• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 その他
ホーム > 労働問題コラム > 残業代請求 > 残業代未払いにかかる遅延損害金とは|遅延利息との違いと請求手順を解説

残業代未払いにかかる遅延損害金とは|遅延利息との違いと請求手順を解説

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
このコラムを監修
%e6%ae%8b%e6%a5%ad%e4%bb%a3%e8%ab%8b%e6%b1%82 %e9%81%85%e5%bb%b6%e6%90%8d%e5%ae%b3%e9%87%91

未払い残業代請求における「遅延損害金(ちえんそんがいきん)」とは、残業代が期限通り支払われなかったことに対するペナルティです。

 

法律上、このような支払期限の徒過については、遅延損害金の請求ができることになっています。

 

遅延利息という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、意味は同じです。

 

 

残業代請求について弁護士は何をしてくれるの?


残業代請求を弁護士に依頼すると、『どう解決につながるのか』、労働問題の最前線で活躍している弁護士、ベリーベスト法律事務所の労働問題チームリーダーを勤める、松井先生にインタビューしてきました。【続きを読む

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta detail chevron
Office info 202101121853 12411
東京
立川市
【東京立川支店】弁護士法人アディーレ法律事務所

  • 来所不要
  • 初回面談相談料0円
  • 電話相談可能
  • 休日相談可
【着手金無料で安心】サービス残業はもうたくさん!残業代を取り戻そう!アディーレ法律事務所なら、残業代請求の弁護士費用は実際に得た経済的利益から。
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

 

 

弁護士に相談する際によくある疑問を徹底解消

 

職場で起こる様々な労動問題。未払い残業代、不当解雇をされた、ハラスメント上司を辞めさせたいなど、働いてきた事に対して正当な対価を払って欲しいとき、その解決の第一歩が『弁護士への無料相談』です。

 

しかし、

  1. 無料相談と言っても本当は費用がかかるのでは無いか?
  2. 労動問題に詳しい弁護士の選び方がわからない
  3. 弁護士に相談するだけで何かが変わるの?
  4. 実際に依頼したらどのような流れで進んでいくのか? など

初めてのことで不安もたくさんあるかと思います。

そこで、『弁護士に無料相談する際によくある疑問と解決までの流れ』を詳しくまとめましたので、一刻も早く問題解決をしたいけど、弁護士ってちょっと怖いと思っている方は、ぜひご覧ください。
詳しくは『こちら

 

未払い残業代における遅延損害金・遅延利息とは|主な概要と利率

 

遅延損害金・利息とは|支払徒過に対するペナルティ

遅延損害金・遅延利息とは、前述の通り残業代などの支払いが遅れたことに対するペナルティです。

 

在職中・退職後のいずれでも請求できますが、在職中の遅延利息と退職後の遅延利息では計算に用いる利率が異なります。

 

法的な整理を簡単に解説すると、残業代の支払いなどの金銭義務を契約通り支払わないことを「債務不履行(さいむふりこう)」と言います

 

金銭債務に債務不履行があった場合、債権者は債務者に対して一定の利率で利息(遅延損害金・遅延利息)を請求できると定めています。

 

ここでいう一定の利率は民法上は年5%ですが、賃金債務のような会社が営業行為の結果負担する債務の利率は商法により年6%とされています。

 

加えて、退職後も支払徒過が続いているような場合は、賃金の支払の確保等に関する法律により利率は年14.6%まで跳ね上がります

 

付加金との違い

会社の残業代未払いが悪質な場合は、労働者が裁判上これを請求し、裁判所が是として認めれば「未払い残業代の2倍」を限度に付加金の支払いが命じられることがあります(労働基準法第114条)。

 

(付加金の支払)

第百十四条 裁判所は、第二十条、第二十六条若しくは第三十七条の規定に違反した使用者又は第三十九条第九項の規定による賃金を支払わなかつた使用者に対して、労働者の請求により、これらの規定により使用者が支払わなければならない金額についての未払金のほか、これと同一額の付加金の支払を命ずることができる。ただし、この請求は、違反のあつた時から二年以内にしなければならない。

引用元:労働基準法第114条

 

この付加金制度も、残業代未払いに対するペナルティという意味では遅延損害金・遅延利息と同じですが、法律上の根拠・要件が異なります。

 

 

未払い残業代に対する遅延損害金の計算方法

 

 

残業代とは、法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えて労働した場合に支払われる割増賃金のこと。

 

労働基準法では時間外・休日・深夜それぞれに対応する割増率で計算した割増賃金の支払が必要とされています。

 

・時間外労働……割増率25%

・時間外労働(月60時間超)……割増率50%

※中小事業主は2023年3月31日まで適用除外

・休日労働……割増率35%

・深夜労働(午後10時~午前5時)……割増率25%

※ 深夜労働は就労が深夜帯に及ぶ場合、上記割増率で計算される賃金を加算することになります。

 

このような残業代がこれを精算すべき支払日に支給されていなければ、当該支払日の翌日から遅延損害金・利息が発生することになります。

 

なお、退職後の遅延利息は利率が年14.6%となりますが、「やむを得ない事情」がある場合は当該高額の遅延利息は発生しません。

 

たとえば、「地震や津波などの天災」「会社が破産手続き開始決定や特別清算開始命令・再生手続き開始決定・更生手続き開始決定を受けたこと」「合理的な理由によって裁判所または労働委員会で争っていること」などが「やむを得ない事情」に当たります。

 

 

