• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 その他
ホーム > 労働問題コラム > 労働災害 > 休日労働とは

休日労働とは

更新日:2020年02月22日
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
このコラムを監修
%e4%bc%91%e6%97%a5%e5%8a%b4%e5%83%8d

休日とは

休日とは企業との労働契約上、労働義務がない日の事をいいます。

 

休日付与義務とは

労働基準法では、企業・事業者には従業員に休日を与えなければいけない「休日付与義務」が課せられています。原則として、1週間に1日、あるいは4週間に4日の休日を従業員に対して付与しなければなりません。

 

休日労働とは

労働基準法では、労働者の心身の健康を確保するため、使用者は労働者に対し1週1回以上または4週4回以上の休日を与えなければならないと定めています。

 

この法定休日や法定外休日に労働者を労働させることを「休日労働」と呼びます。法定休日における休日労働を「法定休日労働」,法定外休日における休日労働を「法定外休日労働」と区別して呼ぶ場合もあります。

 

法定休日労働とは

労働基準法第35条によれば、使用者は労働者に対して最低でも週1回、または4週間に4回以上の休日を与えなければならないと規定しています。 この労働基準法で定められている最低限度の休日のことを「法定休日」といいます。

 

法定休日はあくまでも労働基準法が定める最低基準であり、この条件を下回る休日数にすることは許されません。休日を与えないということはもちろん、2週間に1回というように回数を減らすことも許されません。

 

また、法定休日労働は時間外労働と同様に賃金に割増率が定められており、法定休日労働の割増率は1.35以上となります。

 

法定外休日労働とは

法定休日はあくまで最低の基準です。会社と労働者の間で法定休日数以上の休日数を設定することは全く問題ありません。

 

事実として、週休2日としている会社は多く、一般的と言えます。この会社と労働者の間で取り決めをし、定めた法定休日以外の休日のことを「法定外休日」といいます。

 

ただし週1回または4週4回の休日以外の休日がすべて法定外休日となるわけではなく、例えば、週休2日制で毎週土日が休日だったとします。

 

この場合休みの土日のうち1日だけを法定休日とし、もう一日を法定外休日とすることもできます。土日の両方を法定休日とすることもできるということです。

 

法定外休日労働の割増率は1.00もしくは1.25のどちらかになります。

 

法定外休日労働が「法定内残業」になるのか「法定外残業」になるのかで変わってきます。

 

休日の振替とは

あらかじめ企業との労働契約上で休日と定められた日を労働日とし、その代わりに別の労働日を休日とすることです。労働契約上で休日が決められている場合でも業務や何らかの事由によって、決められている休日に働かなくてはいけない場合があると思います。

 

そうした場合、休日の振替をせずに働くことは休日労働にあたります。労働基準法の規定により労使協定をして休日労働として働く事も可能ですが、前述のとおり法定休日に休日労働をさせると割増賃金が発生します。

 

しかし、休日振替手続をすれば法律が定める休日労働の割増賃金は発生しません。そこで、法律に定めがないものの,休日の振替が認められています。

 

代休とは

上記の休日振替をせずに休日労働させた場合や長時間の時間外労働、深夜労働が行われた場合にそれに対する代償として与える休暇です。

 

その労働者が労働基準法で定められている労働時間を超えてしまう場合等、企業側はその労働者に対して代休を与えることで労働基準法に準じた時間内で労働者の労働時間を抑えることが出来ます。

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

弁護士を検索
Prevent_banner
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
「 労働災害 」に関するQ&A
仕事中に倒れ、打ち所が悪く全治二か月の怪我をしましたが、労災が認定されませんでした。再審査は可能ですか?

労災申請が棄却された場合、労働局に対して『審査請求』『再審査請求』ができますが、労災認定の詳細は、調査復命書を入手して分析する必要があります。裁決の検討も必要です。もし、『会社が労災を認めない』『労働基準監督署からの認定がおりなかった』という場合は、弁護士への相談も検討しましょう。

労災の申請方法と拒否・棄却された時の対処法
過労によるうつ状態と診断され、今も後遺症が残っています。会社に損害賠償等は可能でしょうか?

労災における休業補償の時効は5年ですので、うつ病発症時期が問題となります。安全配慮義務違反にもとづく損害賠償請求は可能ですが、職務内容、会社の対応等を子細に検討する必要があります。持ち帰り残業となっていた場合は、時間外労働と認められない可能性の方が高いです。また、何度も会社に改善を訴えていている、労災が発生した事実を労基署に新国際ないのは『労災隠し』になりますので、法的に正確に分析してもらい、今後の対応を検討するべきです。

労災隠しの実態と違法性とは|労災隠しされた場合の対処法3つ
職場の嫌がらせやハラスメント行為に対してうつ病を患ったため、労災申請の旨を会社に申告したところ、和解交渉を求められました。応じるべきでしょうか?

精神疾患の程度、ハラスメント行為との関係、会社対応などを精査しないと、正確な法的な助言は難しいです。法的分析をきちんとされたい場合には、労働法にかなり詳しく、労災法理、安全配慮義務法理、退職問題にも通じた弁護士に、今後の対応を相談してみましょう。

労災とは?労働災害があった場合の補償内容
入社時と入社後の労働条件に違いがありすぎて困っています。これは労基違反ではないでしょうか?

正確なことがわからないので正確な助言は難しいですが、面接で伝えただけでは、合意内容になっているとは限りません。労働基準法違反かどうかは、労働基準法及び同規則所定の事項について記載があるかどうかですので、現物を拝見する必要があります。交渉の経緯、面接の内容も子細に検討する必要がございます。
法的責任をきちんと追及したければ、労働法にかなり詳しい弁護士に相談に行き、法的に正確に分析してもらい、この後の対応を検討するべきです。

労働基準法違反となる15のケースとそれぞれの罰則
月に100時間を越える残業が続き、夫が過労死に至りました。会社に労災と認めさせることは出来ますか?

まずはご冥福をお祈り致します。結論からいうと、過労死が認められる可能性は十分あると思います。心疾患の疑いだけであっても労災申請して認められているケースはありますので、チャレンジするのがいいと思います。ただ、過労死事件は特に初期のアプローチ(初動)が極めて大切なので、会社にどの段階でアプローチするのか、しないのか、どのようにして証拠を確保するのかなど、過労死問題をよく担当している弁護士と相談して対応すべきと考えます。

過労死で労災認定を受ける基準と給付を受けるために知っておくべきこと
キーワードからコラムを探す
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 全国
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
弁護士法人グラディアトル法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
【大阪支店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行
【福岡支店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行
【池袋本店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行