ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ) > 労働問題コラム > 退職代行 > ストレスで仕事を辞めたいときの対処法4つ|辞めたくなる理由や円満退職のポイントも

ストレスで仕事を辞めたいときの対処法4つ|辞めたくなる理由や円満退職のポイントも

更新日
ストレスで仕事を辞めたいときの対処法4つ|辞めたくなる理由や円満退職のポイントも
本コンテンツには、紹介している商品(商材)の広告(リンク)を含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

日々会社で働くなかでは、職場でのストレスに悩んでいる方も多くいるでしょう。

人間関係が悪い職場や労働環境がよくない職場であれば、日増しにストレスが増えていきます。

ストレスを抱えている状況が続くと、仕事のパフォーマンスはもちろんのこと、プライベートにまで影響が出てきます

そのため、適切な手段を講じてストレスを減らす取り組みが重要です。

本記事では、仕事・会社がつらいと感じるケースやストレスで仕事を辞める前にできること、退職を検討すべきケースなどについて解説します。

ストレスを抱えている方は、ぜひ参考にしてください。

失敗しない退職代行サービス | 信頼と実績で選んだおすすめ3選
サイト名 特徴 料金 公式リンク
Banner jobs
退職代行Jobs
Crown 1

弁護士監修
安価&信頼◎
おすすめNo.1

当サイト限定 !
25,800円~
公式
Banner jobs
退職代行ガーディアン
Crown 2

即日退職可能!
会社とやり取り不要

24,800円
公式
Banner jobs
退職代行辞めるんです
Crown 3

即日退職可能!
退職成功率100%
追加費用一切なし

27,000円
公式
目次

ストレスで辞めたいほど仕事・会社がつらいと感じるケース

ここでは、ストレスで辞めたいほど仕事・会社がつらいと感じるケースについて解説します。

上司や同僚に苦手意識がある

ストレスで辞めたいほど仕事・会社がつらいと感じるケースは、上司や同僚に苦手意識がある場合です。

職場での人間関係は、仕事の効率や満足度に大きな影響を与えます。

もし苦手意識を持っている相手が近くにいれば、日常のコミュニケーションがストレスとなるでしょう。

結果として、仕事のパフォーマンスが下がる、仕事を辞めたいと思い始めるなどの悪影響を及ぼす恐れがあります。

このような状況は、性格が合わない、仕事の進め方に対する考え方が違う、過去に起こったトラブルなど、さまざまな理由から発生します。

上司や同僚がサボっていて自分にしわ寄せが来ている

ストレスで辞めたいほど仕事・会社がつらいと感じることは、上司や同僚がサボっていて自分へのしわ寄せが大きくなっている場合に起こりえます。

職場において、上司や同僚が責任を果たさないでいると、不公平感を感じやすくなるでしょう。

特に、自分がそのしわ寄せを受けている場合、不満はさらに高まります。

上司や同僚がサボっている状況は、個人の力だけでは解決が難しい場合が多いものです。

そのため、さらに上の上司や人事部に相談するなどの対応が必要になります。

業務量が多く、日常的に残業が発生している

ストレスで辞めたいほど仕事・会社がつらいと感じるケースは、業務量が多く、日常的に残業が発生している場合です。

この状況が続くと、疲労が蓄積する、ワークライフバランスが崩れる、心身の調子がおかしくなるなどの悪影響があります。

日常的に残業が発生している状況は、単に個人の時間管理の問題ではないことが多いでしょう。

明らかに個人で処理できる業務量ではない場合は、上司への早めの相談が推奨されます。

給料が安い・昇進しにくい環境にある

給料が安い、または昇進の機会が少ない環境は、従業員にとって大きなストレスとなります。

このような状況が続くと、自分の努力や成果が適切に評価されていないと感じ、モチベーションの低下を招きます

特に、自分のスキルや経験に対して報酬が見合わないと感じる場合や、キャリアアップができなさそうな場合、その不満はさらに深刻なものとなるでしょう。

