ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ) > 労働問題コラム > 残業代請求 > 【残業代請求】弁護士の評判や口コミの信憑性と信頼できる弁護士の選び方

【残業代請求】弁護士の評判や口コミの信憑性と信頼できる弁護士の選び方

更新日
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
このコラムを監修
【残業代請求】弁護士の評判や口コミの信憑性と信頼できる弁護士の選び方

残業代請求に代表される労働問題の解決などを弁護士に依頼するのが一般化しつつある現代、インターネットの普及も手伝って、検索をすれば、誰でも近所にある弁護士やその評判を調べられるようになりました。

 

また、弁護士の広告も見かける機会が増えてきており、ますます弁護士は身近な存在になっていると言えます

 

それでもなお、弁護士にお世話になる経験をする人はまだまだ少数派でしょうから、どのように弁護士選べばよいのか判断が難しく、悩まれている人も多いのではないかと思います。

 

そこで、本記事では残業代請求をしたい方が弁護士を探すときのポイントをご紹介します。

 

インターネット上にある情報の信ぴょう性や、評判のよい弁護士の特徴などを解説していますので、弁護士への依頼を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

そもそも、残業代請求を弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのかも解説します。

残業代が正しく支払われていないあなたへ

残業代が正しく支払われていないけど、どう対処すればいいかわからず悩んでいませんか?

 

結論からいうと、残業代未払いの問題は個人で会社に交渉するよりも、弁護士に依頼したほうが有利に交渉できる可能性があります。

 

もし、今すぐ未払いの残業代を請求したい場合、弁護士に相談・依頼するのをおすすめします

 

弁護士に相談すると以下のようなメリットを得ることができます。

  • 未払いの残業代がいくらくらいあるか判断してもらえる
  • 残業代未払いの証拠の集め方を教えてもらえる
  • 依頼すれば、代理人として会社と交渉してもらえる
  • 依頼すれば、裁判手続きを任せられる

ベンナビ労働問題では、残業代未払い問題の解決を得意とする弁護士を多数掲載しています。
無料相談・電話相談など、さまざまな条件であなたのお近くの弁護士を探せるので、ぜひ利用してみてください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ労働問題で
残業代請求問題に強い弁護士を探す

弁護士の評判・口コミの信憑性|残業代に強い弁護士とは?

 

弁護士に限ったことはではありませんが、どのようなことでも世間の評価や口コミを安易に信じては危険です。

 

ここでは、残業代請求の詳しい弁護士を選ぶ上での指標についてお届けします。

 

過度な広告、強いという表現を使う弁護士には注意

残業代請求に詳しい弁護士を選ぶ際に、過度な広告を打ったり、強いという表現を使う弁護士には注意が必要です。

 

例えば、「残業代請求に関しては強い自信あり」や「企業労務問題は当弁護士事務所へお任せ」など、相当な自信が感じられるキャッチやポップすぎるキャッチコピーなどを利用する弁護士も、無条件に信頼するには危険かもしれません。

 

というのも、弁護士事務所の広告に関しては日弁連が制定している「弁護士の業務広告に関する規定」を遵守している必要があるからです。

 

過度な広告を打ち出したり、または強いという表現を使用した広告は「弁護士の業務広告に関する規定」に抵触するおそれがあります。

 

定められたルールを守らず、利益追及を目的とする弁護士の場合は、特に気をつけなければなりません。

 

参考:日本弁護士連合会|業務広告に関する指針

 

弁護士の勝率は明確には測れない|何を持って勝ちかは個人の状況による

勝率〜%という謳い文句を掲げる弁護士がいますが、何をもって勝ちとし、率をどう測っているのか、明確な基準は測りようがありません。

 

というのも、一般的な裁判は和解で終わる事案が多いですし、判決まで行ってしまうのは双方の折り合いがつかない場合が多いからです。

 

つまり、判決まで行って勝率を測ってもそれが弁護士の実力を測る指標にはなりません。

 

和解で終わる事案は、双方が合意したからこそ和解となるわけです。

 

中には、勝率を掲げている弁護士もいるとは思いますが、それよりも誠実な対応をしてもらえるかその案件に詳しい弁護士かを重視した方が良いでしょう。

 

口コミは個人の感想|実際に会って判断するのがベスト

弁護士や弁護士事務所の口コミサイトのような情報に「あの弁護士はすごくよかった」、「態度が非常に悪かった」など様々な情報が寄せられているはずです。

 

もちろん、これらの口コミ情報の中には、信ぴょう性が高い情報もあるのですが、そもそも案件自体は人それぞれ異なりますし、必ずしもその人の評価が自分に該当するとは限りません。

 

