• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 その他
ホーム > 労働問題コラム > 労働災害 > 試用期間の残業は適法?正社員との違いや残業代が支払われない場合の対処方法

試用期間の残業は適法?正社員との違いや残業代が支払われない場合の対処方法

更新日:2020年04月05日
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
このコラムを監修
%e8%a9%a6%e7%94%a8%e6%9c%9f%e9%96%93_%e6%ae%8b%e6%a5%ad%e4%bb%a3

試用期間とは、無期雇用契約を締結するにあたり、正社員としての能力・適性を評価・判断するための「お試し期間」と考えられています。では、試用期間中の従業員に対して、会社は残業を命じることができるのでしょうか。

 

今回は試用期間中の従業員に対する残業命令の適法性、残業代の支払いについての基本的知識について簡単に解説します。

 

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta_detail_chevron
Office_info_12941
東京
新宿区
弁護士法人グラディアトル法律事務所

  • 電話相談可能
  • 初回面談相談料0円
  • 休日の相談可能
【残業代請求・不当解雇】退職を決め、未払いの残業代を請求したい方、解雇されたが納得がいかないという方は、当事務所にご相談ください。ご連絡いただけましたら弁護士が迅速・親身に対応いたします
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

試用期間中の従業員と残業

 

残業を命じること自体に問題はない

試用期間は、正社員として正式採用する前段階の試しの期間であることは上記のとおりです。

 

この点、法律的には、試用期間中であっても会社と労働者との間には雇用契約関係があると考えられています。具体的には、試用期間中の社員と会社との間には、解約権留保付雇用契約が存在しており、会社は雇用契約に基づいて労働者に業務上の指示・命令が可能であり、労働者はこれに従う義務があると考えられています。

 

したがって、たとえ試用期間中であっても、会社は労働者に対して労基法のルールの範囲内で残業を命じることができますし、労働者は正当な理由なくこれを拒否することはできません。

 

この点について、試用期間であるかどうかは特に関係がなく、取扱いは正社員のそれと変わらないということです。

 

なお、本記事では「残業」という言葉を「1日8時間、1週間40時間」の法定労働時間を超えて働かせることという意味で使っていますので、以下もその前提でお読みください。

 

【関連記事】

本当の残業の定義|隠れた残業と残業を減らす方法

時間外労働(残業時間)の明確な定義と割増賃金

 

残業を命じた場合には割増賃金の支払義務がある

試用期間中であっても残業の取扱いは正社員のそれと変わらないことは上記のとおりです。そのため、当然、会社は試用期間中の社員に残業を命じた場合、残業代(割増賃金)を支払う必要があります。

 

具体的には、

 

  1. 1日8時間を超える労働には時間外労働に係る割増賃金
  2. 法定休日に労働した場合には休日労働に係る割増賃金
  3. 深夜に労働を命じた場合には深夜労働に係る割増賃金

 

をそれぞれ支払う義務があります。

 

この義務は、法律上求められるものですので、

 

  • 社員が試用期間であるから
  • 社員と試用期間中は残業を支払わない合意をしたから
  • 会社のルールで残業代を支給しないルールを定めているから

 

などの言い分は通用しません。

 

このような運用・取決めは法律に違反しており全て無効です。

 

【関連記事】

残業の基礎知識とは|労働者の為の時間外労働や未払い残業代の解決策

深夜残業の定義と割増賃金|5つの誤解と深夜残業への対処法

労働基準法第37条とは|休日・深夜労働の割増賃金規定を詳しく解説

 

失敗しない退職代行サービス|信頼と実績で選んだおすすめ3選

退職代行jobs|顧問弁護士が表に立って適正化を行うサービス

∟ 24時間|LINE・メール相談可能

∟ 費用:27,000円(当サイト経由のみの特別プラン!)

運営会社:株式会社アイリス

 

退職代行サラバ(SARABA)|24時間対応・返金保証付・会社交渉可能

∟ 労働組合(ユニオン)所属のため会社との交渉も可

∟ 費用:27,000円(追加料金なし)

運営会社:株式会社ワン/退職代行SARABAユニオン

 

EXIT(イグジット)|メディア等で最も話題のサービス

∟ 即日対応、相談料無料

∟ 費用:50,000円(アルバイト30,000円)

運営会社:EXIT株式会社

 

残業について注意すべきポイント

試用期間中であろうとなかろうと、会社が労働者に残業を命じる場合は、法令の許容する範囲内でこれを行う必要があります。以下、問題となりやすいポイントについて簡単に紹介します。

 

36協定の締結がされているか

使用者が従業員に残業を命じるためには「36協定」の締結が必要です。36協定とは企業側が労働組合又は労働者代表者と締結する、時間外労働・休日労働に関する労使協定です。