さまざまな努力にもかかわらず状況が改善されない場合は、職場を離れることも選択肢に入ってきます。

よりよい条件を求めて転職活動を始めることは、ある意味自然な動きといえるでしょう。

ストレスで仕事を辞める前にできる4つのこと

ここでは、ストレスで仕事を辞める前にできることを4つ紹介します。

自分のキャリアについて考える

ストレスがたまり、仕事を辞めたいと感じたときには、自分のキャリアについて深く考えてみましょう。

自分自身のキャリアを見つめ直し、本当に達成したい目標や情熱を持って取り組みたい仕事が何かを考えることは、将来の道を決めるうえで重要な取り組みです。

それを踏まえて、どのようなスキルを伸ばしたいのか考えてみることをおすすめします。

併せて、自分が仕事に何を求めているのか、仕事を通して何を達成したいのかなどについても深掘りしてみてください。

仕事のストレスによってキャリアを考え直す取り組みは、将来に向けた変化が起こる転機となることもあります。

自分自身の内面と向き合い、自分にとって本当に重要なものが何かを見極めましょう。

有給休暇や休職制度を利用して、仕事と距離を置く

仕事のストレスが限界に達したと感じたら、有給休暇や休職制度を利用して仕事から一時的に離れることも大切です。

これにより、心身の健康を守ることができます。

心身を休めるだけでなく、趣味や旅行、家族・友人との時間を楽しむことで、リフレッシュできるでしょう。

仕事から距離を置くことで、ストレスによる疲労が軽減されます。

加えて、自分のキャリアや人生について考え直す時間が生まれるかもしれません。

ストレスのない時間を有効に使うことで、仕事への新たな意欲や人生における新しい目標が生まれる可能性が出てきます。

支店の異動や、部署移動ができないか相談してみる

職場のストレスが高まり、仕事を辞めたいと感じた時には、支店の異動や部署移動が解決策となることがあります。

同じ会社内であっても、異なる環境に身を置くことで気分が変わる可能性もあるでしょう。

職場の人間関係や業務に関するストレスもリセットされるため、上司や人事部門に異動を願い出るのもよいかもしれません。

相談する際は、自分の目標や抱えている問題について正直に話すことをおすすめします。

希望や理由を明確に伝えれば、会社側も要望に対して真剣に考え、できる限りのサポートを提供してくれるでしょう。

転職を検討する

さまざまな方法を用いてもストレスが解消しない場合は、転職を検討してください。

転職によって、自分にとってよりよい環境で働けるチャンスが生まれ、キャリアが広がる可能性が出てきます。

転職を検討する際には、自分の目標と現在の不満を明確にしましょう

新しい職場に何を期待するのかを具体的にすることで、転職活動の方向性が定まってきます。

また、自分のスキルや経験を整理し、どのような業界や職種が適しているかを考えることも大切です。

転職活動は時間がかかることが多いため、会社での業務に支障を来たさないよう、計画的に活動を進めましょう。

失敗しない退職代行サービス | 信頼と実績で選んだおすすめ3選
サイト名 特徴 料金 公式リンク
Banner jobs
退職代行Jobs
Crown 1

弁護士監修
安価&信頼◎
おすすめNo.1

当サイト限定 !
25,800円~
公式
Banner jobs
退職代行ガーディアン
Crown 2

即日退職可能!
会社とやり取り不要

24,800円
公式
Banner jobs
退職代行辞めるんです
Crown 3

即日退職可能!
退職成功率100%
追加費用一切なし

27,000円
公式

ストレスで仕事を辞めることは悪ではない|退職を検討すべきケース

ストレスで仕事を辞めることは、決して悪いことではありません。

状況によっては、すぐ辞めたほうがよい場合もあります。

ここでは、退職を検討すべきケースについて見ていきます。

仕事のやる気がなく、時間を浪費していると感じる

退職を検討すべきケースは、仕事に対するやる気が失われ、日々の業務を時間の浪費だと感じるようになった場合です。

この状態は一時的な疲れやストレスによるものではなく、現在の職場や仕事内容が、目指すキャリアや価値観と合っていない可能性があります。

