• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 その他
ホーム > 労働問題コラム > ブラック企業 > 仕事や会社を辞めたい方へ|主な理由や辞めて良いケース・後悔しない判断ポイント

仕事や会社を辞めたい方へ|主な理由や辞めて良いケース・後悔しない判断ポイント

更新日:2021年02月10日
労働問題弁護士ナビ編集部
このコラムを執筆
Img 1543817411

仕事を辞めたい…」と思った経験は誰にでもあるはずです。長時間の残業があったり態度の悪い上司がいたり、労働に見合わない低い給料が設定されていたりと仕事に対する悩みは様々ありますよね。しかし、それらの不満を無理やり我慢して毎日出勤している方が殆どなのではないでしょうか。

 

仕事を辞めたいと思った際の対処法として転職があげられますが、『この会社を辞めたい!』という強い気持ちだけで即行動に移せる方ばかりではないのも事実です。

 

労働者❶

今の仕事をとにかく辞めたいけれど次の職場を探すことが面倒…

労働者❷

会社を辞めるのは簡単だけど、新卒の頃からお世話になった手前、会社やお世話になった人に対して申し訳ない気持ちがある。

労働者❸

いまは『退職代行サービス』もあるし、明日にでも仕事を全部辞めて、会社から逃げ出すことが簡単なのは知っているけど、あとで何を言われるかわからないのが怖い...

上記のような悩みやしがらみがあり、今すぐ仕事を辞めることを決断できない方も多いのではないでしょうか。

 

会社を辞めたいと考え始めた際、多くの場合はネガティブな感情が先行していますから、ほかの人に相談することに抵抗があったり、自分を客観的に見れなくなったりしているはずです。

 

退職・転職に関する相談は、基本的には信頼できる上司や友人などにするのが良いとされていますが、同じような悩みを多く聞き、解決してきた『キャリアアドバイザーや転職エージェントのコンサルタント』に相談するのも選択肢の一つです。(参考:転職エージェントとは?

 

「なかなか行動できない」心理状態のことを専門用語で「現状維持バイアス」と言ったりしますが、いまのあなたの状況を変えるには、やはり行動を起こすことがとても大事です。

 

しかし、ただ単に「仕事を辞めたい」という感情だけで即日に辞めてしまったり、安易に転職してしまうと、あとで後悔してしまうことにもなりかねません。

 

そこでこの記事では・・・

 

  1. 今すぐ仕事を辞めることを決めた方への具体的な方法
  2. 他の人が仕事を辞めたい理由として多いものはなにか
  3. 実際に今の仕事を辞めるのかどうかを判断するポイント
  4. 仕事や会社を辞める前に試して欲しいこと
  5. 今のよりもいい会社に出会うためのポイント
  6. 仕事を辞める・辞めないと決めた方が今の状況を変えていくためにできること

 

などを説明します。仕事を辞めたい…と悩んで判断に困っている方は参考にしてください。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

この記事に記載の情報は2021年02月10日時点のものです
目次

昨今のコロナ禍で、いますぐ仕事を辞めて転職するのは賢い選択なのか?

 

昨今の新型コロナウィルスによって転職市場にも大きな影響を与えており、業績不振によって採用を見送る企業も多いのが現状です。

 

既に「採用活動への影響が出ている」企業が6割以上、大企業では8割
まず、「新卒採用活動への影響度の進捗」について見てみる。
「大きな影響が出ている」は25%、「まあまあ影響が出ている」は39%で、これらを合計した「影響が出ている」(以下同じ)とする企業の割合は64%と6割を超えており、深刻な状況にあることが分かる(図表1-1)。
企業規模別に見ると、従業員数1,001名以上の大企業では「影響が出ている」が78%で、従業員数301~1,000名の中堅企業では「影響が出ている」が76%となっており、ともに8割近くの企業に、既に少なからず影響が出ていることが分かる。

引用元:HR総研:「緊急事態宣言の延長による新卒採用への影響」に関するアンケート 結果報告

 

共同通信社は17日までに主要111社を対象とした2021年度(21年4月~22年3月)入社の新卒採用に関するアンケートをまとめた。採用数を20年度実績(見込み)より減らすと回答した企業は26%に当たる29社で、20年度入社の採用数を尋ねた昨春のアンケートの16%から拡大。新型コロナウイルス感染症の影響で世界不況への警戒感が強まり、採用抑制の動きが出始めた
引用元:新卒採用数「減らす」が26% 21年度入社 コロナ不況を各社警戒 - SankeiBiz(サンケイビズ)

 

このようなコロナ禍の中、『会社を辞めたい。でも転職先がないからいったん待とう』という動きがあるのも事実です。

 

テレワークうつになっているなら転職はあり

一方で、企業がテレワークの導入を余儀なくされた影響でうつ病に似た症状を訴える労働者もおり、一層『会社を辞めたい』と考える方も出てきたようです。

 

真性のうつ病ではない「社会的うつ」状態とは?

