ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ) > 労働問題コラム > セクハラ > セクハラを訴えるための証拠がない?対処法とこれから証拠を集めるためのポイント

セクハラを訴えるための証拠がない?対処法とこれから証拠を集めるためのポイント

更新日
吉田大輔法律事務所
吉田 大輔
このコラムを監修
セクハラを訴えるための証拠がない?対処法とこれから証拠を集めるためのポイント

セクハラを受けている方のなかには「相手を訴えたいのに証拠がない」と悩んでいる方もいるでしょう。

また「どのような証拠があれば相手を訴えられるのかわからない」「証拠の集め方を知りたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、セクハラの証拠がない場合の対応、有効な証拠の具体例と集め方などを解説します。

セクハラで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ労働問題で
ハラスメントに強い弁護士を探す
目次

セクハラ相手を訴えたいのに証拠がない場合はどうすればいい

まずは、セクハラを受けた証拠がない場合の対応方法を解説します。

セクハラ相手を訴えるのに証拠は不可欠

セクハラをしてきた相手を訴える場合、証拠を用意しなければなりません

証拠がないと、セクハラを受けたという事実を証明できないため、交渉や裁判で不利になってしまう可能性があります。

セクハラ相手を訴えて裁判を有利に進めるため、まずは有効な証拠を集めましょう

画像・録音・動画ほどの有力な証拠がなくても相手を訴えられるケースもある

セクハラを受けたことを第三者に報告・相談しておくだけでも、相手を訴えられる可能性があります。

過去の事例では、セクハラを受けた直後に上司にメッセージで報告したことで訴えが認められたケースもありました。

写真や動画などの証拠がなくても、過去にメッセージでセクハラの相談をしたことがあるなら、証拠として認められる可能性があるでしょう。

できるだけセクハラの証拠を集めよう

セクハラの証拠集めには、いくつかポイントがあります。

現時点でセクハラを受けた証拠がなくても、ポイントをしっかりと把握しておけば、セクハラの証拠を集めることは可能です。

セクハラ相手を訴えるために必要な証拠の例と集め方のポイント

ここからは、セクハラの証拠の具体例と集め方のポイントを紹介します。

セクハラ行為を映した写真・動画データ

セクハラを受けていることがわかる写真や動画は、とても重要な証拠といえます。

セクハラを受けた場所がわかるように撮影すると、より強力な証拠となるでしょう。

また、動画を撮影できる場合は、セクハラをした相手が誰かわかるよう、相手の名前を呼んでおくことも大事です。

ただし、写真や動画を撮影していることが相手にバレた場合、より悪質なセクハラを受けたり、証拠を隠されたりする可能性があります。

無理せず撮影できそうなときにだけ撮るようにしましょう。

セクハラ行為を裏付けられる録音

セクハラ行為をしているとわかる録音データも証拠として有効です。

相手にバレないよう、スマートフォンの録音アプリや小型のボイスレコーダーを使うとよいでしょう。

