中川卓法律事務所の事務所情報

労働問題弁護士検索

 > 
 > 
 > 
 > 
中川卓法律事務所
Office_info_201903261848_23411
Office_info_201903261848_23411 Office_info_201903261848_23412 Office_info_201901291102_23413
弁護士事務所詳細
中川卓法律事務所
東京都
弁護士 中川 卓

東京都豊島区豊島区南池袋1-19-14加藤ビル5階

Btn-map
最寄 JR,東京メトロ「池袋」駅東口から徒歩3分 東京メトロ「東池袋」駅から徒歩7分

まずは、お気軽にお問い合わせください

0066-97356-5448 【通話料無料】

※01時09分現在は営業時間外となります。
メール問合せのご利用をオススメします。


Btn-inquiry
中川卓法律事務所
※01時09分現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で問合せする
0066-97356-5448
メールで問合せする
事務所所在地
東京都豊島区豊島区南池袋1-19-14加藤ビル5階

あなたの労働問題、解決のお手伝いをします!

お一人で抱え込まずまずは相談をご検討ください

残業代不当解雇の問題解決へ、当中川卓法律事務所がお力になります。

 

  • サービス残業が日常的であり、長時間働いても給料が一定額のまま
  • 急な解雇や雇止めの通知を受けて、出勤できなくなった

など、こうしたお悩みは、弁護士が介入することでご相談者様のご負担を軽くし、解決へ向かえる可能性がございます。

 

当事務所では、ご相談の際に、現在の状況や今後の見通しなどについて専門的な用語を極力使わず、わかりやすく説明することを心掛け、どのような解決方法があるのか、また、その場合には費用はどの程度かかるのかといったことについて、丁寧かつ明確にご提示させていただきますので、まずは相談をご検討ください。

 

なぜ弁護士の介入が必要なのか

法的問題が起こった際、専門性のある法律を使い解決できるのは弁護士のみです。

なかには、残業代に関する正確な計算を弁護士が調査・検討することにより、残業代が増額したとか、退職合意書を作成済みであったとしても後から退職の無効が認められたというケースもございます。

 

弁護士という第三者の立場から客観的に問題と向き合うことで、その時は見えていなかった権利や、ご自身でも気付かなかった問題が発覚するかもしれません。

 

こうしたお悩みは弁護士へご相談ください

  • 一日8時間以上、週に40時間以上働いているのに残業代がついていない
  • 残業代は固定/一定なのでこれ以上支払う分はない、と言われた
  • 「管理職には残業代がつかない」と会社が主張している
  • 解雇を言い渡された、辞めるしかないのだろうか
  • 有期雇用の雇止めを言い渡された
  • 解雇を言い渡されるかもしれない など

 

弁護士中川は、これまで労働者側の方から多数のご相談を受けてきたこと、また中川自身がこれまでホームヘルパーなどとして働いていた経験を活かし、労働者側の目線に立ったサポートを心掛けております。

 

当中川卓法律事務所の特徴

初回相談無料!

当事務所は、初回相談無料です。

2時間以上などの長時間に及ぶ際は、30分につき5,400円(税込)が発生致しますが、そのような場合、法律相談の最中にお伝えしております。

 

もちろん、伺ったお話についての秘密は厳守いたしますので、ご安心ください。

 

《18時以降も対応》お仕事帰りにもお立ち寄りください

池袋駅より徒歩3分という立地に事務所を構えておりますので、お仕事帰りの方もお気軽にお立ち寄りいただけます。

 

相談をご検討された際は、お電話などにてお問合せいただきご都合の良い日程をお申し付けください。

事前予約をしていただければ、平日夜間や土日のご相談にも対応しております。

 

これまでの解決事例 ▼クリックで詳細をご覧頂けます▼

解雇無効、多数の争点について相談者の希望に即した調停が得られたケース

ご相談者様

20代 男性

相談前

相談者は、採用面接では基本給◯◯万円であると説明を受けていた。しかし実際に入社して1ヵ月以上勤務して、ようやく給与明細を開いたところ、残業代込みの給与として記載されていた。相談者は多いときには月100時間以上残業をしていた。それでも残業代は支給されなかった。さらに上司の暴言等に悩まされ、うつ病になり、休業を開始したところ解雇を言い渡された。

