• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
ホーム > 労働問題コラム > パワハラ > 職場いじめのよくあるパターン7選と被害時に役立つ対処法・相談窓口まとめ

職場いじめのよくあるパターン7選と被害時に役立つ対処法・相談窓口まとめ

更新日:2021年06月24日
アシロ社内弁護士|asiro, Inc.
このコラムを監修
%e8%81%b7%e5%a0%b4%ef%bc%bf%e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81

現在、職場で上司や同僚によるいじめを受けていて、辛い思いをされている方がいらっしゃるかもしれません。

 

なぜ自分が理不尽な仕打ちを受けるのか、大抵の方が納得もできなければ、理解もできないことでしょう。

 

ただ相手にどんな言い分があるにせよ、いじめが認められる理由にはなりません。

 

一刻も早くいじめから逃れることを最優先にすべきでしょう。

 

この記事では、職場いじめの対処法や相談窓口、相談時の注意点などについて解説します。

 

また近年の職場いじめに関する動向やよくあるパターン、対象になりやすい人の特徴なども合わせて解説するので参考にしてみてください。


労働問題の解決に実績がある弁護士に相談する
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
京都
兵庫
福岡
和歌山
広島
茨城
その他
Office info 202110151603 39261 w220
【錦糸町】ベリーベスト法律事務所
初回面談相談料0円
電話相談可能
休日相談可
残業代請求
不当解雇
Office info 2051 w220
弁護士 藤井康広 (弁護士法人虎ノ門スクウェア法律事務所)
電話相談不可
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
Office info 2151 w220
弁護士法人勝浦総合法律事務所 東京オフィス
来所不要
初回面談相談料0円
電話相談可能
LINE相談可
休日相談可
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判
【東京都】他の事務所も見る
お住まいの地域を選択してください
北海道・東北
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
群馬
栃木
北陸・甲信越
山梨
新潟
長野
富山
石川
福井
東海
愛知
岐阜
静岡
三重
関西
大阪
兵庫
京都
滋賀
奈良
和歌山
中国・四国
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄

職場いじめは社会的な問題となっている

職場いじめは一部の会社に限った話ではなく、実は深刻な社会問題となっています。

 

厚生労働省の発表によれば、労働局や労働基準監督署に設置された総合労働相談コーナーに寄せられる民事上の個別労働紛争相談において「いじめ・嫌がらせ」が最も件数が多く、しかも年々増加の一途を辿っています。

 

 

引用元:「令元年度個別労働紛争解決制度の施行状況」を公表します|厚生労働省

10年前に比べると、「いじめ・嫌がらせ」の相談件数は2倍以上にも膨れ上がっており、表沙汰になっていない事案も含めると、相当数の職場において問題が起きているといっても過言ではないでしょう。

 

これほどまでに相談数が増加した理由の一つは、ハラスメントに関する問題が世間的に認知された影響が考えられます。

 

パワハラやセクハラが問題ある行為との認識が広まり、被害に遭われた方が相談しに行きやすくなっているのでしょう。

 

職場いじめのよくあるパターン7つ

あからさまな暴力や陰口であれば、いじめと認識しやすいですが、なかにはいじめかどうかを判断しにくい嫌がらせも存在します。

 

職場いじめのよくあるパターンを確認しておきましょう。

 

直接的な暴力や暴言

直接的な暴力や暴言が職場で行われていれば、問題ある行為なのは疑いようがありません。

 

内容如何によっては、暴行罪や侮辱罪、脅迫罪などの刑事罰に該当する可能性もあるでしょう

 

無視や仲間はずれ

職場での無視や仲間はずれは、直接危害を加える行為ではないとしても、被害を受ける側はかなりの苦痛を強いられます

 

周囲とコミュニケーションが取れないとなれば、業務に支障が出ることは確実。他の社員の足も引っ張ることになり、さらに孤立が深まってしまうことでしょう。

 

無理難題の要求

達成しようのないノルマや過大な残業を強いるなどの無理難題な要求も、職場いじめの一種といえます。

 

要求に応えられないものならさらなる理不尽な仕打ちを受けるかもしれず、とはいえ頑張ったところで到底実現はできず、肉体的にも精神的にも追い込まれてしまうでしょう。

 

