• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 その他
ホーム > 労働問題コラム > 不当解雇 > 【労働者向け】不当解雇が突然撤回された場合の対処法は?

【労働者向け】不当解雇が突然撤回された場合の対処法は?

更新日:2021年02月17日
ゆら総合法律事務所
阿部由羅
このコラムを執筆
%e5%8a%b4%e5%83%8d%e5%95%8f%e9%a1%8c%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e3%83%8a%e3%83%92%e3%82%99

労働者が会社から不当解雇された場合、会社に対して解雇の無効を主張するのが通常です。

 

これに対して、会社が不当解雇を撤回してきた場合、一見労働者側が望んだとおりの結果が実現したようにも思われます。

 

しかし、労働者側にもさまざまな事情がありますので、解雇撤回をすんなり受け入れることが難しい場合もあるでしょう。

 

また、解雇撤回に関しては、それに付随する複雑な法律問題が存在します。

この記事では、解雇撤回の法的な有効性や労働者側としての対処法などを中心に、弁護士の視点から解説します。

 

 

 

弁護士に相談する際によくある疑問を徹底解消

 

職場で起こる様々な労動問題。未払い残業代、不当解雇をされた、ハラスメント上司を辞めさせたいなど、働いてきた事に対して正当な対価を払って欲しいとき、その解決の第一歩が『弁護士への無料相談』です。

 

しかし、

  1. 無料相談と言っても本当は費用がかかるのでは無いか?
  2. 労動問題に詳しい弁護士の選び方がわからない
  3. 弁護士に相談するだけで何かが変わるの?
  4. 実際に依頼したらどのような流れで進んでいくのか? など

初めてのことで不安もたくさんあるかと思います。

そこで、『弁護士に無料相談する際によくある疑問と解決までの流れ』を詳しくまとめましたので、一刻も早く問題解決をしたいけど、弁護士ってちょっと怖いと思っている方は、ぜひご覧ください。
詳しくは『こちら

 

この記事に記載の情報は2021年02月17日時点のものです

会社が解雇を撤回してきた際に考えられる3つの理由

会社が一度労働者の解雇を決定しても、その後さまざまな理由により、解雇の撤回をする判断に至ることがあります。会社が解雇を撤回する理由としては、主に以下のパターンが考えられます。

 

不当解雇の主張に対して分が悪いと判断したから

会社による解雇が不当解雇と認定された場合、最終的には労働者の復職を認めざるを得ません。そうなると、労働者との交渉や法的手続きに費やした時間・費用・労力が無駄になってしまいます。

 

労働者との交渉や法的手続きを進めるコスト自体も、会社にとっては大きな負担です。結局会社の勝ち目が薄いのであれば、早めに折れてしまった方が得策と判断することもあり得るでしょう。

 

復職させたうえで閑職に追いやろうとしているから

解雇のハードルは高いものの、会社がどうしても労働者に辞めてほしいと考える場合は、自主退職を促すことになります。

 

労働者が真に自分の意思で退職するのであれば問題ありませんが、会社が労働者を閑職に追いやり、辞めざるを得ない状況を作ろうとするケースが見受けられます。

 

このような会社の行為は、労働者に対する『パワハラ』に該当するため、大いに問題です。労働者としては、会社からこのような不当な扱いを受けた場合は、すぐに弁護士や労働基準監督署に相談しましょう。

 

解雇を撤回すると労働者が困ることを見越しているから

労働者は、会社に対して本音で解雇無効の主張をしているとは限りません。次の項目で解説するように、実際には復職する気がないケースも考えられます。

 

こうした労働者の意図を会社が見透かした場合、交渉材料として解雇撤回を提示する場合があります。この場合、解雇撤回によって復職させられては都合が悪いわけですから、労働者としては対応に苦慮するでしょう。

 

 

不当解雇を撤回されても労働者が困る場合

労働者には実際に復職する気がなく、あくまでも会社に対する交渉材料として、解雇の無効を主張しているというケースもあります。

労働者に復職するつもりがないパターンとの例としては、以下のような場合が考えられるでしょう。

 

