
会社と交渉する
和解できなければ裁判へ
まとめ

 

残業代請求の弁護士費用相場

では、早速ですが残業代請求の弁護士費用についてご説明していきます。単に弁護士費用と言っても複数の要素によって構成されていますので、それぞれ分けて解説していきます。
 

合計

 20~40万円+請求額の20%程度

相談料

 1時間当たり:0~1万円程度

着手金

 0~30万円程度

手数料など

 数万円程度

成功報酬

 請求額の20%程度

実費

 事務所による

日当・タイムチャージ

 事務所による

 

弁護士費用の合計相場 【20~40万円+請求額の20%前後】

まず初めに、残業代請求の弁護士費用の合計はいくらになるかと言うと、おおよそ20~40万円程度の費用+請求額の20%程度の成功報酬が相場となっています。成功報酬については下記で詳しくご説明しますが、例えば300万円の残業代請求をしたとすれば、大体80~100万円が弁護士費用になるような感じです。
 

相談料 【1時間当たり0~1万円】

弁護士などの士業は相談をするだけでも費用が発生することがあります。相場としては1時間当たり5,000円~10,000円と言ったところです。一方、最近では相談料を無料で受け付けてくれる弁護士事務所も増えてきています。
 

着手金 【0~30万円程度】

着手金とは、弁護士に正式に依頼した際に発生する費用です。着手金は残業代請求が成功しても仮に失敗したとしても支払う料金になります。相場としては20~30万円です。一方で、無料相談ほどではありませんが、残業代請求では着手金無料にしている事務所も増えてきており、「残業代請求ができなければ費用はかかりません」と言うことをウリにしている弁護士事務所もあります。
 

手数料など 【数万円】

残業代請求は内容証明郵便ですることが多いのですが、その書類などを作成した費用になります。事務所によっては着手金に含まれているケースもありますし、反対に着手金0円でも別途手数料がかかる場合もありますので、依頼前にきちんと確認しておきましょう。
 

成功報酬 【請求額の20%程度】

残業代請求の中で重要になってくるものが成功報酬です。残業代請求の額からのパーセンテージで発生します。相場としては20%程度ですが、上記の着手金が発生しない事務所は、代わりに成功報酬が高くなっている傾向にあります。
 

実費

弁護士事務所によっては、実費がかかるところもあります。弁護士の交通費や通信費、印紙代、コピー代など、残業代請求によって必要となった経費も費用として加算されることもあります。依頼前にきちんと確認をしておきましょう。
 

日当・タイムチャージ

現在ではかなり少なくなったのですが、弁護士の日当やタイムチャージなどが発生するケースがあります。昔ながらの弁護士事務所では、この日当・タイムチャージを取っているところもあり、弁護士の時間単価は1時間当たり1~5万円程度と非常に高額で見逃せない項目です。
 

残業代請求の弁護士費用の特徴と注意点

このように様々な要素が組み合わさっている弁護士費用ですが、残業代請求ならではの弁護士費用の特徴と注意点をお伝えします。
 

完全成果報酬プランも多い

残業代請求では、返還される残業代の有無で依頼者の損得も大きく変わってきますので、「残業代請求できればその何%。できなければゼロ円。」と言うような非常にきっぱりした料金形態の事務所も多くなっています。
 
返還できた残業代から弁護士費用をねん出できるのであれば、そこまで費用を心配しなくても良いでしょう。ただ、後述しますが「完全成果報酬」を推していても、実費などは別途かかるケースもありますので、きちんと確認するようにしましょう。
 

成功報酬の定義に注意

残業代請求では完全成果報酬が多いとお伝えしました。しかし、この“成功”報酬の定義が厄介で、事務所によってズレもあるのです。残業代請求の成功の定義は以下の3つそれぞれ事務所によって違います。
 
①請求し交渉により支払いが決まった金額
②会社から実際に取り戻した金額
 
通常、我々依頼者側は②をイメージするかもしれませんが、①を成功報酬の定義にしている事務所もあります。いくら未払い残業代があっても、会社が支払いに応じなければ、依頼者に残業代は戻ってきません。
 
それでも弁護士側は「残業代請求したのだから成功報酬は発生している」と、認識の相違が生まれることも考えられます。そのような事態を避けるためにも、こちらも依頼前の弁護士事務所への確認を心がけてください。
 

 

残業代請求の弁護士費用を下げるコツ

いかがでしょうか。このように残業代請求ではある程度の弁護士費用はかかってきてしまいます。そもそも弁護士に依頼しなければ簡単には取り返すことができないものが未払い残業代ですので、ある程度の費用は仕方ないのですが、極力安く済ませたいものですよね。
 
そこで、こちらでは残業代請求での弁護士費用を下げるためのコツをご紹介していきたいと思います。
 

無料相談を上手く利用する

残業代請求では無料相談も多く、無料相談だけでおおよその未払い残業代が分かるともお伝えしました。さらには、無料相談を上手く使うことで弁護士費用の詳細や他の事務所との比較などもできます。弁護士の選び方については後述します。
 