長期間にわたってこのような状態が続くと、心の健康にも悪影響を及ぼす恐れがあるでしょう。

もしやる気が失われたら、自分の熱意がどこにあるのかを整理してみてください。

これにより、今度自分がやるべきことが明確になるかもしれません。

もし現在の会社でどうしても熱意を持って働けないようなら、転職を検討すべきです。

寝不足や吐き気、倦怠感など身体的な異常が出ている

職場のストレスが原因で寝不足や吐き気、倦怠(けんたい)感などの身体的な異常が出ている状況は、仕事が健康に深刻な影響を与えている明確なサインです。

人間の体はストレスがたまると、さまざまな形で警告を発します。

これらの異常が見られたら、早めに退職を検討することをおすすめします。

心身の異常が現れた場合は、まず病院に相談して、必要な検査を受けましょう

もし心の健康を害している場合は、弁護士に相談するのも有効です。

会社が原因でうつ病などにかかってしまった場合は、慰謝料や精神障害の労災補償、労災保険給付を受けられるかもしれません。

現在の職場環境が自分にとって適切でない場合は、転職を含めて自分自身を守るよう動いてください。

仕事のストレスで常にイライラしている

仕事のストレスが原因で常にイライラしている状態が続くことは、心の健康上望ましいことではありません。

仕事に対してはもちろんのこと、プライベートにも悪影響を及ぼす恐れがあるでしょう。

また、長期間にわたるストレスは、うつ病などの病気にかかるリスクも抱えています。

イライラする感情が続く場合、まずは原因を特定してみてください。

仕事量の多さや職場の人間関係、待遇に対する不満など、さまざまな原因が考えられます。

原因を把握することで、問題を解決するための具体的な方針を決められるでしょう。

加えて、運動する、趣味に打ち込むなど自分がリラックスできる時間を過ごすことも重要です。

それでも状況が改善されない場合は、転職して環境を変えることをおすすめします。

ストレスで仕事を辞めると円満退社できない?トラブルなしで辞める方法

ストレスで仕事を辞めると円満退社できないという意見もありますが、適切な手段で退職すればトラブルが起こる可能性は少なくなります。

ここでは、トラブルなく辞める方法について解説します。

就業規則に沿って退職手続きを進める

スムーズでトラブルのない退職を実現する方法は、就業規則に沿って退職手続きを進めることです。

就業規則には、退職に関する手続きや必要な通知期間など、退職手続きに関するルールが記載されています。

決められた規則に従うことで、大きなトラブルを生むことなく退職できるでしょう。

退職を検討する際には、まず就業規則を確認し、退職に必要な通知期間を把握してください。

民法上は14日前に通知すれば問題なく退職できますが、就業規則に沿った期間にすることで、円満に会社を辞められます。

もちろん、優先されるべきなのは民法であるため、14日間での退職は法律上問題ありません。

退職理由はあくまでもポジティブな理由にとどめる

トラブルなく辞めたい場合は、ポジティブな退職理由を上司や人事部に伝えるとよいでしょう。

退職理由を伝える際に、ネガティブな感情や不満を伝えると、不必要なトラブルや悪感情を生む原因となってしまいます。

ポジティブな退職理由としては、「もっとキャリアアップをしたい」「専門知識を身に付けられる環境で働きたい」「自分でお店や会社を立ち上げたい」などが挙げられます。

不満があって会社を辞めるのではなく、自分自身の目標のために会社を辞めるという点を強調して伝えると、相手にも受け入れてもらいやすくなるでしょう。

仮に不平不満があっても、表には出さないことが重要です。

引き継ぎ資料の作成や、御礼の連絡などを怠らない

退職する際には、後任者や同僚に対して円滑に引き継ぎをおこないましょう。

適切に引き継ぎをすれば、退職後も後任が支障なく業務を進められます

引き継ぎ資料としては、自分が担当していた業務の状況、顧客の連絡先、日常業務のマニュアルなどをまとめてください。

そのうえで、後任者とミーティングの機会を持ち、具体的な業務内容や注意点などは直接説明することをおすすめします。

