> 
 > 
 > 
仕事を辞めたい!主な理由別の対処法と今の仕事辞めてよい職場に出会う方法
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2019.8.13

仕事を辞めたい!主な理由別の対処法と今の仕事辞めてよい職場に出会う方法

労働問題弁護士ナビ編集部
執筆記事
Img_1543817411

「仕事を辞めたい…」そう思いながら今の仕事を続けている方も少なくないと思います。

 

転職をすること自体は全く悪いことではありませんが、やはり転職をするということは多くの方にとって人生の中でも大きなターニングポイントともなります。

 

ただ単に「辞めたい」という短絡的な思いだけで転職してしまうと後悔してしまうことにもなりかねません。

 

そこで今回は

  • 他の人が仕事を辞めたい理由として多いもの
  • 実際に今の仕事を辞めるのかどうかを判断するポイント
  • 仕事を辞める・辞めないと決めた方が今の状況を変えていくためにできること

 

などをご説明していきたいと思います。

 

「仕事辞めたい」という嫌~な気持ちで1日の多くを過ごすのではなく、ぜひご自身の成長や成功などの前向きな気持ちで過ごしてもらえるようなきっかけにしていただければと思います。

 

 

 

 

Pc_tool_head_2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn_off

 

失敗しない退職代行サービス|信頼と実績で選んだおすすめ3選

EXIT(イグジット)|メディア等で最も話題のサービス
∟ 即日対応、相談料無料

∟ 費用:50,000円(アルバイト30,000円)
∟ 運営会社:EXIT株式会社

退職代行サラバ(SARABA)|24時間対応・返金保証付・会社交渉可能
∟ 労働組合(ユニオン)所属のため会社との交渉も可非弁/違法のリスクゼロ

∟ 費用:29,800円(追加料金なし)

∟ 運営会社:株式会社ワン/退職代行SARABAユニオン

辞めるんです|2018年の退職実績3,000件
∟ LINE相談可能

∟ 費用:30,000円(期間限定)
∟ 運営会社:イノベーションネクスト株式会社

 

 

仕事を辞めたい5つの理由|みんな仕事を辞めたいと思ったことはある!

それでは最初に、周りの人たちがどのような理由で仕事辞めたいと思っているのかからご紹介していきたいと思います。

 

他の方の意見を知ることで、ご自身の考えも整理できてくると思いますし、本記事の後半では具体的にどのような行動を起こすべきかのアドバイスも行っていきます。

 

理由ごとにどのような対処をすればよいのかどうかもある程度分けることができますので、最初に辞めたい理由を把握しておくことは参考になると思います。

 

参考「平成29年雇用動向調査結果の概況|厚生労働省

 

厚生労働省が発表している「雇用動向調査結果の概要」の中には、「離職理由別離職の状況」のデータがありましたので、そちらをまとめると上図のようになりました。

 

正確には「辞めたい理由」ではなく、「辞めた理由」になるのですが、ある程度似通った結果でしょうからこちらで多かった理由を男女別に分けて説明していきたいと思います。

 

なお、結婚や出産、定年、会社都合などの退職理由は、辞めたい理由には該当しないでしょうから今回は触れずに他の理由を紹介します。

 

 

労働条件の不満

男女ともに一番多い辞める理由となっていたものが、労働条件の不満でした。ここでの労働条件の不満とは、長時間労働や休日の少なさが主になります。

 

一般的には、月の労働時間200時間前後(残業20~40時間程度)、年間休日120日と言われていますので、それより極端に労働時間が長い方は労働条件も悪いと言えるでしょう。

 

また、法定労働時間を超えて働いたなら(つまり残業した)、残業代が支払われるべきですが、残業代すら正しく支払われていないとなると、かなり悪質で会社が労働基準法に違反している可能性が高いです。

 

【関連記事】
月の労働時間の平均は200~220時間程度
年間休日の平均は120日

 

給与等の不満

給与についても男女ともに高い割合の退職理由となっていました。

 

民間給与実態統計調査によると、男性の平均給与(賞与込み)は531万円となっており、年齢別にすると

 