ミスを必要以上に問い詰める

ミスは自身だけの問題ではなく、会社や他の社員にも影響がある以上、指導や注意がなされることは致し方ないことです。

 

しかし、ミスに対する注意や指導も度が過ぎれば、いじめになり得ます。

 

とある裁判例では、上司の注意指導や反省書の要求等が労働者の心因反応を引き起こしたとして慰謝料の支払いを命じています(東芝府中工場事件・東京地八王子支判平2.2.1)

 

仮に暴力や暴言など、常識的に考えて通常の範囲を超えたやり方で注意や指導がなされた場合は、専門家に相談してみてもよいでしょう。

 

業務を与えられない・外される

一見すると、業務を与えない・外すだけではいじめと感じにくいかもしれません。

 

しかし、業務を与えられないと職場での存在意義を見いだせなくなり、精神的に苦痛を感じる場合もあるでしょう。

 

過去には、仕事を与えないのは不当行為に当たるとして、慰謝料・損害賠償が認められるとした裁判例もあります(松蔭学園事件・東京高判平5.11.12)。

 

責任を押し付けられる・手柄を奪われる

責任を押し付けられる・手柄を奪われるといった理不尽な仕打ちも、職場いじめの一種と言えます。

 

本来、仕事は会社・社員が一丸となり、協力しあって行うものです。

 

にもかかわらず、個人に責任を押し付けられたり、手柄を奪われたりされると、精神的な苦痛を味わうことがあるでしょう。

 

会社を休ませてもらえない

誰しも突然の体調不良や急用などで休まざるを得ないときはあるものです。しかし、休むなんてけしからんと無理に出勤させる会社は存在します。

 

雇われている身分だと、会社の言い分に逆らいづらいですが、有給をとらせないなどの対応は違法となり得る行為です。

 

体調不良にもかかわらず、無理に出勤させることは、会社の安全配慮義務違反となる可能性がありますし、社員が有給休暇を取得するにあたって、会社が合理的な理由もなく拒否することできません

 

職場いじめの対象にされやすい人にみられる特徴

なぜ自身が職場いじめの対象とされたのか疑問に思う方は少なくないでしょう。

 

この項目では、職場いじめの対象にされやすい人にみられる特徴を紹介します。

 

なお特徴に該当する・しないどちらにせよ、いじめをして良い理由にはなりませんし、いじめを受けていることに非を感じる必要はありません

 

オドオドとしてしまう

他人とコミュニケーションを取る際、オドオドとしてしまう方はいじめの対象になりやすい傾向にあります。

 

せっかちな人や気が短い人、ハキハキした対応を好む人などと、相性が悪いのかもしれません。

 

またいじめに対して仕返しをしてこなさそうな印象が、より拍車をかけている可能性があります。

 

ミスをしがち

ミスをしがちな人もいじめの対象にされやすい傾向にあります。

 

仕事は一人で行うものではないので、ミスをすると周囲にも迷惑がかかります。

 

たまにであれば影響も少ないですが、頻繫となると周りに負担がかかり、周囲を苛立たせてしまっているかもしれません。

 

欠勤・遅刻が多い

欠勤・遅刻の多さに目をつけられたために、いじめの対象とされてしまうのもよくあるパターンです。

 

欠勤・遅刻により勤務時間が少なくなれば、その分、仕事も滞りがちになるかもしれません。

 

その分、他の社員にしわ寄せが行き、迷惑を被ったと感じた社員が、いじめで不満をぶつけてしまうことはあり得ます

 

他人の意見に耳を貸さない

他人の意見に耳を貸さない人もいじめの対象にされやすいといえます。

 

基本的に職場内でアドバイスや意見をするのは、相手を思ってのこと。

 

にもかかわらず、耳を貸さずに好意を無下にされれば、アドバイスをする側としては面白くありません

 

そうした不快感が敵意に代わってしまうと、いじめに発展することもあるでしょう。

 

容姿端麗・成績優秀

職場いじめはひがみや妬みによっても生じます。特にやり玉にあがりやすいのが、容姿や成績です。

 

自分より後に入った人材が周りにちやほやされることを好まない人もおり、そうした人から理不尽な対応をされてしまうことがあるかもしれません。

 

