• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
ホーム > 労働問題コラム > パワハラ > 看護師のパワハラ問題と具体的な対処法|パワハラの相談窓口も解説

看護師のパワハラ問題と具体的な対処法|パワハラの相談窓口も解説

更新日:2021年05月14日
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
このコラムを監修
Pixta 39062802 s

人手不足や長時間労働など大変なお仕事としてのイメージがある看護師の仕事。実際、平成29年の離職率では、14.5%(医療/福祉全体)と他の業種に比べても高めの離職率となっていました。

 

参考:「平成29年雇用動向調査結果の概要|厚生労働省

 

そのように離職率が高くなる理由の1つとして、上司などからのパワハラがあるとも考えられます。

 

実際、日本看護協会も働き方改革の推進として『ハラスメント対策』を講じるなど、看護師についての職場でのハラスメントについて一定の対応をしているようです。

 

今回は、パワハラの被害に遭っている看護師のための対処法や相談窓口などをご紹介したいと思います。

 

パワハラ加害者を許せない時の対処法

悪質なパワハラに対して正当な対処方法を取りたい方は弁護士へ相談してみましょう。相談することで相手から慰謝料を獲得できるかの可能性を提示してくれるでしょう。また、慰謝料などの法的措置を考えていない場合でも、法的根拠が後ろ盾になることで精神的に楽になることもあるかもしれません。

 

Diagnos tool hdr 1
Slct q1 ttl num お住まいの地域は?
Slct q2 ttl num お悩みのトラブルは?

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta detail chevron
Office info 202004101658 12941 w220
東京
新宿区
弁護士法人グラディアトル法律事務所

  • 企業側相談可
  • 電話相談可能
  • LINE予約可
  • 休日相談可
【LINE可】【残業代請求・不当解雇】退職を決め、未払いの残業代を請求したい方、解雇されたが納得がいかないという方は、当事務所にご相談ください。ご連絡いただけましたら弁護士が迅速・親身に対応いたします
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

 


労働問題の解決に実績がある弁護士に相談する
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
京都
兵庫
福岡
和歌山
広島
茨城
その他
Office info 202004101658 12941 w220
弁護士法人グラディアトル法律事務所
企業側相談可
電話相談可能
LINE予約可
休日相談可
【LINE可】【残業代請求・不当解雇】退職を決め、未払いの残業代を請求したい方、解雇されたが納得がいかないという方は、当事務所にご相談ください。ご連絡いただけましたら弁護士が迅速・親身に対応いたします
Office info 1471 w220
五十嵐法律事務所
初回面談相談料0円
企業側相談可
電話相談可能
休日相談可
労働問題、年間相談100件以上●面談は納得がいくまで何度でも無料●残業代請求/不当解雇に自信●労働者側、使用者側いずれの相談にも精通●あなたの権利を守ります●夜間・休日・オンライン面談可●駅近
Office info 201907301010 25371 w220
弁護士齋藤 健博【銀座さいとう法律事務所】
初回面談相談料0円
LINE予約可
休日相談可
【土日・深夜対応|LINE相談】【セクハラ問題の解決実績多数】セクハラ被害でお悩みの方、是非ご相談ください。多くのセクハラ問題を取り扱ってきた経験から、最善の解決策となるよう全力で解決まで尽力致します
【東京都】他の事務所も見る
お住まいの地域を選択してください
北海道・東北
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
群馬
栃木
北陸・甲信越
山梨
新潟
長野
富山
石川
福井
東海
愛知
岐阜
静岡
三重
関西
大阪
兵庫
京都
滋賀
奈良
和歌山
中国・四国
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄

パワーハラスメントとは

まずは、パワハラの定義について簡単にご説明します。

 

【関連記事】
パワハラの定義とは|6つの種類と具体例・裁判例の判断基準付き

 

パワハラの定義

  1. 職場の地位・優位性を利用している
  2. 業務の適正な範囲を超えている
  3. 相手に身体的・精神的苦痛を与えたり、その職場環境を害する行為である

 

まず、パワハラの定義を簡潔にまとめると上記のようになります。

 