新型コロナウイルス禍によるテレワーク期間中、うつ状態になる人や気分が落ち込んでしまった人が少なくないという。対面で人と会うことがなくなって孤独感や孤立感を深めたり、少し時間ができたことで職場の抱えていた問題に気づいてしまったり、というのが理由だ。

病人とまでは言えない「社会的うつ」

彼ら彼女らの多くは、テレワークから通常勤務に戻ることで仕事がうまくいかず、何らかのカタチで精神科や心療内科にかかり、うつ病休職者となるかもしれない。しかし、その大半は真性のうつ病ではなく、「病人」とまでは言えない「社会的うつ」状態に過ぎないという。

引用:うつ病休職者の8割が病気にあらず、コロナで急増の「社会的うつ」の正体 | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

詳しくは後述しますが会社を辞めたい場合、『退職届を退職日の2週間前までに提出する』ことで、雇用期間の定めのない一般的な労働者であれば、これだけで雇用契約を終了させることが可能です。

 

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
2 期間によって報酬を定めた場合には、使用者からの解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
3 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三箇月前にしなければならない。
引用元:民法第627条

 

辞めてはいけない会社はない|退職も転職も労働者の自由

労働者の殆どは自由に退職する権利が法律で認められています(民法627条1項)。

 

したがって、会社が上記のような退職を拒否するような言動に及んだとしても、一方的に退職することは殆どの場合で可能です。また、会社の脅迫的言辞は、ほとんどの場合に法的理由を欠いていますので、通常は無視して問題ありません。

 

会社や仕事を辞めたい5つの理由

新型コロナウイルス感染拡大の影響で労働環境や人間関係の変化があった場合、仕事を辞めたい…と余計に強く思うこともあるかもしれません。

 

この項目では周りの人たちがどのような理由で仕事辞めたいと思っているのかをご紹介します。他の方の意見を知ることで、ご自身の考えを整理するきっかけとなるはずです。

 

 

人間関係がうまくいかない

人間関係は仕事を辞めたいと思う大きな要因です。ネット上には職場の人間関係に悩む声が多く見受けられました。

 

職場は一日の大半を過ごす場所でもありますから、そこに性格の悪い上司や同僚がいればストレスも溜まって当然です。場合によっては仕事のモチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

 

中にはセクハラやパワハラに当たる言動を自分が受けたり、目の前でそのような現場を目撃したりすることで嫌な気持ちになっている方もいるのではないでしょうか。労働環境が整っていないことでパフォーマンスが下がり、退職への気持ちが強くなることもあるかもしれません。

 

「仕事に来ているのだから人間関係が原因でやめるなんて甘えだ…」と自分を責めてしまう場合もあるかもしれませんが、人間関係が原因で仕事をやめる人は少なくありませんので、どうしても辛くなった場合には退職を考えてもよいはずです(参考:会社を辞めたい理由統計)。

 

【関連記事】仕事を辞めたい!人間関係が辛くて悩んだ際の対処法7つ

 

給料が低く上がらない

給与が低いことも仕事を辞めたい理由の一つとして考えられるでしょう。給料に見合わない労働を求められることで働くこと自体に嫌気がさしてしまう場合もあるかもしれません。

 

 

どんなにやる気があったとしても、生活がままならないような給料では仕事へのモチベーションが下がるばかりです。「給与は低いけど好きな仕事だったから…」「人間関係も良好で給与以外は文句がないから…」と給料の低さを我慢し続けている人もいるかもしれません。

 

労働時間が長く休みが少ない

労働条件の不満も仕事を辞めたいと思う要因となるでしょう。ここでの労働条件の不満とは、長時間労働や休日の少なさが該当します。仕事に行って帰って寝るだけの毎日は精神が消耗してしまいますよね。

 

 

また、一般的には、月の労働時間200時間前後(残業20~40時間程度)、年間休日120日と言われていますので、それより極端に労働時間が長い方は労働条件も悪いと言えるでしょう。

 

また、法定労働時間を超えて働いたなら(つまり残業した)、残業代が支払われるべきですが、サービス残業等で残業代すら正しく支払われていないとなると、会社が労働基準法に違反している可能性もあるでしょう

 

【関連記事】
労働時間の根本的な考え方|定義や労働時間の平均まで
年間休日の平均は120日|年間休日が少ない場合の対処法3つ

 

会社に将来性がない|新型コロナの影響

退職理由として会社の将来性の不安もあげられます。安定しない職業であったり伸びない業界であれば「この会社大丈夫なの…?」と不安を感じることもあるでしょう。

 

また、天災ともいえる新型コロナウィルスの影響により多くの企業が大打撃をいまなお受けています。緊急事態宣言が解除されたといえ、飲食業界、観光・旅行業界は厳しい状況です(参考:新型コロナウイルス拡大による影響)。

 

急にやってきた不況に不安になり「今の仕事を辞めたい」と感じてしまうのかもしれません。

 

仕事が合わない

仕事が合わないといった理由も挙げられます。人には得意・不得意がありますので、当然仕事が合う・合わないもあるでしょう。

 

 

また、「なかなか仕事に付いていけなくて怒られてばかり」という方もいるかもしれません。自分自身の特性に合わない仕事を続けることで不満がたまるのでしょう。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

仕事や会社を辞めたい場合の対処法

仕事を辞めたい!と感じた場合に取れる対処法を紹介します。

 

人間関係に問題がある場合の対処法

 

会社を辞めたい要因が人間関係にある場合は信頼できる人に相談することが有効です。嫌な上司がいるなど人間関係で悩みが出てきたなら、まずは信頼できる社内の人物に相談してみましょう。社内で味方が増えるだけでも人間関係の悩みは軽減されるでしょう。

 

上司にパワハラやセクハラを受けている場合もあるかもしれません。そのような場合には、人事部などに相談し、部署異動などの提案することも考えてみてください。

 

【関連記事】5分で完結!パワハラ上司の特徴と止めさせる具体策

 

また、仕事での人間関係の悩みは、多くが社内の人物に対するものです。一度目線を変えて、「上司のために」ではなく「お客様のために」働くことを今一度考え直してみることも一つの方法でしょう。

 

給与面に問題がある場合の対処法

 

給与面に問題がある場合には会社に給与交渉したり、新しい資格を取得したりすると希望に近い結果が出るかもしれません。経営陣や上司と年に数回面談があるのなら、しっかり結果を出していることをアピールして給与交渉しましょう。