細かい料金体系をきちんと確認する

しつこく申しておりますが、弁護士に依頼する前に予想外の費用が発生しないかどうかをきちんと確認しましょう。「なかなか安く済みそうだ」と、思って依頼しても実は後から思わぬ請求がされ、トラブルになることもないとは言えません。
 

残業代請求の証拠を集める

残業代請求では証拠の存在が重要です。証拠が不十分であれば、弁護士が証拠集めを行なったり、会社との交渉が長引いて最悪、裁判にまでもつれ込んだり。弁護士に依頼している期間が長引いたり、問題が複雑化すれば、その分弁護士費用も高くなってしまうことが言えますので、可能な限りの証拠を集めるように努めましょう。証拠についても公判で詳しく解説します。
 
参考:「未払い残業代請求に必要なものは『証拠』です
 

未払い残業代の額で料金体系を使い分ける

単に残業代請求の弁護士費用と言っても様々な費用と料金体系がある事はお伝えしました。請求する未払い残業代の多さによって料金体系を変えてみると料金が抑えられる傾向があります。
 
A事務所:料金体系を完全成果報酬で成功報酬が30%
B事務所:着手金20万円で成果報酬20%
 
があったとします。それぞれで未払い残業代100万円と300万円を請求したとすると
 

未払い残業代100万円の場合

【A事務所】
着手金0+成功報酬100万円×0.3%=30万円
 
【B事務所】
着手金20万円+成功報酬100万円×0.2%=40万円
 

未払い残業代300万円の場合

【A事務所】
着手金0+成功報酬300万円×0.3%=90万円
 
【B事務所】
着手金20万円+成功報酬300万円×0.2%=80万円
 
もろもろの実費などを含めると一概には言えませんが、未払い残業代が少ない方が完全成果報酬プランの方が安いのですが、未払い残業代が上がるにつれて着手金ありの成功報酬低めの事務所が費用も安くなる傾向にあります。
 

相談でおおよその未払い残業代が分かる

残業代請求を考えている方は、やはりある程度具体的な未払い残業代を知りたい方も多いでしょう。残業代請求には2年という時効もありますので、未払い残業代の全てを請求できるとは限りません。
 
弁護士に相談することで、おおよその未払い残業代を教えてくれる弁護士がほとんどです。具体的な未払い残業代が分かれば、残業代請求にも俄然前向きになれるはずです。
 
参考:「残業代請求の時効は2年間|時効の例外と中断させる方法
 

 

依頼者が唯一やっておくことは『残業代請求の証拠集め』

上記でも出てきましたが、残業代請求の証拠の有無によって弁護士費用も多少の変動があります。残業代請求を依頼すれば弁護士が交渉や書類作成など大方の業務を行なってくれますが、依頼者に唯一やってもらいたい事が「証拠集め」です。
 
このことは残業代請求をするにあたって、非常に重要になりますので、詳しくご説明します。
 

残業代請求で使える証拠一例

働いたという証拠と言えば、真っ先にタイムカードが思いつくかもしれませんが、今現在タイムカードを採用していない会社も多いでしょう。また、タイムカード以外にも契約時の書面や仕事内容の立証できるものがあるとより強力です。残業代請求に有効な証拠は
 
・雇用時の書面
・就業規則のコピー
・始業・終業時間を立証する資料
・残業時間の労働内容を立証する資料
 
などがあります。さらに具体的な内容を記載していますので、詳しくは「未払い残業代請求に有効な証拠」をご覧ください。
 

残業代請求の証拠が集めにくいケース

しかし、中にはすでに会社を退職された方や粗悪な環境で、契約書などの書面が無いような場合で証拠が集めにくいケースもあります。もしかしたら必要な証拠が集められるケースも考えられるので、一度弁護士に相談してみて下さい。
 
証拠が無くても残業代請求ができないというわけではありませんが、会社から反論され裁判などになってしまうと、勝てない可能性もあります。その場合は、成果報酬に重点を置いている事務所に依頼すると損をする可能性は低いでしょう。一方では、あまりにも不利な状況だと、難しいからと依頼ができない場合もあります。

 

 

残業代請求が得意な弁護士を探すポイント

残業代請求を依頼する弁護士を決める基準は弁護士費用だけではありません。安物買いの銭失いという言葉もあるように、費用がかからないからとそれだけの理由で弁護士を選んでしまい、残業代請求が上手くいかなければ元も子もありません。
 
そこで、残業代請求を依頼する弁護士を選ぶ際の基準をお伝えします。詳しくは「労働問題が得意な弁護士の選び方と良い弁護士の判断基準」をご覧ください。
 

親身に相談に乗ってくれる弁護士

まず、弁護士を依頼する上で相性が重要になります。弁護士も人間なので、相性があります。世間では良いと言われている弁護士でも、さばさばしすぎていて親近感がなかったり、弁護士からしてみれば親身に相談に乗っているつもりでも、依頼者からすれば結論から早くいってくれと感じていたり、それは人それぞれです。
 