  1. 一般看護師が医師や師長から
  2. 業務上適正と言い難い内容・態様での指示を受け
  3. 客観的に相当程度の精神的苦痛を受けたと認められる状況

にあれば、パワハラの定義には該当し得るといえます。

 

パワハラの種類は6種類

厚労省は、パワハラについて6つの種類にカテゴライズしています。

 

身体的侵害

『殴る』『蹴る』『突き飛ばす』などの暴力行為が該当し得ます。

 

精神的侵害

『暴言』『侮辱』などにより相手に精神的苦痛を与える行為が該当し得ます。

 

人間関係からの切り離し

『挨拶に応じない』『仕事を教えない』『連絡事項を伝えない』など、人間関係から殊更切り離して相手を孤立させる行為が該当し得ます。

 

過大な要求

客観的に達成が困難と言えるノルマを課す、本人の能力を大きく超えるような要求を行うなどの行為が該当し得ます。

 

例えば、1日で到底終わらない作業を特に期限が迫っているわけでもないのに明日までに終わらせるように指示するなどの行為が考えられます。

 

過少な要求

客観的に必要性の乏しい業務・作業を強いたり、本人の能力に見合わない単純作業を強いるなどの行為がこれに該当し得ます。例えば、看護師資格を有する者に対し、特に必要もないのに電話番や受付業務しか従事させないなどの行為が考えられます。

 

個の侵害

相手のプライバシーや私生活に過度に立ち入る行為がこれに該当し得ます。例えば、本人が嫌がっているのに、休日の過ごし方や交際相手の存在などについて執拗に尋ねるような行為が考えられます。

【関連記事】職場いじめ・パワハラをやめさせる方法|職場のいじめ対策ガイド

 

看護師に対するパワーハラスメント

パワハラについての一般論は上記のとおりですが、看護師という職業にフォーカスして簡単に紹介します。

 

ハラスメント行為の加害者は上司だけではない

引用:「上司、医師、患者家族…職場で受けた「ハラスメント」の相手は?|看護roo!

 

上のグラフは看護師のコミュニティサイトが行った「職場で受けたハラスメント」のアンケートの結果です。これを見ると、看護師が上司だけでなく『患者さん』『同僚』『医師』『患者さん家族』と、他にも様々な種類の人物からハラスメントを受けていると感じるケースがあるようです。

 

ハラスメントはパワーハラスメントだけではない

違法な権利侵害とされるハラスメントには、パワーハラスメントだけではなくセクシャルハラスメントがあります。また、近年ではマタニティハラスメントという別のハラスメント類型もあるとされます。

 

看護師だから、セクシャルハラスメントやマタニティハラスメントが多いというわけではありませんが、看護師は医師、上司、同僚、患者など様々な人間に接する機会がありますので、パワーハラスメント以外のハラスメント被害を受けることも十分考えられます

 

 

【関連記事】
セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは|主な行為事例と対策
働く女性が直面するマタハラ問題|相談先と解決方法

 

 

ハラスメント被害に対する対処法

 

まずは周りの人に相談する

ハラスメント被害について「自分が我慢すれば丸く収まる」「自分が気にし過ぎなのかもしれない」と自分の中で抱え込んでしまう方も少なくないそうです。

 

しかし、このような対応は徒に自分を傷つけてしまう可能性があります。もし、おかしいと感じることがあるならば、まず周りの誰かに相談してみてはいかがでしょうか。誰かに相談するだけで気分も楽になるかもしれませんし、相談を通じて具体的な解決方法も見つかるかもしれません。

 

院内(社内)に味方がいないような状態でも、第三者への相談窓口があります(後ほどご説明します)。

 

決して1人で悩みを抱え込まず、周りの誰かに相談することから始めましょう。

 

ハラスメントの証拠をしっかり集めておく

ハラスメント被害について具体的な対応をするにあたって、証拠の存在は極めて重要です。どのようなものが証拠となるかはケースバイケースではありますが、例えば、以下のようなものが考えられます。

 