また、動画を撮影するときと同様、セクハラをしてきた相手の名前を録音中に呼ぶことで証拠力が増します。

セクハラ行為を訴えているLINEメッセージ・メールなど

セクハラについて報告・相談しているメッセージも有力な証拠のひとつです。

友人や同僚などに「Aさんに胸を触られた」「Bさんにこんなことを言われた」などのメッセージを送っておくだけでも、証拠として認められることがあります

メッセージを送る場合は、セクハラを受けた直後に送るようにしましょう。

セクハラを受けたタイミングとメッセージを送った時期に大きなずれがあると、証拠として認められない可能性があるためです。

また、内容が抽象的だったり、前後のメッセージと矛盾したりしている場合も、有効な証拠とはなりづらいので注意しましょう。

セクハラ行為をまとめた日記やブログ

セクハラ行為をまとめた個人的な日記やブログも証拠として有効です。

セクハラの内容・日時・場所などを詳細に記載しておくことで、より有力な証拠となるでしょう。

日が経ってからでは記憶があいまいになってしまうので、セクハラを受けた当日に記録しておくことが大事です。

セクハラ行為をうけている同僚の証言

同じ相手からセクハラを受けている同僚に証言してもらうことも重要です。

証言の内容は、録音やメッセージなどで記録しておくとよいでしょう。

ただし、なかにはセクハラ行為について話したくない・思い出したくないという人もいるので、無理のない範囲で協力を頼むようにしてください。

第三者による目撃証言

セクハラ行為を目撃した第三者の証言も有効です。

証言内容を録音するか文書にまとめるなどして、しっかりと保存しておきましょう。

セクハラで心身の健康が損なわれたことを示す医師の診断書

セクハラで気を病んでしまって通院している場合、医師の診断書も重要な証拠となります。

セクハラ行為の内容に加え、心身の健康がどれほど損なわれているかもカルテに詳しく記載してもらいましょう。

相談記録など会社として公的な記録

内部通報した際の相談記録や業務日誌など、会社として公的な記録も有力な証拠として認められる可能性があります。

相談記録の項目には、以下の内容を盛り込んでおくとよいとされています。

【相談記録の項目(例)】
  • 当事者(相談者と行為者)間の関係
  • 相談の内容、いつ、どこで、だれが、何を、どのようにおこなわれたか
  • 相談者は、行為者に対してどのような対応をとったか
  • 事実を確認する場合、相談者が主張する内容については、当事者のみが知りうるのか、ほかに目撃者はいるのか、証拠はあるのかを把握する
  • 上司や同僚へ相談をしているか
  • 相談者の求めるもの(行為の停止、行為者の謝罪、行為者の処分、配置転換など)
  • 調査期間のめど(対応の緊急性の確認)
  • 行為者、第三者に対して事実確認を進めてよいか、またその範囲など
  • 相談者が匿名を希望したり、事実確認を拒む場合は、個別の対応には限界がある。会社としてできることは、行為者の観察や一般的な再発防止対策になり得ることを説明する

セクハラ相手との関係性・心身の状況・目撃者の有無などを詳細に記載してもらうようにしましょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ労働問題で
ハラスメントに強い弁護士を探す