 

専門性が高い職業であれば、資格取得を目指してみても良いでしょう。会社によっては資格手当として数万円程度上乗せされる場合があります。

 

もし、そこまで仕事に取り組めることができる方であれば、他の会社に行っても高い評価をもらえる可能性が高いです。より良い条件の会社に前向きに転職を検討してみても良いでしょう。

 

一方で、上記でもお伝えしたように長時間労働を行っているのにきちんと残業代などが支払われていない場合、払われるべきものはきちんと受け取っておきましょう。

 

違法に賃金を払わない会社にお勤めであれば、早々に見切りを付けて転職しても良いでしょう。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

労働環境に問題がある場合の対処法

 

労働環境に問題がある場合、まずは定時を意識して働いたり有給をとったりして休息を取りましょう。仕事から離れることによって今の会社に対する客観的な意見を持つことができるはずです。

 

休みを取ることが難しい場合にはテレワークへの切り替えを検討してもよいかもしれません。昨今は新型コロナウィルスの影響もあり、テレワークの導入が推進されていますので、一度かけあってみても良いでしょう。

 

また、本人は「労働環境が悪い」と思っていても、実はやり方次第で改善できるケースも少なくありません。定時で帰れるようにスケジュールを組みなおしたり、上司に提案してみることで、今より労働環境が良くなることも十分あります。

 

また、会社によっては『みなし残業』や『変形労働時間制』などの少し複雑な労働契約が結ばれているケースがあります。これによって「残業代を払わない理由」を作られているわけですが、実際には正しく残業代が支払われていないケースもあります

 

あなたご自身が労働関係の法律を学ぶことも重要な対処法です。働く方も労働基準法の基本部分を理解することで、無駄な長時間労働を改善するきっかけにも繋がります。長時間労働が蔓延しているようでしたら、ぜひ残業代請求に関する他の記事もご覧ください。

 

→「残業代請求の解決コラム一覧

 

もし有給が取れない場合

有給休暇は、労働者に与えられた正当な権利なので、取得理由まで会社に報告する必要はありません。ただし、繁忙期や決算期などでその労働者が休むと業務に影響が出てしまう場合、会社は取得時期を変更するよう促すことができます。

 

有給休暇が拒否されてしまった理由を、上司などに改めて確認しましょう。

 

  • 業務上やむを得ない理由なのか
  • 他の時期なら取得させてもらえるのか

 

上記のようなポイントを聞き、拒否の理由が時季変更権によるものなのかを判断します。

 

【関連記事】会社に有給休暇を拒否された|時季変更権の確認とパワハラへの対処法

 

会社の将来性に不安がある場合の対処法

 

終身雇用が珍しくなった現代では「どのような会社に勤めるか?」よりも「どのような社会人か?」という重要性が高くなっている傾向にあります

 

ですので、仮に会社の存続が危うくなってもあなた自身に強みがあれば、転職や独立などで収入を得られ続けるでしょう。ご自身が真剣に取り組める仕事を見つけて技術・知識・経験を身に付けておきましょう。

 

ここ十数年ではインターネットが目まぐるしく発展しました。それに伴い、仕事にも大きな変化が起こりましたが、今後も今までの常識を覆すような変化が起きてくるでしょう。新しい変化を楽しみながら柔軟に受け入れていきましょう。

 

なお、新型コロナウイルスの影響でほとんどの業界で新卒採用の見送りや、中途採用のストップが起きています。しかし、逆に採用を強化した業界・企業があるのも事実です。

 

企業活動を維持するために、また、こんな時期だからこそ売り上げを伸ばすために必要な「即戦力人材」の採用については、継続している求人が多数あります。さらに、コロナの影響を受け、多忙になっている業種・企業からは急募求人も出てきています。実際、私の転職エージェント業務は、コロナ禍が深刻化した3月以降もフル稼働状態が続いています。

引用元:コロナ危機で求人増やす企業も 採用強気業種の共通点|出世ナビ|NIKKEI STYLE

 

特にベンチャー企業や医療業界・EC業界ではその動きは顕著であり、『FastGrow』という若手経営者や起業家向けのメディアを運営する、スローガン株式会社で、『新型コロナウイルスにも素早く適応し採用し続けている、注目企業』という企画を行うなど、採用に積極的な企業は意外と多くいるようです。

 

人を軸にした新産業ビルダーとして事業を展開するスローガン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:伊藤 豊、以下 スローガン)は、テクノロジー領域で活躍中の起業家・経営層と若手経営人材をつなぐビジネスコミュニティ「FastGrow」において、急激な環境変化に適応しながら、積極採用中の注目企業を紹介する「Fast Movers」を2020年4月16日(木)に開設しました。
引用元:PRtimes

仕事が合わない場合の対処法

 

1つの会社でもいろんな人の仕事によって会社が成り立っています。わざわざ転職をしなくても、同じ会社内の部署異動などでご自身の力を発揮できるケースもあるでしょう

 

「今の仕事は合っていない」と思っていても、他の部署で活躍できないかどうかを考えてみてください。

 

どうしても仕事に付いていけない方は、期限を決めて「いつまでに○○できなければ辞める」など、一定期間内にできるように努力してみましょう。達成できれば自信を持つことに繋がります。

 

もちろん、上司とよく話し合うことが大前提ですが、それでも解決に至らなければ一度上司の上司、管理部へ配置転換の申し出や、担当の変更を申し出てみましょう。もし『内部通報窓口』があれば、そこに相談するのも、選択肢の一つです。

 