《パワハラの証拠の例》

  • パワハラのメール、LINEの内容
  • 発言を録音したテープ
  • 誰に、いつ何をされたかを記した日記
  • 防犯カメラなどの映像や画像
  • 第三者の証言
  • 医師の診断書 など

 

慰謝料請求を行う

加害者の行為が違法なハラスメント行為に該当する場合には、加害者や病院に対して慰謝料等の請求が可能です。

 

このような対応まで検討している場合には、まずは法律の専門家である弁護士に相談した方が良いでしょう。

 

【関連記事】
パワハラの訴訟実例と勝訴・慰謝料請求する3つのポイント

 

転職する

大きい病院であれば配属先を変えてもらうなどの対応もあり得るでしょうが、小さい病院や診療所の場合はそうはいきません。

 

どうしても今の職場内で改善が見込めない場合には、いっそ辞めて他の病院に移ることも検討するべきでしょう。看護師はどの職場も人手不足であるため、他職種に比して転職しやすいと言われています。苦しい職場にしがみつくよりも、他の職場で能力を発揮するが良いこともあろうかと思われます。

 

なお、期限の定めのない労働者であれば、職場でのルール如何に拘らず、退職を申出て2週間が経過すれば、退職は可能です。そのため、病院から「辞めないで欲しい」「今やめることは認められない」などと退職を拒否されても、退職の申出さえしていれば、病院に拘束されることはありません。

なお、退職にあたって、残業代等の未払がある場合、その精算を求めることも検討に値します。詳しくは、弁護士に相談してみてください。

 

【関連記事】
【看護師必見】未払い残業代を取り戻す手段と有効な証拠

 

Diagnos tool hdr 1
Slct q1 ttl num お住まいの地域は?
Slct q2 ttl num お悩みのトラブルは?

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta detail chevron
Office info 202004101658 12941 w220
東京
新宿区
弁護士法人グラディアトル法律事務所

  • 企業側相談可
  • 電話相談可能
  • LINE予約可
  • 休日相談可
【LINE可】【残業代請求・不当解雇】退職を決め、未払いの残業代を請求したい方、解雇されたが納得がいかないという方は、当事務所にご相談ください。ご連絡いただけましたら弁護士が迅速・親身に対応いたします
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

 

パワハラを受けた看護師の相談先一覧

上記で「まずは1人で悩まずに相談しましょう」と、お伝えしましたが、実際にハラスメント被害についての相談窓口はたくさんあります。こちらでは、ハラスメント被害を受けた看護師の方が相談できる相談窓口をご紹介します。

 

相談先も複数ありますので、パワハラの程度や目指す解決方法などに応じて相談先を選んでいってください。

 

【関連記事】
パワハラの相談窓口一覧と解決のために今からできること

 

病院や社内の相談窓口/信頼できる上司・同僚|円満解決を目指す場合

転職や慰謝料請求などの大きな動きを起こさずに、「院(社)内で解決したい」とお考えの方は、まずは病院内の相談窓口や上司・同僚への相談をおすすめします。

 

職場内で相談することで、部署変更などでパワハラ上司から距離を置けるかもしれませんし、パワハラ上司の上司に注意を行ってもらい改善を図れるかもしれません。仮に具体的な対策が取られなかったとしても、職場に理解者がいるだけでも心強いです。

 

まずは職場内に信頼できる相談先がないかを探してみましょう。

 

公的な相談窓口|悩みの相談がメイン

相談先

概要

厚生労働省 総合労働相談コーナー

パワーハラスメントなどの労働問題での相談先

NPO法人 労働相談センター

パワーハラスメントなどの労働問題での相談先

法務省 みんなの人権110番

いじめによる人権問題の相談先

心の耳

メンタルケアのための相談窓口

法テラス

いじめ(パワーハラスメント)の法的対処のための相談先

 

小さな病院などでは相談先が無い場合も多いです。その場合は、職場以外の第三者への相談ができます。上記のように、公的機関でもパワハラに関する相談を受けてくれる窓口がたくさんあります。

 

ただし、これら公的な相談窓口は基本的には「お悩み相談」の位置付けです。アドバイスは貰えても、具体的な解決はそこまで期待できないでしょう。

 

