• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
相談内容
労働問題コラム
残業代請求 不当解雇 セクハラ パワハラ 給料・賃金未払い 労働災害 退職代行 ブラック企業 解雇予告 雇い止め 労働審判 未払い退職金請求 職業別の残業代 労働問題の弁護士費用 弁護士に聞いてみた 依頼前に役立つ弁護士知識 地域別の労働相談窓口 アスベスト訴訟 労務問題 B型肝炎訴訟 その他
ホーム > 労働問題コラム > 地域別の労働相談窓口 > 神奈川で残業代請求の相談ができる弁護士・無料相談窓口5つ

神奈川で残業代請求の相談ができる弁護士・無料相談窓口5つ

更新日:2021年07月28日
労働問題弁護士ナビ編集部
このコラムを執筆
%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f %286%29
神奈川で残業代請求が得意な弁護士に無料相談

従業員に対して残業代を支払わない会社は間違いなくブラック企業です。未払い残業代を請求したい方は、残業代請求に実績のある弁護士無料相談から始めましょう。

残業代請求に実績のある弁護士一覧

 

神奈川県で残業代請求について無料相談したい場合、下記5つが主な相談先です。

 

弁護士、労働基準監督署、社労士など、どのような相談をしたいかによって、相談先も変わってきますので、詳しく解説します。

 

労働問題は今すぐ弁護士に無料相談【電話相談可能】

労働トラブルにお悩みなら、今すぐ弁護士に相談できます。労働問題は弁護士に相談することで、それまで悩んでいたことがすぐに解決できる可能性も高いです。【労働問題弁護士ナビ】では、相談料/着手金無料休日・夜間対応可能な弁護士も多数おりますので、まずはお悩みを相談し今後の対策を考えてみましょう。

労働問題の解決に実績がある弁護士に相談する
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
京都
兵庫
福岡
和歌山
広島
茨城
その他
Office info 202008181331 13081 w220
池袋副都心法律事務所
初回面談相談料0円
電話相談可能
休日相談可
不当解雇
解雇予告
内定取消
退職代行
退職金未払い
Office info 202108270903 46791 w220
弁護士法人春田法律事務所 東京オフィス
来所不要
初回面談相談料0円
企業側相談可
電話相談可能
LINE相談可
休日相談可
残業代請求
Office info 202110141745 48351 w220
みずがき綜合法律事務所
来所不要
初回面談相談料0円
企業側相談可
電話相談可能
LINE相談可
休日相談可
不当解雇
内定取消
雇い止め
労働審判
退職金未払い
【東京都】他の事務所も見る
お住まいの地域を選択してください
北海道・東北
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
群馬
栃木
北陸・甲信越
山梨
新潟
長野
富山
石川
福井
東海
愛知
岐阜
静岡
三重
関西
大阪
兵庫
京都
滋賀
奈良
和歌山
中国・四国
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
この記事に記載の情報は2021年07月28日時点のものです

神奈川県で残業代請求が無料相談できる先5つ

弁護士

もっともオーソドックスな手段が、弁護士への相談・依頼でしょう。現在の労働環境が違法かどうかを法的な観点から指摘してくれます。また、実際に残業代請求をする際にも頼りになります。

 

神奈川県は弁護士事務所の数も多く、お住まいや職場の近くの事務所もきっと見つかるでしょう。そのほか、電話相談などにも対応してくれる事務所があります。

 

また神奈川県には「神奈川県弁護士会」があり、1,600名以上の弁護士が会員となっています。弁護士会では相談窓口などを設置し、相談者と弁護士とをつないでいます。

 

ちなみに、残業代請求を弁護士に依頼する場合、料金面の相場としては20〜40万円の着手金+獲得金額の20%くらいです。

 

ただし、残業代請求については、初期費用のかからない「完全成功報酬型」の事務所も存在しますので、ご自身に合った事務所を探してみてください。

 

 

 

神奈川県弁護士会

住所:神奈川県横浜市中区日本大通9番地

TEL:045-201-1881

 

 

参考:神奈川県弁護士会

 