特に、個人が書いているようなサイトの口コミを安易に信すぎるのもよくはないでしょう。口コミはあくまで個人の感想であるため、一人一人状況や依頼内容は異なります。

 

インターネットで口コミを探すのは良いですが、実際に無料相談などをして、誠実な対応をして頂ける弁護士を選びましょう

 

マイナス評価でも鵜呑みにしないこと

口コミには同じ弁護士に繰り返しマイナス評価ついている場合もあり、極端に評価が低い場合には依頼は控えた方が良いと思いますが、それ以外では実際に無料相談を申し込み、自ら良い弁護士なのかどうかを確認してみると良いでしょう。

 

残業代請求で評判の良い弁護士の特徴3つ

 

ここでは、残業代請求に評判の良い弁護士の特徴をご紹介します。無料相談の際には、ぜひ参考にしてください。

 

特徴1:残業代請求に豊富な実績がある

残業代請求に豊富な実績があるかどうかは、弁護士事務所の公式ページやブログにて確認することが可能です。

 

残業代請求にあっては、法律の知識だけでなく、残業代を請求する従業員のタイムカードや、給与明細書をもとに正確な残業代を算出する必要があり、多くの実績が求められます。

 

弁護士自体に豊富な実績があるかどうかは、公式ページ以外にも無料の法律相談の際の説明の仕方や、今後の流れについて教えて頂くときにある程度判別することが可能です。

 

また、公式ページに「確実に残業代を回収します」「当事務所は未払いの残業代回収に強い弁護士事務所です」など、過度な広告を打つ弁護士事務所は控えていただく方が良いかもしれません。

 

【おすすめコラム】

残業代請求時に認められやすい証拠と、証拠がない時の対処方法

 

 

特徴2:無料相談時の対応が丁寧・親切

無料相談時の対応が丁寧、または親切であることは、残業代請求依頼に限らず、弁護士との相性を判断する上ではよい基準かもしれません。

 

多くの法律相談では、相談者と弁護士との間に生じる認識の相違をなくし、双方が納得のいく状態ですすめることが重要です。

 

もちろん優秀な弁護士であれば、そのことは理解していますから、何度でも丁寧に繰り返し相談者に説明します。また相談者の話しもじっくりと聞いてくれます。

 

もしこのような対応をしてもらえず、やや一方的に弁護士から話しを進められることがあれば、注意が必要です。

 

専門用語を使いすぎないのも好感触

その他にも相談者は法律の知識に関しては、知らないことも多いですから弁護士が専門用語をできる限り使用せず、わかりやすく説明してくれるかどうかも大切。

 

もしその弁護士に正式な依頼をすると、その後のやりとりも続くわけですから内容をわかりやすく伝えてくれる、または人柄が信頼できる弁護士を選ぶと良いでしょう。

 

特徴3:残業代請求の注意点や流れを分かりやすく説明してくれる

残業代請求をする際は、相談者が請求する未払い分の残業代が時効になっていないか証拠が確実に残っているか請求する会社側との交渉など確認する項目がたくさんあります。

 

ですので、残業代請求を弁護士に依頼する際には、今後の流れや注意点を明確に教えてもらえる弁護士を選ぶと良いでしょう。

 

内容の聞きやすさや分かりやすさは今後の手続きに関わってくる重要事項ですから、ぜひ重視して選んでみてください。

 

その一方で、弁護士からの今後の説明が大雑把であったり、何度聞いても内容が理解できない場合には注意が必要です。

 

残業代請求の依頼は労働問題に注力している弁護士を選ぶ

弁護士に残業代未払い請求の相談をする際の弁護士の選び方をさらにポイントをあげて説明させて頂きます。

 

以下、3つのポイントに着目して残業代未払い請求の弁護士を選ぶとより良い選び方ができるはずです。

 

弁護士にも得意分野がある

一般的な法律の基礎知識を有してる弁護士にも得意、不得意が存在します

 

最近では、弁護士事務所の公式ページや弁護士のSNSやブログにて得意分野を記載している場合が多いです。

 

ですので、それらの公式情報を参考にすると、その弁護士の得意分野をある程度推測できます。

 

また公式ページ等に過去の相談事例などが掲載されている場合には、そちらの内容もご確認ください。

 

具体的な事例があると、さらに相談者に合った弁護士を選びやすくなります。

 

未払い残業代の訴訟経験がある弁護士

未払い残業代に関して、相談者の未払い分の残業代が確実に発生し、なお証拠も十分に揃っている場合、まず弁護士より会社側へ交渉し、未払い分を支払ってもらえるように依頼をします。

 

ただ、それでも会社側に対応してもらえない場合、資料開示請求や労働審判申立へ移行し、それでも解決できない場合には訴訟を提起します。

 

