ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ) > 労働問題コラム > 退職代行 > 退職代行で辞めるのは甘え?利用していいケースや利用者の体験談を紹介

退職代行で辞めるのは甘え?利用していいケースや利用者の体験談を紹介

更新日
退職代行で辞めるのは甘え?利用していいケースや利用者の体験談を紹介
本コンテンツには、紹介している商品(商材)の広告(リンク)を含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
  • 「退職代行を利用して仕事を辞めたいが、これは甘えなのか?」
  • 「周囲から甘えだと非難されそうで怖い」

退職代行を利用したい気持ちはあるものの、周囲の反応に恐れを感じ、利用を躊躇してしまう方も多いでしょう。

退職代行は、退職者の代わりとなって退職の意思を代弁してくれる画期的なサービスです。

サービスを利用して退職することは決して甘えではありません。

本記事では、退職代行を利用して退職することは甘えではない理由と退職代行を利用すべきケースを詳しく解説します。

仕事を辞めたいがなかなか退職できないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

失敗しない退職代行サービス | 信頼と実績で選んだおすすめ3選
サイト名 特徴 料金 公式リンク
Banner jobs
退職代行Jobs
Crown 1

弁護士監修
安価&信頼◎
おすすめNo.1

当サイト限定 !
25,800円~
公式
Banner jobs
退職代行ガーディアン
Crown 2

即日退職可能!
会社とやり取り不要

24,800円
公式
Banner jobs
退職代行辞めるんです
Crown 3

即日退職可能!
退職成功率100%
追加費用一切なし

27,000円
公式

退職代行で辞めるのは甘えではない理由

退職代行を利用して仕事を辞めるのは甘えではない理由を4つ紹介します。

会社に問題があるケースも多いから

退職代行の利用を決意する方の職場の多くは、何かしら問題を抱えています。

人手不足による長時間労働やサービス残業の横行、残業代や給与の未払いなど、退職することでしか問題を解決できないケースがあります。

慢性的な人手不足に悩んでいる会社のなかには、いわゆるブラック企業も多く、従業員から退職の申し出があっても、申し出を受け入れないケースも少なくありません。

損害賠償を請求したり、違約金の支払いを要求されたりするケースも考えられます。

このように会社側に問題がある場合は、自力で退職しようとしてもなかなか実現できないケースが多くあります。

退職代行に依頼すれば、自力で対応するよりもスムーズに退職でき、退職時に発生しがちな勤務先とのトラブルも回避できるでしょう。

心身の健康が優先されるべきだから

仕事によるストレスによって心身の健康が脅かされている場合、自ら退職の申し入れをするのが難しいケースも考えられるでしょう。

職場に行くことさえもできない場合や上司・同僚の顔を見ることさえもつらいと感じる場合もあるはずです。

退職するためには、相当のエネルギーが必要です。

自らの手に負えないときは、決して無理をせずに専門のサポートに頼ることも大切です。

退職代行を利用すれば、退職に関する手続きや退職先との交渉ごとも対応してくれるため、職場の人たちと連絡ややり取りをする必要がなく、ストレスを最小限に抑えられるでしょう。

心身の健康を優先するためにも、退職代行の利用は決して甘えではありません。

退職に時間をかけるのはもったいないから

退職すると決意が固まったら、ダラダラと仕事を続けていても意味がありません。

少しでも早く退職して、新しい仕事や環境に順応すべきでしょう。

自力で退職する場合、退職手続きに時間がかかってしまうケースも少なくありません。

また、交渉が難航してしまうと、予定していたよりもまとまった時間が必要になるケースも考えられます。

退職代行の場合、即日退職に対応している業者を利用すれば、依頼した当日から出社する必要がなく、その日のうちに退職手続きを進めてくれます。

職場のストレスによって精神的にも肉体的にもつらい状態にある方や今すぐにでも仕事を辞めたい方は、退職代行を利用して短期間での退職を目指しましょう。

バックレよりも退職代行のほうがましだから

退職代行を利用せずに、無断欠勤を繰り返し仕事をバックレる方法で退職するケースも多くあります。

しかし、退職代行は、自分の力で辞意を表明するわけではないものの、辞める意思を伝えていることに変わりありません。

社会人として会社に筋を通して辞めようとしている点は高く評価されるべきです。

退職代行を利用するなんて無責任だ」と非難されがちですが、会社から逃げるようにバックレるよりも良い印象を与えられると考えられます。

「退職代行は甘え」という意見が多いのはなぜ?