また、退職する際は、これまで一緒に働いた同僚や上司、部下などに対して御礼をしっかりと伝えましょう

仮にストレスが原因で退職するとしても、最低限のマナーは必要です。

どうしても退職を言い出せない方は退職代行の利用を検討する

退職を決意しても、直接上司や会社にその意向を伝えることが難しいケースもあります。

特に、人間関係や労働環境、ハラスメントなどが原因で辞める場合は、なかなか自分自身で退職を伝えることは難しいものです。

そのような状況に置かれている場合には、退職の意思を代わりに伝えてくれる退職代行サービスの利用を検討しましょう

ここでは、退職代行サービスを利用するメリットとデメリットについて説明します。

退職代行サービスのメリット

退職代行サービスを利用するメリットは、直接会社や上司に対して退職の意思を示さなくてもよい点です。

特に、人間関係が理由で会社を辞める場合や、労働環境が悪いために会社を辞める場合には、退職代行サービスに手続きを任せることで、ストレスや不安が軽減されます。

また、退職に関する手続きを迅速に進めてくれるため、自分自身は次の道を考えることに十分な時間を使えることも利点です。

有給休暇の消化や未払い賃金の支払いについても、弁護士や労働組合が運営している退職代行サービスであれば、安心して交渉を任せられます。

退職代行サービスのデメリット

退職代行サービスを利用するデメリットは、依頼に一定の費用がかかる点です。

自分で退職手続きを進めれば費用は一切必要ありませんが、退職代行サービスに依頼すると数万円を支払わなければなりません。

また、同じ業界での転職を検討している場合は、退職代行サービスを利用した事実が周囲に知られている恐れもあります。

転職代行サービス会社から情報が伝わることはないですが、サービスを利用したことが、退職した会社の人間から同業他社の人間にもれてしまうかもしれません。

その場合は、転職が不利になる可能性があります。

失敗しない退職代行サービス | 信頼と実績で選んだおすすめ3選
サイト名 特徴 料金 公式リンク
Banner jobs
退職代行Jobs
Crown 1

弁護士監修
安価&信頼◎
おすすめNo.1

当サイト限定 !
25,800円~
公式
Banner jobs
退職代行ガーディアン
Crown 2

即日退職可能!
会社とやり取り不要

24,800円
公式
Banner jobs
退職代行辞めるんです
Crown 3

即日退職可能!
退職成功率100%
追加費用一切なし

27,000円
公式

ストレスで仕事を辞めた人の体験談

ここでは、ストレスで仕事を辞めた人の体験談を紹介します。

楽しく働ける場所を探すとよい

職場の人間関係に悩む人はさっさと仕事を悩んだ方がいい。

僕は仕事辞めてよかったよ。

なんで同じく働く人に気を遣わないいけないのか、よくわからん。

楽しく働ける場所。

探すのがいい。

僕は仕事を辞め。

パワハラ上司から離れられてよかった。

夢にも出てこなくなったよ。

引用元:X

この体験談では、ストレスを感じた段階ですぐに仕事を辞めたことで自分を取り戻せたと語られています。

数々のストレス要因のなかでも、人間関係は特に解決しにくい問題です。

人間関係に悩んでいる場合は、早めに退職するのも有効な方法でしょう。

毎日出勤がつらかった

コールセンターで働いてた時、毎日毎日出勤するのが辛かった。

ほぼ受電のみで時給2,000円だから耐えてたけど、毎日毎日辛かった。

我慢して1年続けてたけどもっと早く辞めてもよかったって思う。

仕事するのが人生じゃないんだから好きに生きていいんだよ。

引用元:X

ストレスを抱えながら仕事を続けると、出勤そのものがつらくなります。

我慢して働いていても得られるものは少ないでしょう。

投稿者が語っている通り、自分の好きに生きてみるのもよいかもしれません。

仕事を辞める前はいろいろなことを考えていた

仕事は辞めてよかった、頭おかしくなって人殺ししようとか、電車止めたいとか考えてた、1ヶ月前。

苦しかった。

もうあんな思いしたくない。

あの会社にはもう関わりたくない、いや、関わらないと決めた!

