• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 その他
ホーム > 労働問題コラム > 残業代請求 > サービス残業とは|残業代請求が得意な弁護士に相談

サービス残業とは|残業代請求が得意な弁護士に相談

更新日:2020年05月29日
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
このコラムを監修
%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e6%ae%8b%e6%a5%ad

サービス残業とは

労働基準法で定められた法定労働時間「1日につき8時間、1週につき40時間」を超えて働いた場合や法定休日に働いた場合に、その時間に応じた残業代(割増賃金)を労働者に支払われないケースのことです。

 

言葉としては最近生まれた言葉ですが、サービス残業自体は高度経済成長期の日本よりもっと昔から長く続いています。

 

最近はサービス残業という言葉が注目されている事もあり、労働基準監督署による目も厳しく、是正勧告などが急増していますが、サービス残業が表面化してきた背景にはバブル崩壊や、リーマンショックなど不景気による企業の大規模なリストラが大きくあります。

 

企業がリストラを行った際に、事業を継続する為に適切な労働者数を確保できていない企業では社員1人当たりが担当する仕事量が増え過ぎてしまい、労働者のうつ病発症、それによる自殺、過労死などの労働問題が発生したことからサービス残業が社会的な大きな問題として注目されるようになりました。

 

また、それと同時に今までサービス残業を黙って続けていた労働者が、今までに自身が労働したサービス残業分を取り戻すべく未払い残業代の請求をし始めたこともこの表面化の理由のひとつです。

 

残業代の割増賃金率

労働時間の種類

割増率

時間外労働

基礎時給の1.25倍

1ヵ月60時間を超えた場合・・・

基礎時給の1.5倍

深夜労働(22時から5時まで)

基礎時給の1.25倍

休日労働

基礎時給の1.35倍

時間外労働 +深夜労働

基礎時給の1.50倍

時間外労働 +深夜労働

基礎時給の1.75倍

休日労働+深夜労働

基礎時給の1.60倍

※就業規則に特別の定めのない場合

 

 

残業代請求が得意な弁護士からアドバイスをもらう

【北海道・東北】

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

【関東】

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

【北陸・甲信越】

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

【東海】

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

【関西】

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

【中国・四国】

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

【九州・沖縄】

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

サービス残業がなくならない理由

サービス残業が日本においてなくならない理由としてはいくつかあげられますが、下記の3つが主要な理由として考えられます。

 

労働者の意識

高度経済成長期の日本においては「サービス残業は当たり前」であり、人に尽くすことを美徳とする意識が強い日本人には普通な事でした。そしてその意識は現在までも長く継がれ、「周りもやっているし、仕事が終わらなければやるのは当たり前」という人が大多数です。

 

加えて、権利を主張することで職を失ったり、働きにくくなる事を恐れる意識もあるかもしれません。そしてこの日本人が持つ意識がサービス残業を助長している理由の一つと考えられます。

 

労働基準法の知識が少ない

これは企業の経営者や担当者が労働基準法に関する知識が少ない為に、労働基準法を間違って解釈してしまうケースが多く、また人によっては会社もしくは自分にとって都合のいいように解釈してしまう事で、サービス残業を正当化しようとするケースもあります。

 

これは企業の根幹を揺るがす問題であり、「バレなければやってもいい」「周りの会社もやっているから問題ない」ではなく、経営者及び担当者が労働基準法の知識を更に深めることが必要となります。

 

企業側のコストカット

不景気になると企業は人員の削減をすることでコストカットを図ります。人員の削減をしても全体の仕事量が変わらない場合や、適切な人員を確保できていない企業の場合にはひとりひとりが担当する仕事量が増えます。

 

しかしコストカットをしている経営側は残業代は無駄なコストと解釈し、労働者の時間外労働が増えようとも残業代を払わず、「会社がよくなるまでの辛抱だ」などと労働者に対して会社側の一方的な見解を振りかざすこともあります。

 

管理職とサービス残業

労働基準法では、労働者の労働時間や休日に関して規定を設けていますが、管理監督者はそうした規定の適用が除外されています。すなわち管理監督者は何時間働こうが時間外労働にはなりません。

 

しかし、労働基準法上の管理監督者と、店長・マネージャーなどの「管理職」とは必ずしも同義ではありません。

 

最近ニュースでも話題になる肩書は管理職でも、実質は管理監督者ではない「名ばかり管理職」がありますが、これは労働者の肩書を管理職に引き上げることで労働基準法上の管理監督者とし、時間外労働分の賃金を支払わなくても良いものとする企業側の戦略です。

 

良くあるケースでは、残業を同じ時間している部下の方が、残業代が支給されない管理職より給料が高くなるケースです。

 

「管理監督者」は原則として以下の条件を満たしています。

  1. 出勤・退勤の時間の自由がある
  2. 職務について権限・責任がある
  3. 一般社員よりも優遇された給与を支払われている

 