職場いじめにあった際の対処法

実際、職場でいじめにあった場合、状況が理解できずパニックに陥ってしまう方もいるでしょう。

 

ただ自分の身を守れるのは、結局は自分自身です。いじめに負けず身を守るには、落ち着いて冷静に対処することが大切となります。

 

この項目では、職場いじめに遭った際の対処法を紹介します。

 

毅然とした態度で対抗する

職場いじめは、抵抗してこなさそうな相手を選んで行われている場合も少なくありません。

 

したがって、毅然とした態度をとることでいじめを止めさせられる可能性があります

 

しかし、相手によっては、対抗してきたことでいじめがエスカレートする場合もあるので注意が必要です。

 

信頼できる人に相談する

上司や同僚で信頼できる人がいれば、いじめについて相談してみるのもよいでしょう。

 

一人でいじめに対抗するのは容易ではありませんが、社内に味方がいるのであれば状況は大きく変わります。

 

いじめ加害者に対して、直接指導や注意をしてもらえるかもしれませんし、業務で一緒とならないよう考慮してもらえるかもしれません。

 

味方が多いほど、対処の方法にも幅が出てくるので、信頼できる人が職場にいれば、相談してみても損はないでしょう。

 

社内の相談窓口を利用する

職場いじめの被害にあった場合は、社内の相談窓口に相談するのも一つの手です。

 

いじめを含めた職場におけるハラスメントは、近年特に社会問題となっています。

 

そうした対策の一環として、社内にハラスメントの相談窓口を設置することが企業に義務づけられることとなりました(大企業は2020年6月より、中小企業については2022年4月より設置を義務付け)。

 

社内でいじめが起きていることを上層部が必ずしも認識しているとは限りません

 

したがって、相談窓口を通じていじめ被害に遭っていることを申告すれば、何かしらの対策が行われる可能性はあるでしょう。

 

外部の相談窓口を利用する

職場いじめへの対応には、外部の相談窓口を利用するのも有効です。

 

外部の相談窓口では、専門知識を有した相談員が対応してくれるため、より具体的な情報や対抗策を知ることができます。

 

>>職場いじめについて相談できる外部窓口<<

 

転職する

職場いじめの対応策で一番確実かつ手早いのは転職することです。いじめの加害者も転職した相手には、手出しすることはできません。

 

しかし、なかには転職という選択肢が、いじめに負けたように感じられてしまう人もいるでしょう。

 

ただ、最後まで対抗しても満足する結果にならないものになる可能性があることを考えると、転職で気分や環境を一新させるのも悪くはないでしょう。

 

職場いじめの加害者を訴えて責任をとらせることは可能か?

悪質な行いをした加害者や、いじめを放置した会社が、何の責任も取らされないなんて納得できないと思う方は少なくないでしょう。

 

職場いじめについて、法的手段にて解決を図ることも不可能ではありませんが、そのハードルは高め。

 

一つは、証拠の問題です。

 

加害者や会社に対して法的に責任追及をするためには、具体的にどんないじめがあったのかについての証拠が必要となります。

 

会社内のいじめ、嫌がらせについて物的な証拠や証言をしてくれる他の社員がいれば良いですが、証拠収集はなかなか難しいところがあるでしょう。

 

また、解決するための費用の問題もあります

 

職場いじめ等のハラスメントに関する慰謝料相場は、30万円~100万円前後です。

 

仮に弁護士に訴訟の代理人を依頼するとした場合、事件内容にもよりますが弁護士費用は50万円~100万円前後はかかると思われ、場合によっては費用倒れの可能性もあるでしょう。

 

加えて、訴訟を提起したとしても、必ず損害賠償請求が認められるかどうかも分かりません。

 

そのため、いじめ加害者や会社に法的責任を取らせるためには、時間や費用がかかるリスクを負うという心構えが必要です

 

職場いじめで困った場合に頼れる相談窓口

職場いじめに関して、身近に相談できる相手がいないケースも少なくありません。

 

この項目では、職場いじめで困った際に頼れる相談窓口を3つ紹介します。

 

