• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 その他
ホーム > 労働問題弁護士一覧 > 東京都の労働問題弁護士 > 中央区の労働問題弁護士 > 弁護士 平木 憲明(グラテス総合法律事務所)
※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。
企業側相談可

弁護士 平木 憲明(グラテス総合法律事務所)

弁護士 平木 憲明
住 所 東京都中央区新富2-2-11須永ビル3F
最寄駅 ①「新富町駅」(有楽町線)2番出口より徒歩30秒 ②「築地駅」(日比谷線)4番出口より徒歩6分 ③「東銀座駅」(日比谷線)5番出口より徒歩7分
得意分野
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
労働災害
規模規模
在籍弁護士数
2
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
03-6262-8741
受付時間: 09:30〜17:30

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

ご相談者様の幸せな未来を実現するための最適な解決策をオーダーメイドでご提案いたします。
弁護士 平木 憲明(グラテス総合法律事務所)からメッセージ

企業側、労働者側を問わず、ご相談者様が労働問題を解決した先に求める要望に応じて、最適な解決策をご提案いたします

弊所にいらっしゃるご相談者様は、

労働者側では、

  • 不当解雇された
  • 未払い残業代を請求したい
  • ハラスメントを受けている

また、企業側では、

  • 問題のある従業員を解雇したい
  • 未払い残業代を請求されて困っている

等、様々なご要望を抱えていらっしゃいます。

 

しかし、ご要望の大前提として、例えば、ご相談者様(労働者側)が会社に戻りたい(残りたい)とお考えなのか、残業代等の金銭的な対価を支払ってもらえれば、会社を辞めたい(辞めても構わない)とお考えなのかによって、また、ご相談者様(企業側)は、問題視されている従業員を絶対に会社から切り離したいとお考えなのか、それともその従業員について問題視している行動・態度が改善されるのであれば会社に残ってもらっても構わないとお考えなのかなど、ご相談者様の本質的なご要望に応じて、それを実現するための対応策は異なってきます。

 

私はご相談者様のご要望に応じた、最適な問題解決方法をオーダーメイドで検討して、ご提案することを大切にしております。

 

ご相談者様にとって、本当の意味で幸せな未来を実現することにこだわりを持っています

また、労働問題の多くは、人間関係のトラブルに端を発するものが殆どです。

 

このような状況でのご相談者様の要望が感情が先行したものとなっており、そのご要望が実現したとしても、その先に待つ未来が実はご相談者様にとっては幸せでない場合もあります。

 

例えば、不当解雇されたご相談者様が会社に戻ることを希望される場合、弁護士としては、解雇無効を主張・立証するのが通常の対応になります。

 

しかし、仮に解雇が無効とされて会社に戻ることができたとしても、果たして不当解雇を行うような会社で、その後ご相談者様が納得できる労働環境で勤務することが出来るのでしょうか?会社の労働環境は変わるでしょうか?ハラスメント行った上司の態度は変わるでしょうか?変わる場合もあるかもしれませんが、小規模で人間関係の濃い会社では変わらない場合が殆どです。

 

場合によっては、解決金を支払ってもらい、転職活動を行った方がご相談者様にとって望ましい未来であると言えるかもしれません。

 

私はご相談者様の要望が現実的なものなのかその要望が実現した先に待つ未来は本当に幸せなのかということまで細かく事情を伺い、状況を確認した上で、ご相談者様にとって未来のある解決策をご提案することを心がけております。

 

労働問題についてお悩みの方は、一度私にご相談ください。

事務所情報
事務所名 弁護士 平木 憲明(グラテス総合法律事務所)
弁護士 平木 憲明
所属弁護士会 東京弁護士会
所属弁護士数 2名
住所 東京都中央区新富2-2-11須永ビル3F
最寄駅 ①「新富町駅」(有楽町線)2番出口より徒歩30秒 ②「築地駅」(日比谷線)4番出口より徒歩6分 ③「東銀座駅」(日比谷線)5番出口より徒歩7分
対応地域 茨城県  栃木県  群馬県  埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県 
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:30〜17:30

代表者経歴 【役職】
労働法制特別委員会委員(東京弁護士会)
破産管財人(東京地方裁判所)
足立保健所窓口等運営業務委託評価委員会委員
足立区会計管理業務委託評価委員会委員
日本司法支援センター(法テラス)東京地方事務所法律扶助審査員
日本司法支援センター(法テラス)東京地方事務所法律相談員

【経歴】
岡山県生まれ
広島県立安古市高等学校卒業
中央大学法学部法律学科卒業
2006年11月司法試験合格
2007年4月最高裁判所司法研修所 入所(旧第61期)
2008年9月弁護士登録(東京弁護士会)
  都内事務所 入所
2019年4月グラテス総合法律事務所 開設
著書および論文名 【書籍】
・「ケース別 遺産分割協議書作成マニュアル(改訂版)」共著(新日本法規出版/2020)
・「新労働事件実務マニュアル(第5版)」共著(ぎょうせい/2020)
・「M&Aにおける労働法務DDのポイント」共著(商事法務/2017) 
・「労使双方の視点で考える 27のケースから学ぶ労働事件解決の実務」共著(日本法令/2015) 
・「労働事件における慰謝料」共編著(経営書院/2015)
・「入門 労働事件(解雇・残業代・団交・労災)(改訂版)」共著(法律情報出版/2021)
・「図解 民法(親族・相続)」共著(大蔵財務協会/2009)

【論文】
・「2020年4月 改正健康増進法施行 望まない受動喫煙を防止するための企業対応」(労政時報3989号/2020)
・「実務に役立つ法律基礎講座(13)-安全配慮義務」(労政時報3898号/2015)
・「相談室Q&A 受動喫煙による体調不良を訴える社員に打診した配転措置が拒否された際、どう対応すべきか」(労政時報3893号/2015)
・「相談室Q&A 女性社員に勤務時に化粧をするよう義務づけることは問題か」(労政時報3892号/2015)
アクセスマップ
住所
東京都中央区新富2-2-11須永ビル3F
最寄駅
①「新富町駅」(有楽町線)2番出口より徒歩30秒 ②「築地駅」(日比谷線)4番出口より徒歩6分 ③「東銀座駅」(日比谷線)5番出口より徒歩7分
弁護士 平木 憲明(グラテス総合法律事務所)に問い合わせする
現在、営業時間内です。
03-6262-8741

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです

対応体制
  • 企業側の相談可
お問合せはコチラから
営業時間ただいま営業時中
営業時間03-6262-8741
受付時間: 09:30〜17:30

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

近くにある弁護士・法律事務所
初回面談相談料0円
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
退職金未払い
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職金未払い
初回面談相談料0円
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
初回面談相談料0円
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
東京都の弁護士一覧
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。