• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 その他
ホーム > 労働問題弁護士一覧 > 東京都の労働問題弁護士 > 豊島区の労働問題弁護士 > 池袋副都心法律事務所
初回面談相談料 0円 電話相談可 休日相談可

池袋副都心法律事務所

弁護士 関根 翔
住 所 東京都豊島区西池袋3-29-12-6階A号 大地屋ビル
最寄駅 JR池袋駅 徒歩4分 、副都心線池袋駅 徒歩1分
営業時間
09:00〜22:00
10:00〜20:00
得意分野
不当解雇
解雇予告
内定取消
退職代行
退職金未払い
残業代請求
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
初回相談料初回相談料
面談相談料
0円(30分)
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
050-5228-1823
受付時間: 09:00〜22:00
 
【初回面談相談無料】【事前予約で休日相談も可能】「理不尽な理由で解雇された/降格された」「これまでの残業代を払ってほしい」という方へ。証拠を探すところからサポートいたします。一度ご相談ください。
池袋副都心法律事務所からメッセージ

退職勧奨/不当解雇の交渉・解決に注力しております!

このようなお悩みはございませんか?

・理不尽な理由で突然解雇されてしまった
・大きなミスをしたわけでもないのに、解雇/降格を言い渡された
・職場から一方的に「辞めてほしい」と言われ困っている
・突然明日から来なくていい」と言われたが納得いかない
内定をもらっていたにも関わらず、会社の都合で取り消されてしまった
・退職勧奨を受けているが、退職金などの条件面もはっきりさせ交渉したい
・職場から自己都合での退職を迫られているので代理人として対応してほしい
職場と直接交渉するのが難しいため、交渉や退職代行の依頼を検討している 
 

会社という組織に対し、ご自分で交渉していくのは簡単なことではありません。会社からの圧力により不利益な条件に応じてしまうリスクもあります

適正な解決により依頼者の生活を守るため、当事務所がお力になります。最善の解決を目指しサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。
 

なるべく早い段階でご相談ください!

会社から退職勧奨を受けたり、突然解雇予告をされたりした場合には、なるべく早い段階でのご相談をお勧めいたします

時間が経てば経つほど、「合意退職」に追い込まれてしまうなど、不利な状況に立たされるリスクがあります。
早い段階でご相談いただくことにより、迅速・最善の解決につながりやすくなります。

また、相談内容に応じ、弁護士が代理人として間に入るか、表には出ずにアドバイスにとどめるか、状況に合わせた最善の方法が選択可能です。
 

池袋副都心法律事務所が選ばれる理由

【初回面談30分無料】休日のご相談にも対応しております

当事務所では、初回の面談を30分無料で行っております。ご予約はお電話・メールにて受け付けておりますので、まずはお気軽に問い合わせください。

お電話でご相談いただいた場合には、大まかにご相談内容を10分程度うかがい、直接の面談が必要と判断される方には、面談のご案内をいたしますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

また、裁判などで外出が増えており、お電話がつながりにくい場合がございます。その場合には、お手数ですがメールフォームよりご連絡ください。

メールフォームから問い合わせる
 

迅速・密なコミュニケーションを大切にしています

当事務所では、解決に向け迅速な対応を心がけています
また、素早く処理するだけではなく、ご依頼者様へ丁寧にご説明し、納得いただけるように努めています。

その他不安な点やご不明な点があれば、お気軽にお尋ねください。
 

料金表

相談料

初回30分無料

30分ごと5,000円

着手金

交渉:22万円〜

労働審判:22万円〜

訴訟:22万円〜

報酬金

解雇無効:30万円〜

(経済的利益が発生した場合は、取得金額×16%×1.1)

※上記金額は全て税別です。
 

【豊富な実績】これまで解決してきた事案・その他実績

これまでこのようなご相談を解決してまいりました

※タイトルをクリックすると詳細が表示されます。
 

【1】不当解雇につき賃金約40ヶ月分の解決金を取得

【相談前】
相談者の方は、会社から退職勧奨をしつこく受け続け、遂に解雇されてしまいました。
労働者としての地位確認、また未払賃金・慰謝料を請求したいとのことで、ご依頼をいただきました。

【相談後】
この解雇が不当であると使用者(会社側)へ伝えたものの、「解雇の撤回はしない」と頑なな姿勢であったため、訴訟を提起しました。

判例・裁判例、証拠などを集積し、結果として解雇無効を認めさせることに成功。相手方から退職含みの解決金の支払いについても提示があり、賃金として約40ヶ月分の解決金も獲得できました。

【弁護士からのコメント】
不当に解雇されてしまった場合、その労働者の生活は著しく脅かされます。

労働法制は、労働者の生活を守るために法整備されてきました。まずは弁護士に相談いただき、法的にどのような対応が可能かをしっかりと確認するとよいでしょう。

【2】試用期間中の不当解雇について解雇無効を主張。迅速に6ヶ月分の解決金を取得

【相談前】
3ヶ月の試用期間中、「仕事ができない」ことを理由に解雇されてしまったという方より、「納得いかない」とご相談いただきました。

【相談後】
試用期間中といえども、正当な理由がない場合の解雇は無効になります。
「仕事ができない」という理由についても、最初に仕事ができないのは当然のことで、しっかりと企業側が入社後の新人研修を行っていくべきです。

こうした事案においては、企業側の新人研修が不十分だったということで、交渉によって解雇無効による復職を求めることになりました。
結果として、相談者が退職することを条件に、6ヶ月分の給与を取得、また交渉によって和解も成立しました。