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta detail chevron
Office info 202008181331 13081 w220
東京
豊島区
池袋副都心法律事務所

  • 初回面談相談料0円
  • 電話相談可能
  • 休日相談可
【初回面談相談無料】【事前予約で休日相談も可能】「理不尽な理由で解雇された/降格された」「これまでの残業代を払ってほしい」という方へ。証拠を探すところからサポートいたします。一度ご相談ください。
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

 

労働基準監督署

労働基準監督署とは、厚生労働省の出先機関で、各管轄区域において企業が労働関係の法令を守っているかを監督しています。労基という略称は聞き覚えがあるかもしれません。

 

労働基準監督署への相談は無料ですので、気軽に相談することができます。また、相談によって企業に問題があると判断された場合、労基は企業に対し指導勧告・あっせんを行います

 

労働基準監督署は、労働基準法に違反している事実がある場合積極的に動いてくれます。未払いの賃金・残業代は立派な法律違反ですので、証拠を準備して相談することで、きっと対応してくれるでしょう。

 

神奈川県には12カ所あり、窓口の受付時間は、8:30〜17:15となっています。

 

横浜南労働基準監督署

住所:横浜市中区北仲通5-57横浜第二地方合同庁舎9階

TEL:045-211-7374(監督・労働条件関係)

 

 

 

署名

住所

管轄

横浜南

横浜市中区北仲通5-57横浜第二地方合同庁舎9階

横浜市【中区、南区、磯子区、港南区、金沢区】

電話番号

監督・労働条件関係:045-211-7374

安全衛生関係:045-211-7375

労災保険関係:045-211-7376 

鶴見

横浜市鶴見区鶴見中央2-6-18

横浜市【鶴見区】(鶴見区扇島(川崎南管轄)を除く)

電話番号

代表:045-501-4968

横浜西

横浜市保土ケ谷区岩井町1-7保土ヶ谷駅ビル4階

横浜市【戸塚区、栄区、泉区、旭区、瀬谷区、 保土ケ谷区】

電話番号

代表:045-332-9311

横浜北

横浜市港北区新横浜3-24-6横浜港北地方合同庁舎3階

横浜市【西区、神奈川区、港北区、 緑区、青葉区、都筑区】

電話番号

監督・労働条件関係:045-474-1251

安全衛生関係:045-474-1252

労災保険関係:045-474-1253

川崎南

川崎市川崎区宮前町8-2

川崎市【川崎区,幸区】、横浜市【鶴見区扇島】

電話番号

監督・労働条件関係:044-244-1271

労災保険関係:044-244-1272

安全衛生関係:044-244-1273

川崎北

川崎市高津区溝口1-21-9

川崎市【中原区、宮前区、高津区、多摩区、麻生区】

電話番号

監督・労働条件関係:044-382-3190

安全衛生関係:044-382-3191

労災保険関係:044-382-3192

庶務関係:044-820-3181

横須賀

横須賀市新港町1-8横須賀地方合同庁舎 5階

横須賀市、三浦市、逗子市、 葉山町

電話番号

代表:046-823-0858

藤沢

藤沢市朝日町5-12藤沢労働総合庁舎3階

藤沢市、茅ヶ崎市、鎌倉市、寒川町

電話番号

代表:0466-23-6753

平塚

平塚市浅間町10-22平塚地方合同庁舎3階

平塚市、伊勢原市、秦野市、大磯町、二宮町

電話番号

監督課・安全衛生課: 0463-43-8615

労災課:0463-43-8616

相模原

相模原市中央区富士6-10-10相模原地方合同庁舎4階

相模原市

電話番号

代表:042-752-2051

厚木

厚木市中町3-2-6 厚木Tビル5階

厚木市、海老名市、大和市、座間市 綾瀬市、愛甲郡

電話番号

監督・労働条件関係:046-401-1641

安全衛生関係:046-401-1960

労災保険関係:046-401-1642

小田原

小田原市浜町1-7-11

小田原市、南足柄市、足柄上郡、 足柄下郡

電話番号

代表:0465-22-7151

参考:労働基準監督署の所在地・管轄一覧|厚生労働省神奈川労働局

 