すでに別の会社に就職して馴染んでいる場合

1つ目は、再就職活動の末新たな職場に就職して、すでにその環境に馴染んでいる場合です。

 

当初は解雇された会社に戻りたいと考えていても、新しい職場で働くうちに、「このままでも悪くないな」と考えるようになるのはよくあることです。この場合、新しい環境で順調に仕事をしているのに、いまさら解雇を撤回するから元の会社に戻って働けと言われても困ってしまうでしょう。

 

揉め事を起こした会社に戻るのが気まずい場合

2つ目は、会社と不当解雇の主張をぶつけ合っているうちに、職場に戻るのが気まずくなってしまった場合です。会社と不当解雇で揉めていることは、元々勤務していた部署の上司や同僚も知っているのが普通です。

 

会社に対してさまざまな主張をぶつけた後に、実際に職場へ復帰するのは気まずいと思うのも無理はないでしょう。

 

職場復帰の段取りを会社が整えてくれない場合

3つ目は、「解雇を撤回するから職場に復帰しろ」とだけ言われて、具体的な復帰の段取りを会社が全く整えてくれない場合です。

 

解雇撤回により突然職場に戻されることになっても、復帰後どのような形で働けば良いのか見当がつかないでしょう。たとえば、復帰時期・復帰後の部署・周囲の人間関係・問題が起こった際の相談先などについて、会社が段取りを整えてくれないと、労働者としては復帰後の姿をイメージできずに困ってしまいます。

 

そもそも最初から会社に戻る気がない場合

4つ目は、そもそも当初から解決金を得るためだけに解雇無効の主張をしていて、実際には職場に復帰する気が全くない場合です。会社としては、解雇した労働者を復職させるわけにはいかないと考えるのが通常です。

 

そのため、労働者の解雇無効の主張に対しては、会社は妥協的に解決金の支払いを提示してくることが考えられます。この解決金を目当てに、実際には復職する気がないとしても、建前として解雇無効の主張をするケースがよくあります。

 

それなのに、会社から「やっぱり解雇を撤回します」と言われては、労働者が臨んだものとは異なる結果になってしまいます。

 

 

会社による一方的な解雇撤回は認められる?

解雇の撤回は形式的には労働者にとって利益になるように思えますが、前述のとおり、解雇を撤回されたら困るケースも存在します。そもそも、会社が一度行った解雇の意思表示を撤回することは、法律上認められるのでしょうか。

 

解雇撤回には労働者の承諾が必要

そもそも解雇とは、法律上は「労働契約を解除する意思表示」と位置付けられます。民法に定める契約一般のルールとして、契約解除の意思表示は撤回できないことが定められています(民法540条2項)。

 

(解除権の行使)
第五百四十条 契約又は法律の規定により当事者の一方が解除権を有するときは、その解除は、相手方に対する意思表示によってする。
2 前項の意思表示は、撤回することができない。

引用元:民法540条2項

 

したがって解雇についても、会社が一度解雇の意思表示をしたら、労働者の承諾がない限り撤回は認められません。東京高裁平成21年11月16日決定でも、解雇の撤回には労働者の承諾が必要である旨が判示されています。

 

労働者が解雇無効を主張している場合は?

しかし、労働者が解雇無効を主張している場合には、解雇の撤回を受け入れないのは矛盾した態度です。この場合、労働者が解雇の撤回を無効であると主張しても、信義則違反(民法1条2項)や権利濫用(民法1条3項)によって、その主張が認められない可能性が高いと考えられます。

 

もちろん、会社に対して、解雇期間に対応する未払い賃金の支払いなどを主張する余地はあります。しかし会社が解雇の撤回をした場合、労働者が解雇無効の主張を維持しながら、解雇の撤回の無効を主張することは困難と言わざるを得ません。

 

 

会社から解雇を撤回された場合の対処法①|復職を望む場合

解雇無効の主張をする中で、会社から解雇を撤回された場合の対処法は、復職を望むかどうかによって異なります。労働者が復職を望むのであれば、復職することを前提に考えれば良いので、対処法は比較的シンプルです。

 

まずは、労働者が復職を望む場合の対処法を見てみましょう。

 

