> 
 > 
 > 
労働問題の無料相談ができる弁護士一覧【電話/メールに対応】
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

労働問題の無料相談ができる弁護士一覧【電話/メールに対応】

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Logo
初回相談料無料の事務所も多数掲載!

【全国対応】  全国対応できる労働問題が得意な弁護士
【北海道】   北海道【 札幌市 | 函館市 | 旭川市 | 釧路市 | 帯広市 】
【東北】    青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
【関東地方】  東京新宿区渋谷区中央区千代田区港区杉並区豊島区
        町田立川
        神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
【北陸・甲信越】山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
【東海地方】  愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
【関西地方】  大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
【中国・四国】 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
【九州・沖縄】 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta_detail_chevron
Office_info_201812201913_22971
東京
港区
NN赤坂溜池法律事務所

  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 企業側の相談可
《解決実績多数》20年以上、証券会社等で働いた社会人経験があります。ご相談者様の立場に立った解決を目指し、迅速にサポート致しますのでお気軽にお問合せ下さい!
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
通話料
無料
Cta_detail_call_icon
0066-97356-5325
Cta_detail_mail_icon メールで問い合わせ
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

 

インターネットが急速に広まり、検索1つで弁護士の無料相談ができる便利な世の中になりました。しかし、弁護士の存在も身近になったとはいえ、多くの人はよほどのトラブルがない限り弁護士に相談することはありませんよね。
 
弁護士は法的に戦える経験と知識を持っています。事件解決に向けて的確なアドバイスもくれます。運が良ければそれだけで問題が解決する力を持っていますし、費用はかかりますが弁護士に依頼すれば問題のスピーディーな解決が期待できます。

 

正式に弁護士に依頼すれば費用もかかってきます。一般の知識では、どうしても解決できない問題が発生した場合、ぜひ無料相談から初めてみましょう。
 
今回は、弁護士の無料相談を受ける前に押さえておいてほしいポイントと、トラブル別の無料相談先一覧、そして、トラブル解決に向けて自分でもできることをご説明していきます。

 

弁護士に相談するのは無料でもちょっと怖い...と感じている方へ

弁護士は確かに敷居の高い存在かもしれませんが、無料相談をすることで、それまで悩んでいたことがすぐに解決できる可能性も高いです。実際に相談へ行くと弁護士は何をしてくれるのか? 最前線で活躍している弁護士、ベリーベスト法律事務所の労働問題リーダー、引地先生にインタビューしました。

 

弁護士に無料相談することで得られる3つのメリット

弁護士への無料相談は、法律トラブルでお悩みの方にとって、ほとんどメリットしかないと言っても過言ではありません。弁護士に無料相談することでどのような結果を得られるのでしょうか。ケースバイケースにはなりますが、おおよそのメリットについてまずはご説明します。
 

法律相談費用は当然無料

『無料相談』とホームページなどに記載されている弁護士事務所は当然相談料がかかりません。無料で弁護士に相談できることは大きなメリットですね。通常であれば、弁護士への相談だけで費用(およそ1時間1万円)がかかる弁護士事務所も多いです。
 
相談だけでは解決できずに依頼するとなれば、当然費用は発生しますが、相談したからといって無理矢理依頼させられるようなことはありません。少しでも疑問を感じたら別の事務所で話を聞いてもよいでしょう。
 

無料相談だけで問題が解決に向かうケースもある

トラブルの程度にもよりますが、相談だけで解決するようなケースも少なくはありません。例えば、相手から訴えられていたけど法的根拠がまったくない場合の対処法や、ちょっとした法律の疑問を尋ねるようなケースです。
 
ただ、すでに問題化しており、法的に解決させていくためには、実際に弁護士に依頼しなくては難しいケースもあります。無料相談を利用することで、実際に弁護士にお願いするかどうかの判断もしやすくなるでしょう。
 

弁護士探しにも役立てられる

また、後述しますが弁護士選びは依頼者と弁護士の相性も重要です。インターネット上の情報や口コミなどだけでは、その弁護士との相性を判断することは難しいでしょう。実際にその弁護士と直接相談してみて弁護士選びに役立ててみるという方法も有効です。
 
また、依頼した場合の弁護士費用についても弁護士事務所によって、設定の方法がまちまちです。料金面も無料相談の時点で詳しく聞くことができれば、いざ依頼するという事態になったときにも役立てられるでしょう。

 

 

 

