• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 その他
ホーム > 労働問題弁護士一覧 > 東京都の労働問題弁護士 > 中央区の労働問題弁護士 > 弁護士 山田剛士(うおや総合法律事務所)
電話相談不可

弁護士 山田剛士(うおや総合法律事務所)

弁護士 山田 剛士
住 所 東京都中央区銀座7-17-12銀座東京ビル4階
最寄駅 築地市場駅 徒歩2分 東銀座駅 徒歩10分 新橋駅 徒歩10分 汐留駅 徒歩10分
営業時間
10:00〜17:00
得意分野
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
退職金未払い
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-1797
 
不在により、お電話でのお問合せにご対応できない可能性もあります。 お問合せの際はメールフォームより、一度ご連絡をお願いします。 なお、ご来所前に事前予約が必要です【土曜日をご希望の場合は応相談】
弁護士 山田剛士(うおや総合法律事務所)からメッセージ

ご相談については、当事務所での面談相談を推奨しております。

お電話でのお問合せでは詳細な状況がわからずに

的確なアドバイスができない場合もございます。

 

まずは、問い合わせフォームより簡単にご事情をご説明の上

お問い合わせください。

【あなたの残業代、ちゃんと払われていますか】

{弁護士があなたの未払い残業代を取り戻します}

労働時間については法律で定められており、「1日8時間以内かつ1週間で合計40時間」との規定があります。これを超えた場合、事案によっては時間外手当、いわゆる残業代を請求することができる場合があります。

しかし、会社との交渉が不安だったり、証拠がないと思って残業代を請求するのを諦めている方がとても多いように感じます。弁護士に依頼することによって、あなたが本来受け取るべき残業代を請求することができる場合もありますので、お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

{残業代請求にはタイムリミットがあります}

未払いの残業代を請求することはあなたの正当な権利ですが、残業代請求をしないまま時効期間が過ぎると時効消滅してしまう可能性があります。

タイムカードなどの証拠が手元にない場合でも事案によっては請求することができる場合もあります。

残業代が発生しているのかどうかわからないという方も、上記メールフォームから、まずは弁護士山田までお問い合わせください。

面談にてご事情をうかがいながら、どのような資料を確認すべきかというところからお話していきましょう。

 

【このような方は弁護士 山田へご相談ください】

  • サービス残業を強いられていて残業代が支払われていない
  • 自分の場合、残業代が発生するかどうか知りたい
  • 残業代を請求したらいくらになるのか知りたい
  • 理不尽な理由で会社に解雇された
  • 退職を望んでいないのに「退職合意書」にサインをするように求められている
  • 退職金が支払われていない或いは勝手に減額された
  • 上司からのパワハラに悩んでいる

このような問題を抱えている方にとって最善の解決方法(示談交渉、労働審判、訴訟等)を提案させていただきます。

これまで残業代請求、不当解雇問題等に取り組んだ経験を活かして、ご相談者様お一人お一人のご事情に耳をかたむけ、熱意を持って取り組んでまいります。

ご自身の主張が法的に妥当か否か迷っておられる方も、お話をするだけで、頭の中が整理されることもございます。

どうかお気軽にご相談ください。

 

【よくある質問】

①タイムカードなどの証拠が無いけど残業代請求はできるの?

タイムカードがなくても、手帳やメモ、メールなどでも証拠になります。また、それらがなくても請求できるケースもございますので、まずは当事務所までご相談ください。

②弁護士費用が高そうで依頼するのに躊躇してしまう

費用については、事案の軽重・立証の難易によって、異なります。ご事情に応じて柔軟に対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

なお、ご相談者様の経済状況によっては費用負担を軽減できる場合もあります。

③前勤めていた会社に残業代を請求したいのですが、現在の就職活動先や転職先に知られたりしませんか?

基本的には元勤務先を相手に交渉等をいたしますが、元勤務先と現勤務先とのご関係その他個別の事案によって影響の有無を検討する必要があります。

もっとも、お一人で悩んでいても答えが出ないこともございます。まずは、ご懸念点を含め、ご事情をお話しください。

④会社が固定残業制度を導入していて、残業の有無や時間に関係なく毎月一定額の残業代が支給されている場合でも、請求をすることはできますか?

固定残業代が法定の時間外手当(割増賃金)として有効と認められるためには要件があります。たとえば、法定の割増賃金以上の金額が毎月支払われていることが客観的に明らかである必要があります。

そのため、固定残業代が支払われているとしても残業代請求が可能な場合もあります。

⑤残業代を請求する時期はいつが良いのでしょうか?

確実に残業代を請求するために証拠集めをする必要があります。請求を考えている方は証拠の集め方などの準備を踏まえて早めに弁護士に相談することをおすすめ致します。

弁護士費用

面談相談 30分:5,000円+税

費用については、基本的に(旧)日本弁護士連合会報酬等基準によります。

なお、訴訟事件等については、事件の経済的利益の額を基準として、概要以下のとおりです。

ただし、着手金の最低額は、10万円(税別)となっており、かつ、事案に応じて増額する場合がございます。

 

事件の経済的利益の額

着手金

報酬金

300万円以下の場合

8%

16%

300万円を超え3,000万円以下の場合

5%+9万円

10%+18万円

3,000万円を超え3億円以下の場合

3%+69万円

6%+138万円

3億円を超える場合

2%+369万円

4%+738万円

事務所情報
事務所名 うおや総合法律事務所
弁護士 山田 剛士
所属弁護士会 第一東京弁護士会
住所 東京都中央区銀座7-17-12銀座東京ビル4階
最寄駅 築地市場駅 徒歩2分 東銀座駅 徒歩10分 新橋駅 徒歩10分 汐留駅 徒歩10分
電話番号 050-5228-1797  【面談予約のみ】
対応地域 茨城県  栃木県  群馬県  埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県 
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :10:00〜17:00

営業時間備考 柔軟に対応可能
アクセスマップ
住所
東京都中央区銀座7-17-12銀座東京ビル4階
最寄駅
築地市場駅 徒歩2分 東銀座駅 徒歩10分 新橋駅 徒歩10分 汐留駅 徒歩10分
弁護士 山田剛士(うおや総合法律事務所)に問い合わせする
現在は営業時間外となります。
 
営業時間
平日 10:00 - 17:00
対応体制
  • 電話相談不可
お問合せはコチラから
営業時間外です
営業時間050-5228-1797
 
近くにある弁護士・法律事務所
初回面談相談料0円
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
労働審判
退職金未払い
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
初回面談相談料0円
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
雇い止め
労働災害
労働審判
初回面談相談料0円
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
退職金未払い
東京都の弁護士一覧