総合労働相談コーナー

総合労働相談コーナーは、労働局や労働基準監督署などに設置されている相談窓口のことです。全国に380カ所あり、神奈川県には14カ所あります。

 

予約不要、無料で相談に乗ってくれますので、悩みをすぐに相談することができます。また、電話相談にも対応しています。

 

ただし、労働基準法などの法律違反が疑われる場合は、権限を持つ他の部署に取り次ぐ形になります。ご自身の抱える残業代トラブルが明らかに法律違反の場合には、別の相談先を頼った方がいいかもしれません。

参考:総合労働相談コーナー|厚生労働省神奈川労働局

 

労働条件相談ほっとライン

労働条件相談ほっとラインは厚生労働省の委託事業で、労働条件に関する悩みについてなんでも電話相談することが可能です。

 

専門知識を持つ相談員が悩みの相談だけでなく、対応した各関係機関の紹介なども行ってくれます。ただし、労働条件相談ほっとラインから直接企業に指導や勧告を行うことはありませんので、ご自身の中で残業代トラブルを整理する際に使用するのがおすすめです。

 

連絡先、受付時間は下記のようになっています。

 

電話番号

0120-811-610

受付時間

【月〜金】17:00〜22:00

【土・日】09:00〜21:00

参考: 厚生労働省|労働条件相談ほっとライン

 

 

社労士(社会保険労務士)

社労士は労働問題の専門家です。扱う業務の中のひとつとして、残業代請求の相談も対応しています。主に残業代の計算と内容証明郵便の送付などを行ってくれます。

 

弁護士と異なる点は、労働審判や裁判になった場合に代理人になれないという点です。このためケースによっては、社労士に相談しても途中から弁護士にも相談する必要が出てくるでしょう。

 

神奈川県には「神奈川県社会保険労務士会」という社労士会があり、2,500名を超える社労士が会員となっています。HPで社労士を探すことができますので、ぜひ検索してみてください。

 

神奈川県社会保険労務士会

住所:神奈川県横浜市中区真砂町4丁目43番地木下商事ビル4階

TEL:045-640-0245

 

 

 

参考:神奈川県社会保険労務士会

 

 

 

 

神奈川県の未払い残業代問題

神奈川県によると、県内の就業者数は491万2,000人。また、最低賃金は時間額で983円です。では、このうちのどのくらいで残業代のトラブルが発生しているのでしょうか。

 

神奈川県の残業時間平均

労働基準法では、1日8時間週40時間を法定労働時間と定めています。これを超える労働が「法定時間外労働」となります。

 

日本経済団体連合会(経団連)の調査によると、令和元年の所定外労働時間は、全国平均で月当たり15.3時間となっています。

 

 

もちろんあなたの勤める会社の残業時間が平均以下であっても、未払いは問題ですし、残業時間が短いからといって、請求できないということはありません。

参考:日本経済団体連合会|2020年 労働時間等実態調査

 

神奈川県の賃金・残業代未払いの相談件数

神奈川県によると、令和2年度には12,480件の労働相談がありました。

 

相談者区分

29年度

労働者等

10,652

(85.4%)

 

正社員

5,742

(46.0%)

非正規労働者

4,910

(39.3%)

 

パート

2,864

(22.9%)

派遣社員

657

(5.3%)

契約社員

1,389

(11.1%)

その他

916

(7.3%)

使用者

912

(7.3%)

合計

12,480

(100.0%)

 

 

そのうち残業代を含む「賃金」は2,831件で、第3位の割合です。もちろん、いきなり弁護士に相談するケースなどもあるでしょう。そのため、残業代請求トラブルの総件数は、もっと多いことが予想されます。

 

順位

相談項目

令和2年度

 

項目計

20,197件

(100.0%)

1位

解雇・雇止め・ 退職

3,470

(17.2%)

2位

賃金

2,831

(14.0%)

3位

職場の人間関係

2,378

(11.8%)

4位

労働時間

2,010

(10.0%)