労働問題別|残業代請求や不当解雇の弁護士相談窓口

以上のようなヒントを元に、生活をおくる上でさまざまなトラブルが発生した際、以下のサイトから弁護士の無料相談をしてみてください。

サイトに掲載されているすべての弁護士事務所が、無料相談を実施しているわけではありません

 

会社の体制や対応に何かおかしいと思ったら、弁護士に相談すべき案件かもしれませんが。『上司のパワハラを辞めさせる方法』や、『有給休暇で角の立たない理由を教えてほしい』『日頃から嫌味を言われる程度のパワハラ』といった内容には、弁護士も対応はできません。もしそういったことを聞きたい場合は、厚生労働省の『総合労働相談センター』にご相談頂くか、『無料相談Q&A』をご利用ください。

 

残業代請求に関する相談

  • 正しい残業代の計算をしたい
  • 残業代請求に有効な証拠を取りたい
    • もしくは手元に無くても大丈夫なのか知りたい
  • 残業代や賃金が未払いになっている
  • 請求したのに会社が対応してくれない
  • 労基署に行ったら断られた などに対応

 

 

 

 

不当解雇に関する相談

  • ひどいパワハラを受けて退職に追い込まれた
  • 退職勧奨をうけて辞めざる得なかったので慰謝料を請求したい
  • なんの理由もなく突然解雇された などに対応

 

 

解雇予告に関する相談

  • 解雇予告なしに解雇されたので、次の職場が決まるまでの賃金を請求したい
  • 労働基準法違反なので制裁を加えたい
  • 解雇証明書の発行がされない などに対応

 

 

内定取消に関する相談

  • 就職するはずだった企業からいきなり取下げられた
    • 引っ越し等にかかった費用を負担してほしい
  • 内定取り消しの無効を争いたい
  • 取り消しに対する損害賠償を請求したい などに対応

 

 

雇い止め・不当な派遣切りに関する相談

  • 不当な契約終了に対して争いたい
  • 契約終了を撤回し、働き続けたい

 

 

労災に関する相談

  • 仕事中に負った怪我なのに会社が負担してくれない
  • 労災隠しに遭っている
  • 支給される金額が少なすぎる

 

 

 

 

弁護士の無料相談先を選ぶ3つのポイント

さらに弁護士の相談先を選ぶ際に押さえておくとよい相談先が見つかる3つのヒントをお伝えします。
 

地域で選んでみる

『有名で信頼のおける弁護士・事務所』というのも相談先を選ぶ1つの判断基準ではありますが、それ以前にもっと押さえておくべきポイントがあります。それは、地域で選ぶことです。
 
「無料相談だけ」と考えていても、弁護士のアドバイスを聞くうちに予想以上に請求できる金額があったり、そのまま依頼して解決しもらおうと考えが変わることもあるでしょう。
 
遠方の弁護士に相談すると、そのような展開になったときにまた1から別の弁護士を探さなくてはなりません。無料相談の時点で近場の弁護士に相談していると、展開が変わった際にもそのままスムーズに話を進められます。
 

細かいトラブルごとに選ぶ

例えば、同じ民事問題でも「離婚の話し合いが難航している」というのと「急に解雇されてしまった」というのでは取り扱う分野がまったく違います。刑事事件でも「加害者側」と「被害者側」では弁護士の担う役目も大きく変わります。
 
発生したトラブルの属する分野を、より多く取り扱い、知識も経験もある弁護士に相談することでより適切な回答を期待できます。
 
以下に、日常で考えられる法律トラブルごとに、得意とする弁護士を集めたサイトを記載しますので、それぞれのサイトからあなたのお住まいの地域の弁護士に相談してみてください。
 

弁護士選びは相性が重要

弁護士選びは依頼者と弁護士との相性が重要です。例えば、いくら敏腕な弁護士でもズバズバと結論を言われるといやな気分になる方もいるでしょうし、反対に親身に対応してくれる弁護士に対して「そんなこといいから早く結論を言ってくれ」と思う依頼者もいるでしょう。
 
あなたが現在悩んでいることに対して、上手く引き出してくれる弁護士を無料相談の時点で見つけることができれば、いざ依頼するとなったときでも、大きな力となってくれるでしょう。
 

 

弁護士に無料相談をする前に準備しておきたい3つのモノ

いかがでしょうか。各サイトに記載されている弁護士事務所の電話番号に問い合わせるだけで簡単に弁護士に無料相談ができます。ここでさらに、相談前に準備しておくことで格段に室の高い無料相談になるものを3つお伝えします。
 