復職条件の明示を求める

会社が労働者に対して復職を求めるのであれば、労働者がスムーズに復職できるように、会社には復職条件を明確にする義務があります。労働者としては、復帰時期・部署・周囲の人間関係・問題が起こった際の相談先などについて、復職条件の明示を求めるべきでしょう。

 

もし復職条件の内容に不服があれば、会社との間で交渉を行い、交渉がまとまるまでは復職しないことを主張するのも有効です。

 

解雇期間の賃金支払いを求める

通常であれば、労働者が会社に対して労働を提供しなかった期間については、会社は賃金の支払い義務を負いません(ノーワーク・ノーペイの原則)。

 

しかし不当解雇により職場を離れていた期間、労働者が労働を提供できなかったのは、不当解雇をした会社の責任です。

 

そのため不当解雇のケースでは、職場を離れていた期間についても、労働者の会社に対する賃金請求権は100%発生します(民法536条2項。「バックペイ」)。

 

したがって不当解雇により職場から強制的に離脱させられた場合、その期間に対応する賃金を計算して、会社に対して請求しましょう。解雇された状態が継続していた期間の長さによっては、バックペイの金額が高額になるケースもよくあります。

 

 

会社から解雇を撤回された場合の対処法②|復職を望まない場合

会社が解雇を撤回したケースにおいて、問題なのは労働者が復職を望まない場合の対処法です。

 

解雇無効の主張は維持できない、しかし復職はしたくないという場合に、どのように対応すれば良いのでしょうか。労働者として考えられる対策は以下のとおりです。

 

会社側の受領拒絶を主張する

復職を望まない労働者が解雇の撤回を受けた場合、復職を望む場合と同様に、まずは復職条件の明示を求めましょう。そのうえで、安心して復職できる環境が整わないことを理由に、会社側の受領拒絶を主張することが考えられます。

 

会社としては、

  • 復帰時期
  • 復帰後の部署
  • 周囲の人間関係
  • 問題が起こった際の相談先

 

などに関して、労働者に対して復職条件を明示すべきことは当然です。

 

さらに不当解雇のケースでは、上記に加えて、労働者が復職後に馴染みやすい環境を整えることも会社の責務といえます。会社と揉めた後の労働者は、周囲の上司や同僚との人間関係が壊れてしまっていることも多く、すんなり元の職場に戻ることが困難なのは想像に難くありません。

 

そのため会社としては、以下のような対応を取ることにより、労働者のスムーズな復職をサポートすべきです。

 

  • 元の部署からの配置転換
  • メンターの設置
  • 業務量の調整(当初は軽めの業務から)

 

こうした会社の受け入れ態勢が整わない場合、会社が労働の提供を受け入れる態勢になっていないことから、受領拒絶に該当します。復職したくない労働者としては、会社に対して受領拒絶の主張を続ければ、復職の時期を先延ばしにできる可能性があるでしょう。

 

復職が実現するまでの期間に対応する賃金支払いを求める

解雇撤回までの期間や、会社の受領拒絶によって職場復帰できない期間については、労働者が働けないのは会社の責任です。したがってこれらの期間については、労働者の会社に対する賃金請求権が100%発生します(民法536条2項)。

 

(債務者の危険負担等)

第五百三十六条 当事者双方の責めに帰することができない事由によって債務を履行することができなくなったときは、債権者は、反対給付の履行を拒むことができる。

2 債権者の責めに帰すべき事由によって債務を履行することができなくなったときは、債権者は、反対給付の履行を拒むことができない。この場合において、債務者は、自己の債務を免れたことによって利益を得たときは、これを債権者に償還しなければならない。

引用元:民法536条

 

よって受領拒絶の主張が法的に成立している間は、労働者としては受領拒絶の主張を維持しつつ、並行してその間の賃金支払いを請求するのが良いでしょう。

 

退職勧奨には条件次第で応じる

労働者が受領拒絶などを主張して復職を拒む場合、会社は紛争の早期解決を意図して、労働者に対して退職勧奨を行ってくる可能性があります。労働者が当初から復職を望まないのであれば、会社からの退職勧奨の提案は、むしろ歓迎すべきことでしょう。

 