20~24歳:279万円

25~29歳:393万円

30~34歳;461万円

35~39歳:517万円

40~44歳:569万円

45~50歳:630万円

参考:民間給与実態統計調査

 

と、年齢や勤続年数が上がるにつれて平均給与も高くなる傾向にあります。

 

さらには働いている業界によって、高い・低いの傾向はあるでしょうが、上記の給与より低いようであれば転職によってより良い給与がもらえるようになるかもしれません。

 

女性も給与に対する不満は大きい

女性も給与に対する不満が退職理由の上位にきていました。

 

民間給与実態統計調査では、女性の平均給与は287万円、年齢別にすると

 

20~24歳:243万円

25~29歳:318万円

30~34歳:315万円

35~39歳:313万円

40~44歳:308万円

45~50歳:310万円

参考:民間給与実態統計調査

 

となっており、男性のように年齢が増えれば給与も上がることも少ないようです。

 

結婚や出産を機に退職・休職をしたり、復職後も給与よりも時間に融通が利く職場に重きをおいているということが考えられます。

 

Pc_tool_head_2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn_off

 

会社の将来性の不安

女性は低くて、男性には高かった退職理由として会社の将来性の不安がありました。

 

やはり男性は、女性に比べると結婚や育児などで会社を辞めることも少なく、結婚後に家族を養うようになっても会社で働き続けることになるため、会社の存続や低賃金、長時間労働など将来性が不安視されると転職に踏み切ることも多いようです。

 

Pc_tool_head_2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn_off

 

 

育児や家庭に使える時間が少ない

男性とともに女性にも多かった退職理由が、労働条件の不満です。

 

先ほどもお伝えしたように、月200時間前後、年間休日120日が労働時間や休日の平均となっていますが、これらとかけ離れて長く働いているようでしたら働きすぎが考えられます。

 

特に女性は、結婚後も働き続けるとなると、家事や育児などのご家庭に要する時間の確保も男性より必要になってくることも考えられます。

 

【関連記事】
月の労働時間の平均は200~220時間程度
年間休日の平均は120日

 

人間関係

女性の退職理由で多かったものが人間関係でした。

 

確かに著者個人的なこれまでの印象でも、男性はサバサバしているというか仕事は仕事と割り切っている人が多かったのですが、女性は社内での人間関係も大切にするが故に人間関係で悩んでいる人も何度か目にしました。

 

また、女性の場合はセクハラ被害も人間関係の大きな問題として挙げられます。

 

いくら給与面や仕事内容で満足していたとしても、たった1人の上司などからセクハラを受けているだけで、仕事を辞めたいと強烈に思う理由になるでしょう。

 

【関連記事】
上司のセクハラ撃退法|セクハラをやめさせる3ステップ

 

 

仕事を辞めたいと思ったら|続けるか迷ったときの判断基準と辞める前にやっておくこと

このように、漠然と「仕事を辞めたい」と思っている方でも、突き詰めると何かしらの理由がいくつか出てくるかと思います。

 

大事なのは、実際に仕事を辞めるのかどうかという話。冒頭でもご説明したように、多くの方にとって転職は人生の中でも重要なターニングポイントになるため、深く考えずに転職をすることはあまりおすすめではありません。

 

こちらでは実際に仕事を辞めるかどうかを判断するヒントについてご説明していきたいと思います。

 

 

辞めるかどうかを判断するためには上記のような流れで自分の考えを整理することをおすすめします。

 

それでは、以下でそれぞれの手順の項目の説明をしていきたいと思います。

 

辞めたい理由を洗い出す

仕事を辞めたいと思っているのであれば、必ず上記で挙げたような辞めたい理由があるはずです。

 

まずは、辞めたい理由を言語化して紙などに書き出しましょう。

 

人によっては複数の理由が出てくるかもしれませんし、強く辞めたい理由が1つだけ出てくるという方もいるかと思います

 

どうなれば辞めないかを書き出す

辞めたい理由が出てきたなら、具体的に今の状況からどう変われば辞めなくても良いのかを書き出しましょう。

 

辞めたい理由ごとに例を挙げると以下のようなものがあります。

 

