• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
ホーム > 労働問題コラム > 労働災害 > 労災認定とは|認定基準や補償内容・給付の種類・手続きの注意点まで

労災認定とは|認定基準や補償内容・給付の種類・手続きの注意点まで

更新日:2021年04月02日
ゆら総合法律事務所
阿部由羅
このコラムを監修
%e5%8a%b4%e7%81%bd%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e3%81%a8%e3%81%af %e8%aa%8d%e5%ae%9a%e5%9f%ba%e6%ba%96%e3%82%84%e5%86%85%e5%ae%b9%e3%83%bb%e8%a6%81%e4%bb%b6 %e7%b5%a6%e4%bb%98%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e3%83%bb%e6%89%8b%e7%b6%9a%e3%81%ae%e6%b3%a8%e6%84%8f%e7%82%b9

会社の業務中や通勤中にケガをしたり、病気にかかったりした場合には、労災認定を申請して給付金を受給できます。労災の要件を踏まえて、しっかりと準備を行ったうえで労災認定の申請を行うことで、適正な労災保険給付を受給できる可能性が高まります。

 

「労災」と一言でいっても2つの意味で使われることがあり、「労働災害を意味する労災」と「労災認定を意味する労災」と混同されるケースがありますので注意しましょう。本記事における労災は「労働災害」を差し、原則「労災認定」は労働災害の認定を表すこととします。

 

申請に関して不安な点がある場合には、弁護士に相談してみましょう。この記事では、労災の内容・要件・給付の種類・注意点など、労災認定に関するポイントを全般的に解説します。

 

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta detail chevron
Office info 1471 w220
東京
港区
五十嵐法律事務所

  • 初回面談相談料0円
  • 企業側相談可
  • 電話相談可能
  • 休日相談可
労働問題、年間相談100件以上●面談は納得がいくまで何度でも無料●残業代請求/不当解雇に自信●労働者側、使用者側いずれの相談にも精通●あなたの権利を守ります●夜間・休日・オンライン面談可●駅近
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

この記事に記載の情報は2021年04月02日時点のものです

労災(労働災害)とは?業務災害と通勤災害が認定される要件

労災(労働災害)とは、業務上の事由または通勤によって、労働者の負傷・疾病・障害・死亡などが発生することをいい(労働者災害補償保険法1条)、従業員が業務上被った怪我や疾病に対する補償制度のことを「労災認定」されると言います。

 

第一条 労働者災害補償保険は、業務上の事由、事業主が同一人でない二以上の事業に使用される労働者(以下「複数事業労働者」という。)の二以上の事業の業務を要因とする事由又は通勤による労働者の負傷、疾病、障害、死亡等に対して迅速かつ公正な保護をするため、必要な保険給付を行い、あわせて、業務上の事由、複数事業労働者の二以上の事業の業務を要因とする事由又は通勤により負傷し、又は疾病にかかつた労働者の社会復帰の促進、当該労働者及びその遺族の援護、労働者の安全及び衛生の確保等を図り、もつて労働者の福祉の増進に寄与することを目的とする。

引用元:労働者災害補償保険法1条

 

この定義からわかるように、労災には「業務災害」と「通勤災害」の2種類があり、それぞれについて以下のとおり認定要件が定められています。

 

業務災害とは

「業務災害」とは、業務上の事由によって発生した労働者の負傷・疾病・障害・死亡などをいいます。業務災害の労災認定に当たっては、大きく分けて「業務遂行性」と「業務起因性」の2点がポイントとなります。

 

業務遂行性とは

業務遂行性」とは、労働者が使用者の支配下にある状態において負傷などが発生したことを意味します。たとえば、負傷などがオフィス内で発生した場合には、特に問題なく業務遂行性が認められます。また在宅勤務中であっても、勤務時間中であれば、原則として業務遂行性が認められます。

 

なお、トイレに立つなど短時間の離席をした場合でも、基本的に業務遂行性は失われません。一方、オフィス勤務・在宅勤務のいずれであっても、ランチなどで長時間離席中に負傷などが発生した場合には、業務遂行性が否定されます。

 

また、在宅勤務中に家事、育児などの仕事と関係ないことを行っている時についても、業務遂行性が否定される可能性が高いでしょう。

 

業務起因性とは

業務起因性」とは、会社の業務と労働者の負傷などの間に相当因果関係(合理的な原因・結果の関係)があることを意味します。業務起因性の有無は業務遂行性と密接に連関しており、業務遂行性が認められる限りは、原則として業務起因性は認められると考えてよいでしょう。

 