しかし、安易に会社が提示した退職条件に飛びつくのではなく、慎重に法的な検討を行うことが大切です。解雇撤回後の退職勧奨は、実質的に解雇の代替手段として行われていることに注意する必要があります。

 

会社にとって本来解雇のハードルは高いところ、会社都合で労働者に退職してもらう場合、賃金の数か月分から十数か月分程度の上乗せ退職金を支給するのが相場です。(参考:不当解雇に基づく慰謝料(損害賠償)請求|相場・必要な証拠・請求方法まで)

 

こうした実務上の取扱いも踏まえて、会社からの提案が合理的かどうかを慎重に検討し、納得できる形で合意退職を実現しましょう。

 

時期を見て自主退職する

労働者が受領拒絶の主張を続けていると、(退職勧奨の方針が取られない限り)会社側もどこかの段階で何らかの対策を講じて、受け入れ態勢が整ったことを主張してくるでしょう。

 

この場合労働者としては、いつまでも受領拒絶の主張を続けていくのは困難です。会社の対応の様子から、職場復帰の条件を会社側が整えたと合理的に判断される段階では、労働者は復職せざるを得ません。

 

労働者がどうしても復職をしたくないならば、この段階で自主退職をすることになるでしょう。自主退職の場合、退職金などの条件面で不利になる可能性がありますが、復職を希望しない以上は仕方がない部分といえます。

 

会社の合理的な指示に従わないと懲戒解雇の可能性があるので注意

会社が職場復帰の条件を整えたにもかかわらず復職しない場合、労働者側の債務不履行になり得ます。この場合、債務不履行期間の賃金は発生しないうえに、無断欠勤により懲戒解雇になる可能性もあるので注意が必要です。

 

もし懲戒解雇になった場合、退職金の大幅な減額など、退職条件について大きな不利益を受ける可能性があります。受領拒絶の主張がどこまで成立するかの見極めが難しいところですが、弁護士に相談して客観的に判断することが大切です。

 

 

解雇撤回への対応方針は弁護士に相談を

解雇無効を主張する中で、会社が解雇を撤回してきた場合、不当解雇に関する交渉の条件が大きく変化します。そのため解雇の撤回は、労働者にとっても重要な局面といえますので、速やかに弁護士に相談することをお勧めいたします。

 

解雇の撤回への対処法は、労働者が復職を望むか望まないかによって大きく変わります。

 

労働者が復職を望む場合の対応は比較的シンプルですが、会社に対する未払い賃金の請求を行うためには、証拠資料などの周到な準備が不可欠です。

これに対して労働者が復職を望まない場合、希望する結果をできる限り実現するためには、かなり難しいかじ取りを迫られます。

 

労働者としては、会社側の対応が法的に十分・妥当かどうかを見極めなければなりません。さらにどのような主張をすれば、労働者にとってもっとも利益となるかを、金銭その他の条件面を考慮して総合的に検討することが必要です。いずれにしても、不当解雇問題や解雇撤回の問題に対応するためには、複雑な法的検討が要求されます。

弁護士に相談をすれば、法律を踏まえた丁寧かつ専門的な検討を行ってもらえるほか、会社に対する各種の請求を行うための準備や手続きを全面的に代行してもらえます。

 

また、労働者が会社と直接交渉などを行う必要がないため、精神的な負担が軽くなることも大きなメリットです。不当解雇問題・解雇撤回の問題への対応に迫られた労働者の方は、準備・対応に万全を期すためにも、お早めに弁護士にご相談ください。

 

【関連記事】不当解雇の解決実績がある弁護士に相談・依頼する5つのメリット

 

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta detail chevron
Office info 202101121853 12411
東京
立川市
【東京立川支店】弁護士法人アディーレ法律事務所

  • 来所不要
  • 初回面談相談料0円
  • 電話相談可能
  • 休日相談可
【着手金無料で安心】サービス残業はもうたくさん!残業代を取り戻そう!アディーレ法律事務所なら、残業代請求の弁護士費用は実際に得た経済的利益から。
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

まとめ

不当解雇のケースにおいて、会社からの一方的な解雇撤回は、原則として認められません。しかし、労働者が解雇無効の主張をしている場合には、問題状況は複雑です。

 

労働者側としては、

  1. 自分の主張が法的に成り立っているのか
  2. 妥当なのかをきちんと整理・検討したうえで
  3. 会社に対して適切な請求を行う必要があります。

 

そのためには、弁護士に相談して法的検討を行うことが有効です。会社による不当解雇・解雇の撤回にお悩みの方は、ぜひ一度弁護士にご相談ください。

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

※未払い残業代問題が30日で解決できる『無料メールマガジン』配信中!