《労働条件の改善》

  • 残業は月40時間以内
  • 週休2日は欲しい
  • 大型連休が取れるようにしたい
  • 19時までには家に帰れるようにしたい
  • 転勤がない

 

《給与面の改善》

  • 月給〇万円以上
  • 残業した分はしっかり払ってもらう

 

《会社の将来性》

  • 経営方針が変われば…
  • 古い習慣が根付いている職場の改善
  • 給料が上がるようにして欲しい

 

《人間関係》

  • 苦手な上司との関係
  • パワハラ・セクハラが無い

 

《仕事が向いていない》

  • 配置転換
  • 厳しいノルマの緩和

 

「これだけは譲れない」ことに絞る

ここで大事なことは、まずはこれだけは譲れないことに絞ることです。

 

あれもこれも願望を挙げていると、全てを実現することは難しくなりますし、仮に転職したとしても全てに該当する職場に巡り合う可能性も低くなるでしょう。

 

さらに深く考えて多面的な見方をする

例えば、ある上司が強烈に苦手だったとすれば「顔すら合わせたくない」と強く思っているかもしれません。

 

これをさらに深く掘り下げて「なぜ、どこが苦手なのか」をさらに突き詰めてみると「同じ上司でもここが変われば関係を続けられる」に変わるかもしれません。

 

給与面の例でも「月〇万円は必要」それはなぜか?

 

を突き詰めてみると、「生活費がギリギリ」→「実は無駄使いが多かった」→「無駄遣いを減らす」と、給与を上げる以外の解決方法が見つかるかもしれません。

 

実現できそうな場合は会社を辞めずに改善に努めてみる

どうなったら辞めなくても良いのか?が明確になったら、それに対するご自身でできる改善方法を挙げてみましょう。例を挙げると以下のようなものがあります。

 

《労働条件の改善》

  • 仕事を効率化して定時で帰る
  • 有給申請をしてみる
  • 部下などを頼って休みが取れる体制を作る

 

《給与面の改善》

  • 手当を貰うための条件を満たす
  • 役職に付いて給与を挙げてもらう
  • 結果を出して給与交渉をする

 

《会社の将来性》

  • ご自身でスキルを身に付けておく
  • 会社と話し合いの場を設ける

 

《人間関係》

  • 苦手としている人と一度腹を割って話をする
  • 周りの人を気にし過ぎず、自分やお客様のために働く

 

《仕事が向いていない》

  • 今の仕事をもう一度誠心誠意込めてやってみる
  • 部署転換

 

特に漠然と仕事を辞めたいと思っていた方は、隣の芝生が青く見えている状態になっていることも多いです。

 

ご自身の仕事を今一度誠心誠意込めてやってみることで何かしらの改善が見られるかもしれませんし、辞めたい気持ちに変化が現れるかもしれません。

 

数ヶ月程度の期間を決めて上記のような「○○する」という目標を立ててみましょう。

 

それをやってみて実現できなくてから転職を考え始めても遅くはありません。

 

実現が難しければ転職を前向きに

ここまでのことをやってみても状況が一向に改善されない場合や、それどころではない粗悪な労働環境の方もいらっしゃるかと思います。

 

《粗悪な労働環境の例》

  • 給与や残業代などが正しく支払われない
  • ひどいパワハラやセクハラを受けている
  • 身体を壊すような長時間労働・業務内容

 

その場合は転職に向けた行動を起こし始めても良いかと思います。

 

以下では、仕事を辞める時に取る行動についてご説明していきます。

 

失敗しない退職代行サービス|信頼と実績で選んだおすすめ3選

EXIT(イグジット)|メディア等で最も話題のサービス
∟ 即日対応、相談料無料

∟ 費用:50,000円(アルバイト30,000円)
∟ 運営会社:EXIT株式会社

退職代行サラバ(SARABA)|24時間対応・返金保証付・会社交渉可能
∟ 労働組合(ユニオン)所属のため会社との交渉も可非弁/違法のリスクゼロ

∟ 費用:29,800円(追加料金なし)