引用元:X

大きなストレスを抱えていると、人は思わぬ行動に出てしまうことがあります。

早めに会社を辞めることで苦しい思いから解放され、気持ちを落ち着かせることができるでしょう。

組織に不満があって辞めた

泣いた理由は組織の情けなさからだったから、辞めてよかった。

上司はいい人だったし仕事は面白かったんだけど。

引用元:X

仕事を辞める理由は人それぞれです。

人間関係に不満がなくても、組織体制にストレスを抱えて退職するケースもあるでしょう。

自分が置かれている状況を客観的に見て、続けるかどうかを判断することが大切です。

ストレスで仕事を辞めたあとに気を付けること

ここでは、ストレスで仕事を辞めたあとに気を付けるべき点について解説します。

キャリアを活かせる職場へ転職する

ストレスが原因で仕事を辞めたあと、新たな職場を探す際には、これまでのキャリアを活かせる場所を選びましょう。

自分の経験やスキルを踏まえ、さらに成長できる環境を見つけることで、よりよいスタートを切れます。

自己実現の機会を増やすだけでなく、新しい職場での満足度も高まるはずです。

転職活動を始める前には、自分の強みやこれまでの業務で培ったスキルなどを整理しておいてください。

また、業界の情報や将来性も考慮に入れることで、より長期的な視点から今後のキャリアを考えられます。

同じ理由での転職を繰り返さないように注意する

ストレスが原因で仕事を辞めた場合は、同じ理由での転職を繰り返さないように注意してください。

同じことを繰り返さないためにも、退職の原因となったストレス要因を特定し、その要因を回避できそうな会社を次の職場として選ぶことが重要です。

たとえば激務が原因で退職し、ワークライフバランスを重視したい場合は、休日日数や残業の有無などをあらかじめ調べておくようにしましょう。

さいごに

会社で多くのストレスを抱えてしまう問題は、多くの方が経験しています。

少しでもストレスを軽減させるためにも、ストレスを取り除く方法を知識として押さえておきましょう。

もしいろいろな対処法を試してもストレスがなくならないようなら、転職することも効果的な方法です。

新たに環境を変え、リフレッシュした状態で次の道でキャリアアップを目指しましょう。

失敗しない退職代行サービス | 信頼と実績で選んだおすすめ3選
サイト名 特徴 料金 公式リンク
Banner jobs
退職代行Jobs
Crown 1

弁護士監修
安価&信頼◎
おすすめNo.1

当サイト限定 !
25,800円~
公式
Banner jobs
退職代行ガーディアン
Crown 2

即日退職可能!
会社とやり取り不要

24,800円
公式
Banner jobs
退職代行辞めるんです
Crown 3

即日退職可能!
退職成功率100%
追加費用一切なし

27,000円
公式

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
兵庫
埼玉
京都
福岡
千葉
神奈川
Office info 202304141539 42041 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所

【残業代請求/初期費用0円の完全成功報酬制】残業代請求の実績多数。年間の残業代回収実績7.5億円。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円【LINE相談可】

事務所詳細を見る
Office info 202202211950 26281 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202112091354 13561 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202004101658 12941 w220 【残業代の回収実績多数あり!】グラディアトル法律事務所

未払い残業代の回収不当解雇退職代行に対応】◆正当な残業代を弁護士に依頼で簡単に請求会社の人と話す必要なし【勤続年数半年以上/月の残業時間が40時間超の方必見!】<料金表は詳細ページに>

事務所詳細を見る
兵庫県の弁護士一覧はこちら
編集部

本記事はベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

退職代行に関する新着コラム

退職代行に関する人気コラム

退職代行の関連コラム

「 退職代行 」に関するQ&A
退職代行はどんな職業でも利用できますか?

可能です。企業に勤めており、雇用契約の中で働いている一般労働者から、自衛隊、警察等の期間で働いている方でも、弁護士の退職代行はご利用できます。

退職代行サービスとは|メリットや利用のリスク・主要な退職代行業者も紹介
弁護士による退職代行と業者による退職代行は何が違うのでしょうか?