 

36協定は、通常、所定のフォームに必要な事項を記載して締結します。また、締結した労使協定は所轄の労働基準監督署へ届出が必要です。36協定の締結がない事業場では従業員に残業を命じることができません

 

仮にこれに違反した場合には、法令違反となり是正のための指導・是正勧告を受ける可能性がありますし、悪質な場合には会社代表者に6か月以下の懲役または30万円以下の罰金刑が科される可能性があります。

 

なお、36協定を締結しても会社は無制限に残業を命じることができるわけではありません。残業時間の上限は、原則的には月45時間等、年360時間等の制限がありますし、2019年4月の労基法改正以降は特別条項によりこれを延長する場合でも、年720時間、2~6ヶ月平均80時間、月100時間を超えて時間外・休日労働を命じることはできなくなりました。

 

このような上限時間を超えて残業を命じることも労働基準法に違反する違法行為です。

 

【関連記事】

労働基準法での労働時間と長時間労働の対処法

 

労働時間管理についての問題

会社の支払うべき残業代は、労働者の実労働時間に従って計算することが原則です。そのため、会社が労働時間を適切に管理していないと、本来支払われるべき残業代が未払いとなってしまうことがあります。

 

例えば、会社は労働者の労働時間を原則として「1分単位」で管理、計算する必要があります。そのため、勤務先で15分単位や30分単位で労働時間が管理されており、単位未満の労働時間が切り捨てられて集計されていない場合、労働時間が適切に管理されていないということになります。

 

このように切捨て処理された労働時間については、本来労働時間として集計して残業代の計算根拠とするべきものが、不当に除外されているということになります。したがって、当該除外された労働時間については残業代が未払いとなっているということになります。

 

もし、このような運用がされている場合、労基署等に相談・通報することで状況が改善される場合がありますので、そのような対応も検討した方が良いかもしれません。

 

【関連記事】

【残業代請求】未払い分の計算と請求の流れ|失敗事例から学ぶ対策付き

 

固定残業代についての問題

企業の中には「固定残業代」制度を導入している企業もあります。固定残業代制度とは、毎月の実労働時間の多寡に拘らず、一定の残業代を固定で支給する制度です。同制度が適正に運用されている限り、当該固定支給分については残業代(割増賃金)の支払いが行われているものと評価されます。

 

もっとも、固定残業代制度の下で、このような効果が認められるのは、あくまで制度が適正に運用されている場合に限ります。また、仮に制度が適正に運用されているとしても、実労働時間に基づいて支払われるべき残業代(割増賃金)が固定支給額を超える場合には当該超過分は別途精算されなければなりません(固定残業代制度は、一定額の支払いにより支払うべき残業代の支払義務を消滅させるような強力な制度ではありません。)。

 

企業の中には、このような固定残業代制度の基本をあまり理解していないでこれを運用しているケースもありますので、十分に注意しましょう。

 

固定残業代制度が適正か判断するには?

では、固定残業代制度が適正に運用されているかどうかはどのように判断されるのでしょうか。

 

基本的には

 

  1. 就業規則等で通常賃金部分と固定残業代部分が明確に区別できること
  2. 固定残業代として支給されるものに、何時間分の残業代が含まれているか明確であること

 

上記2点が残業の対価として支払われていることの2点が充足される必要があります。これらを充足しない場合には、固定残業代の支給分は残業代の支払いとはいえませんので、従業員は改めて残業代の支払いを求めることができます。

 

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta_detail_chevron
Office_info_12941
東京
新宿区
弁護士法人グラディアトル法律事務所

  • 電話相談可能
  • 初回面談相談料0円
  • 休日の相談可能
【残業代請求・不当解雇】退職を決め、未払いの残業代を請求したい方、解雇されたが納得がいかないという方は、当事務所にご相談ください。ご連絡いただけましたら弁護士が迅速・親身に対応いたします
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

 

残業代が支払わなかった場合の対処法

試用期間であるかどうかに拘らず、企業側が支払うべき残業代を払わない場合、労働者は残業代の請求が可能です。残業代請求権の消滅時効は現行法では2年(2020年4月以降は3年とする方向で調整が進められています。)

 

ですので、仮に未払いの残業代がある場合は、支払期日から2年以内に請求した方が良いでしょう。なお、実際に残業代を請求する場合、以下の点に留意してください。

 

労働時間に係る証拠を集める必要がある

労働者が残業代を請求する場合、残業代が発生していること(時間外、休日、深夜労働を行ったこと)は労働者側で主張・立証する必要があります。そのため、労働時間を証明する証拠の確保は非常に大切です。例えば以下のようなものが証拠として考えられます。