∟ 運営会社:株式会社ワン/退職代行SARABAユニオン

辞めるんです|2018年の退職実績3,000件
∟ LINE相談可能

∟ 費用:30,000円(期間限定)
∟ 運営会社:イノベーションネクスト株式会社

 

 

仕事辞めたい人がスマートに会社を辞める7つの手順

こちらでは、実際に仕事を辞めることを決めた方が取っていく行動をお伝えします。

 

繰り返しますが、転職にはリスクも潜んでいます。転職先を探している途中で「やっぱり今の職場は良い方かも…」と思ったら、上記の改善する部分に戻ってもかまいません。

 

退職願の書き方など、具体的な退職の方法については以下の記事でも解説していますので、さらに詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

 

【関連記事】
退職までの準備と手続き|退職を決めたらやること5つ

 

退職後のイメージをしておく

まず、会社に退職を伝える前に辞めた後にどうするのか?を先に決めておくことをおすすめします。

 

今の会社は辞めたとしても、後で別の会社に転職することになるでしょうが、何も決めずに辞めてしまうと、

 

  1. 再就職までの金銭的・時間的な余裕がどんどん無くなっていき
  2. 結果的に今の会社と同じような条件になる
  3. もしくはもっと条件が悪い職場に妥協して転職してしまう

 

ことになり、大きな後悔に繋がるからです。

 

次の就職先の目途を付けておく

辞めるタイミングや次の会社への入社のタイミングもあるでしょうから、退職前に転職先を決めておく必要まではありませんが、少なくとも目途くらいは付けておきましょう。

 

先ほど「こうなれば辞めない」ということを書き出したかと思いますが、それを満たしてくれる会社が次に入社する会社の条件です。

 

もし条件を満たしてくれる会社が求人票などでも簡単に見つからないようであれば、退職にも慎重になるべきです。

 

家族への相談や説明をしておく

特に同居する家族がいる場合は、会社に退職を伝える前に家族に相談しておくほうが良いでしょう。

 

曖昧な気持ちで「辞めたい」と伝えるだけだと、家族からも反対される可能性が高いのですが、ここまでの手順で「どういう理由で辞めたくて、こういう会社に転職しようとしている」と、しっかり考えが固まっていれば、大抵の場合は応援してくれると思います。

 

家族からの理解を得られれば、いざ会社に退職を伝える時の勇気も出てきますし、一人で悩むよりも新たな視点でアドバイスがもらえるかもしれません。

 

お金に余裕を持たせておく

今の会社を辞めてすぐに次の仕事が決まれば良いのですが、なかなか決まらないというケースも想定されます。

 

貯金がない状態で退職して就職活動を続け、生活費などで徐々に資金の不安が出てきて、結果的に前の会社と同じような会社で妥協してしまった…。そのような話も聞きます。

 

お金に余裕があるとゆとりを持って転職活動も続けられるでしょう。

 

絶対ではありませんが、2ヶ月分程度の生活費くらいは確保しておきたいところです。

 

失業手当が受けられる

退職の過去2年間で合計12ヶ月以上雇用保険に加入していて、働く意思がある(就職活動しているなど)ようであれば雇用保険を受けることができます。

 

受給額は年齢や退職前の状況で変わりますが、おおよそ1日5~6,000円を90~120日分もらうことができます。

 

退職前に貯金ができていなかったという方でも、失業手当を受けられれば数ヶ月の生活費は確保できますので、ぜひ有効活用しましょう。

 

お金の話ということで順番的に先に書いていますが、失業手当の申請ができるのは退職した後からとなります。

 

会社に退職を伝える

上記のような準備が整ったのなら、いざ会社に退職の意思を伝えることとなります。

 

まず、退職を伝える人ですが、基本的には直属の上司に一番先に伝えます。法的には2週間前に退職を伝えれば問題ありませんが、引き継ぎなどの関係もあるので、極力は会社で決められた退職を伝える期日に沿って退職を伝えた方が良いでしょう。

 

「退職届」で「辞めます」と一方的に伝えるよりも、まずは「退職願」で「辞めようと思っています」というニュアンスで退職を伝えていった方が角も立たないでしょう。

 

