• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 その他
ホーム > 労働問題弁護士一覧 > 東京都の労働問題弁護士 > 葛飾区の労働問題弁護士 > 【金町駅より徒歩1分】弁護士法人 葛飾総合法律事務所
※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。
初回面談相談料 0円 企業側相談可

【金町駅より徒歩1分】弁護士法人 葛飾総合法律事務所

弁護士 代表弁護士 角 学、弁護士 高木 大門
住 所 東京都葛飾区東金町1丁目42番3号道ビル5階
最寄駅 常磐線・京成線「金町」駅から徒歩1分
得意分野
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
初回相談料初回相談料
面談相談料
0円(30分)
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
営業時間外です
03-5875-6124
受付時間: 09:00〜18:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

【弁護士直通電話完備】【平日9時~18時で電話対応】【初回30分面談相談無料】【金町駅徒歩1分】
【金町駅より徒歩1分】弁護士法人 葛飾総合法律事務所からメッセージ

【残業代・不当解雇】等でお悩みの方、弁護士があなたの力になります

定時を過ぎて残業しても、残業代を支払ってもらえないケースは非常に多いです。
残業代を支払わないことは法令違反であり、残業をしたら残業代の請求ができます。
もっとも、請求はできたとしても、実際のところ労働者は泣き寝入りしてしまうことも多いです。

請求をしても企業からさまざまな理由をつけられて支払い拒絶されることもあります。
しかし、残業代は既に発生している賃金なので、泣き寝入りする必要は全くありません。
弁護士に対応を依頼すると支払いを受けられることも多いので、あきらめずに正当な支払いを受けるべきです。

未払い残業代の請求権は原則として「3年で時効」を迎えます。
そのため、迅速な対応が肝心です。

残業代以外にも不当解雇の問題等についても多くの経験があります。
一人で悩まずに、まずはお電話ください。

  • 残業代を請求したい(勤務継続中/退職後)
  • 解雇通知を受けた/すでに解雇されたが、納得がいかない
  • 転職を考えているので退職後に残業代を請求したい
  • 裁判をせずに解決したい など

 

初回面談相談は30無料

当事務所では、初回面談相談を30分無料とすることで、お気軽にご相談していただけるよう配慮しております。

そして、当事務所に相談されることで、残業代請求が認められるのか、どのくらいの残業代が発生しているのか、証拠は足りているか、どのように証拠を確保したらいいのか、などの点に関する見込みをお伝えすることができます。

●残業代請求を検討されている方へ●
残業代請求のご相談をご希望の方は、ご面談時に【雇用契約書・就業規則/タイムカードなど勤務時間に関する資料/給与明細書】などの資料をお持ちいただくと、スムーズです。もっとも、これらの資料が準備できなくても問題ございません。

 

●不当解雇をされた方へ●
不当解雇のご相談をご希望の方は、ご面談時に【雇用契約書/解雇通知書/解雇理由証明書/離職票】などの資料をお持ちいただくと、スムーズです。もっとも、これらの資料が準備できなくても問題ございません。

まずは、お気軽にお電話ください。

 

当事務所が選ばれる理由

労働問題について豊富な解決実績があります

当事務所は開設以来、労働問題、特に残業代請求と不当解雇に注力し、交渉、労働審判、訴訟など様々な手続において解決実績を有しております。

これまでの解決実績に照らして、依頼するメリット・想定されるリスクはどういうものか、解決までにどの程度の時間を要し、具体的にどのような手続の流れで進むのか、ご相談時に絵を書きながら丁寧にご説明いたします。

 

葛飾区社労士会の必須研修講師を担当、豊富な経験と知識で安心のサポート

代表の角は、弁護士登録以来、継続して残業代請求や不当解雇等の労働問題に取り組んで参りました。

また、葛飾区の社会保険労務士会で必須研修の講師も担当しております。

2017年11月 社労士が知っておくべき個人情報保護法ガイドライン
葛飾区社労士会必須研修
2018年11月 事例で学ぶ労働事件の交渉・労働審判の流れ
ー懲戒解雇事件、未払い残業代請求事件を中心にー
葛飾区社労士会必須研修

労働者側だけではなく、使用者側の経験も豊富であるため、双方の視点をもって残業代・不当解雇事案に取り組むことができます。

 

不当解雇・未払い残業代請求実績多数

このようなお悩みはありませんか?