ただし、完全に個人的な事情(同僚との私的な言い争いから発展した暴力事件など)によって負傷などが発生した場合には、業務起因性が否定される可能性があります。

 

通勤災害とは

通勤災害」とは、通勤中に発生した労働者の負傷・疾病・障害・死亡などを意味します。通勤災害が認定される要件は以下のとおりです。

 

住居・就業場所・単身赴任先などの間の移動であること

通勤災害の労災認定を受けるには、負傷などが「通勤」中に発生したことが必要です。通勤に当たる移動は、以下のいずれかに該当するものに限られます。

 

  1. 住居と就業場所の間の往復
  2. 就業場所から他の就業場所への移動
  3. 単身赴任先住居と帰省先住居の間の移動

 

よって、通勤災害の労災認定には、上記の3つのいずれかに該当する移動中に負傷などが発生したことが必須となります。

 

就業に関する移動中に負傷などが発生したこと

通勤災害の認定には、「移動と業務が密接な関連をもって行われること」が必要です。簡単に言えば、近接した時期に具体的な業務が予定されている移動のみが「通勤」に該当します。

 

住居と就業場所の間の往復」および「就業場所から他の就業場所への移動」の場合は、被災当日に就業することになっていたか、または現実に就業していたことが必要です。これに対して「単身赴任先住居と帰省先住居の間の移動」の場合は、原則として就業日の前翌日の移動のみ、就業との関連性が認められます。

 

合理的な経路および方法による移動であること

「通勤」は、住居・就業場所・単身赴任先などの目的地へ向かうに当たって、一般に労働者が用いると認められる経路・方法による移動である必要があります。仮に最短経路でなかったとしても、やむを得ない迂回を行った場合などには、原則として合理的な経路・方法による移動として認められます。

 

これに対して、合理的な理由もなくかなりの遠回りをしたり、寄り道をしたりした場合には通勤災害は認められません。

 

移動が業務の性質を有するものでないこと

業務災害との棲み分けのため、業務性を有する移動については通勤災害の対象外とされています。具体的には、以下の移動については「通勤」の定義から除かれます。

 

  • 事業主の提供する専用交通機関を利用しての出退勤
  • 緊急用務のために休日に呼び出しを受け手緊急出勤する場合の移動

 

これらの移動の最中に労働者の負傷などが発生した場合には、通勤災害ではなく業務災害として、労災認定の判断が行われます。

 

 

労災認定を受けた際に受け取ることができる給付の種類・内容

労災認定を受けた場合、労働者は労災保険から各種の給付を受け取ることができます。労災保険給付にはさまざまな種類があるので、申請可能な給付を漏れなく申請しましょう。

 

各種労災保険給付の内容は、以下のとおりです。

 

療養(補償)給付

「療養(補償)給付」は、労働者の負傷・疾病などの治療にかかった費用を補償するものです。基本的には、治療費・入院費・検査費用・通院費などの実費相当額が補償されます。

 

休業(補償)給付

「休業(補償)給付」は、労災による負傷などを治療するための休業により、労働者が受け取れない賃金を補償するものです。休業4日目以降、休業1日につき給付基礎日額の60%が補償されます。

 

なお「給付基礎日額」とは、原則として労働基準法上の平均賃金(労働基準法12条1項)を意味します。

 

障害(補償)給付

「障害(補償)給付」は、労災によって生じた負傷や疾病が症状固定した場合(後遺障害)に、労働能力喪失による逸失利益などを補償するものです。

補償対象となる後遺障害は、等級別に厚生労働省が定める「障害等級表」にまとめられています。

参考:「障害等級表」厚生労働省HP

 

障害(補償)給付は、認定される障害等級によって給付の種類と金額が異なります。具体的には、第1級から第7級の場合は「障害(補償)給付+障害特別支給金+障害特別年金」、第8級から第14級の場合は「障害(補償)給付+障害特別支給金+障害特別一時金」が支給されます。

 

表:等級別の各障害(補償)給付の金額

障害等級

障害(補償)給付

障害特別支給金

障害特別年金

障害特別一時金

第1級

給付基礎日額の313日分

342万円

算定基礎日額の313日分

第2級

〃277日分

320万円

〃277日分

第3級

〃245日分

300万円

〃245日分

第4級

〃213日分

264万円

〃213日分

第5級

〃184日分

225万円

〃184日分

第6級

〃156日分

192万円

〃156日分

第7級

〃131日分

159万円

〃131日分

第8級

〃503日分

65万円

算定基礎日額の503日分

第9級

〃391日分

50万円

〃391日分

第10級

〃302日分

39万円

〃302日分

第11級

〃223日分

29万円

〃223日分

第12級

〃156日分

20万円

〃156日分

第13級

〃101日分

14万円

〃101日分

第14級

〃56日分

8万円

〃56日分

※給付基礎日額=労働基準法上の平均賃金

※算定基礎日額=労災発生前1年間に支払われた、3か月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与など)の総額をその期間の暦日数で割ったもの