場合によっては引き留めに遭うかもしれませんが、これまでの内容の通りしっかり考えていればしっかり考えを話せるはずです。

 

退職の方向で進められる場合は、退職日や退職までの引き継ぎの内容を上司と相談して決めていくことになります。

 

基本的には引き継ぎを行ってスマートに

退職時には引き継ぎを行って辞めるようにしましょう。

 

あなたが退職することによって必要になった人員の手配は会社の仕事ですが、後任の人が選ばれたのであれば、後任の人の負担や業務の支障にならないよう、今までの業務内容や情報などを確実に引き継いでおくことがマナーです。

 

有給はしっかり取って辞める

一方で、有給が残っている状態の方であれば、しっかり有休を消化して退職するようにしましょう。

 

有休休暇を退職直前に取ることができれば、転職先も余裕を持って探すこともできます。

 

ですので、退職日は「引き継ぎが終了する期間+残り有給日数」を目安に決めていくと良いでしょう。

 

【関連記事】
有給が取れない!休暇のルールと取れない理由・対処法を解決

 

未払い賃金などがあれば請求する

労働条件や給与面が悪くて辞めたいと思っていた方も多かったのですが、労働基準法を守っていないような会社では、それまで正しい賃金を支払っていなかったことも考えられます。

 

特に多い問題が未払い残業代問題です。残業はしているのに、異様に残業代が少ないもしくは貰っていないというような方はいませんか?正しく残業代が支払われていない可能性が考えられます。

 

それまでの未払い残業代を請求したことで、数十万円~数百万円の残業代が支払われたというケースも多いです。退職時に未払い賃金などがある方は請求することも検討してください。

 

後から請求することもできますが、残業代請求の時効は2年となっています。退職から日が経てば受け取れる残業代も減っていてしまいます。

 

詳しくは以下の記事で解説していますので、気になる方や該当しそうな方は参考にしてみてください。

 

【関連記事】
未払い残業代の請求方法を徹底解説!重要証拠や流れ・失敗しない対策

 

 

『仕事辞めたい』がどうしても言えない人の最終手段

会社に直接退職意思を表明することが躊躇されるという場合は、退職届けを会社に郵送すると同時に有休権を行使するという方法があります。

 

退職届を退職日の2週間前までに郵送する

労働者から機関の定めのない雇用契約を終了させる場合、2週間前までに終了の通知を行えば足りるとされています。

 

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
引用元:民法

 

このため、正社員労働者から会社に退職届を郵送すれば2週間の経過により雇用契約は終了します。

 

なお、アルバイトや契約社員といった期間の定めのない雇用契約はこの限りではありません。

 

退職日までの期間を有給消化に当てる

退職まで上司に会いたくない、会社に行きたくない場合はそのまま有休消化にあてましょう。

 

なお、退職日まで有休を利用する場合は退職届にその旨も記載しましょう。

 

退職代行サービスを使う

退職代行(たいしょくだいこう)とは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

 

労働者が心理的に萎縮してしまい、簡単には退職できないとことも多いとか。そのような状況に陥った労働者に、スムーズな退職を実現するのが退職代行サービスです。

 

ただし、弁護士法資格を持たない業者が『退職届を代わりに提出する以外の法律事務』に該当する行為を行うことは、2年以下の懲役または300万円以下の罰金刑が適用されます(弁護士法77条)ので、信頼できる業者かどうかは見極めないといけません。

 

【関連記事】

【弁護士に聞く】退職代行は違法?弁護士法違反・非弁行為の判断基準

 

失敗しない退職代行サービス|信頼と実績で選んだおすすめ3選

EXIT(イグジット)|メディア等で最も話題のサービス
∟ 即日対応、相談料無料

∟ 費用:50,000円(アルバイト30,000円)
∟ 運営会社:EXIT株式会社

退職代行サラバ(SARABA)|24時間対応・返金保証付・会社交渉可能
∟ 労働組合(ユニオン)所属のため会社との交渉も可非弁/違法のリスクゼロ

∟ 費用:29,800円(追加料金なし)