部下が上司を評価する時代

今の世の中、マネジメントと社員の労働環境の改善は国も力を入れている分野です。『パラハラ防止法』に代表されるような雇用環境の改善や、部下が上司を評価する『360度評価制度』の導入が進んでいる中、社員を人財として扱えない企業、または上司がいる企業はやはり衰退され、淘汰されるのが現状です。

 

厚生労働省から発表されている『働きやすい・働きがいのある職場づくりに関する調査報告書』においても、働きやすい職場環境の構築が、結果的に会社の成長に繋がることが示されています。

 

労働者から「この会社に入りたい」、「この会社でずっと働きたい」と思われるような魅力ある職場づくりを進めていくことが重要であり、そのためには従業員が「働きやすさ」(働く苦労・障壁が小さい)や「働きがい」(働く価値がある)を感じられるような職場づくりを進めていくことが必要であると考えられる。さらに、従業員の「働きやすさ・働きがい」を実現することにより、従業員の仕事に対する意欲が向上し、生産性やパフォーマンスの源泉にもなることが考えられる。

引用元:厚生労働省|働きやすい・働きがいのある職場づくりに関する調査報告書

これらのことは言い出しにくいことかもしれません。

しかし、複数の部下を抱える上司であれば、他の人も同様の課題を上司に対して抱えているはずです。

 

仕事を辞めて良い・駄目な判断ポイント

仕事を辞めたい…と感じていたとしても、理由や状況によってはそのまま同じ会社で働き続けることが最適である場合もあるでしょう。

 

仕事を辞めるべき判断ポイント

以下が要因の場合には仕事を辞めてもよいと判断できるかもしれません。

 

  • 職場の人間関係で悩みがある
  • 労働環境が過酷である
  • 会社の社風・将来が不安である
  • 仕事に行こうとすると吐き気などの身体的症状がでる
  • 仕事の内容が自分の能力に不適合である など

人間関係は自分の努力だけで解決できないことです。いじめやパワハラ・セクハラがあった場合には仕事を辞めてもよいかもしれません。仕事をきちんと教えてくれない、孤立するような雰囲気をだすなど嫌がらせ程度のことであっても、ご自身が自分らしく仕事をできない環境であるならば、辞める判断を下してもよいでしょう。

 

また、長時間のサービス残業があったり許容範囲外の仕事量があったりすることでプライベートに支障が生じているケースもあるでしょう。そのような場合、ご自身の健康を考えて仕事をやめる判断を下してもよいでしょう。

 

仕事を続けるべき判断ポイント

以下が要因の場合には仕事を続けるべきと判断できるかもしれません。

 

  • 何となく働きたくないから
  • 結婚するから(寿退社)
  • 介護があるから
  • 給料が安いから

何となく働きたくない…といった気持ちを多くの方が抱えているでしょう。しかし、仕事がつまらない、働きたくない、といった理由で仕事をやめることは避けましょう。目的もなく退職することでその後の転職に悩む可能性もあります。退職する際には明確な理由と退職後のプランを作ることをおすすめします。

 

生活できないほどの低収入であれば話は別ですが、単に他社よりも給料が安いからといった理由で仕事をやめることはおすすめできません。昇進することで給料が上がる可能性もありますし、転職を考えたとしても現状より高い給料で働ける保証はないからです。給料が低くて仕事を辞めたい場合には会社の将来性や社風などを考慮してから退職を検討するとよいでしょう。

 

仕事や会社を辞める前に試して欲しい7つのこと

漠然と「仕事を辞めたい」と思っている方でも、突き詰めると何かしらの理由がいくつか出てくるでしょう。

 

大事なのは、実際に仕事を辞めるのかどうかということです。

 

多くの方にとって転職は人生の中でも重要なターニングポイントになるため、深く考えずに転職をすることはあまりおすすめではありません。

 

こちらでは実際に仕事を辞めるかどうかを判断するヒントについて説明します。

 

 

辞めるかどうかを判断するためには上記のような流れで自分の考えを整理することをおすすめします。以下でそれぞれの手順の項目の説明をします。

 

仕事を辞めたい理由を洗い出してみる

仕事を辞めたいと思っているのであれば、前述したような辞めたい理由があるはずです。

 

まずは、辞めたい理由を言語化して紙などに書き出しましょう。

 

人によっては複数の理由が出てくるかもしれませんし、強く辞めたい理由が1つだけ出てくるという方もいるかもしれません。

 

どうなれば仕事を辞めないかを書き出してみる

辞めたい理由が出てきたなら、具体的に今の状況からどう変われば辞めなくても良いのかを書き出しましょう。

 

辞めたい理由ごとに例を挙げると以下のようなものがあります。

 

労働条件改善の場合

  • 残業は月40時間以内
  • 週休2日は欲しい
  • 大型連休が取れるようにしたい
  • 19時までには家に帰れるようにしたい
  • 転勤がない

 

給与面改善の場合

  • 月給〇万円以上
  • 残業した分はしっかり払ってもらう

 

会社の将来性が心配な場合

  • 経営方針が変われば…
  • 古い習慣が根付いている職場の改善
  • 給料が上がるようにして欲しい

 

人間関係の場合

  • 苦手な上司との関係
  • パワハラ・セクハラが無い

 

仕事が向いていない場合

  • 配置転換
  • 厳しいノルマの緩和

 

「これだけは譲れない」ことは何かを書き出してみる

ここで大事なことは、まずはこれだけは譲れないことに絞ることです。

 

あれもこれも願望を挙げていると、全てを実現することは難しくなりますし、仮に転職したとしても全てに該当する職場に巡り合う可能性も低くなるでしょう。

 

さらに深く考えて多面的な見方をする

例えば、ある上司が強烈に苦手だったとすれば「顔すら合わせたくない」と強く思っているかもしれません。

 

これをさらに深く掘り下げて「なぜ、どこが苦手なのか」をさらに突き詰めてみると「同じ上司でもここが変われば関係を続けられる」に変わるかもしれません。

 

給与面の例でも「月〇万円は必要」それはなぜか?