つまり訴訟の経験がある弁護士かどうかも重要な判断基準です。

 

残業代未払い請求に関して、訴訟経験があればそれだけスムーズに手続きを進めてもらえる可能性が高いです。

 

裁判以外の解決策も模索してくれること

残業代の未払い請求に関して、必ずしも裁判に移行するとは限りません。裁判となると費用もかかりますし、裁判外で解決する方が相談者にとっても良い選択肢となります。

 

弁護士の依頼にあたっては、裁判だけでなく残業代を請求する会社との建設的な交渉ができる弁護士かどうか、さらに手続きをスムーズに進められるかどうかも重要です。

 

ぜひ、裁判外での解決にも力を入れている弁護士を選択してみましょう。

 

【おすすめコラム】

労働問題が得意な弁護士の選び方と良い弁護士の判断基準

 

まとめ

未払い分の残業代請求は、弁護士によっても得意不得意が分かれるところでもあります。

 

ぜひ、無料相談を依頼する際は、残業代請求のご実績がある弁護士に依頼をし、スムーズに手続きを進めましょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ労働問題で
残業代請求問題に強い弁護士を探す

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
兵庫
埼玉
京都
福岡
千葉
神奈川
Office info 202304141539 42041 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所

【残業代請求/初期費用0円の完全成功報酬制】残業代請求の実績多数。年間の残業代回収実績7.5億円。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円【LINE相談可】

事務所詳細を見る
Office info 202202211950 26281 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202112091354 13561 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202304141530 13751 w220 弁護士法人勝浦総合法律事務所 東京オフィス

【残業代請求に特化/初期費用0円の完全成功報酬制】残業代請求の実績多数。年間の残業代回収実績7.5億円。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円●LINE可

事務所詳細を見る
兵庫県の弁護士一覧はこちら
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事はベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

残業代請求に関する新着コラム

残業代請求に関する人気コラム

残業代請求の関連コラム

「 残業代請求 」に関するQ&A
勤務記録を証明できるものが手元にない場合、請求は出来ないのでしょうか。

相談者様ご自身で保管していなくても、弁護士に依頼することで会社に開示請求を行う事ができます。
タイムカードはもちろん、PCの起動ログから残業時間を立証できた事例もございますので、証拠が手元に無くても泣き寝入りせず弁護士に相談しましょう。

残業代請求時に認められやすい証拠と、証拠がない時の対処方法
管理職だから残業代は出ないと会社から伝えられました。本当に1円も請求できないのでしょうか。

確かに労働基準法では、「管理監督者」には残業代を支払わなくても良いと明記されておりますが、会社で定める「管理職」が労働基準法で言う「管理監督者」に当たらないケースもあります。
この場合は会社側が労働基準法違反となり、残業代を支払う義務を負います。このような名ばかり管理職問題についてまとめた記事がございますので、詳しくはそちらをご覧ください。

管理職(課長職など)に残業代が出ないのは違法?未払い残業代の請求手順
会社が固定残業代制度(みなし残業制度)の場合、残業代は全く払われないのでしょうか。

固定残業時間以上の残業を行った場合、その分の残業代は適切に支払われる必要があります。また、36協定の都合上、基本的に固定残業時間の上限は45時間とされております。
固定残業時間を上回る残業を行ったり、会社が違法な固定残業代制度をとっていた場合はもれなく残業代請求が可能です。直ちに弁護士に相談しましょう。

固定残業代(みなし残業)とは?未払い分がある場合の対処法も解説
在職中に残業代請求を行うリスクについて教えてください。

残業代請求に対する企業からの報復行為は、そのほとんどが違法とみなされているため積極的にされることはありません。
ただし、少なからず居心地が悪くなる懸念もあります。一般的には在職中に証拠を集めるだけ集め、その後の生活を守るために転職先を決めてから残業代請求を行うのがベターと言えるでしょう。

残業代請求をしたら報復に?予想される報復行為と未然に防ぐ方法
未払い残業代に時効はあるのでしょうか。

残業代請求の時効は3年となっております。
退職してからゆっくり残業代請求を行う場合、どんどん請求可能期間が短くなってしまいますので、一早く請求に対して動き始めましょう。
また、弁護士に依頼して内容証明を会社に送ることで、時効を一時的にストップさせることが出来ます。

残業代請求の時効は3年|時効を中断させる方法を解説
キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 関東
  • 北海道・東北
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 202304141539 42041 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判
Office info 202304141530 13751 w220 弁護士法人勝浦総合法律事務所 東京オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判
Office info 202304141532 76001 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判
Office info 202304141532 64681 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判

あなたの場合、
ご退職後3年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 3 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。