 

遺族(補償)給付

「遺族(補償)給付」は、労災によって労働者が死亡した場合に、遺族に対する生活補償を行うものです。遺族の数に応じて、「遺族(補償)年金」「遺族特別支給金(一時金)」「遺族特別年金」の3つが支給されます。

 

表:各遺族(補償)給付の金額

遺族数

遺族(補償)年金

遺族特別支給金(一時金)

遺族特別年金

1人

給付基礎日額の153日分(55歳以上の妻または一定の障害状態にある妻の場合は175日分)

一律300万円

算定基礎日額の153日分(55歳以上の妻または一定の障害状態にある妻の場合は175日分)

2人

〃201日分

〃201日分

3人

〃223日分

〃223日分

4人

〃245日分

〃245日分

※給付基礎日額=労働基準法上の平均賃金

※算定基礎日額=労災発生前1年間に支払われた、3か月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与など)の総額をその期間の暦日数で割ったもの

 

葬祭料・葬祭給付

「葬祭料・葬祭給付」は、労災により労働者が死亡した場合に、葬儀費用を補償するものです。葬祭料・葬祭給付の給付額は、以下のいずれか高い金額となります。

 

  1. 315,000円に給付基礎日額の30日分を加えた額
  2. 給付基礎日額の60日分

※給付基礎日額=労働基準法上の平均賃金

 

傷病(補償)給付

「傷病(補償)給付」は、傷病等級第3級以上に該当する負傷・疾病が1年6か月以上治らない場合に支給されます。傷病(補償)給付として支給されるのは、「傷病(補償)年金」「傷病特別支給金(一時金)」「傷病特別年金」の3種類です。

 

それぞれの傷病等級別の給付額は、以下のとおりです。

 

傷病等級

傷病(補償)年金

傷病特別支給金(一時金)

傷病特別年金

第1級

給付基礎日額の313日分

114万円

算定基礎日額の313日分

第2級

〃277日分

107万円

〃277日分

第3級

〃245日分

100万円

〃245日分

※給付基礎日額=労働基準法上の平均賃金

※算定基礎日額=労災発生前1年間に支払われた、3か月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与など)の総額をその期間の暦日数で割ったもの

 

なお、傷病等級第1級から第3級に該当する障害の内容については、以下の厚生労働省の資料をご参照ください(基本的には、障害等級表とパラレルな内容になっています)。

参考:「傷病(補償)年金について」(厚生労働省)

 

介護(補償)給付

「介護(補償)給付」は、障害(補償)年金または傷病(補償)年金の受給者のうち第1級または第2級の精神・神経障害および胸腹部臓器の障害がある人が、現に介護を受けている場合に毎月支給されます。

 

介護(補償)給付の金額は、「常時介護か随時介護か」および「実際に介護費用を支出しているかどうか」の2点によって変わります。介護(補償)給付の具体的な給付額は、以下の表のとおりです。

 

介護(補償)給付の上限

常時介護

随時介護

実際に介護費用を支出している場合

実費

(ただし、上限166950円、下限72990円)

実費

(ただし、上限83480円、下限36500円)

親族などが介護しているため、介護費用を支出していない場合

72990円

36500円

※2020年4月1日~2021年2月現在

 

 

労災認定を受けるために必要な手続きは?

労災認定を受けるためには、基本的に被災労働者が自ら手続きを行う必要があります。

 

会社の所在地の労働基準監督署長に請求書を提出

指定医療機関で治療を受けた場合の療養(補償)給付の請求に限っては、労働者が自ら行う必要はなく、指定医療機関を通じて行うことができます。

逆に、それ以外の労災保険給付については、給付請求を被災労働者が自ら行うことが必要です。

 

労災保険給付の請求は、請求書を会社の所在地の労働基準監督署長に提出して行います。

 

労災保険給付の請求書の様式

労災保険給付の請求書の様式は、厚生労働省のホームぺージに掲載されています。

参考:「労災保険給付関係請求書等ダウンロード」(厚生労働省)

 

給付の種類によって様式が異なるので、記載例を見ながら請求書を作成しましょう。

 

労災認定に関するQ&A

労災認定に当たっての注意事項やよくある疑問点について、Q&Aの形式で解説します。

 

適切な労災認定を受けるためのポイントは?

