• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
ホーム > 労働問題弁護士一覧 > 東京都の労働問題弁護士 > 渋谷区の労働問題弁護士 > 弁護士 横山 智実(田中保彦法律事務所)
※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。
Office info 202104282348 38061 w500
Office info 202104282348 38061 w500
Office info 202104282348 38062 w500
Office info 202104282348 38063 w500
企業側相談可 電話相談可 休日相談可 オンライン面談可

弁護士 横山 智実(田中保彦法律事務所)

弁護士 横山 智実
住 所 東京都渋谷区代々木1-36-6代々木駅前ビル602
最寄駅 代々木駅北口より徒歩1分
得意分野
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
退職代行
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
050-5228-4527
受付時間: 10:00〜18:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

【代々木駅徒歩1分】【メディア出演多数】会社からのハラスメントや不当人事、弁護士が二人三脚で立ち向かいます。わかりやすい説明と話しやすい雰囲気を心がけてますので相談を検討されたら是非お声がけください。
弁護士 横山 智実(田中保彦法律事務所)からメッセージ

会社からの悪質なハラスメント一緒に戦います

会社と従業員は、お互いに誠意と感謝を持って労働と報酬を交わす、対等な立場であることが本来の姿です。

 

しかし実際のところ、会社は人事権を持ち、従業員は仕事を失えば生活基盤に大打撃を受けることから、会社側の立場が強いという実情があります。

 

近年では働き方改革が進み、労働環境の改善に乗り出す会社が多いですが、未だに悪質なハラスメントが横行している会社は少なくありません。

 

これまで何件もパワーハラスメントや、マタニティハラスメントについてのご相談をいただき、共に会社に立ち向かう機会をいただきました。

 

マタニティハラスメントの被害者に寄り添います

悲しいことに、これだけコンプライアンスが叫ばれている現代でも、マタニティハラスメントはなくなりません。

 

原則として、妊娠・出産・育児休業等の事由が終了してから1年以内の不利益取扱い(解雇・有期雇用者に契約更新しないこと・自宅待機命令・降格・言及・不利益な人事評価・不利益な配置変更等。)は、相当の理由が無い限りは、妊娠・出産・育児休業等の事由を「契機として」不利益取扱いが行われたものとして判断されます。

 

以前にご相談いただいた事例に、妊娠を知らせてから1ヶ月以内に不利益取扱いを受けたというものがあります。話を伺っても不利益取扱いを受ける正当な理由はなく、「妊娠したから」としか考えられない事例でした。

 

相談者の方は憤りや困惑もありますが、何よりも悲しみの感情が強い様子でした。本来は祝福でいっぱいのはずなのに、お腹に宿った大切な命を否定されたことに他なりません。

 

こうした辛いお気持ちに寄り添いながら、ご依頼者と二人三脚で不当に立ち向かわせていただきます。

 

マタニティハラスメントだけではありません。悪質なハラスメントにお悩みでしたら、是非私にご相談ください。

 

緊張せずにお話くださることが解決の入り口です

弁護士への相談は緊張してしまう方もいるかもしれませんが、私には是非緊張せず、色々なことをお聞かせいただければと思います。

 

話しやすい雰囲気を目指し、良い意味で「弁護士らしくない」わかりやすい言葉でお話させていただきます。

 

またお客様と弁護士との信頼関係は、何よりも重要なことです。一見お悩みや相談内容と関係ないことでも、どんどんお聞かせください。

 

緊張せずに色々なことをお話くださることで、思わぬことが解決の糸口になることもあります。

 

お客様のご納得があってこその弁護士です

最初に面談をさせていただいてから、その場でご契約をいただくことは、あまり多くありません。

 

お伺いした内容から、法律のプロとして、解決の見込みや手続き、費用面についてしっかりと説明させていただきます。お時間があるようでしたら、一度持ち帰っていただき、じっくりとご検討ください。

 

お客様にご納得いただいた方針に基づき、弁護士がその手足として解決を目指し、尽力いたします。

 

泣き寝入りはせず、まずは弁護士に話してみてください

弁護士へ相談する機会は、人生の中でもそこまで多いことではありません。

 

「こんなこと弁護士に相談すべきだろうか…」と思われることもあるかもしれませんが、判断に困ったら、一度、弁護士に話してみることをお勧めします。

 

私自身、幼いころに「人に相談して良いかどうかわからない…」と、相談を躊躇して泣き寝入りをした経験があるので、お気持ちはよくわかります。

 

ただ、実際に弁護士に依頼をしなかったとしても、弁護士の話を聞くだけで解決の目処が立つこともあります。

 

少なくとも、「ご納得いただくこと」を重視している私から、契約・依頼を迫るような事はしませんので、お気軽に声をかけてください。

事務所情報
事務所名 弁護士 横山 智実(田中保彦法律事務所)
弁護士 横山 智実
所属弁護士会 東京弁護士会
住所 東京都渋谷区代々木1-36-6代々木駅前ビル602
最寄駅 代々木駅北口より徒歩1分
対応地域 全国
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :10:00〜18:00

代表者経歴 静岡県立 榛原高等学校 卒業
中央大学大学院 法務研究科 卒業
早稲田大学 法科大学院 修了
東京弁護士会所属

令和2年度 東京弁護士会 常議員
一般社団法人日本子ども虐待防止学会 会員
早稲田大学大学院法務研究科 アカデミック・アドバイザー
アクセスマップ
住所
東京都渋谷区代々木1-36-6代々木駅前ビル602
最寄駅
代々木駅北口より徒歩1分
Office info 202104282348 38061 w96
弁護士 横山 智実(田中保彦法律事務所)に問い合わせする
現在、営業時間内です。
050-5228-4527

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです

対応体制
  • 企業側の相談可
  • 電話相談可
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可
お問合せはコチラから
営業時間ただいま営業時中
営業時間050-5228-4527
受付時間: 10:00〜18:00

労働問題弁護士ナビを見て電話をしたと伝えるとスムーズです。

近くにある弁護士・法律事務所
Office info 202102051510 32041 w220
初回面談相談料0円
企業側の相談可
残業代請求
不当解雇
退職金未払い
Office info 202012251655 11691 w220
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
退職金未払い
Office info 202102190959 34741 w220
初回面談相談料0円
企業側の相談可
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
解雇予告
内定取消
雇い止め
労働災害
労働審判
ハラスメント
給与未払い
退職金未払い
Office info 202101290437 33671 w220
初回面談相談料0円
電話相談可能
残業代請求
不当解雇
労働審判
ハラスメント
退職代行
給与未払い
東京都の弁護士一覧
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

Unpaid overtime calc modal arrow 残業代以外に、こんなお悩みはありませんか?|不当解雇:仕事に向いていない、売り上げが落ちたからなど、正当な理由のない解雇に対しては損害賠償請求ができる可能性があります。|未払い賃金:給与・退職金の未払いが長期間で悪質な場合は、通常の未払い額に利息を付けて請求することが可能です。|その他、会社が労働者に対して不当な行為を行っている場合、弁護士が慰謝料請求も含めた、法的な対応方法を提案させて頂きます。