詳しい現状と願望をある程度決めておく

『いつ』『どこで』『誰に』『どのような』ことで悩んでいて、どのようにしたいのかは相談の際にしっかり伝えられるようにしておきましょう。弁護士に相談しようと思うことは、相当切羽詰った状況であることも考えられます。
 
いったん落ち着いて『現状』と『願望』の要点を紙にまとめて書き出しましょう。伝えたい要点がまとまっておらず、感情のまま「どうしたらいいですか?」と聞かれても、弁護士も返答に困ってしまいます。

 

トラブルに対する事前知識を準備する

刑事事件や交通事故などの緊急性の高い問題でなければ、関連する法律知識を身につけておくと相談の質がさらに上がります。より深く踏み込んだ質問もできますし、弁護士からもらえるアドバイスに対する理解度も上がり、解決へ向けての行動も起こしやすくなります。
 
さらに、事前に調べている段階で自分にあった別の解決方法を見つけられたり、弁護士に相談するまでもない問題だと気付く場合もあります。
 

証拠を準備する

トラブルを解決したいと思っていれば、いずれ『証拠』が必要になります。これはどのトラブルにもいえることです。「相談するだけでいい」と考えている方も、根本は「トラブルを解決させたい」と思っているはずです。
 
その後の事件解決で、「証拠」は必要不可欠になりますし、明確な「証拠」があるだけで弁護士の事件解決に対する取り組みや本気度も大きく変わってきます。

 

 

弁護士への電話相談とメール相談の違い

弁護士の無料相談は、一般的に電話とメールになります。両方の性質を理解し、自分にあった相談方法を取ることで、弁護士の無料相談をより賢く利用することができます。
 

電話無料相談の特徴

分からないことはすぐ質問できる

電話相談の良いところは、レスポンスが早いことです。分からないことがあればすぐに質問することができ、すぐに返答が返ってきます。ただ、事前に要点をまとめていないと相談内容がぼやけ、時間だけがかかる事態になりかねません。
 

弁護士の性質が分かりやすい

電話相談では、声のトーンや反応、語感など、メールでは分からない弁護士の性質を判断することができます。後半で記載しますが、弁護士との相性は事件解決に向けて非常に重要になります。
 

時間に限りがある

電話による無料相談は1時間や30分までと時間に限りがあります。時間を超えると有料になるか、打ち切られます。あらかじめ限られた時間で相談が完了するように要点をまとめておかないと、時間内に明確な答えが出ないまま終わってしまうことがあります。
 

やり取りが残らない

電話のやり取りは残りません。せっかく弁護士から良い返答をもらえたとしても、聞くだけ聞いて、電話を切った瞬間に話の内容や重要な語句を忘れてしまったら調べ直す手立てがありません。電話相談をしながらメモを取るようにしましょう。
 

メール相談の特徴

同一の相談内容を複数の弁護士に送ることが可能

一度相談内容を記載した文章のフォーマットを作ってしまえば、均一でブレのない相談内容を複数の弁護士に送ることも可能です。その中で一番的確な返答が返ってきて、問題解決へ注力してくれそうな弁護士に、電話相談をしてみるなど次のステップに進む相談方法もよいでしょう。
 

時間に制限がない・やり取りが残る

文章を作成する時間はかかりますが、納得行くまで相談内容を練り直すことが可能です。電話相談によくある「アレも聞いておけばよかった…!」ということが少なくなります。また、メールのやり取りは残るので、後からもらったアドバイスと他の情報とを比較することが可能です。
 

時間がかかる、何度も送れない

メールの返信は数日単位で時間がかかることがありますので、刑事事件や交通事故のように緊急性が高く、時間単位で状況が変わるようなトラブルには向いていません。
 
また、いくら手軽に相談できるからといって、友人にLINEを送るように短文で何度もやり取りはできません。1回のメールで相談の要点をすべて伝え、1回の返答で回答が終了するものと考えてください。
 

結局は電話相談や面談になる場合もある

1つの文章だけで現状を伝えることや、弁護士が聞きたいポイントを押さえることは難しいものです。メールのやり取りが長引きそうならば、メールで要点だけ伝え、それを元に電話相談を行ってもよいでしょう。
 
弁護士の方から電話での相談を提案されることもあります。
 

 

 

無料相談は良い弁護士探しにも使える

ここから先は主に弁護士依頼も検討されている方向けのアドバイスを記載します。無料相談は単にトラブルの相談だけでなく、安心して依頼できる弁護士を探すことにも活用することができます。
 