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2020・OD・037

この記事の執筆者
ゆら総合法律事務所
阿部由羅 (第二東京弁護士会)
西村あさひ法律事務所・外資系金融機関法務部を経て、ゆら総合法律事務所代表弁護士。不動産・金融・中小企業向けをはじめとした契約法務を得意としている。その他、一般民事から企業法務まで幅広く取り扱う。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
「 不当解雇 」に関するQ&A
会社から不当に解雇されました。この場合、会社に何を請求することが出来るのでしょうか。

不法な解雇により労働者に不利益が生じた場合、労働者は企業相手に慰謝料請求を行うことが出来ます。
その際請求が出来るのは、解雇されたことにより受け取れなかった期待賃金になります。
ただし、解雇の不当性は弁護士を通じて正しく立証する必要があります。

不当解雇に基づく慰謝料(損害賠償)請求|相場・必要な証拠・請求方法まで
退職するよう会社から圧力をかけられています。拒否することは出来ないのでしょうか。

不当解雇を防ぐために自己都合退職を迫る、「退職勧奨」の手口です。
会社から退職を勧められたとしても、それに従う必要はありません。今の会社に残りたいと考えるならば、拒み続けても問題ありませんので、安易に退職届にサインをするのは控えましょう。
それでもパワハラなどを絡めて退職を強要してきた場合には、損害賠償を請求できる可能性が生じますので弁護士に相談するのも一つの手です。

退職勧奨とは|会社が退職を勧める退職勧奨の手口と対処法
一方的にリストラを通知され、明日から来なくていいと言われましたが、リストラだからと言って急に辞めされることは合法なのでしょうか。

リストラ(整理解雇)を行うためには、選定の合理的理由や、解雇回避努力の履行など、企業側が満たすべき要件が複数あります。
上層部の私情によるものや、勤務態度や成績に依存しないリストラは認められないと定められています。

リストラとは|解雇の種類とリストラの正当性を判断する4つの要件
懲戒解雇を言い渡されましたが、納得がいきません。懲戒解雇が妥当になるのはどのような場合でしょうか。

就業規則に明記されていない限り、会社が何らかの事由によって懲戒解雇処分を通知することは出来ません。まずは会社の就業規則を確認しましょう。
また、重大な犯罪行為や重大な経歴詐称など、著しく重要な問題に抵触しない限り懲戒解雇を受けることはありません。
会社の裁量基準に納得がいかず、撤回を求めたい方は早急に弁護士に相談しましょう。

懲戒解雇とは|6つの懲戒ケースと懲戒解雇された時の対処法
試用期間中に解雇を言い渡されましたが、違法性を主張することは出来ますか。

前提として、企業は求職者を採用する際に長期契約を念頭において雇用契約を結ぶため、試用期間を設けられたとしても「向いてなさそうだから…」や「なんか気にくわない…」という理由で一方的に解雇することは出来ません。
もし解雇に妥当性がないと言い張る場合は、解雇の撤回を要求するか、解雇されなかった場合に受け取れるであろう期待未払い賃金の請求が可能です。

試用期間中に解雇されたら|解雇が認められるケースと撤回させるための対処法
キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 全国
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
【大阪】ベリーベスト法律事務所
初回面談相談無料
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
【池袋本店】弁護士法人アディーレ法律事務所
初回面談相談無料
電話相談可能
休日の相談可能
残業代請求
退職代行
【新宿】ベリーベスト法律事務所
初回面談相談無料
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
ベリーベスト法律事務所
初回面談相談無料
休日の相談可能
残業代請求
不当解雇
退職代行
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 2 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。