残業代に遅延損害金が発生している場合の請求方法

遅延損害金・遅延利息は、未払い残業代の元本とセットで請求するのが一般的です。

 

ここでは、具体的な手順について説明します。

 

 

まずは会社に対して交渉による請求を行う

これは在職中の場合に検討するべき方法ですが、会社と裁判外で協議・交渉して残業代の精算を求めるという方法があり得ます。

 

もっとも穏当かつ簡便な方法であるため、ハードルは低いと言えますが、あくまで裁判外での協議・交渉ですので支払われるべき残業代満額が支払われるかは不透明ですし、会社が交渉に乗ってこない可能性も高いです。

 

紛争処理手続(ADR)の利用

労働局の行うあっせん手続では、雇用上の問題についての協議・交渉の仲介を申し込む事が可能です。

 

裁判に比べて非公開かつスピーディーで低コストというメリットがありますが、そもそも会社にはこれに応じる義務がないため、会社から無視されてしまう可能性もあります。

 

【参考】法務省|裁判外紛争解決手続(ADR)について

 

労働審判

労働審判官(裁判官)1人と専門知識を有する労働審判員2人から成る労働審判委員会に労働問題について申し立て、調停及び審判を求める制度です。

 

原則として3回以内の期日で判断が下されますので、通常の裁判よりもはるかにスピーディーに進行します。

 

また原則として非公開で行われること、低コストであることも特徴。なお、労働審判委員会の判断に異議が申し立てられた場合、自動的に通常の裁判に移行します。

 

【関連記事】労働審判とは|申立ての流れや期間をわかりやすく解説

 

 

訴訟

裁判所に事実を認定して法律を適用し、権利法律関係を確定するよう求める制度です。

 

裁判所は、原告・被告の主張・立証を踏まえて一定の事実を認定し、これを元に権利法律関係の有無について裁定を下します。

 

請求を認める判決が確定すれば、原告は被告の財産に対して強制執行を行うことが可能となります。

 

付加金について注意点

付加金については、訴訟手続で請求しない限り付されることはありません。

 

したがって、残業代の付加金の請求まで求めたいのであれば最初から訴訟手続を選択するべきでしょう。

 

 

まとめ

遅延損害金・遅延利息・付加金という未払い残業代のペナルティについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

計算方法が複雑で難しい、困ったときには早めに弁護士に相談しましょう。

 

労働事件の実務経験が豊富な弁護士なら、未払い残業代を素早く正確に算出し、請求手続きもしてくれます。

 

 

職業別の残業代請求

IT業界

プログラマー

美容師

運送業

エステサロン

アパレル

製造業

保育士

トラック運転手

店長職

医者

塾講師

公立教員

看護師

飲食店

デザイナー

病院勤務

芸能マネージャ職

 

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

※未払い残業代問題が30日で解決できる『無料メールマガジン』配信中!

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
「 残業代請求 」に関するQ&A
勤務記録を証明できるものが手元にない場合、請求は出来ないのでしょうか。

相談者様ご自身で保管していなくても、弁護士に依頼することで会社に開示請求を行う事ができます。
タイムカードはもちろん、PCの起動ログから残業時間を立証できた事例もございますので、証拠が手元に無くても泣き寝入りせず弁護士に相談しましょう。

残業代請求時に認められやすい証拠と、証拠がない時の対処方法
管理職だから残業代は出ないと会社から伝えられました。本当に1円も請求できないのでしょうか。

確かに労働基準法では、「管理監督者」には残業代を支払わなくても良いと明記されておりますが、会社で定める「管理職」が労働基準法で言う「管理監督者」に当たらないケースもあります。
この場合は会社側が労働基準法違反となり、残業代を支払う義務を負います。このような名ばかり管理職問題についてまとめた記事がございますので、詳しくはそちらをご覧ください。

管理職(課長職など)に残業代が出ないのは違法?未払い残業代の請求手順
会社が固定残業代制度(みなし残業制度)の場合、残業代は全く払われないのでしょうか。

固定残業時間以上の残業を行った場合、その分の残業代は適切に支払われる必要があります。また、36協定の都合上、基本的に固定残業時間の上限は45時間とされております。
固定残業時間を上回る残業を行ったり、会社が違法な固定残業代制度をとっていた場合はもれなく残業代請求が可能です。直ちに弁護士に相談しましょう。

固定残業代(みなし残業)の仕組み|適正な残業代の計算方法
在職中に残業代請求を行うリスクについて教えてください。

残業代請求に対する企業からの報復行為は、そのほとんどが違法とみなされているため積極的にされることはありません。
ただし、少なからず居心地が悪くなる懸念もあります。一般的には在職中に証拠を集めるだけ集め、その後の生活を守るために転職先を決めてから残業代請求を行うのがベターと言えるでしょう。

残業代請求をしたら報復に?予想される報復行為と未然に防ぐ方法
未払い残業代に時効はあるのでしょうか。

残業代請求の時効は2年となっております。
退職してからゆっくり残業代請求を行う場合、どんどん請求可能期間が短くなってしまいますので、一早く請求に対して動き始めましょう。
また、弁護士に依頼して内容証明を会社に送ることで、時効を一時的にストップさせることが出来ます。

【2020年4月から】残業代請求の時効は3年に延長|時効を中断させる方法まで
キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 全国
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
【大阪】ベリーベスト法律事務所
初回面談相談無料
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
【新宿】ベリーベスト法律事務所
初回面談相談無料
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
【池袋本店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行
【大阪支店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 2 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。