相談後

労働審判の申立てを行い、その申立てのなかで「解雇が無効であり、相談者はその後も労働者たる地位を失っていない」ことの確認を求めた。また残業代の支払い慰謝料等も求めた結果、当方の主張が正しいことを前提とした調停(和解)案が得られ、それを元にした調停が成立した。

弁護士からのコメント

会社側はまるで相談者が損害賠償金を得るために会社を騙していたかのように主張していて、対立が激化した。また争点も多い事件でした。ですが労働審判申立書作成の段階で、相談者に有利な法理論・裁判例を多数調査し、裁判所を説得し切るつもりで申立てを行った結果、上記解決を得ることができました。

介護施設における残業代請求が認められたケース

ご相談者様

40代

相談前

相談者は介護施設の従業員で、その介護施設では人手不足のため、毎日1時間以上長いときには3時間近くの残業が必要となっていた。社内には上司部下の間で残業の申告・許可を行う用紙があったが、実際には残業の種類は決まっており、ほとんどの残業はサービス残業状態だった。

相談後

相談者が退職した後、会社宛てに内容証明郵便を送付して残業代を請求した。しかし、ごく一部のみしか支払わないという内容の回答だったため、労働審判を申し立てた。
そして相談者の業務内容や、残業を命じられていた実態等を詳細に主張立証した結果、ほぼ申立てどおりの内容にて調停が成立した。

弁護士からのコメント

タイムカードが存在したため、労働時間の算定自体はさほど困難ではありませんでした。しかし、社内で一種の残業代請求対策ともみられる用紙が作成されていたために、激しい争いとなった事件でした。こちらのご相談も詳細に調査・検討を行ったうえで申立てを行った結果、相談者の要望をほぼ実現する結果が得られました。

交渉の末600万円の残業代請求を実現したケース

ご相談者様

20代 

相談前

相談者は、勤務先企業で朝から晩まで働いていたにもかかわらず、どれほど働いても支払われる給料は常に一定のままでした。
そこで、相談者は、退職後に残業代を請求しましたが、企業側は「固定残業代制度を採用しているので、未払残業代は200万円である」と主張されている状態でした。

相談後


弁護士が相談者のお話を詳しく伺ったうえで、残業代の再計算をしました結果、会社が提示していた金額を上回る約800万円もの残業代があることが分かりました。
そこで、未払残業代請求についてご依頼いただき、対応の結果、会社側より600万円の残業代を支払われました。

弁護士からのコメント

「固定残業代制度を採用しているので、残業代は支払済である」、
「管理職なので、残業代は発生しない」
などと会社から言われ、残業代が支払われないというケースは多々見られます。
ですが、会社側の言い分が法的に見て不十分であり、実際には未払残業代があるということは珍しくありません。まずは弁護士への相談をお勧めいたします。

 

アクセス

  • JR・東京メトロ

「池袋駅」東口より徒歩3分

  • 東京メトロ

「東池袋駅」1番出口より徒歩7分

 

当事務所でのご相談の流れ等の詳細につきましては、ホームページにも記載がございますので、ご確認頂ければ幸いです。

https://taku-nakagawa-law.com

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-97356-5448
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名中川卓法律事務所
弁護士 中川 卓
所属団体東京弁護士会
住所 東京都豊島区豊島区南池袋1-19-14加藤ビル5階
最寄駅JR,東京メトロ「池袋」駅東口から徒歩3分 東京メトロ「東池袋」駅から徒歩7分
電話番号0066-97356-5448 【通話料無料】
対応地域 埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県 
定休日 日曜  祝日 
営業時間

平日 :10:00〜20:00

土曜 :14:00〜18:00

営業時間備考事前にご連絡頂ければ、夜間や休日のご相談も可能です。
弁護士経歴 日本大学法科大学院修了
平成25年 弁護士登録
都内法律事務所を経て、
平成27年9月 中川卓法律事務所を設立
その他取扱業務 民事事件・家事事件・刑事事件及び企業法務等、幅広く対応しております。
初回相談料金体系 初回相談料無料
事務所からのお知らせ 当事務所でのご相談の流れ等の詳細につきましては、ホームページにも記載がございますので、ご確認頂ければ幸いです。
【https://taku-nakagawa-law.com】
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-97356-5448
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large