労働問題弁護士ナビ

労働問題弁護士ナビは、名前のとおり、労働問題に特化した弁護士検索ポータルサイトです。

 

サイトでは労働問題に注力している弁護士・法律事務所だけを掲載しております。はじめて弁護士に依頼をするという方でも、安心して労働問題に精通した弁護士を探すことができます。

 

掲載弁護士・法律事務所へのサイトを通じた問い合わせの場合、通話料がかからないのも魅力です。

 

総合労働相談コーナー

総合労働相談コーナーは、各都道府県の労働局や労働基準監督署内などに設置された労働問題に関する情報の提供を行うことを目的とした相談窓口です。

 

解雇や雇止め、賃金の引下げ、いじめ・嫌がらせ、パワハラなど、あらゆる分野の労働問題に関して相談に応じてくれます。

 

無料かつ予約不要で利用できるため、いざというときに駆け込みやすい相談窓口です。

 

営業時間|9:00~17:00( 土・日・祝日・年末年始は休み)

 

ハラスメント悩み相談室

厚生労働省運営のハラスメント問題に特化した相談窓口です。

 

相談方法は電話またはメールのいずれかで、匿名での利用も認められています。

 

なお相談にあたって、いじめ加害者の行為がハラスメントに該当するか、法律に違反しているかどうかの判断を相談員が下すことはできないので注意してください。

 

営業時間|

電話/対面 平日12:00~21:00/土曜・日曜 10:00~17:00( 土・日・祝日・年末年始 は休み)

 

職場いじめに関する相談を行う際のポイント

職場いじめに関する相談を行う際、ご自身の置かれた状況を相談相手に理解してもらえるかどうかで、得られるアドバイスや情報は大きく変わります。

 

この項目では、職場いじめに関する相談を行う際に、相手に理解してもらいやすくなるためのポイントを解説します。

 

時系列や登場人物を整理しておく

相手に自身の置かれた状況について説明する場合、時系列や登場人物が整理されているだけで、理解のしやすさがかなり違います

 

相談対応経験が豊富な専門家といえども、時系列や登場人物がバラバラでは話の内容を理解するのは難しいといえます。

 

そのため、きちんと事情を理解してもらいたいのであれば、時系列と登場人物を整理し、話す内容をまとめておきましょう。

 

相談の目的を明確にしておく

基本的にどこの窓口においても、あらかじめ決まった時間や回数しか相談できません。

 

となると、すべての疑問や悩みに対して回答を得ている余裕はないといえます。

 

したがって、相談の目的を明確にし、聞きたいことを整理しておくことが大切です。

 

目的が明確になっていれば、自ずと質問すべきこともまとまり、効率よく相談が行えるでしょう。

 

証拠を揃えておく

職場いじめの存在を明らかにするうえで、証拠は必要不可欠です。

 

証拠は多いに越したことはないので、できるだけ相談をしに行く前から集めておくことをおすすめします。

 

証拠がある程度揃っていれば、より具体的なアドバイスや対応策が得やすいはずです。

 

まとめ

職場いじめに関する相談件数は、近年増え続けています。

 

職場いじめに関する問題は、一人で抱え込まず、まずは誰かに相談してみることをおすすめします。

 

相談窓口が社内になく、身近に相談できそうな相手がいない場合は、社外の相談窓口を利用するとよいでしょう。

 

  • 労働問題弁護士ナビ
  • 総合労働相談コーナー
  • ハラスメント悩み相談室

問題解決に向けて、まずは自分から動き出してみましょう。

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

※未払い残業代問題が30日で解決できる『無料メールマガジン』配信中!

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2020・OD・037

この記事の監修者
アシロ社内弁護士|asiro, Inc.
株式会社アシロに在籍する弁護士が監修。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

パワハラに関する新着コラム

パワハラに関する人気コラム

パワハラの関連コラム

キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 全国
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 202108311139 46821 w220 弁護士法人春田法律事務所 福岡オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE相談可能
休日の相談可能
残業代請求
Office info 202106021053 42041 w220 【神戸・兵庫/相談窓口】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE相談可能
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判
Office info 202110151553 13601 w220 【福岡】ベリーベスト法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
Office info 202110151552 13391 w220 【大阪】ベリーベスト法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 2 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。