【未払い残業代】在職中の方/退職後に残業代を請求したいという方へ

  • 退職後に残業代を請求したい
  • 1日2時間以上残業をしている/休日出勤が当たり前になっている
  • 「管理職なので残業代は出ない」/「年俸制なので残業代は出ない」と言われた
  • 「残業代は基本給(又は◯◯手当)に含まれている」と言われた など
残業代請求:証拠資料が殆どないものの残業代満額の支払を認めさせ、解決した事例

<内容>

未払の残業代を請求する事件。ご本人はトラックの運転手をしており、雇用契約書も就業規則もタイムカードはなく、LINEで出勤の連絡をしていました。退職にあたり、残業代を請求したいとのご相談を受けました。

<解決>

ご相談後に依頼を受けて、直ちに、会社に残業代請求の通知書面を発送しました。残業代は時効があるため、退職と同時に請求する場合は特に早急に通知文書を発送することが重要です。
その後、開示できる資料はないことが確認できたため、残業代を支払うよう粘り強く交渉をしましたが、会社は支払いを拒絶するばかりでした。
やむを得ず、労働審判を提起するものの会社側は出席をせず、訴訟に移行し、判決で遅延損害金や付加金を含む残業代を満額で獲得することができました。

 

【不当解雇】解雇された方/解雇予告に納得いかない方へ

  1. 既に解雇されているが、解雇に納得ができない

  2. 会社から突然「明日から来なくていい」と言われた

  3. 身に覚えのない理由で、急に解雇を言い渡された

  4. 些細なミスで解雇された

  5. 妊娠や介護などの家庭の事情を理由に解雇通告された など

 

解雇が無効と判断されることは少なくありませんので、上記のような場合に当てはまる方はお気軽にご相談ください。

【※不当解雇にあたるとして解雇無効と判断された場合、必ずしも復職することになるわけではありません。会社への復職を希望されない場合には、一定額の解決金(慰謝料等)の支払いを求めることができます。

 

不当解雇:不当解雇の無効が認められた事例

<内容>

不当に懲戒解雇をされた事件。ご本人は数年前の社内トラブル(既に解決し、円満に仕事を継続していた。)を原因として不当に解雇されました。納得ができず、ご相談をいただきました。

<解決>

ご相談後に依頼を受けて、直ちに、会社に弁護士が依頼を受けたことを示す受任通知を発送しました。この事案は、既に解雇理由が通知されている事案でした(通知されていない場合は、ご本人に取得して頂く場合がございます。)。受任通知により、窓口を全面的に弁護士に移行して、不当解雇に関する協議を行うこととなりました。
その後、会社側も弁護士を立て、弁護士同士で協議を重ねた結果、懲戒解雇は撤回され、さらに、解決金の支払も受け、円満かつ早期に解決できました。

 

まずはお気軽にお問合せください。

会社による一方的な対応に納得がいかなくても、反論することを諦め、退職してしまう方が多くいらっしゃいます。

しかし、弁護士に相談することで、法的な問題はないのか、どのような解決を図ることができるのか(不当解雇の撤回や残業代の支払いを求めることができるか)といった点を明確にすることができます。

その結果、お気持ちが楽になることも多いと思いますので、まずはお気軽にお電話ください。

 

弁護士費用

初回面談相談料:30分まで無料、以降30分毎に5000円(税別)
 