 

そこを突き詰めてみると、「生活費がギリギリ」→「実は無駄使いが多かった」→「無駄遣いを減らす」と、給与を上げる以外の解決方法が見つかるかもしれません。

 

会社を辞めずに改善できる方法を考える

どうなったら辞めなくても良いのか?が明確になったら、それに対するご自身でできる改善方法を挙げてみましょう。上記でもお伝えしましたが、例を挙げると以下のようなものがあります。

 

《労働条件の改善》

  • 仕事を効率化して定時で帰る
  • 有給申請をしてみる
  • 部下などを頼って休みが取れる体制を作る

 

《給与面の改善》

  • 手当を貰うための条件を満たす
  • 役職に付いて給与を挙げてもらう
  • 結果を出して給与交渉をする

 

《会社の将来性》

  • ご自身でスキルを身に付けておく
  • 会社と話し合いの場を設ける

 

《人間関係》

  • 苦手としている人と一度腹を割って話をする
  • 周りの人を気にし過ぎず、自分やお客様のために働く

 

《仕事が向いていない》

  • 今の仕事をもう一度誠心誠意込めてやってみる
  • 部署転換

 

特に漠然と仕事を辞めたいと思っていた方は、隣の芝生が青く見えている状態になっていることもあるかもしれません

 

ご自身の仕事を今一度誠心誠意込めてやってみることで何かしらの改善が見られるかもしれませんし、辞めたい気持ちに変化が現れるかもしれません。

 

数ヶ月程度の期間を決めて上記のような「○○する」という目標を立ててみましょう。

 

それをやってみて実現できなくてから転職を考え始めても遅くはありません。

 

社内の信頼できる人や友人に相談する

心も体も疲れている状態では、楽しかった仕事でも嫌になってしまうことは多々あります。もし社内に信頼できる上司や同僚がいれば、自分の悩みを相談し、客観的な意見を求めてみましょう。

 

仕事上での悩みはやはり仕事でした解決できませんので、建設的な意見がもらえるかもしれません。

 

他にも、家族や友人にも相談することで、自分では気がつかなかった解決策が見えてくることもあります。キャリアに関することなら転職エージェントに相談することもおすすめです。

 

職場改善が難しければ転職を前向きに考える

ここまでのことをやってみても状況が一向に改善されない場合や、それどころではない粗悪な労働環境の方もいるかもしれません。

 

《粗悪な労働環境の例》

  • 給与や残業代などが正しく支払われない
  • ひどいパワハラやセクハラを受けている
  • 身体を壊すような長時間労働・業務内容

 

その場合は、ご自身の人生を守るためにも転職に向けた行動を起こし始めても良いかもしれません。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

今の会社を辞めたい人が最短2週間で円満に会社を辞める7つの手順

実際に仕事を辞めることを決めた方が取っていく行動をお伝えします。

 

繰り返しますが、転職にはリスクも潜んでいます。転職先を探している途中で「やっぱり今の職場は良い方かも…」と思ったら、上記の改善する方法に戻ってもかまいません。

 

退職願の書き方など、具体的な退職の方法については以下の記事でも解説していますので、さらに詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

 

【関連記事】「退職までの準備と手続き|退職を決めたらやること5つ

 

退職後のイメージをしておく

まず、会社に退職を伝える前に辞めた後にどうするのか?を先に決めておくことをおすすめします。

 

何も決めずに辞めてしまうと、

 

  1. 再就職までの金銭的・時間的な余裕がどんどん無くなる
  2. 結果的に今の会社と同じような条件になる
  3. もっと条件が悪い職場に妥協して転職してしまう

 

ことになり、大きな後悔に繋がってしまいます。

 

次の就職先の目途を付けておく

辞めるタイミングや次の会社への入社のタイミングもあるでしょうから、退職前に転職先を決めておく必要まではありませんが、少なくとも目途くらいは付けておきましょう。

 

どのような条件であれば会社を辞めないかを考え、それを満たしてくれる会社の条件としてもよいかもしれません

 

  • 給与/ボーナス/年収
  • 仕事内容/職種/業種
  • 労働時間/出退勤時間
  • 自宅からの距離/勤務地/通勤方法
  • 職場の雰囲気/会社のビジョン  など

 

上記の項目を例に、望む会社を絞りだしておきましょう。もし条件を満たしてくれる会社が求人票などでも簡単に見つからないようであれば、退職にも慎重になるべきです。

 

家族への相談や説明をしておく

特に同居する家族がいる場合は、会社に退職を伝える前に家族に相談しておくほうが良いでしょう。

 

曖昧な気持ちで「辞めたい」と伝えるだけだと、家族からも反対される可能性が高いのですが、ここまでの手順で「どういう理由で辞めたくて、こういう会社に転職しようとしている」と、しっかり考えが固まっていれば、大抵の場合は応援してくれるでしょう。

 

家族からの理解を得られれば、いざ会社に退職を伝える時の勇気も出てきますし、一人で悩むよりも新たな視点でアドバイスがもらえるかもしれません。

 

お金に余裕を持たせておく

今の会社を辞めてすぐに次の仕事が決まれば良いのですが、なかなか決まらないというケースも想定されます。

 