上記から推測すると、いつでも好きな時間に出勤することができ、仕事上において大きな権限を持ち、給与に関しても一般社員より多く給料をもらっているという事になります。

 

しかし、「名ばかり管理職」は企業側が管理職と呼んでいるだけで、実態は出勤時間の自由もなく、権限を持っている訳でもなく、給与に関しては少しの管理職手当はあるが、実際にしている残業時間を計算してみると全く優遇されていないのです。

 

では「名ばかり管理職」は泣き寝入りしなければいけないのか?いいえ、管理監督者の条件を満たしていない時点で、労働基準法上の管理監督者ではないので残業代を請求する権利があります。

 

事件では日本マクドナルドの例が有名です。

 

ハンバーガーチェーン最大手「日本マクドナルド」の店長Tさんが、権限や裁量のない「名ばかり管理職」にされ、残業代を支払わないのは不当として、同社に二年間の未払い残業代や慰謝料などを求めた訴訟は18日、東京高裁(鈴木健太裁判長)で同社が店長Tさんに和解金一千万円を支払うとする和解が成立しました。

 

 

残業代請求が得意な弁護士からアドバイスをもらう

【北海道・東北】

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

【関東】

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

【北陸・甲信越】

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

【東海】

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 |

【関西】

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

【中国・四国】

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

【九州・沖縄】

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

残業代請求が得意な弁護士があなたの悩みを解決

残業代を請求するにあたって、必要な作業は10ほどありますが、あなたにやって頂きたいことは2つしかありません。

1:労働時間を把握できる勤怠情報を揃える(タイムカードなど)
2:残業代請求の時効である2年間を超えていないことを確認する

この2点です。退職の予定があるので未払い残業代を請求したい、すでに退職している会社に対して残業代を請求したい。

また、いま手元に証拠となるものがない場合でも、弁護士に相談すれば後の対応はお任せできます。弁護士名義で会社に対して請求することで、比較的容易に残業代を取り返すことも不可能ではありません。

1人で悩まずに、まずは残業代請求が得意な弁護士の『無料相談』を活用することをおすすめします。

労働問題弁護士ナビでは『通話料無料』で弁護士からアドバイスをもらうことができます。電話・メール、どちらでも相談可能です。まずは以下より弁護士を選び、具体的なアドバイスをもらいましょう。

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
「 残業代請求 」に関するQ&A
勤務記録を証明できるものが手元にない場合、請求は出来ないのでしょうか。

相談者様ご自身で保管していなくても、弁護士に依頼することで会社に開示請求を行う事ができます。
タイムカードはもちろん、PCの起動ログから残業時間を立証できた事例もございますので、証拠が手元に無くても泣き寝入りせず弁護士に相談しましょう。

残業代請求時に認められやすい証拠と、証拠がない時の対処方法
管理職だから残業代は出ないと会社から伝えられました。本当に1円も請求できないのでしょうか。

確かに労働基準法では、「管理監督者」には残業代を支払わなくても良いと明記されておりますが、会社で定める「管理職」が労働基準法で言う「管理監督者」に当たらないケースもあります。
この場合は会社側が労働基準法違反となり、残業代を支払う義務を負います。このような名ばかり管理職問題についてまとめた記事がございますので、詳しくはそちらをご覧ください。

管理職(課長職など)に残業代が出ないのは違法?未払い残業代の請求手順
会社が固定残業代制度(みなし残業制度)の場合、残業代は全く払われないのでしょうか。

固定残業時間以上の残業を行った場合、その分の残業代は適切に支払われる必要があります。また、36協定の都合上、基本的に固定残業時間の上限は45時間とされております。
固定残業時間を上回る残業を行ったり、会社が違法な固定残業代制度をとっていた場合はもれなく残業代請求が可能です。直ちに弁護士に相談しましょう。

固定残業代(みなし残業)の仕組み|適正な残業代の計算方法
在職中に残業代請求を行うリスクについて教えてください。

残業代請求に対する企業からの報復行為は、そのほとんどが違法とみなされているため積極的にされることはありません。
ただし、少なからず居心地が悪くなる懸念もあります。一般的には在職中に証拠を集めるだけ集め、その後の生活を守るために転職先を決めてから残業代請求を行うのがベターと言えるでしょう。

残業代請求をしたら報復に?予想される報復行為と未然に防ぐ方法
未払い残業代に時効はあるのでしょうか。

残業代請求の時効は2年となっております。
退職してからゆっくり残業代請求を行う場合、どんどん請求可能期間が短くなってしまいますので、一早く請求に対して動き始めましょう。
また、弁護士に依頼して内容証明を会社に送ることで、時効を一時的にストップさせることが出来ます。

残業代請求の時効は2年間から当面は3年に延長|時効を中断させる方法まで
キーワードからコラムを探す
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 全国
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
弁護士法人グラディアトル法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
【福岡支店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行
【池袋本店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行
代々木法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
労働災害