セクハラを訴えるための証拠がない場合に弁護士へ相談・依頼するメリット

セクハラの証拠がない場合は弁護士に相談・依頼するのがおすすめです。

ここからは、弁護士に相談する5つのメリットを紹介します。

証拠の集め方をアドバイスしてもらえる

弁護士に依頼すれば、証拠をどのように集めればよいか教えてもらうことができます。

証拠が手元になくて困っている場合でも、集め方のポイントをアドバイスしてもらうことで証拠を着実に収集できるでしょう。

集まった証拠の有効性を法的に判断してくれる

証拠の有効性を判断してもらえるのも大きなメリットです。

集めた証拠が法的に有効かを素人が判断するのは、決して簡単ではありません。

弁護士に依頼すれば、法律の知識に基づいてその証拠が裁判で使えるかどうかを判断できるので、トラブルを有利に解決できる可能性が高くなります

代理人として弁護士に会社と交渉してもらうこともできる

相手や会社との交渉を代行してもらえる点もメリットのひとつです。

セクハラ相手や会社に対して損害賠償や慰謝料などを請求したい場合、自力で交渉しようとしても応じてもらえない可能性があります。

しかし、弁護士に依頼すれば代わりに交渉してもらえるので、トラブルをスムーズに解決できるでしょう。

会社は不誠実な対応ができなくなる

弁護士に交渉してもらうと、会社は軽率な対応がしづらくなります

セクハラを受けた本人が自力で交渉しようとすると、相手にしてもらえなかったり、理不尽な扱いを受けたりする可能性があります。

弁護士を代理人として立てれば、会社も「弁護士が相手なら」ときちんと向き合ってくれるでしょう。

法的な手続きをする場合も弁護士に任せられる

損害賠償や慰謝料を請求する場合の手続きを弁護士に一任できる点もメリットでしょう。

法律に関する知識のない方が手続きをミスなく進めるのは、容易ではありません。

弁護士に手続きを任せれば、手続きが滞りなく進み、トラブルを早期に解決できるでしょう。

セクハラの証拠を確保できたらどうする?解決までの大まかな流れ

ここからは、セクハラの証拠を集め終わったあとの流れを解説します。

①上司や社内の専用窓口に相談する

まずは、直属の上司や社内の相談窓口に、セクハラされたことについて相談しましょう。

「相談日は◯日でお願いします」「△△について相談させてください」など、相談日や相談内容の概要を文書やメールで送っておくと、よりスムーズに相談できるでしょう。

②会社へ「ハラスメント差し止め要求書」を送る

会社に相談しても応じてもらえなかった場合は、ハラスメント差し止め要求書を送りましょう。

ハラスメント差し止め要求書とは、セクハラをやめるよう会社に対して要求する書面のことです。

郵送する際は内容証明郵便や簡易書留などを利用して、書面を送った記録が残るようにしておきましょう。

ハラスメント差し止め要求書

引用元:セクハラの相談先と事前に準備しておく3つのこと

➂労働基準監督署へ相談する

ハラスメント差し止め要求書を送っても取り合ってもらえない場合は、労働基準監督署に相談しましょう。

労働基準監督署に相談すれば、円満な解決のための助言や指導、あっせんを受けることができます

④労働審判・裁判などの法的措置を検討する

労働基準監督署に相談してもトラブルが解決しない場合は、労働審判や裁判の提起を検討しましょう。

法的措置をとる場合は自力で対応するのは難しいため、弁護士に依頼するのが賢明です。

さいごに | セクハラに悩んでいる場合は弁護士へ相談を!

セクハラの有力な証拠がなくても、LINEのメッセージや日記などが証拠となることがあります。

また、証拠集めのポイントを理解しておけば、これから有効な証拠を集めることも可能です

セクハラについて悩んでいるなら、ぜひ一度弁護士に相談してみてください。

弁護士に依頼すれば、セクハラ相手との交渉や法的手続などをしてもらえるので、トラブルの早期解決につながるでしょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ労働問題で
ハラスメントに強い弁護士を探す

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
兵庫
埼玉
京都
福岡
千葉
神奈川
Office info 202202211950 26281 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202112091354 13561 w220 【残業代請求/相談料0円】ベリーベスト法律事務所

残業代を取り戻そう!残業代請求・不当解雇は相談料0円成功報酬制残業代が取り戻せなかったら後払い費用は原則なし!※詳しい料金は詳細ページへ※外出不要で相談可能【電話・オンライン相談(予約制)】

事務所詳細を見る
Office info 202304141539 42041 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所

【残業代請求/初期費用0円の完全成功報酬制】残業代請求の実績多数。年間の残業代回収実績7.5億円。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円【LINE相談可】

事務所詳細を見る
Office info 202303311851 78541 w220 【新潟/北陸エリア】グラディアトル法律事務所【残業代/不当解雇/退職代行の実績多数あり!】

未払い残業代の回収不当解雇退職代行に対応】◆正当な残業代を弁護士に依頼で簡単に請求会社の人と話す必要なし【勤続年数半年以上/月の残業時間が40時間超の方必見!】<料金表は詳細ページに>

事務所詳細を見る
兵庫県の弁護士一覧はこちら
この記事の監修者
吉田大輔法律事務所
吉田 大輔 (仙台弁護士会)
法律的な視点からお悩みや問題の整理をお手伝いし、解決への道を切り開けるようサポートに力を入れています。15年以上の弁護士経験をもとに、今後の見通し、取るべき手段を具体的にお話しします。
編集部

本記事はベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ労働問題(旧:労働問題弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

セクハラに関する新着コラム

セクハラに関する人気コラム

セクハラの関連コラム

キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 関東
  • 北海道・東北
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 201812201913 22971 w220 NN赤坂溜池法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
退職代行
給与未払い
退職金未払い
Office info 202004101658 12941 w220 【残業代/不当解雇/退職代行の実績多数あり!】グラディアトル法律事務所
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
Office info 202401311650 95461 w220 【全国対応】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判

あなたの場合、
ご退職後3年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 3 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。