弁護士|慰謝料請求や残業代請求を行う場合

「悪質なパワハラに対して慰謝料請求を考えている」「退職するので残業代請求もしたい」このようなお考えがある方は、ぜひ弁護士に相談されてください。弁護士が慰謝料獲得の可能性や未払い残業代の有無を答えてくれます。

 

必要であれば、依頼して請求や訴訟などを代わりに行ってくれる心強い存在です。また、一部ではありますが、退職代行を行ってくれる弁護士もいますので、具体的な解決をお考えでしたら、一度労働問題が得意な弁護士に相談してみましょう。

 

【関連記事】
【弁護士監修】パワハラの解決を弁護士に相談するメリット

 

Diagnos tool hdr 1
Slct q1 ttl num お住まいの地域は?
Slct q2 ttl num お悩みのトラブルは?

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta detail chevron
Office info 202004101658 12941 w220
東京
新宿区
弁護士法人グラディアトル法律事務所

  • 企業側相談可
  • 電話相談可能
  • LINE予約可
  • 休日相談可
【LINE可】【残業代請求・不当解雇】退職を決め、未払いの残業代を請求したい方、解雇されたが納得がいかないという方は、当事務所にご相談ください。ご連絡いただけましたら弁護士が迅速・親身に対応いたします
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

 

まとめ

看護師は、人手不足・長時間労働・激務などの労働環境の問題がありますが、やはりハラスメントの問題もあるようです。

 

ただでさえ大変なお仕事なのに、パワハラによって人間関係まで悩みが広がってしまうと、とてもまともに仕事を続けられなくなってしまうかもしれません。

 

パワハラに対する相談先は必ずあります。1人で悩まず、まずは誰かに相談することから始めてください。相談してもハラスメントがやまないような場合には、弁護士に依頼して具体的な対応措置を講じることも検討した方が良いかもしれません。

 

 

【出典元一覧】

平成29年雇用動向調査結果の概要|厚生労働省

看護職の働き方改革の推進|日本看護協会

日本看護協会

 

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

※未払い残業代問題が30日で解決できる『無料メールマガジン』配信中!

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2020・OD・037

兵庫
埼玉
京都
福岡
千葉
神奈川
Office info 202112091434 26281 w220 【姫路】ベリーベスト法律事務所

【不当解雇・残業代請求は相談料0円】自宅から弁護士と電話・オンラインで相談ができます(予約制)|新型コロナによる業績悪化を理由とした解雇や残業代の未払いもご相談ください。

事務所詳細を見る
Office info 202106021053 42041 w220 【神戸・兵庫/相談窓口】弁護士法人勝浦総合法律事務所

【残業代請求/初期費用0円の完全成功報酬制】残業代請求の実績多数。年間の残業代回収実績6.6億円。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円【LINE相談可】

事務所詳細を見る
Office info 202112091354 13561 w220 【神戸】ベリーベスト法律事務所

【不当解雇・残業代請求は相談料0円】自宅から弁護士と電話・オンラインで相談ができます(予約制)|新型コロナによる業績悪化を理由とした解雇や残業代の未払いもご相談ください。

事務所詳細を見る
Office info 202108311116 46801 w220 弁護士法人春田法律事務所 大阪オフィス

【残業代のみ無料相談】 #相談料無料#着手金無料 #完全成功報酬#回収できなければ報酬ゼロ 残業代に詳しい弁護士がスピーディーに対応します!

事務所詳細を見る
兵庫県の弁護士一覧はこちら
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

パワハラに関する新着コラム

パワハラに関する人気コラム

パワハラの関連コラム

キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 全国
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 202108311116 46801 w220 弁護士法人春田法律事務所 大阪オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
Office info 202108311139 46821 w220 弁護士法人春田法律事務所 福岡オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
Office info 202108311133 46811 w220 弁護士法人春田法律事務所 名古屋オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
Office info 202004101658 12941 w220 弁護士法人グラディアトル法律事務所
電話相談可能
LINE予約可
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 2 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。