退職代行は甘えだとする意見が多い理由を詳しくみていきましょう。

業務の引き継ぎなしに突然辞めてしまうから

退職代行を利用するのが甘えだといわれる理由は、業務の引き継ぎをせずに退職してしまう点が挙げられます。

たとえば、次のような業務や作業は、担当者以外の従業員は内容を把握していないケースがほとんどです。

  • 業務の進捗状況
  • 商談の契約状況
  • クライアントや取引先との詳細なやり取り
  • データの保存先
  • 備品の保管場所や使い方

これらの業務を引き継ぎせずに退職してしまうと、後任の負担が大きくなってしまい、通常の業務にも悪影響を及ぼしかねません。

退職代行を利用して退職を検討している方は、退職を考え始めたタイミングから少しずつ引き継ぎ資料を作成しておくのがおすすめです。

従業員が閲覧できる共有フォルダに保管しておくと、誰でも閲覧できます。

退職代行を利用して仕事を辞めたことを責められないためにも、できる限り引き継ぎ資料を作成しておきましょう。

通常は自分で退職意思を伝えるものだから

最近になって多くの人たちに認知されるようになった退職代行ですが、ひと昔前まではこのようなサービスがなかったため、退職する際は従業員本人が伝えるのがあたり前の時代でした。

特に40代以降のミドル世代や60代以降のシニア世代の方たちからすると「退職を第三者に任せることが理解できない」「お世話になった人たちに対して失礼」などのように、退職代行の存在自体を受け入れられないケースも多くあるようです。

しかし、現在は退職代行も幅広い世代に認知されつつあり、多くの人たちが利用しているサービスです。

退職代行は甘えではなく、つらい環境から抜け出すための手段の一つとしてとらえていきましょう。

甘えだと言われても退職代行を利用すべきケース

退職代行を利用すべき5つのケースを紹介します。

パワハラや職場いじめに悩んでいる場合

上司によるパワハラや同僚によるいじめなど、職場での人間関係に悩んでいる場合は、退職代行の利用を検討すべきです。

パワハラやモラハラなどのハラスメント行為やいじめが職場内で常態化してしまうと、精神的にも肉体的にも大きなダメージを受けてしまいます。

うつ病のような精神疾患を患ってしまうケースはもちろん、最悪の場合は自死に至るケースも考えられるでしょう。

精神疾患を発症してしまうと、治療に時間もお金もかかります。

働けない期間が長引いてしまうと、さまざまな問題が生じてしまいます。

なるべく早いタイミングで退職し、新たな職場で仕事にまい進するほうが社会人として今後の長いキャリアにはプラスになるでしょう。

退職代行を利用して、パワハラやいじめが横行する職場からいち早く離れるべきです。

辞めたいと言っているのに辞めさせてもらえない場合

退職の意思を伝えているにもかかわらず、なかなか退職を認めてくれない会社も多くあります。

特に、新卒社員や転職して間もない従業員の場合は、入社してからの期間が短いため、退職をすぐに受け入れてもらえないケースも考えられるでしょう。

会社の引き止めは従業員を説得するだけであれば問題ありませんが、脅迫や暴行などをともなう強引な引き止めは在職強要となり、違法行為とみなされるケースもあります。

退職したいのに引き止めにあっている場合や退職を認めてもらえない場合は、退職代行の利用を検討してください。

激務で心身ともに疲弊している場合

激務を強いられていて心身ともに疲弊している場合も、退職代行の利用を検討しましょう。

精神的にも肉体的にも疲れ切っている状態では、正しい判断ができません。

たとえ、退職したくても、職場から言いくるめられてしまうケースも考えられるでしょう。

第三者である退職代行の力を頼り、客観的な意見を聞くことで冷静に判断できるようになります。

退職代行に頼って、退職意思の伝達や一連の退職手続きを進めていきましょう。

どうしても自分で退職を言い出せない場合

さまざまな事情から自分で退職を切り出せない方も、退職代行の利用がおすすめです。

  • 職場の上司との折り合いが悪く、退職を伝えづらい
  • 人手不足が気になり、退職しづらい
  • 繁忙期で、伝えるタイミングがない
  • 入社したばかりで退職したいと言いづらい