【弁護士からのコメント】
たとえ試用期間といっても解雇には「正当な理由」が必要となります。

「解雇されるべき正当な理由」というハードルは極めて高いため、解雇されてしまった場合は、ぜひお早めに弁護士へ相談されることをお勧めします

【3】退職金の未払分を訴訟なしに迅速に強制執行

【相談前】
前の会社を退職した後、約束されていた退職金の一部を支払ってもらえていない。迅速に退職金を回収したいとご相談いただきました。
 
【相談後】
依頼者の退職金は、先取特権によって、訴訟せずとも強制執行をすることが可能だったため、使用者の取引先口座に対し、秘密裏に強制執行をして、無事に全額を回収することに成功しました。
 
【弁護士からのコメント】
退職金は、訴訟をしなくても強制執行できる場合がありますが、そのためには専門的な知識が必要となります。

また、退職金以外の給与・賞与などについても、訴訟なしで強制執行が可能です。
賃金の未払いに悩まされた場合は、ぜひお早めに弁護士にご相談ください。

【4】退職勧奨を阻み、訴訟により賃金約35ヵ月分の解決金を取得

【相談前】
上司からハラスメントを受け続けていたが、その後退職勧奨をされました。
相談者が断ったところ、懲戒処分を受けたため、納得できないとご依頼をいただきました。

【相談後】
訴訟により、懲戒処分を撤回してもらうことに成功。あわせて、賃金として約35カ月分の解決金を取得しました。

【弁護士からのコメント】
退職勧奨を受けた場合、まずは弁護士にご相談ください。

弁護士に相談・依頼をすることにより、事前の準備入念に行ったうえで、交渉・訴訟を有利に進めやすくなります。
退職勧奨を受けたら、ぜひ早い段階でご相談にお越しください。

【5】成績不良を理由とする解雇を訴訟により無効とし、約12ヵ月分の解決金を迅速に取得

【相談前】
業績不良を理由に、一方的な解雇をされたという方よりご相談をいただきました。

【相談後】
訴訟によって解雇を撤回させることに成功しました。
その上で、迅速に約12ヶ月分の解決金もあわせて取得しました。

【弁護士からのコメント】
成績の不良を理由に、退職勧奨・解雇をされることは多いですが、使用者側(会社側)から見て、成績不良を理由とする解雇を適法に行うハードルは高いといえます。

つまり、よほどの成績不良でない限り、解雇を撤回させられる可能性は十分にあります。退職勧奨・解雇を言い渡された場合は、ぜひ早い段階で弁護士へ相談することをお勧めします。

労働問題についての執筆実績

弁護士 関根は、これまでも不当解雇や退職勧奨などのお悩みを多く解決に導いてきました。そうした経験をもとに、下記のような記事の執筆も行っております。

 

活動履歴

・JR東日本株主代表訴訟
・郵政非正規雇用者65歳定年制無効訴訟
・福島第一原発事故損害賠償請求(ADR)
ほか
 

アクセス

当事務所は、JR池袋駅、副都心線池袋駅のそばに事務所を構えており、お仕事帰りなどにもご利用いただきやすくなっております。
 

最寄駅情報

JR池袋駅 徒歩4分
副都心線池袋駅 徒歩1分

また、近隣にはコインパーキングもございます。ぜひお気軽にお越しください。
 

事務所情報
事務所名 池袋副都心法律事務所
弁護士 関根 翔
所属弁護士会 東京弁護士会
住所 東京都豊島区西池袋3-29-12-6階A号 大地屋ビル
最寄駅 JR池袋駅 徒歩4分 、副都心線池袋駅 徒歩1分
電話番号 050-5228-1823  
対応地域 東京、神奈川、埼玉、千葉
定休日 不定休 
営業時間

平日 :09:00〜22:00

土曜 :10:00〜20:00

日曜 :10:00〜20:00

祝祭日:10:00〜20:00

営業時間備考 電話が繋がらない場合はメールにてご連絡ください。
初回相談料金体系 初回30分相談料0円  その後は30分5000円(税別)
事務所からのお知らせ 労働者の権利は労働法制により手厚く保護されております。それにも関わらず、労働法制を守らない使用者は数多く存在します(労働法制を守らないことは、使用者にとってもリスクになりますので、就業規則の整備など事前の準備が必要になります。)。労働者も使用者もまずは労働法制に関する知識を身に付け、自己の権利を確保することが何より重要です。疑問がありましたら何より専門家に相談されることが先決です。
実績・相談例一覧 1 不当解雇の無効確認、及び、未払賃料請求:不当解雇であることを通知し、交渉により迅速に、退職を条件に6ヶ月分の給与を取得
2 残業代請求:固定残業制等の就業規則上の無効を主張し、訴訟により数百万円以上の残業代を取得
3 郵政非正規雇用者65歳裁判において、郵政民営化時に制定された就業規則の無効を主張。現在係争中。
著書および論文名 2015年9月ビジネスロー・ジャーナル 取材
アクセスマップ
住所
東京都豊島区西池袋3-29-12-6階A号 大地屋ビル
最寄駅
JR池袋駅 徒歩4分 、副都心線池袋駅 徒歩1分
池袋副都心法律事務所に問い合わせする
現在、営業時間内です。
050-5228-1823
 
営業時間
平日 09:00 - 22:00
土曜 10:00 - 20:00
日曜 10:00 - 20:00
祝日 10:00 - 20:00
対応体制
  • 初回相談料0円
  • 電話相談可
  • 休日の相談可能
お問合せはコチラから
営業時間ただいま営業時中
営業時間050-5228-1823
受付時間: 09:00〜22:00
 
近くにある弁護士・法律事務所
初回面談相談料0円
電話相談可能
残業代請求
退職代行
初回面談相談料0円
残業代請求
不当解雇
退職代行
初回面談相談料0円
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
退職金未払い
初回面談相談料0円
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
雇い止め
労働審判
東京都の弁護士一覧