貯金がない状態で退職して就職活動を続け、生活費などで徐々に資金の不安が出てきて、結果的に前の会社と同じような会社で妥協してしまった…と行ったケースもあるでしょう。

 

お金に余裕があるとゆとりを持って転職活動も続けられるはずです。

 

絶対ではありませんが、2ヶ月分程度の生活費くらいは確保しておきたいところです。

 

失業手当が受けられる

退職の過去2年間で合計12ヶ月以上雇用保険に加入していて、働く意思がある(就職活動しているなど)ようであれば雇用保険を受けることができます。

 

受給額は年齢や退職前の状況で変わりますが、おおよそ1日5~6,000円を90~120日分もらうことができます。

 

退職前に貯金ができていなかったという方でも、失業手当を受けられれば数ヶ月の生活費は確保できますので、ぜひ有効活用しましょう。

 

なお、失業手当の申請ができるのは退職した後からとなります。

 

【関連記事】雇用保険の失業等給付(基本手当)とは|給付金額と申請方法

 

会社に退職を伝える|辞めると伝えるタイミングや方法

上記のような準備が整ったのなら、いざ会社に退職の意思を伝えることとなります。

 

まず、退職を伝える人ですが、基本的には直属の上司に一番先に伝えます。法的には2週間前に退職を伝えれば問題ありませんが、引き継ぎなどの関係もあるので、極力は会社で決められた退職を伝える期日に沿って退職を伝えた方が良いでしょう(一般的には1~2ヶ月前がベストと言われています)。

 

「退職届」で「辞めます」と一方的に伝えるよりも、まずは「退職願」で「辞めようと思っています」というニュアンスで退職を伝えていった方が角も立たないでしょう。

 

退職の方向で進める場合は、退職日や退職までの引き継ぎの内容を上司と相談して決めていくことになります。

 

退職を伝える人

  • 基本的に直属の上司

退職を伝える時期

  • 退職日の1~2ヶ月前がベスト

退職を伝える方法

  • 口頭+書面がベスト
  • 書面は『退職願』

 

基本的には引き継ぎを行ってスマートに退職日を伝える

退職時には引き継ぎを行って辞めるようにしましょう。

 

あなたが退職することによって必要になった人員の手配は会社の仕事ですが、後任の人が選ばれたのであれば、後任の人の負担や業務の支障にならないよう、今までの業務内容や情報などを確実に引き継いでおくことがマナーです。

 

有給はしっかり取って辞める

一方で、有給が残っている状態の方であれば、しっかり有休を消化して退職するようにしましょう。

 

有休休暇を退職直前に取ることができれば、転職先も余裕を持って探すこともできます。

 

ですので、退職日は「引き継ぎが終了する期間+残り有給日数」を目安に決めていくと良いでしょう。

 

【関連記事】「有給が取れない!休暇のルールと取れない理由・対処法を解決

 

未払い賃金などがあれば請求する

労働条件や給与面が悪くて辞めたいと思う方も多いかもしれませんが、労働基準法を守っていないような会社では、それまで正しい賃金を支払っていなかったことも考えられます。

 

特に多い問題が未払い残業代問題です。残業はしているのに、異様に残業代が少ないもしくは貰っていないというような方はいませんか?

正しく残業代が支払われていない可能性が考えられます。

 

それまでの未払い残業代を請求したことで、数十万円~数百万円の残業代が支払われたというケースも多いです。退職時に未払い賃金などがある方は請求することも検討してください。

 

後から請求することもできますが、残業代請求の時効は3年となっています。退職から日が経てば受け取れる残業代も減ってしまいます。

 

詳しくは以下の記事で解説していますので、気になる方や該当しそうな方は参考にしてください。

 

【関連記事】「未払い残業代を自分で請求/獲得する為の証拠と手順を徹底解説

 

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta detail chevron
Office info 202101121728 12371
東京
新宿区
【新宿支店】弁護士法人アディーレ法律事務所

  • 来所不要
  • 初回面談相談料0円
  • 電話相談可能
  • 休日相談可
【着手金無料で安心】サービス残業はもうたくさん!残業代を取り戻そう!アディーレ法律事務所なら、残業代請求の弁護士費用は実際に得た経済的利益から。
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

 

『仕事辞めたい』がどうしても言えない場合の対処法

会社に直接退職意思を表明することが躊躇されるという場合は、退職届けを会社に郵送すると同時に有休権を行使するという方法があります。

 

ただし、少し強引な辞め方ですので、辞める会社との関係性は失われることがほとんどです。

 

退職届を退職日の2週間前までに郵送する

労働者から期間の定めのない雇用契約を終了させる場合、2週間前までに終了の通知を行えば足りるとされています。

 

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
引用元:民法第627条

 

このため、正社員労働者から会社に退職届を郵送すれば2週間の経過により雇用契約は終了します。

 

なお、アルバイトや契約社員といった期間の定めのない雇用契約はこの限りではありません。

 

退職日までの期間を有給消化に当てる

退職まで上司に会いたくない、会社に行きたくない場合はそのまま有休消化にあてましょう。

 

なお、退職日まで有休を利用する場合は退職届にその旨も記載しましょう。

 

退職代行サービスを使う

退職代行(たいしょくだいこう)とは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

 

労働者が心理的に萎縮してしまい、簡単には退職できないとことも多いようです。そのような状況に陥った労働者に、スムーズな退職を実現するのが退職代行サービスです。

 

ただし、弁護士法資格を持たない業者が『退職届を代わりに提出する以外の法律事務』に該当する行為を行うことは、2年以下の懲役または300万円以下の罰金刑が適用されます(弁護士法77条)ので、信頼できる業者かどうかは見極めないといけません。

 

ちなみに、一部ではありますが、退職代行を行ってくれる弁護士もいます。万が一揉め事になった場合の交渉や未払い賃金請求の依頼まで可能ですので、弁護士への依頼も検討してみてみてください。

 

【関連記事】【弁護士に聞く】退職代行は違法?弁護士法違反・非弁行為の判断基準

 

失敗しない退職代行サービス|信頼と実績で選んだおすすめ3選

辞めるんです|【業界初】お金は退職成功してからの後払いプラン対応

∟ LINEでの簡単手続きで即日退職可能。支払いは退職成功してからなので安心!