∟ 運営会社:株式会社ワン/退職代行SARABAユニオン

辞めるんです|2018年の退職実績3,000件
∟ LINE相談可能

∟ 費用:30,000円(期間限定)
∟ 運営会社:イノベーションネクスト株式会社

 

 

仕事を辞めて、今よりいい会社に出会うには

 

転職エージェントを使う

転職する際、『転職サイト』に登録して自分で転職先を探す方法が一般的ですが、『転職エージェント』に頼んで自分に合った転職先を探してもらう方が、結構増えてきた印象があります。

 

  1. 転職に必要なサポートが無料で受けられる
  2. あなたに最適な求人を提供してもらえる
  3. 書類選考の通過率を飛躍的に高められる
  4. 転職に成功する確率が格段に上がる
  5. ブラック企業かどうか見分けてもらえる
  6. キャリアに自信がない人も転職を成功させられる
  7. 転職に必要な煩わしい作業がなくなる など

 

求職者にとってはメリットだらけのサービスで、しかも完全無料

 

本人に前向きな気持ちがあって、今よりも年収や待遇の良い会社に転職したいのであれば、転職エージェントのキャリアアドバイザーは頑張って『あなたに合った企業』を探してくれるでしょう。

 

まれに『エージェントからの電話が多くてうざい』と言う方がいますが、エージェントの電話に出なかった場合、興味なしと判断され、別の方に紹介されてしまうので、できるだけ紹介の電話には出た方が良いです。

 

せっかくよい機会に恵まれたのに、それを手放してしまうのはかなり勿体無い話しです。。。

 

Pc_tool_head_2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn_off

 

友人からの紹介で入社する

すでに働いている友人から紹介を受けて入社するのも有効です。

 

もし本人が会社を嫌いならであったり、少しでも嫌な部分を感じているなら絶対に誘ってきたりはしないはずですから、ある意味どんな転職サイトやエージェントサービスを使うよりも、確実な手段かもしれません。

 

チャンスは多い方が良い!転職できる手段は全て使おう

転職エージェントと友人からの紹介の2つをご紹介しましたが、人によって『良い会社の定義』は異なります。

 

企業の内情は、実際に入ってみないことにはわからないという面も大きいですが、また今の会社の現状と同じことを繰り返さない為にも、取れる手段は全てやってみるべきだと思います。

 

ただ、やっとの思いで入った会社がブラック企業だった場合は目も当てられませんので、『ブラック企業の特徴』を参考に、あなたにとって良い会社を見つけていただければと思います。

 

まとめ

「仕事を辞めたい」と漠然と思っていても解決には繋がらずモヤモヤした毎日を送るだけです。

 

「どうして辞めたいのか?」の理由を明確にしていって、「どうすれば辞めないのか?」の目標を探し出してみましょう。

 

人によっては今の会社でやり方を少し変えれば良くなるかもしれませんし、転職せざるを得ない状況にまでなっているかもしれません。

 

転職は人生でも大きなターニングポイントですので、真剣悩んで答えを出していただければと思います。

 

真剣に悩んだ結果なら後悔することも少ないでしょう。

 

 

失敗しない退職代行サービス|信頼と実績で選んだおすすめ3選

EXIT(イグジット)|メディア等で最も話題のサービス
∟ 即日対応、相談料無料

∟ 費用:50,000円(アルバイト30,000円)
∟ 運営会社:EXIT株式会社

退職代行サラバ(SARABA)|24時間対応・返金保証付・会社交渉可能
∟ 労働組合(ユニオン)所属のため会社との交渉も可非弁/違法のリスクゼロ

∟ 費用:29,800円(追加料金なし)

∟ 運営会社:株式会社ワン/退職代行SARABAユニオン

辞めるんです|2018年の退職実績3,000件
∟ LINE相談可能

∟ 費用:30,000円(期間限定)
∟ 運営会社:イノベーションネクスト株式会社

 

この記事の執筆者
労働問題弁護士ナビ編集部
本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます


労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

ブラック企業に関する新着コラム

ブラック企業に関する人気のコラム


ブラック企業コラム一覧へ戻る