労災認定の判断においては、業務災害であれば業務遂行性・業務起因性の立証、通勤災害であれば「通勤」要件の立証がポイントになります。そのうえで、どのような負傷・疾病が生じているかを医学的に立証することも、各種給付の金額を大きく左右するため重要です。

 

もし申請に関して不安がある場合には、弁護士に相談して対応することをお勧めいたします。

 

労災認定の結果に納得できない場合は?

労災認定の結果に不服がある場合には、労働者災害補償保険審査官に対する審査請求が可能となっています(労働者災害補償保険法38条1項)。

 

審査請求は、労災認定に関する決定があったことを知った日の翌日から3か月以内に行う必要があります。審査官の決定にさらに不服がある場合には、労働保険審査会に対する再審査請求も可能です。

 

また、1回目の審査請求に関する決定があった後であれば、取消訴訟を提起して処分の結果を争うこともできます(同法40条)。

 

労災認定の申請が理由で解雇されることはある?

労災認定の申請を理由として、使用者が労働者を解雇することは、違法である疑いがきわめて強いです。

 

労働基準法上、労災による負傷・疾病の療養のために休業する期間、およびその後30日間における解雇は禁止されています(労働基準法19条1項本文)。

 

さらに、その後も労災認定の申請を理由として解雇することは、不当解雇に当たる可能性が高いです(解雇権濫用の法理。労働契約法16条)。

もし労災認定の申請が理由で会社から解雇された場合、弁護士に相談して解雇無効の主張を行いましょう。

 

(解雇)

第十六条 解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

引用元:労働契約法16条

 

労災認定の申請に期限はある?

労災認定の申請期限は、給付の種類ごとに以下の表のとおりとなっています。申請期限を徒過しないように、早め・前倒しでの申請準備を進めましょう。

 

給付金の種類

申請期限(時効)

療養(補償)給付

療養の費用を支出した日ごとに請求権が発生し、その翌日から2年

休業(補償)給付

賃金を受けない日ごとに請求権が発生し、その翌日から2年

遺族(補償)給付

被災労働者が亡くなった日の翌日から5年

葬祭料(葬祭給付)

被災労働者が亡くなった日の翌日から2年

傷病(補償)年金

なし(監督署長の職権により自動的に移行)

障害(補償)給付

傷病が治癒した日の翌日から5年

介護(補償)給付

介護を受けた月の翌月の1日から2年

参考:厚生労働省|7-5 労災保険の各種給付の請求はいつまでできますか。

 

会社が労災保険に入っていない場合でも労災認定は受けられる?

会社が労災保険に加入していなくても、労働者は労働災害の認定を受けることができ、各種の給付も問題なく受けられます。労災保険への加入は会社の義務ですが、会社が義務を怠った場合にも、労働者にその不利益を負わせるべきではないという価値判断が働いています

 

なお、労災保険未加入の会社で労災が発生した場合、保険者から使用者に対して費用の徴収が行われます。

 

 

まとめ

労災(労働災害)には業務災害・通勤災害の2種類があり、労災認定が行われた場合には、労働者に生じた負傷や疾病の内容や程度などに応じて各種の労災保険給付を受けることができます。

 

各給付の請求にはそれぞれ期限があるので、間に合うように請求の準備を行うことが大切です。もし労災保険給付の請求に関してわからないことがあれば、弁護士にご相談ください。

 

弁護士は、労災保険給付の請求の手続きから、会社に対する損害賠償請求等に至るまで、労働者の権利を守るために尽力いたします。

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

※未払い残業代問題が30日で解決できる『無料メールマガジン』配信中!

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2020・OD・037

兵庫
埼玉
京都
福岡
千葉
神奈川
Office info 202110151600 26281 w220 【姫路】ベリーベスト法律事務所

【不当解雇・残業代請求は相談料0円】自宅から弁護士と電話・オンラインで相談ができます(予約制)|新型コロナによる業績悪化を理由とした解雇や残業代の未払いもご相談ください。

事務所詳細を見る
Office info 202106021053 42041 w220 【神戸・兵庫/相談窓口】弁護士法人勝浦総合法律事務所

【残業代請求/初期費用0円の完全成功報酬制】残業代請求の実績多数。年間の残業代回収実績6.6億円。残業代請求交渉は回収額の19.8%~の完全成功報酬制でお受けします。回収できなければ報酬は0円【LINE相談可】

事務所詳細を見る
Office info 202105131254 37401 w220 姫路総合法律事務所

【地域密着】【秘密厳守】【事務所設立30年以上】未払い残業代を請求したい/不当な理由で解雇された/解雇を予告された方はご連絡ください!今後の生活のためにも、あなたの権利を守ります≪解決事例アリ≫