∟ 費用:27,000円

運営会社:LENIS Entertainment株式会社

 

退職代行jobs|顧問弁護士が表に立って適正化を行うサービス

∟ 24時間|LINE・メール相談可能

∟ 費用:27,000円(当サイト経由のみの特別プラン!)

運営会社:株式会社アイリス

 

退職代行サラバ(SARABA)|24時間対応・返金保証付・会社交渉可能

∟ 労働組合(ユニオン)所属のため会社との交渉も可

∟ 費用:27,000円

運営会社:株式会社スムリエ/退職代行SARABAユニオン

 

 

いまの仕事を辞めて、もっといい会社に出会うポイント

 

転職エージェントを使う

転職する際、『転職サイト』に登録して自分で転職先を探す方法が一般的ですが、『転職エージェント』に頼んで自分に合った転職先を探してもらう方法も有効です

 

  1. 転職に必要なサポートが無料で受けられる
  2. あなたに最適な求人を提供してもらえる
  3. 書類選考の通過率を飛躍的に高められる
  4. 転職に成功する確率が格段に上がる
  5. ブラック企業かどうか見分けてもらえる
  6. キャリアに自信がない人も転職を成功させられる
  7. 転職に必要な煩わしい作業がなくなる など

 

求職者にとってはメリットだらけのサービスで、しかも完全無料です

 

本人に前向きな気持ちがあって、今よりも年収や待遇の良い会社に転職したいのであれば、転職エージェントのキャリアアドバイザーは頑張って『あなたに合った企業』を探してくれるでしょう。

 

まれに『エージェントからの電話が多くて面倒』と言う方がいますが、エージェントの電話に出なかった場合、興味なしと判断され、別の方に紹介されてしまうので、できるだけ紹介の電話には出た方が良いでしょう。

 

せっかく良い機会に恵まれたのに、それを手放してしまうのはかなり勿体無い話しです。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

友人からの紹介で入社する

すでに働いている友人から紹介を受けて入社するのも有効です。

 

もし本人が会社を嫌いであったり、少しでも嫌な部分を感じているなら絶対に誘ってきたりはしないはずですから、ある意味どんな転職サイトやエージェントサービスを使うよりも、確実で信頼できるかもしれません。

 

チャンスは多い方が良い!転職できる手段は全て使おう

転職エージェントと友人からの紹介の2つをご紹介しましたが、人によって『良い会社の定義』は異なります。

 

企業の内情は、実際に入ってみないことにはわからない面も大きいですが、また今の会社の現状と同じことを繰り返さない為にも、取れる手段は全てやってみるべきでしょう。

 

ただ、やっとの思いで入った会社がブラック企業だった場合は目も当てられませんので、『ブラック企業の特徴』を参考に、あなたにとって良い会社を見つけてみましょう。

 

 

仕事辞めたいの相談やキャリアの悩みを相談できるおすすめの転職エージェント10選

転職エージェントを比較するポイントについて紹介しましたが、それぞれ比較しても自分では違いが判らないという場合には、評判の良い転職エージェントを利用しましょう。実績のある転職エージェントなら、理想とする職場も紹介してもらいやすいはずです。

 

また、転職エージェントに登録する場合は1つに絞るのではなく、いくつか比較して特に気になった2、3つのエージェントに登録すると良いでしょう。

 

ここではおすすめ転職エージェント10選を紹介します。

 

マイナビエージェント|働きやすい職場へのマッチングに高評価

マイナビエージェント』は転職大手のマイナビが運営している転職エージェントです。これまでの転職サイト運営で築き上げた企業との豊富な取引実績やノウハウを、転職エージェント事業にも活かしています。

 

そのため、他の一般的な転職エージェントと比較しても豊富な求人が魅力となっています。

 

また、中堅層の転職サポートだけでなく、第二新卒や20代を含めた幅広いサポートを行っている点もマイナビエージェントの特徴です。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

 

【関連記事】マイナビエージェントの評判は|特徴やメリットを利用者の口コミから徹底解説

 

リクルートエージェント|転職の情報収集なら登録をおすすめ

リクルートエージェント』は、転職者なら誰もが知っている国内最多の求人数を誇る大手転職エージェントです。全国の求人を網羅しており、他の転職エージェントと比較しても幅広く豊富な求人、非公開求人を保持しているところが魅力です。

 

また、首都圏だけでなく地方の求人や、珍しい業界の案件も取り扱っているため、他の転職エージェントでは見つからないようなニッチな希望に合う転職先が見つかる可能性があります。

 

さらに、ベテランのキャリアコンサルタントが数多く在籍しているため、手厚いサポートを受けられる点も魅力です。登録しておいて損はない転職エージェントだと言えます。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

ビズリーチ|もっと面白い仕事・ポジションを狙うならココ

ビズリーチ』はハイキャリア層向けのヘッドハンティング型転職エージェントです。

 

他の転職エージェントと比較しても年収の高い求人を多く取り揃えており、年収1,000万以上を目指す人に適しています。また、ビズリーチはスカウト機能が充実しています。