弁護士依頼も検討されている方は、以下の2点を意識してみると良い弁護士を見つける手がかりになります。
 

弁護士との相性を探る

弁護士も人間。正式に依頼するなら相性が非常に大事になってきます。例えば、問題解決への取り組み意識の高さから、相談に対する返答の仕方、もっと言えば声のトーンまでさまざまなポイントがあります。
 
あなたが裁判で勝つのは無理です」とはっきり言ってくれる弁護士を「分かりやすい」もしくは「頼りない」と思うのも受け手の感じ方次第です。逆に何事も「できますよ!任せてください!」と言ってくれることを「頼もしい」または「胡散臭い」と感じるかも人それぞれ。
 
いくつかの事務所に相談してみたら、トラブルの解決方法とは別に、自分はどういう弁護士と相性が良いのかも分かってくることでしょう。無料相談の場でしっくり来なければ、別の弁護士に相談してみましょう。
 

デメリットも言ってくれる

しかし、何でも「できます!」と都合の良いことしか言わない弁護士も考えものです。弁護士は依頼人からもらう費用によって生活を成り立たせていますので、受任することも1つの目的です。
 
正直なところ、問題解決よりも受任するために必死になっている弁護士もいます。ときには依頼人の問題解決のために、料金がかかることや難しいものは難しいとはっきり言ってくれる弁護士は良い弁護士だと考えられます。

 

 

弁護士費用が気になる場合|費用を抑える3つのコツ

弁護士に依頼するとなると、費用がかかってきます。ある程度の費用は仕方ないものの、無料相談の時点で、重複する部分もありますが、少し意識しているだけで高額になりがちな費用を抑えることができます。
 

トラブルの要点をまとめておく

いくら優秀な弁護士でも、要点が分からずあれこれ手をつけていると期間もかかり、費用もかさみます。
 
また「ここまではしてほしいけど、これ以上は必要ない」という境界線がしっかりしていないと、必要のなかったことにまで成果として結果的に費用を支払わなくてはならない事態にもなりかねません。

 

携帯電話を契約する際、考えなしに不要なオプションを付けてしまうことがありませんでしたか?

 

あなたの希望するゴールを明確化しておくことが重要です。
 

料金の話をしっかりしておく 

依頼を考えているのであれば、無料相談の時点で料金の話までしておくことができればベストです。弁護士費用の料金形態は複雑で、予想していた以上の料金がかかることも往々にしてあります。
 
頼りになりそうで、相談にも親身になってくれ、いざこの弁護士に委任しようと話を進めていっても、最終的に料金面で折り合わなければ、また1からやり直しか、料金面で妥協するしかありません。
 
なので、相談内容を一通り伝えた後にこちらが出せる金額を先に提示するとよいでしょう。予算が低すぎるとお断りされる可能性もありますが、良い弁護士ならば予算内でできることを提案してくれるかもしれません。
 

証拠を集めておく

証拠は多ければ多いほど、問題解決の大きな武器になります。証拠が揃っていることで、請求できる金額が上がったり、余計な出費を抑えることもできます。弁護士に依頼して問題解決を考えているならば、『証拠集め』は大事になります。

 

 

弁護士への無料相談はお気軽に

今後弁護士に依頼をする際は弁護士無料相談を利用しましょう」といった内容がメインになりましたが、改めて。当然、相談のみでも弁護士への無料相談では可能です。
 
中には「こんなこと弁護士に相談することでもないかな…」と思っている方もいるかもしれません。また、インターネットの掲示板や質問サイトなどでも法律相談を目にする機会がありますが、そのような誰が回答しているか分からないようなサイトで、法律相談をすることはおすすめできません。
 
お悩みは深い知識を持った専門家への相談をおすすめします。

 

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta_detail_chevron
Office_info_201812201913_22971
東京
港区
NN赤坂溜池法律事務所

  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 企業側の相談可
《解決実績多数》20年以上、証券会社等で働いた社会人経験があります。ご相談者様の立場に立った解決を目指し、迅速にサポート致しますのでお気軽にお問合せ下さい!
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
通話料
無料
Cta_detail_call_icon
0066-97356-5325
Cta_detail_mail_icon メールで問い合わせ
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

 

まとめ

無料相談ができるとはいえ、問題を解決させるには弁護士に依頼をしなければならない場合が出てきます。

 

問題解決を望んでいるのであれば、無料だからと軽く考えず、無料相談の時点で賢く活用することで、最小限のコストで弁護士を味方に付け問題を解決できます。
 
ぜひ、弁護士の無料相談を賢く利用しましょう。

 

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます


労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

その他に関する新着コラム

その他に関する人気のコラム


その他コラム一覧へ戻る