このように、どうしても自分から退職を伝えられない場合は、退職代行を通じて退職意思を伝えてもらいましょう。

自分で退職を切り出さずに済むため、心理的負担を大きく軽減できます。

上司や会社とやり取りする必要もないため、安心して手続きを任せられるでしょう。

即日退職したい場合

すぐにでも退職したいと考えている方は、即日退職に対応する退職代行業者に依頼しましょう。

即日退職とは、依頼した当日に退職手続きを済ませる方法です。

正社員の方が退職する場合、法律上は退職日の2週間前に意思表示すれば退職可能です。

逆をいえば、退職の意思を伝えたあとも、2週間は勤務先に在籍しなければなりません。

退職の意思表示をした翌日に一方的に辞めることはできません。

しかし、即日退職対応の業者に依頼すれば依頼した日から出社する必要がないため、一日でも早く退職したい方に最適といえるでしょう。

失敗しない退職代行サービス | 信頼と実績で選んだおすすめ3選
サイト名 特徴 料金 公式リンク
Banner jobs
退職代行Jobs
Crown 1

弁護士監修
安価&信頼◎
おすすめNo.1

当サイト限定 !
25,800円~
公式
Banner jobs
退職代行ガーディアン
Crown 2

即日退職可能!
会社とやり取り不要

24,800円
公式
Banner jobs
退職代行辞めるんです
Crown 3

即日退職可能!
退職成功率100%
追加費用一切なし

27,000円
公式

退職代行を利用した人の体験談

退職代行を利用した方の体験談をまとめて紹介しましょう。

有給休暇を取得できてボーナスももらえた

ジョブズさんは退職の意思を伝えてくださるだけでなく、有給休暇の取得を希望していることもしっかり伝えてくださいました。法律のことも詳しく説明してくださり、「交渉」はできないけど、会社へ私の希望を伝えるだけなら問題ないと理解することができました。退職届兼有給申請のテンプレートは顧問の女性弁護士さん監修済みのもので安心して利用できました。有給を取得したことで、賞与支給日に在職していたことになり、ボーナスももらえることができました。在職期間が長くなったことでその分お給料も多くもらえ、本当にビックリです。Jobsさんにお願いして本当に良かったです。

引用元:退職代行Jobs

退職意思と同時に有給休暇を取得できるよう希望を伝えてもらえたことで、退職日前に有給休暇を消化できたという口コミです。

有給休暇を取得することで在職期間が長くなり、ボーナスも支給されたようです。

交渉権のない民間業者でも、退職者の希望を伝えることは可能です。

対応できるサービス内容を事前に確認し、信頼できる業者に依頼しましょう。

相談から退職完了までの対応に感動した

毎日仕事が忙しく、毎日残業続きなのに成績も上がらず、苦しい日々でした。成績への上からの圧力は強く、馬頭を浴びせられることもありました。とてもじゃないですが、自分から退職を言い出せる状況ではなかったので退職代行を利用しました。LINEでの登録後、即返信があり、その後の相談でも待たされることはほとんどありませんでした。そして、対応してくれたスタッフの方は本当に親身になって相談に乗ってくれました。会社連絡後の状況報告も素早く的確で、不明点や不安点は一切ありませんでした。はじめは本当に退職できるのか少し不安でしたがジョブズさんにしてよかったです。