 

もちろん自分から応募することも可能ですが、ビズリーチではスカウトで転職を成功させている人がほとんどです。そのため、何か特化したスキルがある場合は企業からのスカウトを待つのも良いでしょう。

 

中長期的な転職活動を予定しており、年収の高い転職先を探すなら、ビズリーチはおすすめです。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

 

パソナキャリア|初めての転職で不安がある方におすすめ

パソナキャリア』はパソナキャリアカンパニーが運営する転職エージェントです。全ての業種、職種をカバーしていますが、他の転職エージェントと比較してIT・通信関連の求人に強みを持っています。

 

また、手厚いサポートやフォローにも定評があり、初めての転職に不安を持っている方にもおすすめです。さらにパソナキャリアには「独占求人」が多く、ここにしか出ていない求人も多くありますので、転職の際にはぜひチェックしてみることをおすすめします。

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

 

doda|求人数で選ぶ最大手のエージェント

dodaは転職業界最大手のインテリジェンスが運営する転職エージェントです。日本国内ではリクナビに次ぐ知名度があり、業界第二位とも言われています。

 

他の転職エージェントと比較しても求人保有数が豊富で、日本全国の幅広い求人から選べるのが特徴です。

 

また、質の高いエージェントによるスピーディーな対応が持ち味となっています。さらに、多くの求人の中からプロ視点でマッチした転職先を提案してもらえるので、転職者と企業のミスマッチが起こりにくいのもdodaの魅力となっています。

公式サイト:https://doda.jp/

 

ハタラクティブ|第二新卒・フリーターからの転職におすすめ

ハタラクティブ』は20代の若年層に特化したレバレジーズが運営する転職エージェントです。一般的な転職エージェントと比較して、第二新卒や既卒などに求人に強みを持っています。

 

また、扱っている求人先は全て実際に取材をした企業となっているため、内情についても詳しく、求人の質に定評があります。中でもエンジニアの求人は全体の2番目の多さです。

 

さらに、ITやWeb専門のエージェントサービスからも求人を取っているため、エンジニアの転職に強いサービスであると言えるでしょう。

公式サイト:https://hataractive.jp/

 

キャリアカーバー|年収600万円以上の転職におすすめ

 

キャリアカーバー』は転職サービス最大手のリクルートキャリアが運営している、エグゼクティブ向けの転職サービスです。他の転職エージェントと比較して、特に経営幹部候補や高年収案件を中心に扱っているという特徴があります。

 

また、キャリアカーバーは幹部候補などの案件が多いため、年収800万以上がメインとなっています。さらに他の転職エージェントでは扱っていないような特別な求人もあるため、キャリアに自信がある人はぜひ利用してみることをおすすめします。

公式サイト:https://careercarver.jp/

 

JAC Recruitment|外資・グローバル人材へのキャリアチェンジなら

 

JAC Recruitment』はイギリス発祥の外資発の日系転職エージェントです。他の転職エージェントと比較して、特定スキルに関するスペシャリストに特化した転職エージェントとなっています。

 

また、グローバルのハイキャリア案件に強みを持っているため、キャリアに自信のある方におすすめです。年収1,000万越えの案件も豊富に保有しているため、年収の高い転職先を探している場合にはJAC Recruitmentでの転職に挑戦するのも良いでしょう。

公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

 

ランスタッド|世界最大級の転職エージェント

 

ランスタッド』は世界第二位のシェアを持つ外資系の転職エージェントです。他の転職エージェントと比較して、総合的な人材サービスも提供しており、優良事業者の認定を持っている点が特徴です。

 

他の一般的な転職エージェントと比較すると知名度が低いですが、外資系企業であるため外資系求人が多めで、サポートも誠実です。

 

ただ日本では後発の転職エージェントということもあり、独占求人なども今のところありません。利用する場合は他の転職エージェントと併用すると良いでしょう。

【関連記事】https://www.randstad.co.jp/

 

マイナビエージェントIT|IT系・エンジニアの転職ならおすすめ

 

マイナビエージェントIT』はマイナビが運営しているIT業界・エンジニアに特化した転職エージェントです。

 

特化型ということもあり、他の大手転職エージェントと比較してレアな求人に出会える可能性が高いため、製造系の求人を探している場合は登録しておきましょう。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

まとめ

仕事を辞めたいと感じる理由には人間関係の問題や劣悪な労働環境などがあげられます。コロナ禍の現在、リモートワークによって人間関係に悩む機会は少なくなったかもしれませんが、仕事への適性や社風など他の問題点が浮き彫りとなり仕事への意欲を持ち続けられない場合もあるでしょう。

 

「仕事を辞めたい」と漠然と思っていても解決には繋がらずモヤモヤした毎日を送るだけです。「どうして辞めたいのか?」の理由を明確にしていって、「どうすれば辞めないのか?」の目標を探し出してみましょう。

 

人によっては今の会社でやり方を少し変えれば良くなるかもしれませんし、転職せざるを得ない状況にまでなっているかもしれません。転職は人生でも大きなターニングポイントですので、真剣悩んで答えを出しましょう。真剣に悩んだ結果なら後悔することも少ないでしょう。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

※未払い残業代問題が30日で解決できる『無料メールマガジン』配信中!

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2020・OD・037

この記事の執筆者
労働問題弁護士ナビ編集部
職場の労働問題・法律分野に深く関わるチームが『職場の不満解決法』や『労働問題の具体的なアドバイス』を、弁護士協力のもと正しい情報提供を行います。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
キーワードからコラムを探す
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 全国
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
【福岡支店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行
【名古屋支店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行
【大阪支店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行
【池袋本店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 2 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。