5位

労働契約・採用

893

(4.4%)

※1つの相談が複数の項目のこともあるため項目計と相談件数は一致しません。

参考:別紙 令和2年度神奈川県労働相談の概況

 

残業代の計算方法

残業代の簡単な計算方法をご紹介します。

 

計算式

「法定時間外労働」×「1時間あたりの基礎賃金」×「割増率(1.25倍)」

法定時間外労働

1日8時間週40時間が労働基準法で定められた法定労働時間です。これを超えない残業については、別途、割増率を除外した式で計算します。

1時間あたりの基礎賃金

時給のことです。通勤手当・住宅手当、残業手当などの、法律上除外すべき手当を除いて計算してください。

割増率

法定時間外労働に対して発生するもので、基本的には1.25倍です。働き方によって変わる場合があります。

参考:正確な残業代を計算する5つのステップ

 

詳しく計算したい場合は、上記でご紹介した相談先にぜひ相談してみてください。

 

 

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta detail chevron
Office info 202008181331 13081 w220
東京
豊島区
池袋副都心法律事務所

  • 初回面談相談料0円
  • 電話相談可能
  • 休日相談可
【初回面談相談無料】【事前予約で休日相談も可能】「理不尽な理由で解雇された/降格された」「これまでの残業代を払ってほしい」という方へ。証拠を探すところからサポートいたします。一度ご相談ください。
地図を見る
地図を閉じる
未払い残業代、不当解雇にお困りの方は今すぐ弁護士に相談を!
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

弁護士への相談で残業代請求などの解決が望めます

労働問題に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・未払い残業代を請求したい
・パワハラ問題をなんとかしたい
・給料未払い問題を解決したい

など、労働問題でお困りの事を、【労働問題を得意とする弁護士】に相談することで、あなたの望む結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

※未払い残業代問題が30日で解決できる『無料メールマガジン』配信中!

弁護士を検索
弁護士費用保険のススメ
Roudou merci

パワハラ・セクハラ・未払い残業代・過重労働・リストラなどの労働トラブルが起こった際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな方々を、いざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。
労働トラブルに限らず、交通事故や離婚トラブル、子供のいじめなど様々な法律トラブルでも利用可能です。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2020・OD・037

この記事の執筆者
労働問題弁護士ナビ編集部
職場の労働問題・法律分野に深く関わるチームが『職場の不満解決法』や『労働問題の具体的なアドバイス』を、弁護士協力のもと正しい情報提供を行います。
編集部

本記事は労働問題弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※労働問題弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

地域別の労働相談窓口に関する新着コラム

地域別の労働相談窓口に関する人気コラム

地域別の労働相談窓口の関連コラム

キーワードからコラムを探す
労災トラブル解決事例集
全国の労働問題の解決が得意な弁護士
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 四国・中国
  • 九州・沖縄
  • 弁護士一覧
  • 全国
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
Office info 202108311139 46821 w220 弁護士法人春田法律事務所 福岡オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE相談可能
休日の相談可能
残業代請求
Office info 202108311116 46801 w220 弁護士法人春田法律事務所 大阪オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE相談可能
休日の相談可能
残業代請求
Office info 202108311133 46811 w220 弁護士法人春田法律事務所 名古屋オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE相談可能
休日の相談可能
残業代請求
Office info 202108311143 46831 w220 弁護士法人春田法律事務所 金沢オフィス
初回面談相談無料
電話相談可能
LINE相談可能
休日の相談可能
残業代請求
あなたの場合、残業代を取り戻せる可能性があります。
ご存知ですか?残業代の時効は2年です。|2年以上前:原則として、2年以上前の未払い残業代は時効により請求が出来ません。|2年以内:現在より過去2年間分は残業代請求が可能!|時効で減額されてしまう前に、弁護士に相談しましょう!

あなたの場合、
ご退職後2年以上経過されているため、
残念ながら残業代請求をするのは難しいと思われます。

残業代請求の時効は 2 です。

今後、残業代の請求をされたい場合には、
お早めに請求手続きを始めることをおすすめいたします。