引用元:退職代行Jobs

LINEを利用して気軽な気持ちで相談したことで、無事に退職できたという利用者の声です。

自分から退職を言い出せる状況ではなかった方ですが、スピーディーで的確な対応に安心できたと評価されています。

初めて退職代行を利用する方は、いくつかの業者の無料相談を利用し、料金やサービス内容、担当者の対応を総合的に比較してみましょう。

辞めたくても辞めたいといえなかった

私が会社を辞めた理由は色々ありますが、一番は人間関係です。今ではそれがパワハラだったと理解していますが、当時は良く分かりませんでした。私の直属の先輩は後輩の私に対していつも短気で横暴、上司にはペコペコする典型的な嫌な奴でした。たまりかねて、最後は上司の課長に相談して、どうにかしてほしいと伝えましたが、課長は「お前に何か非があるんじゃないか。よく考えてみろ。話はそれからだ」と言うのです。我慢ができず、その日のうちに速攻で退職しました。今は会社を辞めて大学時代にやってみたかった事に色々とチャレンジして、楽しい毎日を送る事が出来ています。仕事辞めて次のステップに進んで、本当に良かったなって心から思います。

引用元:退職代行Jobs

職場の人間関係に悩み、退職代行を決意した方の口コミです。

上司と先輩からのハラスメントに遭っていたと、とてもつらい経験をしたそうです。

退職代行を利用してスムーズに退職でき、充実した毎日を送っているようです。

もっと早く利用すべきだった

入社1年目、夢を持って入ったこの会社だったが上司との関係がどうも上手くいかず、日々怒られる毎日に嫌気がさしました。辞めたくても揉めてトラブルになりそうだと思いガーディアンに頼んで即日退社。苦痛から解放されました。

引用元:退職代行ガーディアン

上司との関係性に悩んで退職代行を利用した入社1年目の方の声です。

上司の高圧的な態度と攻撃的な言葉に大きなストレスを感じていたようです。

退職したいと考えたものの、退職時に揉めてしまいそうだと感じて退職代行に依頼した結果、即日退社を実現できて苦しい日々から解放された様子です。

入社2日で退職代行の利用を決意

全然話が違った。いきなりサービス残業2時間。先輩たちはみんな死にそうな顔で働いている。こんなところにいたら死んでしまいます。でも言い出しにくいかったのでガーディアンに頼んで辞めました。即判断して辞めて本当に良かった。

引用元:退職代行ガーディアン

入社してたった2日で職場の異変に気付いたという利用者の声です。

同僚たちがつらそうに働く姿を見て危機感を覚え、退職代行の利用を決意したようです。

すぐに判断できて本当によかったと感じているようです。

今すぐ会社を辞めたい方におすすめの退職代行サービス3選

今すぐにでも仕事を辞めたい方におすすめの退職代行サービスを紹介します。

退職代行Jobs

退職代行Jobs

料金 25,800円~
決済方法 ・クレジットカード
・コンビニ決済
・現金翌月払い(Paidy)
・銀行振込
運営 株式会社アレス
返金保証 あり
後払い
対応時間 24時間
公式サイト https://jobs1.jp/

退職代行Jobsは、顧問弁護士による監修のもとサービスを提供する退職代行業者です。

一律25,800円で依頼でき、雇用形態や性別、年齢などによって変動することはありません。

退職日の調整や有給休暇の取得、未払い賃金の支払いなどの交渉ごとを依頼したい場合は、追加費用2,000円を支払えば、労働組合に加入できます。

24時間365日相談に対応しているため、シフト勤務の方や平日の日中に時間が取れない方でも利用しやすい代行業者です。

即日退職にも対応しているため、すぐにでも仕事を辞めたい方にもおすすめです。

退職が完了するまで期間無制限でフォローしてくれるため、退職先との交渉が難航する場合も安心して任せられるでしょう。

そのほかにも、転職活動フォローや引越しサポートなどにも対応しているため、退職後の生活に不安を感じている方にも最適な業者です。

退職代行辞めるんです

退職代行辞めるんです

料金 27,000円
決済方法 ・クレジットカード
・銀行振込
運営 LENIS Entertainment株式会社
返金保証 あり
後払い
対応時間 24時間
公式サイト https://yamerundesu.com/