それを把握するためにも、上記でお伝えした相談を利用してその弁護士の人となりをより詳しく知ることで、依頼への決心や判断が付いてくると言えます。
 

説明が分かりやすい弁護士

法律ごとは専門用語も多く、一般の方では簡単に理解できないような内容もあります。依頼者が理解できるように伝える能力も弁護士の力の一つです。また、上記のように弁護士費用は様々な要素が含まれています。弁護士費用を質問してみても、よくわからない料金体系であれば、依頼は回避したほうがいいかもしれません。
 

労働問題に強くて実績のある弁護士

弁護士にはそれぞれ離婚問題や相続問題などの得意分野があります。そこで、残業代請求は労働問題が得意な弁護士に依頼しましょう。弁護士事務所のホームページなどを見てみると、実績やなぜ労働問題に力を入れているかの理由などが記載されているでしょう。「労働問題が得意だな」と思える弁護士に依頼しましょう。
 

残業代請求を弁護士に依頼することでできること

ここまで読んでいただいたということは、残業代請求に対する強い思いもあり弁護士の必要性も相当感じていることでしょう。もう一度あなたの気持ちを整理するためにも残業代請求において弁護士に依頼するメリットを振り返ってみましょう。

 

『弁護士』という名称に力がある

残業代をきちんと支払わない会社の多くに「言われないから払っていない」というようなケースもあります。労働者側が「残業代をきちんと払ってください」と声を上げることで何かしらのアクションを起こしてくれるケースも多いです。

 

さらに言えば、弁護士に依頼して弁護士名義の残業代請求の内容証明郵便を会社宛てに送ることで請求に応じてくれる可能性も大きく上がります。

 

今後の対応が明確になる

現在、インターネットなどで様々な情報を集めているかと思いますが、具体的にどのような行動を起こしていけばいいのかはっきりしていない方も多いのではないでしょうか?

 

弁護士に相談することで、個別で今後の対応を教えてもらうことができるでしょう。実際に依頼するかどうかはさておき、今後の方向性が明確になってくるだけでもかなりスッキリすることができると思います。

 

面倒な手続きや計算もやってくれる

未払い残業代の計算は個人で行うこともできます。しかし、割増金や遅延金などもあってなかなか計算が面倒です。さらに、会社に残業代請求の書面を出すとなれば、それを作成しなくてはなりません。

 

自分だけで作った請求書に正確性があるかどうかもわかりませんし、会社側と揉め事が大きくならないような書き方も意識しないといけないでしょう。弁護士であれば、これら面倒な手続きを代わりにやってくれますし、残業代請求の経験が多い弁護士ほど要所要所を抑えた的確な書類を作ってくれるでしょう。

 

高額な残業代請求を請求できる

また、弁護士が残業代請求の計算をすることで遅延金や割増金、さらにはその他生じた損害なども加味して高額な賃金を請求できることもあります。交渉力にも優れていますので、和解をするとなっても和解金が従来より高額になることも多いでしょう。

 

裁判になっても戦える

会社側が和解に応じずに真っ向から対立してくることも考えられます。そうなれば、裁判を通して強制的に未払い残業代を請求していく方法をとりますが、ここまでくると個人一人の力では対処がかなり難しい段階になります。

 

訴訟になった場合でも弁護士が味方にいてくれることで手続きのほとんどを行ってくれますし、裁判所にも代理人として出廷してくれます。非常に心強いです。

 

 

残業代請求を弁護士に依頼したあとの流れ

状況にもよりますが、残業代請求を弁護士に依頼することで以下のような流れになっていきます。
 

 

今後の方針を固める|弁護士からの提案

まずは、依頼者と弁護士が今後の方針を固めていきます。大きく分けると請求する会社に「残るか」「残らないか」という選択肢があるかと思います。

 

「残る」のであれば、会社と険悪な関係にならないように配慮をしながらも労働者としての権利はきちんと主張していきます。「残らない」のであれば、徹底抗戦を仕掛ける場合もあるでしょう(これは状況や弁護士によって変わります)。

 

状況を加味しながら依頼者の要望を取り入れ、最適な方法を考えていきます。

 

会社と交渉する

多くのケースでまずは会社と直接交渉に入ります。あくまでも交渉なので、応じるか応じないかは相手次第です。お伝えのように証拠があればあるほど残業代請求の正当性も増してきますので、集められそうな証拠は集めておきましょう。

 

弁護士に依頼すれば弁護士が会社と交渉を行ってくれます。

 

和解できなければ裁判へ

会社との交渉がうまくいかなければ、労働審判や訴訟に移ります。お伝えのように弁護士に依頼していることで労働審判や訴訟になっても心強いでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。残業代請求の弁護士費用はある程度の相場はありますが、事務所ごとに料金体系も違いますので厳密には言えない事が事実です。そこで、個別の事務所に相談から始めてみることをおすすめします。
 
大切なことは「料金体系はきちんと確認すること」と「あなたは極力残業代請求の証拠集めを頑張る」事です。以下から残業代請求が得意な弁護士を探して相談してみましょう。

 

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます


労働問題に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

残業代請求に関する新着コラム

残業代請求に関する人気のコラム


残業代請求コラム一覧へ戻る