事務所詳細を見る
Office info 202110151546 13561 w220 【神戸】ベリーベスト法律事務所

【不当解雇・残業代請求は相談料0円】自宅から弁護士と電話・オンラインで相談ができます(予約制)|新型コロナによる業績悪化を理由とした解雇や残業代の未払いもご相談ください。

事務所詳細を見る
兵庫県の弁護士一覧はこちら
この記事の監修者
ゆら総合法律事務所
阿部由羅 (第二東京弁護士会)
西村あさひ法律事務所・外資系金融機関法務部を経て、ゆら総合法律事務所代表弁護士。不動産・金融・中小企業向けをはじめとした契約法務を得意としている。その他、一般民事から企業法務まで幅広く取り扱う。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

労働災害に関する新着コラム

労働災害に関する人気コラム

労働災害の関連コラム

「 労働災害 」に関するQ&A
仕事中に倒れ、打ち所が悪く全治二か月の怪我をしましたが、労災が認定されませんでした。再審査は可能ですか?

労災申請が棄却された場合、労働局に対して『審査請求』『再審査請求』ができますが、労災認定の詳細は、調査復命書を入手して分析する必要があります。裁決の検討も必要です。もし、『会社が労災を認めない』『労働基準監督署からの認定がおりなかった』という場合は、弁護士への相談も検討しましょう。

労災の申請方法と拒否・棄却された時の対処法
過労によるうつ状態と診断され、今も後遺症が残っています。会社に損害賠償等は可能でしょうか?

労災における休業補償の時効は5年ですので、うつ病発症時期が問題となります。安全配慮義務違反にもとづく損害賠償請求は可能ですが、職務内容、会社の対応等を子細に検討する必要があります。持ち帰り残業となっていた場合は、時間外労働と認められない可能性の方が高いです。また、何度も会社に改善を訴えていている、労災が発生した事実を労基署に新国際ないのは『労災隠し』になりますので、法的に正確に分析してもらい、今後の対応を検討するべきです。

労災隠しの実態と違法性とは|労災隠しされた場合の対処法3つ
職場の嫌がらせやハラスメント行為に対してうつ病を患ったため、労災申請の旨を会社に申告したところ、和解交渉を求められました。応じるべきでしょうか?

精神疾患の程度、ハラスメント行為との関係、会社対応などを精査しないと、正確な法的な助言は難しいです。法的分析をきちんとされたい場合には、労働法にかなり詳しく、労災法理、安全配慮義務法理、退職問題にも通じた弁護士に、今後の対応を相談してみましょう。

労災(労働災害)とは|適用条件・補償内容・申請方法の解説
入社時と入社後の労働条件に違いがありすぎて困っています。これは労基違反ではないでしょうか?

正確なことがわからないので正確な助言は難しいですが、面接で伝えただけでは、合意内容になっているとは限りません。労働基準法違反かどうかは、労働基準法及び同規則所定の事項について記載があるかどうかですので、現物を拝見する必要があります。交渉の経緯、面接の内容も子細に検討する必要がございます。
法的責任をきちんと追及したければ、労働法にかなり詳しい弁護士に相談に行き、法的に正確に分析してもらい、この後の対応を検討するべきです。

労働基準法違反となる15のケースとそれぞれの罰則
月に100時間を越える残業が続き、夫が過労死に至りました。会社に労災と認めさせることは出来ますか?

まずはご冥福をお祈り致します。結論からいうと、過労死が認められる可能性は十分あると思います。心疾患の疑いだけであっても労災申請して認められているケースはありますので、チャレンジするのがいいと思います。ただ、過労死事件は特に初期のアプローチ(初動)が極めて大切なので、会社にどの段階でアプローチするのか、しないのか、どのようにして証拠を確保するのかなど、過労死問題をよく担当している弁護士と相談して対応すべきと考えます。

過労死で労災認定を受ける基準と給付を受けるために知っておくべきこと
キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 全国
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 202004101658 12941 w220 弁護士法人グラディアトル法律事務所
電話相談可能
LINE相談可能
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
Office info 202110151553 13601 w220 【福岡】ベリーベスト法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
労働災害
Office info 202106021053 42041 w220 【神戸・兵庫/相談窓口】弁護士法人勝浦総合法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE相談可能
残業代請求
不当解雇
内定取消
労働災害
労働審判
Office info 202108311139 46821 w220 弁護士法人春田法律事務所 福岡オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE相談可能
休日の相談可能
残業代請求
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 2 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。