退職代行辞めるんですは、顧問弁護士による適正指導を受けている退職代行業者です。

これまでの累計実績は10,000件以上で、正社員やアルバイトの退職成功率は極めて高く、信頼と実績を兼ね備えた代行業者です。

労働組合と提携しているため、有給休暇の取得や未払い賃金の交渉なども対応可能です。

オプション費用や追加費用などは一切かからず、一律27,000円で依頼できます。

完全後払い制を採用しているため、退職日が決定してから費用を支払えるのも大きな特徴です。

本当に退職できるか不安な方や依頼時に手元に現金が用意できない方も安心して利用できるでしょう。

即日退職にも対応しているため、一日でも早く退職したい方にもおすすめの代行業者です。

退職代行ガーディアン

退職代行

料金 24,800円
決済方法 ・クレジットカード
・銀行振込
運営 東京労働経済組合
返金保証 なし
後払い
対応時間 24時間
公式サイト https://taisyokudaiko.jp/

退職代行ガーディアンは、労働組合が運営元の退職代行業者です。

東京都労働委員会の認証を受けている労働組合のため、違法性はなく、確実に退職に向けた手続きや交渉ごとに対応してくれます。

依頼した当日から出社する必要がないため、即日退職したい方にもおすすめの代行業者です。

過去に退職代行完遂に失敗したケースがないのも大きな特徴です。

法律に従って交渉するため、合法的に退職が成立します。

雇用形態や利用エリア、依頼者の年齢、そして案件の難易度に関係なく、一律24,800円で依頼できます。

対応後に追加費用を請求されることもないため、安心して利用できるでしょう。

さいごに

退職代行は、比較的新しいサービスであるため、サービスを利用した経験のない中高年層の方たちからは、理解されにくいサービスでしょう。

残念ながら、退職代行を利用することを「甘え」と考える方は一定数存在します。

ただし、退職代行を利用することは違法ではなく、誰でも利用できるサービスです。

自ら退職を切り出せない方や過酷な労働環境に悩んでいる方は、退職代行に気軽に相談してみましょう。

自身のケースで対応してもらえるかを判断してもらいながら、費用やサービス内容について説明してもらえます。

退職代行を利用することで、退職を切り出す心的負担を軽減しながらスムーズに退職できます

依頼する業者によっては、即日退職も可能です。

会社と退職する際にトラブルに発展しそうな場合は、会社との交渉が可能な労働組合や法律事務所が運営に携わる退職代行業者を選んでいきましょう。

失敗しない退職代行サービス | 信頼と実績で選んだおすすめ3選
サイト名 特徴 料金 公式リンク
Banner jobs
退職代行Jobs
Crown 1

弁護士監修
安価&信頼◎
おすすめNo.1

当サイト限定 !
25,800円~
公式
Banner jobs
退職代行ガーディアン
Crown 2

即日退職可能!
会社とやり取り不要

24,800円
公式
Banner jobs
退職代行辞めるんです
Crown 3

即日退職可能!
退職成功率100%
追加費用一切なし

27,000円
公式

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
兵庫
埼玉
京都
福岡
千葉
神奈川
Office info 202304141539 42041 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所

【残業代請求/初期費用0円の完全成功報酬制】残業代請求の実績多数。年間の残業代回収実績7.5億円。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円【LINE相談可】

事務所詳細を見る
Office info 202202211950 26281 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202112091354 13561 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202004101658 12941 w220 【残業代の回収実績多数あり!】グラディアトル法律事務所

未払い残業代の回収不当解雇退職代行に対応】◆正当な残業代を弁護士に依頼で簡単に請求会社の人と話す必要なし【勤続年数半年以上/月の残業時間が40時間超の方必見!】<料金表は詳細ページに>

事務所詳細を見る
兵庫県の弁護士一覧はこちら
編集部

本記事はベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

退職代行に関する新着コラム

退職代行に関する人気コラム

退職代行の関連コラム

「 退職代行 」に関するQ&A
退職代行はどんな職業でも利用できますか?

可能です。企業に勤めており、雇用契約の中で働いている一般労働者から、自衛隊、警察等の期間で働いている方でも、弁護士の退職代行はご利用できます。

退職代行サービスとは|メリットや利用のリスク・主要な退職代行業者も紹介
弁護士による退職代行と業者による退職代行は何が違うのでしょうか?