 

  • タイムカード、勤怠記録
  • パソコンのログイン、ログオフ記録
  • オフィスビルの入退館記録
  • 交通ICの入退場記録
  • 日々記録した労働時間のメモ等

関連記事:残業代請求時に認められやすい証拠と、証拠がない時の対処方法

 

会社と話合いの機会を持つことも大切

未払いの残業代がある場合、いきなり会社を訴えても良いのですが、話合いで解決できることもあります。まずは、会社に未払残業代があると考える根拠やその金額を明確にして、任意での支払いを求めるという対応もあり得ます。

 

個人では相手にされなくても、弁護士を通じて協議を申し入れることで一定の支払いを受けられることもありますので、検討してみては如何でしょうか。

 

話合いで解決しない場合は訴訟手続が必要

会社と協議しても任意支払いが期待できない、会社が支払いを拒否するという場合、法的手続きを通じて請求するしかありません。具体的には、労働審判や民事訴訟を通じて会社に未払残業代を請求していくことになります。

 

この場合には弁護士のサポートを受ける重要性はより高いといえます。

 

 

まとめ

試用期間中であろうとなかろうと残業に対する規律は正社員と変わらないことがおわかり頂けたと思います。未払いの残業代がある場合、本記事を参考にしつつ、これを会社に請求することも検討してみては如何でしょうか。

 

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

弁護士を検索
Prevent_banner
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
「 労働災害 」に関するQ&A
仕事中に倒れ、打ち所が悪く全治二か月の怪我をしましたが、労災が認定されませんでした。再審査は可能ですか?

労災申請が棄却された場合、労働局に対して『審査請求』『再審査請求』ができますが、労災認定の詳細は、調査復命書を入手して分析する必要があります。裁決の検討も必要です。もし、『会社が労災を認めない』『労働基準監督署からの認定がおりなかった』という場合は、弁護士への相談も検討しましょう。

労災の申請方法と拒否・棄却された時の対処法
過労によるうつ状態と診断され、今も後遺症が残っています。会社に損害賠償等は可能でしょうか?

労災における休業補償の時効は5年ですので、うつ病発症時期が問題となります。安全配慮義務違反にもとづく損害賠償請求は可能ですが、職務内容、会社の対応等を子細に検討する必要があります。持ち帰り残業となっていた場合は、時間外労働と認められない可能性の方が高いです。また、何度も会社に改善を訴えていている、労災が発生した事実を労基署に新国際ないのは『労災隠し』になりますので、法的に正確に分析してもらい、今後の対応を検討するべきです。

労災隠しの実態と違法性とは|労災隠しされた場合の対処法3つ
職場の嫌がらせやハラスメント行為に対してうつ病を患ったため、労災申請の旨を会社に申告したところ、和解交渉を求められました。応じるべきでしょうか?

精神疾患の程度、ハラスメント行為との関係、会社対応などを精査しないと、正確な法的な助言は難しいです。法的分析をきちんとされたい場合には、労働法にかなり詳しく、労災法理、安全配慮義務法理、退職問題にも通じた弁護士に、今後の対応を相談してみましょう。

労災とは?労働災害があった場合の補償内容
入社時と入社後の労働条件に違いがありすぎて困っています。これは労基違反ではないでしょうか?

正確なことがわからないので正確な助言は難しいですが、面接で伝えただけでは、合意内容になっているとは限りません。労働基準法違反かどうかは、労働基準法及び同規則所定の事項について記載があるかどうかですので、現物を拝見する必要があります。交渉の経緯、面接の内容も子細に検討する必要がございます。
法的責任をきちんと追及したければ、労働法にかなり詳しい弁護士に相談に行き、法的に正確に分析してもらい、この後の対応を検討するべきです。

労働基準法違反となる15のケースとそれぞれの罰則
月に100時間を越える残業が続き、夫が過労死に至りました。会社に労災と認めさせることは出来ますか?

まずはご冥福をお祈り致します。結論からいうと、過労死が認められる可能性は十分あると思います。心疾患の疑いだけであっても労災申請して認められているケースはありますので、チャレンジするのがいいと思います。ただ、過労死事件は特に初期のアプローチ(初動)が極めて大切なので、会社にどの段階でアプローチするのか、しないのか、どのようにして証拠を確保するのかなど、過労死問題をよく担当している弁護士と相談して対応すべきと考えます。

過労死で労災認定を受ける基準と給付を受けるために知っておくべきこと
キーワードからコラムを探す
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 全国
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
弁護士法人グラディアトル法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
代々木法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
労働災害
【名古屋支店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行
【福岡支店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行