事務所情報
事務所名 【金町駅より徒歩1分】弁護士法人 葛飾総合法律事務所
弁護士 代表弁護士 角 学、弁護士 高木 大門
所属弁護士会 東京弁護士会
住所 東京都葛飾区東金町1丁目42番3号道ビル5階
最寄駅 常磐線・京成線「金町」駅から徒歩1分
対応地域 東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城、栃木、群馬
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:00〜18:00

代表者経歴 代表弁護士 角 学

【学歴等】
・巣鴨中学校・巣鴨高等学校 卒業
・日本大学法学部法律学科(法職コース) 卒業
・中央大学大学院法務研究科法務専攻 修了
・最高裁判所司法修習生

【職歴】
・日本大学法学部司法科研究室付担当講師
・港区内大手法律事務所勤務(平成30年3月末日まで)
・葛飾区内法律事務所にて事務所内独立(平成30年10月まで)
・葛飾総合法律事務所設立(平成30年10月3日より)

【所属団体・役職】
・東京弁護士会所属
・東京弁護士会 相続・遺言部
・東京弁護士会 終活部会
・東京弁護士会 開業・就業支援部会
・日本大学法曹会
・中央大学法曹会
・巣鴨学園巣泳OB会(夏は館山で古式泳法の指導を在校生にしております。)
・葛飾弁護士倶楽部 会員
・葛飾区社会福祉協議会 会員
・東京弁護士会親和全期会 研修委員会 委員

【講演・セミナー等】
2017年 生命保険会社での相続セミナー(営業担当者向けの相続セミナー)
     高齢者施設等での相続セミナー(施設の方向け、高齢者向け共に経験があります)。
2017年11月 社労士が知っておくべき個人情報保護法ガイドライン(葛飾区社労士会必須研)
2018年 生命保険会社でのセミナー(営業担当者向けの相続セミナー)
2018年4月 税理士が知っておくべき改正相続法の検証(東京税理士会浅草支部・上野支部合同会則研修)
2018年5月 税理士が知っておきたい民法改正(相続法)の検証(東京税理士会荏原支部会則研修)
2018年8月 税理士が知っておきたい民法改正(相続法)の検証(東京税理士会日野支部会則研修)
2018年10月 税理士が知っておきたい民法改正(相続法)(東京税理士会会則研修(オープン研修))
2018年11月 事例で学ぶ労働事件の交渉・労働審判の流れ ─懲戒解雇事件、未払残業代請求事件を中心に─(葛飾区社労士会必須研修)
2019年4月 税理士が知っておきたい民法改正(相続法)(東京税理士会板橋支部会則研修)
      税理士が知っておきたい民法改正(相続法)(東京税理士会川崎南支部会則研修)
2019年5月 税理士が知っておきたい民法改正(相続法)(日本税理士連合会全国統一研修会(中野サンプラザ))
初回相談料金体系 初回の面談でのご相談は、30分間、無料で承っております。
著書および論文名 2017年7月 LIBRA2017年7月号「東京弁護士会研修雑感」(東京弁護士会)
2018年2月 週刊現代平成31年2月9日号 相続に関する特集記事(講談社)
2020年1月 こんなところでつまずかない! 刑事事件21のメソッド(第一法規)
2020年4月 日経MOOK よくわかる相続 2020年版(日本経済新聞出版)※編集協力
2020年7月 遺産分割における弁護士・税理士の協働と連携(清文社)
アクセスマップ
住所
東京都葛飾区東金町1丁目42番3号道ビル5階
最寄駅
常磐線・京成線「金町」駅から徒歩1分
【金町駅より徒歩1分】弁護士法人 葛飾総合法律事務所に問い合わせする
現在は営業時間外となります。

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです

対応体制
  • 初回相談料0円
  • 企業側の相談可
お問合せはコチラから
営業時間外です
営業時間03-5875-6124
受付時間: 09:00〜18:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

近くにある弁護士・法律事務所
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職金未払い
初回面談相談料0円
企業側の相談可
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
初回面談相談料0円
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
解雇予告
労働災害
労働審判
初回面談相談料0円
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
雇い止め
労働審判
東京都の弁護士一覧
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。