退職代行業者と、弁護士による退職代行業務に大差はありません。いずれも、労働者の代わりに退職の意思を伝えるサービス概要において、両者に違いはないと言えます。ただ、退職代行業者が自社の持つ権限内で適切にサービスを運用しているとは限りません。退職代行業務の中には『弁護士資格』を持つ弁護士にしかできない業務も多分にございます。
その点、弁護士を通すことで上記違反(弁護士法違反・非弁行為)のリスクはありませんし、確実に適法範囲で対応できます。また、未払い残業代や不当解雇、万が一懲戒解雇等の扱いを受けたとしても、弁護士がおりますので、相談によって具体的な解決策の提示を受けられる可能性は高いと思います。

【弁護士に聞く】退職代行は違法?弁護士法違反・非弁行為の判断基準
退職代行によって損害賠償をされるなどのリスクはありませんか?

退職代行を利用したことが損害賠償の理由となることはありません。しかし、在職時の労働者の行いや退職の仕方によっては労働者側に損害賠償義務が認められる可能性もゼロではありません。退職にあたって、会社から損害賠償を請求されるのは、退職にあたって労働者側に何らかの義務(注意義務)違反があり、同違反により会社に具体的損害が生じている場合に限られます。
たとえば、労働者が退職に至るまでの間、長期間の無断・無連絡の欠勤を続けており、退職にあたっても何ら必要な引継ぎ・連絡をせず代行業者を通じて本人が一切出てこないという場合、労働者の会社に対する義務違反を構成することはあり得ます。

退職代行で損害賠償請求をされるリスクはある?リスクを極力軽減させる方法
退職代行に失敗するケースがあるというの聞きましたが、失敗するとどうなるのでしょうか?

代行業者、弁護士のどちらに依頼した場合でも「退職できなかった」というトラブル報告はほとんどみられません。会社も退職代行会社が連絡してくると、退職に応じてはいるようです。つまり、よほどのことがない限り、退職した従業員に対して損害賠償ということは考えられません。(従業員1名が退職したとしても、直ちに損害が生じることは考えにくいです。)ただし、これも絶対ではありません。
過去、入社1週間で退職し、退職の効果が発生するまでの期間も出勤しなかった従業員が勤務先から損害賠償を受け、70万円の支払命令が出た事案があります。(ケイズインターナショナル事件)そのため、どのような辞め方でも絶対に労働者側に責任が問われないというわけでもない、という点は注意すべきです。
とはいえ、通常は退職したことで直ちに会社に損害が生じることはありませんので、過度の心配は不要かと思います。

退職代行が失敗するケースとは?リスクを抑える3つの方法
引き継ぎもせずに退職代行を絵利用して辞めることは可能でしょうか?

状況にもよるかと思いますが、引き継ぎをせずに退職することは多くの場合は可能と思われます。例えば、引継ぎをしないことが会社に対する義務違反とならないような場合や、引継ぎをしないことで会社に具体的な実害が生じないような場合は、引継ぎは必須ではないといえそうです。ただし、『労働者が退職前から、長期間の無断・無連絡の欠勤を続けており、会社の出頭要請にも応じていない』『そのまま退職した結果、会社業務に具体的な支障が生じ、取引先を失うなどの実害が生じている』というケースであれば、労働者が退職代行を入れて引継ぎもなく退職したことについて、損害賠償を求められるリスクはまったくないとはいえないでしょう。

退職代行で引き継ぎ放棄しトラブルに?リスク回避が可能な方法と注意点
キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 関東
  • 北海道・東北
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 202004101658 12941 w220 【残業代の回収実績多数あり!】グラディアトル法律事務所
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
Office info 201812201913 22971 w220 NN赤坂溜池法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
退職代行
給与未払い
退職金未払い
Office info 202303311851 78541 w220 【新潟/北陸エリア】グラディアトル法律事務所【残業代の回収実績多数あり!】
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
Office info 202304141539 42041 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判

あなたの場合、
ご退職後3年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 3 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。