退職代行業者と、弁護士による退職代行業務に大差はありません。いずれも、労働者の代わりに退職の意思を伝えるサービス概要において、両者に違いはないと言えます。ただ、退職代行業者が自社の持つ権限内で適切にサービスを運用しているとは限りません。退職代行業務の中には『弁護士資格』を持つ弁護士にしかできない業務も多分にございます。
その点、弁護士を通すことで上記違反(弁護士法違反・非弁行為)のリスクはありませんし、確実に適法範囲で対応できます。また、未払い残業代や不当解雇、万が一懲戒解雇等の扱いを受けたとしても、弁護士がおりますので、相談によって具体的な解決策の提示を受けられる可能性は高いと思います。

【弁護士に聞く】退職代行は違法?弁護士法違反・非弁行為の判断基準
退職代行によって損害賠償をされるなどのリスクはありませんか?

退職代行を利用したことが損害賠償の理由となることはありません。しかし、在職時の労働者の行いや退職の仕方によっては労働者側に損害賠償義務が認められる可能性もゼロではありません。退職にあたって、会社から損害賠償を請求されるのは、退職にあたって労働者側に何らかの義務(注意義務)違反があり、同違反により会社に具体的損害が生じている場合に限られます。
たとえば、労働者が退職に至るまでの間、長期間の無断・無連絡の欠勤を続けており、退職にあたっても何ら必要な引継ぎ・連絡をせず代行業者を通じて本人が一切出てこないという場合、労働者の会社に対する義務違反を構成することはあり得ます。

退職代行で損害賠償請求をされるリスクはある?リスクを極力軽減させる方法
退職代行に失敗するケースがあるというの聞きましたが、失敗するとどうなるのでしょうか?

代行業者、弁護士のどちらに依頼した場合でも「退職できなかった」というトラブル報告はほとんどみられません。会社も退職代行会社が連絡してくると、退職に応じてはいるようです。つまり、よほどのことがない限り、退職した従業員に対して損害賠償ということは考えられません。(従業員1名が退職したとしても、直ちに損害が生じることは考えにくいです。)ただし、これも絶対ではありません。
過去、入社1週間で退職し、退職の効果が発生するまでの期間も出勤しなかった従業員が勤務先から損害賠償を受け、70万円の支払命令が出た事案があります。(ケイズインターナショナル事件)そのため、どのような辞め方でも絶対に労働者側に責任が問われないというわけでもない、という点は注意すべきです。
とはいえ、通常は退職したことで直ちに会社に損害が生じることはありませんので、過度の心配は不要かと思います。

退職代行が失敗するケースとは?リスクを抑える3つの方法
引き継ぎもせずに退職代行を絵利用して辞めることは可能でしょうか?

状況にもよるかと思いますが、引き継ぎをせずに退職することは多くの場合は可能と思われます。例えば、引継ぎをしないことが会社に対する義務違反とならないような場合や、引継ぎをしないことで会社に具体的な実害が生じないような場合は、引継ぎは必須ではないといえそうです。ただし、『労働者が退職前から、長期間の無断・無連絡の欠勤を続けており、会社の出頭要請にも応じていない』『そのまま退職した結果、会社業務に具体的な支障が生じ、取引先を失うなどの実害が生じている』というケースであれば、労働者が退職代行を入れて引継ぎもなく退職したことについて、損害賠償を求められるリスクはまったくないとはいえないでしょう。

退職代行で引き継ぎ放棄しトラブルに?リスク回避が可能な方法と注意点
キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 関東
  • 北海道・東北
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 202004101658 12941 w220 【残業代の回収実績多数あり!】グラディアトル法律事務所
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
Office info 201812201913 22971 w220 NN赤坂溜池法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
退職代行
給与未払い
退職金未払い
Office info 202303311851 78541 w220 【新潟/北陸エリア】グラディアトル法律事務所【残業代の回収実績多数あり!】
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
Office info 202304141539 42041 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判

あなたの場合、
ご退職後3年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 3 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。